民数記 16

Studovat vnitřní smysl

           

1 ここに、レビのコハテのなるイヅハルのコラと、ルベンのなるエリアブのダタンおよびアビラムと、ルベンのなるペレテのオンとが相結び、

2 イスラエルの人々のうち、会衆のうちから選ばれて、つかさとなった名のある人々二五十人と共に立って、モーセに逆らった。

3 彼らは集まって、モーセとアロンとに逆らって言った、「あなたがたは、分を越えています。全会衆は、ことごとく聖なるものであって、がそのうちにおられるのに、どうしてあなたがたは、主の会衆の上に立つのですか」。

4 モーセはこれを聞いてひれ伏した。

5 やがて彼はコラと、そのすべての仲間とに言った、「あす、は、につくものはだれ、聖なる者はだれであるかを示して、その人をみもとに近づけられるであろう。すなわち、その選んだ人を、みもとに近づけられるであろう。

6 それで、次のようにしなさい。コラとそのすべての仲間とは、火ざらを取り、

7 その中にを入れ、それに薫香を盛って、あす、主のに出なさい。その時、が選ばれる人は聖なる者である。レビのたちよ、あなたがたこそ、分を越えている」。

8 モーセはまたコラに言った、「レビのたちよ、聞きなさい。

9 イスラエルのはあなたがたをイスラエルの会衆のうちから分かち、に近づかせて、主の幕屋の務をさせ、かつ会衆のに立って仕えさせられる。これはあなたがたにとって、小さいことであろうか。

10 神はあなたとあなたの兄弟なるレビのたちをみな近づけられた。あなたがたはなお、その上に祭司となることを求めるのか。

11 あなたとあなたの仲間は、みなそのために集まってに敵している。あなたがたはアロンをなんと思って、彼に対してつぶやくのか」。

12 モーセは人をやって、エリアブのダタンとアビラムとを呼ばせたが、彼らは言った、「わたしたちは参りません。

13 あなたは乳と蜜の流れる地から、わたしたちを導き出して、荒野でわたしたちを殺そうとしている。これは小さいことでしょうか。その上、あなたはわたしたちに君臨しようとしている。

14 かつまた、あなたはわたしたちを、乳と蜜の流れる地に導いて行かず、と、ぶどう畑とを嗣業として与えもしない。これらの人々のをくらまそうとするのですか。わたしたちは参りません」。

15 モーセは大いに怒って、に言った、「彼らの供え物を顧みないでください。わたしは彼らから、ろば一頭をも取ったことなく、また彼らのひとりをもしたことはありません」。

16 そしてモーセコラに言った、「あなたとあなたの仲間はみなアロンと一緒に、あす、主のに出なさい。

17 あなたがたは、おのおの火ざらを取って、それに薫香を盛り、おのおのその火ざらを主のに携えて行きなさい。その火ざらは会わせて二五十。あなたとアロンも、おのおの火ざらを携えて行きなさい」。

18 彼らは、おのおのざらを取り、をその中に入れ、それに薫香を盛り、モーセとアロンも共に、会見の幕屋の入口に立った。

19 そのとき、コラ会衆を、ことごとく会見の幕屋の入口に集めて、彼らふたりに逆らわせようとしたが、主の栄光は全会衆に現れた。

20 モーセとアロンに言われた、

21 「あなたがたはこの会衆を離れなさい。わたしはただちに彼らを滅ぼすであろう」。

22 彼らふたりは、ひれ伏して言った、「よ、すべてのなる者の命のよ、このひとりの人が、罪を犯したからといって、あなたは全会衆に対して怒られるのですか」。

23 モーセに言われた、

24 「あなたは会衆に告げて、コラとダタンとアビラムのすまいの周囲を去れと言いなさい」。

25 モーセは立ってダタンとアビラムのもとに行ったが、イスラエルの長老たちも、彼に従って行った。

26 モーセは会衆に言った、「どうぞ、あなたがたはこれらの悪い人々の天幕を離れてください。彼らのものには何にも触れてはならない。彼らのもろもろのによって、あなたがたも滅ぼされてはいけないから」。

27 そこで人々はコラとダタンとアビラムのすまいの周囲を離れ去った。そして、ダタンとアビラムとは、、および幼児と一緒に出て、天幕の入口に立った。

28 モーセは言った、「あなたがたはがこれらのすべての事をさせるために、わたしをつかわされたこと、またわたしが、これを自分のにしたがって行うものでないことを、次のことによって知るであろう。

29 すなわち、もしこれらの人々が、普通の死に方で死に、普通の運命に会うのであれば、がわたしをつかわされたのではない。

30 しかし、が新しい事をされ、地がを開いて、これらの人々と、それに属する者とを、ことごとくのみつくして、生きながら陰府に下らせられるならば、あなたがたはこれらの人々が、を侮ったのであることを知らなければならない」。

31 モーセが、これらのすべての言葉を述べ終ったとき、彼らのの土地が裂け、

32 地はを開いて、彼らとその族、ならびにコラに属するすべての人々と、すべての所有物をのみつくした。

33 すなわち、彼らと、彼らに属するものは、皆生きながら陰府に下り、地はその上を閉じふさいで、彼らは会衆のうちから、断ち滅ぼされた。

34 この時、その周囲にいたイスラエルの人々は、みな彼らの叫びを聞いて逃げ去り、「恐らく地はわたしたちをも、のみつくすであろう」と言った。

35 また主のもとからが出て、薫香を供える二五十人をも焼きつくした。

36 モーセに言われた、

37 「あなたは祭司アロンのエレアザルに告げて、その燃えるの中から、かのざらを取り出させ、その中のを遠く広くまき散らさせなさい。それらのざらは聖となったから、

38 罪を犯して命を失った人々の、これらの火ざらを、広い延べ板として、祭壇のおおいとしなさい。これは主のにささげられて、聖となったからである。こうして、これはイスラエルの人々に、しるしとなるであろう」。

39 そこで祭司エレアザルは、かの焼き殺された人々が供えた青銅の火ざらを取り、これを広く打ち延ばして、祭壇のおおいとし、

40 これをイスラエルの人々の記念の物とした。これはアロンの孫でないほかの人が、主のに近づいて、薫香をたくことのないようにするため、またその人がコラ、およびその仲間のようにならないためである。すなわち、モーセによってエレアザルに言われたとおりである。

41 その翌日、イスラエルの人々の会衆は、みなモーセとアロンとにつぶやいて言った、「あなたがたは主の民を殺しました」。

42 会衆が集まって、モーセとアロンとに逆らったとき、会見の幕屋を望み見ると、がこれをおおい、主の栄光が現れていた。

43 モーセとアロンとが、会見の幕屋に行くと、

44 モーセに言われた、

45 「あなたがたはこの会衆を離れなさい。わたしはただちに彼らを滅ぼそう」。そこで彼らふたりは、ひれ伏した。

46 モーセはアロンに言った、「あなたはざらを取って、それに祭壇から取ったを入れ、その上に薫香を盛り、急いでそれを会衆のもとに持って行って、彼らのために罪のあがないをしなさい。が怒りを発せられ、疫病がすでに始まったからです」。

47 そこで、アロンはモーセの言ったように、それを取って会衆に走って行ったが、疫病はすでに民のうちに始まっていたので、薫香をたいて、民のために罪のあがないをし、

48 すでに死んだ者と、なお生きている者との間に立つと、疫病はやんだ。

49 コラの事によって死んだ者のほかに、この疫病によって死んだ者は一万人であった。

50 アロンは会見の幕屋の入口にいるモーセのもとに帰った。こうして疫病はやんだ。

  
   Studovat vnitřní smysl

Explanation of Numbers 16      

Napsal(a) Henry MacLagan

Verses 1-3. On the opposition of those in faith without charity to the true church. They support themselves apparently by the primary doctrines of the church; they approve Divine Good as well as Divine Truth; and they urge that every man is led by selfish love.

Verses 4-19. But the man of the true church comes into profound humiliation on being thus tempted; he depends upon influx from the Lord through the heavens; he sees that the wicked are allowed to assume the appearance of genuine worship; he condemns their vain assumptions, and their discontent; and he knows that their pretensions will be thoroughly tested.

Verses 20-27. Also revelation is made, and exhortation is given to the true church to separate themselves, which actually happens; and the false church continues its opposition.

Verses 28-35. Concerning the judgement and condemnation of those in faith without charity.

Verses 36-40. Concerning the preservation of true external worship, although that which is false and selfish is rejected.

Verses 41-50. And also concerning the effect of false external worship, and true external worship, the former resulting in the destruction of spiritual life by the destruction of remains, and the latter in its preservation.

Swedenborg

Hlavní výklad ze Swedenborgových prací:

Apocalypse Explained 324


Další odkazy Swedenborga k této kapitole:

Arcana Coelestia 4402, 5922, 7268, 8306, 8351, 8427, 10044, ...

Apocalypse Revealed 285, 393, 395, 468, 629

Doctrine of the Lord 49


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 79, 304, 496, 768

Jiný komentář

  Příběhy:



Skočit na podobné biblické verše

創世記 18:23, 25, 19:12, 13

出エジプト記 2:14, 6:16, 21, 16:3, 7, 19:6, 28:41, 29:45, 46, 32:10

レビ記 10:2, 6, 21:6

民数記 1:16, 53, 3:4, 6, 11:1, 3, 20, 12:1, 13:27, 14:5, 10, 37, 16:4, 22, 17:10, 20:5, 6, 23:21, 26:9, 10, 27:3, 16, 35:34

申命記 11:6

ヨシュア記 22:18

サムエル記上 12:3

サムエル記下 24:17

列王記上 18:36

ヨブ記 12:10

詩編 55:16, 99:6, 106:16, 17, 18

箴言 21:27

イザヤ書 52:11

エレミヤ書 32:27, 51:6

エゼキエル書 9:8, 44:11, 15, 16

ヨハネによる福音書 5:36

コリントの信徒への手紙一 10:10

コリントの信徒への手紙二 6:17

テモテへの手紙二 2:19

ハバクク書 12:9

ユダの手紙 1:11

ヨハネの黙示録 18:4

Významy biblických slov


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....

コラ
Korah was a man of the tribe of Levi, who together with Dathan and Abiram, both Reubenites, led an insurrection against Moses and Aaron. Apparently...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

会衆
A congregation is a group of people with common loves, interests, and purposes. It often refers to a church group. In the Word it is...


It's a landmark for a young child to count to 100; it sort of covers all the "ordinary" numbers. One hundred is obviously significant for...

五十
God rested on the seventh day of creation. That represents a state of holiness and tranquility that was preserved in the form of the sabbath....

モーセ
Moses's name appears 814 times in the Bible (KJV), third-most of any one character (Jesus at 961 actually trails David at 991). He himself wrote...


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

主の
The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...


火は、精神的な意味で、自然の火があなたの家を燃やして怖い、またはあなたを暖かく保つことで両方の慰めになることができるのと同じように、コンテキストに応じて愛と憎しみの両方を意味することができます。私たちの言語はあまりにも、これを反映している - 私たちはくすぶり憎しみや燃える愛のような概念を使用しています。だから火は愛であり、隣人の愛と主への愛、または、悪い意味では、良心によって抑制されていない場合は、それに反対するすべてのものの憎しみにつながる自分自身の愛です。


ほとんどの場合、"before "の意味は簡単です。相対的な時間を評価する方法としても、"誰かの前で "という意味でも、"before "は使われます。しかし,主に関連して使われる場合には,より深い意味を持ちます。主の前に」いるということは、主の前にいるだけでなく、主から善の欲求と真理の理解を受けて、それに従って生きることを意味します。そして、主に関連して時間の評価として使われる場合、「前に」とは「永遠に」という意味であり、私たちが経験する時間ではなく、霊的な状態を指します。


主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。


聖書の中で「兄弟」という言葉が使われる方法は二つあります。一つは実際の血縁関係を意味するもので,もう一つは「人間の兄弟関係」のような共通性を表す広い意味で使われています。 第二の用法は聖書全体を通して一貫しており、良いことをする愛に生きている人を意味しています。これは、単純な従順の喜びから、人に奉仕する慈善的な愛、主ご自身の高尚な愛まで、さまざまなレベルであり得ます。しかし、これらの愛の中にあるものはすべて兄弟です。 黙示録の説明、n. 746。 "このような人たちが兄弟と呼ばれるのは、すべての人が一つの父、すなわち主を持っているからである。彼らは一つの父の子であるから、兄弟でもある。また、父である主の主の主の主な戒めである、互いに愛し合うことは、その結果、彼らを兄弟とするのは愛である。 このケースは、血縁関係を介した兄弟の場合はより複雑であり、意味は、兄弟が誰であるかと物語の状況の文脈によってより影響を受ける。一般的には、兄弟は善を行いたいという願望と、善を行う方法を理解することの間に存在することができる一体感を反映しています。これはカインとアベル、そしていくつかの双子のペアに当てはまります。ヤコブとエサウ、ユダの息子ザラとパレズ、ヨセフの息子エフライムとマナセです。 このような善と真理の兄弟関係のために、兄弟は文脈に応じてどちらかを表すことができます。実際,ヨセフの兄弟の意味は,ユダヤ教の前駆者の霊的な衰退と再生を表すものとして,ヨセフの物語の中で移り変わっていきます。...

兄弟
聖書の中で「兄弟」という言葉が使われる方法は二つあります。一つは実際の血縁関係を意味するもので,もう一つは「人間の兄弟関係」のような共通性を表す広い意味で使われています。 第二の用法は聖書全体を通して一貫しており、良いことをする愛に生きている人を意味しています。これは、単純な従順の喜びから、人に奉仕する慈善的な愛、主ご自身の高尚な愛まで、さまざまなレベルであり得ます。しかし、これらの愛の中にあるものはすべて兄弟です。 黙示録の説明、n. 746。 "このような人たちが兄弟と呼ばれるのは、すべての人が一つの父、すなわち主を持っているからである。彼らは一つの父の子であるから、兄弟でもある。また、父である主の主の主の主な戒めである、互いに愛し合うことは、その結果、彼らを兄弟とするのは愛である。 このケースは、血縁関係を介した兄弟の場合はより複雑であり、意味は、兄弟が誰であるかと物語の状況の文脈によってより影響を受ける。一般的には、兄弟は善を行いたいという願望と、善を行う方法を理解することの間に存在することができる一体感を反映しています。これはカインとアベル、そしていくつかの双子のペアに当てはまります。ヤコブとエサウ、ユダの息子ザラとパレズ、ヨセフの息子エフライムとマナセです。 このような善と真理の兄弟関係のために、兄弟は文脈に応じてどちらかを表すことができます。実際,ヨセフの兄弟の意味は,ユダヤ教の前駆者の霊的な衰退と再生を表すものとして,ヨセフの物語の中で移り変わっていきます。...

求める
The meaning of "to seek" in the Bible is pretty straightforward, but there is a bit of nuance: Swedenborg tells us that in most cases...

荒野
'Wilderness' signifies something with little life in it, as described in the internal sense in Luke 1:80 'Wilderness' signifies somewhere there is no good because...


聖書の中の「畑」とは、通常、主の教会、より具体的には教会の中での善への願望を表しています。それは、良いことが始まり、根付き、成長する場所です。 良い人になりたい」「良いことをしたい」という願望を持つと、自然と最初の質問は「それはどういうことか」「どうすればいいのか」「何ができるのか」ということになります。アイデア、コンセプト、方向性を探します。やりたいことや自分の中での変化がわかったら、具体的な知識を求めます。例えば、フードパントリーでボランティアをしたいと思ったら、誰に電話をすればいいのか、いつ助けが必要なのか、どこに行けばいいのか、何を持っていけばいいのかを知っておく必要があるでしょう。そのノウハウで武装したあなたは、仕事に取り掛かる準備ができています。 そのプロセスは、食品の生産に例えることができます。まずは畑から始めます。そして、種を蒔きます - それらのアイデアや概念です。それらの種は植物に芽を出します - タスクに必要な具体的な事実や知識です(フードパントリーの例で簡単に見られますが、「同僚にもっと寛容であること」や「祈りの時間をもっと取ること」、「より愛に満ちた配偶者であることを意識すること」のような、より深いタスクにも当てはまります)。最後に、これらの植物は食べ物を生産します - あなたが行って行う実際の良いこと。 また、『聖典』には、多くの場合、「フィールド」は教会の教義、または教えを表していると書かれています。これは明らかに違うように聞こえます。善への欲求とは感情的なものであり、欲望であり、教義とは考えの集合体です。しかし、教会が真実であるためには、その教義は善への欲求を中心に据え、人々を善を行うように導かなければなりません。ですから、健全な教義は実は善への欲求と密接に結びついているのです。

ぶどう畑
A vineyard signifies the church where the Word is, by which the Lord is known. (Apocalypse Revealed 650)


何かを理解するときに「見える」と言うのはよくあることです。そして、聖書の中の「見る」というのは、確かに霊的なものを把握し、理解することを表しています。ですから、私たちを見ることができる目は、霊的なものを理解することができる知性を表しているのです。 もちろん、これは否定的な意味でも使われます。聖書は人々が目を持っていて見ることを拒否していることを語っており、主がこの世におられた時には、不快な目を摘み取るように助言されました。これは、真実を認めることを拒否したり、偽りに惑わされたりすることを表しています。


聖書でいう「害を加える」とは、具体的には、悪や偽りによって、善や真実のものを攻撃したり、傷つけたりすることを意味します。なぜなら、愛そのものである主は、誰にも害を与えようとはしないからです。また、私たちの動機が主から与えられる愛と知恵に由来するとき、私たちは誰にも害を与えることはできません。 人は主から離れれば自分自身に害を及ぼすが、悪は互いに攻撃して害を及ぼす。だから、世界には傷があるが、それは悪から来るものだ。

幕屋
'The tabernacle' has almost the same meaning as 'temple,' that is, in the highest sense, the Lord’s divine humanity, and in a relative sense, heaven...


肉は、その最も分かりやすい形だけでも、いくつかの意味を持っています。それは、主が大洪水について「すべての肉を滅ぼす」と語っているように、すべての生き物を意味することができます。創世記7:21)、または全人類を意味する場合もあります(創世記6:3あるいは、石の多い心臓に代わる肉の心臓のように、柔らかくて屈強なものを意味することもあります。エゼキエル書11:19)しかし、霊的には、ある人の意志の中に宿り、その人に属しているように見える愛を意味します。この人は、まだ再生を始めていない人(あるいはこれからも始めない人)であるかもしれませんし、再生の途中の人であるかもしれませんし、終わりに近づいている人であるかもしれません。最高の意味での肉とは、主の御心の中にある、神的な愛を意味します。この意味は、ヨハネの福音書の中の主の言葉にはっきりと表れています(ヨハネによる福音書6:53-56) 誰もがそのような愛のパッケージを持っていて、それはかなり悪いものであったり、混合したものであったり、かなり良いものであったりしますが、同様に、誰もが肉を持っているのです。私たちの人生を生きている間の霊的な仕事は、そのような愛のパッケージを悪いものから良いものに変えていくことです。私たちがこれをしようとするならば、主は私たちを助けてくださいます。 私たちが始めたとき、私たちの愛は利己的で、エゼキエルが見た骨のように霊的には死んでいますが、私たちが自分の悪から目を背けて粘っているとき、主は骨を集めて、柔らかくて愛に満ちた肉を与え、私たちは古い利己的なものに取って代わる新しい外向きの愛で生き返ることができます。 ですから、「肉」の意味は、私たちの元々の意志が、私たちの働きかけと主の助けによって、一枚一枚解体され、最終的にそれに取って代わる新しい意志へと変化することがあります。イスラエルの教会の生け贄の中には、肉を燃やすものもあれば、祭司たちが肉を食べるものもありました。古い原初の意志を表すものは焼かれましたが、食べられるものは新しい意志を表していました。

長老
長老たちは、主に二つの方法で聖書の中で言及されています。第一はイスラエルの長老たち、第二は黙示録にある神の玉座に座る24人の長老たちです。どちらの場合も、長老たちは知恵を意味しており、私たちが学んだ真理を使って、日常生活の中で正しいことを行うことができます。イスラエルの長老とは、イスラエルという教会の知恵の主なものを意味しています。ヨハネの黙示録4章に記されている長老たちは、天の最高の知恵、ひいては天全体の知恵を意味しています。 聖書のほとんどの意味と同じように、これも文脈によっては逆の意味に曲解された意味に変化することがあります。知識と隣人への愛に満ちた心の代わりに、その愛は自分の知性を誇示するために捻じ曲げられ、善ではなく悪へと導かれることがあります。カイアファの家でイエスを裁くために座っていた長老や祭司長たちは、表現の裏側を示しています。


In the Word three terms are used to mean bad things that are done. These three are transgression, iniquity, and sin, and they are here...


The Hebrew of the Old Testament has six different common words which are generally translated as "wife," which largely overlap but have different nuances. Swedenborg...

自分の
In many cases, the spiritual meaning of "own," both as a verb and as an adjective, is relatively literal. When people are described as the...


心は愛を意味します。良い心とは、主や隣人への愛を意味し、硬い心や石のような心とは、自己や世間、富や物への愛を意味します。詩篇の作者が主に「自分の心を探ってください」とお願いするのは、自分が愛しているものが何であるかを主に見てもらいたいからです。そして、私たちは自分が愛しているものです。食べるものは地上の体を形成しますが、それは一時的なものです。愛するものは、私たちの霊的な体を形成し、私たちが選んだように美しくも醜くもなります。 興味深いことに、胎児の最初の多細胞運動は、心臓となる血管のねじれから始まる脈動であり、自然体の最後の運動は心拍である。私たちの自然な体の最後の動きは心拍です。そしてもちろん、私たちがそれを身につけるようになったとき、私たちの精神的な体にも鼓動があります。 心臓の用途を考えるとき、肺の用途を抜きにして考えることはできません。心臓は全身に生命を与えるために血液を循環させますが、その血液がまず肺に送られて酸素を供給され、有害なガスが除去されなければ意味がありません。この2つの器官は共に働き、心臓が2つの肺の間にあるように入れ子状になっていて、それぞれが他の動きを感じている。この2つは私たちの愛と知恵を表しています。私たちの愛が、私たちの真理の理解によって有害なものを浄化し、切望する活動を実際に行う方法についての知識を充電する必要があるように、愛と知恵、つまり意志と理解は、私たちの心臓と肺とまったく同じように働きます。本当はもっと深いところにあります。私たちの意志と理解は、神の神聖な意志と神聖な理解に「似せて」創られたものであり、私たちの心臓と肺は、創造の最も低いレベルでそれを反映するように機能しています。 もっと言いたいことがある、もっと繋ぎたいことがあるはずだ。チャーチ」と「グランドマン」をご覧ください。


In most cases, "mouth" in the Bible represents thought and logic, especially the kind of active, concrete thought that is connected with speech. The reason...

言葉
'Word,' as in Psalms 119:6-17, stands for doctrine in general. 'The Word,' as in Psalms 147:18, signifies divine good united with divine truth. 'Word,' as...


In the Bible, things that are lower down, or under, physically, generally represent things that are lower or more external spiritually. In some cases, the...


A "house" is essentially a container - for a person, for a family, for several families or even for a large group with shared interests...

祭壇
御言葉に記されている最初の祭壇は、ノアが箱舟から出てきた後、ノアが建てたものです。その祭壇で、きれいな動物を主のために犠牲にしました。山は高いところにあるので、主を象徴し、私たちが主と「話す」ときには、この世のものよりも思考を高めなければなりません。祭壇は小さな人工的な山ですが、礼拝に使われると、この思考の高揚を思い起こさせ、火と煙を上げて、象徴的に主に送ることができます。祭壇の多くは、切り立っていない石で作られています。石は真理を表し、人の手によって形作られていない石は、御言葉の真理、汚されていない真理を表します。きれいな獣は善いこと、正しいからこそ行う慈善的な行為を表し、きれいな鳥は教義と行動、何が正しいかについての考えを表しています。ですから、これらのことを提示するということは、私たちが主からそれらをもらったことを認め、主に感謝することなのです。 イスラエルの幕屋では,焼燔の供え物の祭壇は善の承認を表し,香の祭壇は真理の承認を表していました。そのため、扉の外にあったこの大きな祭壇は、自然の善を意味する真鍮で作られ、線香の祭壇は真理から来る主への愛を意味する金で作られていました。

記念
'For a sign and for a memorial,' denotes that a thing should be perpetually remembered.

見る
To look,' as in Genesis 18:22, signifies thinking, because seeing denotes understanding. Look not back behind thee,' as in Genesis 19:17, means that Lot, who...


In Isaiah 19:1, "Jehovah rides upon a light cloud, and comes into Egypt", signifies the visitation of the natural man from spiritual-natural Divine Truth, for...

モーセの
Moses's name appears 814 times in the Bible (KJV), third-most of any one character (Jesus at 961 actually trails David at 991). He himself wrote...


'Middle' denotes what is primary, principal, or inmost.


聖書の中の「四」という数字は、物事が結びついている、あるいは結ばれていることを表しています。これは、4が2の2倍であり、2が善良でありたいという私たちの願望と、真理を理解する私たちの究極の結びつきを表しているからです。また、ほとんどの建物が長方形で、四つの辺がつながって全体を作っていることにも、このことを見ることができます。私たちはまた、方向を北、東、南、西の四つに分け、何かの「四隅」とは、そのすべてを意味しています。ですから、私たちの特別な思考は、自然と四辺がつながって全体になるように見ているのです。


As children, most of us at some point frustrated our mothers into using the phrase “if I've told you once, I've told you a thousand...

Zdroje pro rodiče a učitele

Zde uvedené položky jsou poskytnuty se svolením našich přátel z General Church of the New Jerusalem. Můžete prohledávat/procházet celou knihovnu kliknutím na odkaz this link.


 Korah, Dathan, and Abiram
A New Church Bible story explanation for teaching Sunday school. Includes lesson materials for Primary (3-8 years), Junior (9-11 years), Intermediate (12-14 years), Senior (15-17 years) and Adults.
Teaching Support | Ages over 3

 Rebellions Against Moses and Aaron
Activity | Ages 7 - 14


Přeložit: