民数記 13

Studovat vnitřní smysl

           

1 モーセに言われた、

2 「人をつかわして、わたしがイスラエルの人々に与えるカナンの地を探らせなさい。すなわち、その父祖の部族ごとに、すべて彼らのうちのつかさたる者ひとりずつをつかわしなさい」。

3 モーセ主の命にしたがって、パラン荒野から彼らをつかわした。その人々はみなイスラエルの人々のかしらたちであった。

4 彼らの名は次のとおりである。ルベンの部族ではザックルのシャンマ、

5 シメオン部族ではホリのシャパテ、

6 ユダ部族ではエフンネのカレブ

7 イッサカル部族ではヨセフのイガル、

8 エフライムの部族ではヌンのホセア

9 ベニヤミンの部族ではラフのパルテ、

10 ゼブルンの部族ではソデのガデエル、

11 ヨセフの部族すなわち、マナセ部族ではスシのガデ、

12 ダン部族ではゲマリのアンミエル、

13 アセルの部族ではミカエルのセトル、

14 ナフタリ部族ではワフシのナヘビ、

15 ガド部族ではマキのギウエル。

16 以上はモーセがその地を探らせるためにつかわした人々の名である。そしてモーセはヌンのホセアをヨシュアと名づけた。

17 モーセは彼らをつかわし、カナンの地を探らせようとして、これに言った、「あなたがたはネゲブに行って、に登り、

18 その地の様子を見、そこに住む民は、強いか弱いか、少ないか多いか、

19 また彼らの住んでいる地は、良いか悪いか。人々の住んでいる々は、天幕か、城壁のあるか、

20 その地は、肥えているか、やせているか、そこには、があるかないかを見なさい。あなたがたは、勇んで行って、その地のくだものを取ってきなさい」。時は、ぶどうの熟し始める季節であった。

21 そこで、彼らはのぼっていって、その地をチンの荒野からハマテの入口に近いレホブまで探った。

22 彼らはネゲブにのぼって、ヘブロンまで行った。そこにはアナクの子孫であるアヒマン、セシャイ、およびタルマイがいた。ヘブロンエジプトのゾアンよりも七年に建てられたものである。

23 ついに彼らはエシコルの谷に行って、そこで一ふさのぶどうの枝を切り取り、これを棒をもって、ふたりでかつぎ、また、ざくろといちじくをも取った。

24 イスラエルの人々が、そこで切り取ったぶどうの一ふさにちなんで、その所はエシコルの谷と呼ばれた

25 四十の後、彼らはその地を探り終って帰ってきた。

26 そして、パラン荒野にあるカデシにいたモーセとアロン、およびイスラエルの人々の全会衆のもとに行って、彼らと全会衆とに復命し、その地のくだものを彼らに見せた。

27 彼らはモーセに言った、「わたしたちはあなたが、つかわした地へ行きました。そこはまことに乳と蜜の流れている地です。これはそのくだものです。

28 しかし、その地に住む民は強く、その々は堅固で非常に大きく、わたしたちはそこにアナクの子孫がいるのを見ました

29 またネゲブの地には、アマレクびとが住み、地にはヘテびと、エブスびと、アモリびとが住み、べとヨルダンの岸べには、カナンびとが住んでいます」。

30 そのとき、カレブモーセの前で、民をしずめて言った、「わたしたちはすぐにのぼって、攻め取りましょう。わたしたちは必ず勝つことができます」。

31 しかし、彼とともにのぼって行った人々は言った、「わたしたちはその民のところへ攻めのぼることはできません。彼らはわたしたちよりも強いからです」。

32 そして彼らはその探った地のことを、イスラエルの人々に悪く言いふらして言った、「わたしたちが行き巡って探った地は、そこに住む者を滅ぼす地です。またその所でわたしたちが見た民はみな背の高い人々です。

33 わたしたちはまたそこで、ネピリムから出たアナクの孫ネピリムを見ました。わたしたちには自分が、いなごのように思われ、また彼らにも、そう見えたに違いありません」。

  
   Studovat vnitřní smysl

Explanation of Numbers 13      

Napsal(a) Henry MacLagan

Verses 1-3. On self-examination, by means of truths, and by means of Divine light from the Lord's Divine Human, of the inmost of his life by man.

Verses 4-16. Concerning the general truths by which this examination is effected.

Verses 17-21. The extension of it is from where truth and good are in obscurity and coldness through the multiplication of truths advancing to a zealous state of natural good and its truths confirmed in ultimates.

Verses 22-25. It leads, also, by means of interior light and perception to the discovery of persuasions of falsity from the pride of selfish love, as well as to the perception of charity in its general form of natural truth and natural good, involving a complete state of trial and temptation.

Verses 26-33. The effect of this examination, through instruction, upon the evil and upon the good.

Swedenborg

Výklad(y) nebo odkazy ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 567, 581, 1444, 1673, 1676, 1678, 1679, ...

Apocalypse Revealed 349, 424, 623


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 403, 431, 543, 619, 865, 918

Jiný komentář

  Příběhy:



Skočit na podobné biblické verše

創世記 6:4, 13:18, 15:20, 21, 35:22, 23

出エジプト記 3:8, 17, 17:8, 9

民数記 10:12, 13:1, 2, 3, 13, 16, 26, 14:1, 6, 7, 8, 9, 34, 45, 16:13, 14, 20:1, 27:18, 32:7, 8, 9, 33:36, 34:3, 8, 17, 18, 19

申命記 1:19, 7:1, 18, 21, 8:8, 20:17, 31:6, 7, 8, 32:44

ヨシュア記 2:1, 3:10, 12, 5:1, 9:1, 10:40, 11:21, 14:6, 7, 8, 12, 15:14

士師記 3:5, 18:28

サムエル記上 17:24, 27:8

歴代誌上 4:15, 7:27

ネヘミヤ記 9:8

詩編 78:12, 106:24

イザヤ書 19:11

エゼキエル書 36:12, 13

アモス書 2:9, 10

Významy biblických slov


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

モーセ
Moses's name appears 814 times in the Bible (KJV), third-most of any one character (Jesus at 961 actually trails David at 991). He himself wrote...

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

与える
Like other common verbs, the meaning of "give" in the Bible is affected by context: who is giving what to whom? In general, though, giving...

カナン
Canaan signifies a worship in things external without internals, which arose out of the internal church corrupted, called Ham. Thus it is that Ham is...

部族
'A tribe' signifies the church with respect to its truths and goods, and in the opposite sense, with respect to its falsities and evils. 'A...

主の
The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

パラン
'Paran' or 'Elparan' signifies a state of illumination from the Lord’s divine human.

荒野
'Wilderness' signifies something with little life in it, as described in the internal sense in Luke 1:80 'Wilderness' signifies somewhere there is no good because...


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....

シメオン
In Revelation 7, 'Simeon', in the highest sense, signifies providence, in a spiritual sense, love towards our neighbor, or charity, and in a natural sense,...

ユダ
City of Judah,' as in Isaiah 40:9, signifies the doctrine of love towards the Lord and love towards our neighbor in its whole extent.

カレブ
Caleb, In Numbers 14:24, represents those who are introduced into the church, and, accordingly, his seed signifies the truth of the doctrine of the church.

イッサカル
Issachar,' in the highest sense, signifies the divine good of truth, and truth of good. In a spiritual sense, he signifies celestial conjugial love, which...

エフライム
エフライムはエジプトでヨセフに生まれた次男で、兄のマナセとともに、ヤコブによってヨセフの兄弟と同じ地位に昇格しました。このように,イスラエルの部族の名前が挙げられるとき,エフライムとマナセは彼らの叔父であるルベン,シメオン,レビ,ユダ,ダン,ナフタリ,ガド,アッシャー,イッサカル,ゼブルン,ベニヤミンとともに家長として名前が挙げられますが,ヨセフはそうではありません。 スウェーデンボルグによると、エフライムは教会の知的な側面、つまり何が真実であるか、特に聖書から導き出される真実の考えを探求し、理解する部分を表しています。一方、マナセは、教会の愛情的な側面、つまり、感じ、愛し、思いやる部分を表しています。 これは、エフライムの生涯の中で最もよく知られている物語の中で演じられています。ヤコブが年老いて死が近づいていたとき,ヨセフは祝福を受けるために二人の息子を連れてきました。彼は長男としてマナセをヤコブの右手に、エフライムをヤコブの左手に差し出しました。しかし、ヤコブは手を組んでエフライムに第一の祝福を与えました。 スウェーデンボルグによれば、マナセは長男であるとしています。なぜならば、最終的には、私たちが愛するものが私たちを作り、私たちの人生を形成するからです。愛が私たちの人生を形成しているのです。つまり、私たちの愛は、人間の存在の中で最も中心的で主要な側面であり、知性は二の次の役割を果たしているのです。しかし、私たちが発展するにつれて、私たちはそれらを逆にする必要があります。私たちは、私たちの欲望が利己的なもののためであっても、何が良くて正しいかを理解し、それを実行するために自分自身を強制するために私たちの知性を使用することができます。私たちが主に従い、良い人になろうと決意してそれに固執するならば、やがて主は私たちの心の中から利己的なものを取り除いて下さり、良いものを本当に愛することができるようになります。ヤコブがマナセの上にエフライムを祝福することによって、主は霊的な旅を追求するためには知性を第一にしなければならないと教えておられます。

エフライムの
エフライムはエジプトでヨセフに生まれた次男で、兄のマナセとともに、ヤコブによってヨセフの兄弟と同じ地位に昇格しました。このように,イスラエルの部族の名前が挙げられるとき,エフライムとマナセは彼らの叔父であるルベン,シメオン,レビ,ユダ,ダン,ナフタリ,ガド,アッシャー,イッサカル,ゼブルン,ベニヤミンとともに家長として名前が挙げられますが,ヨセフはそうではありません。 スウェーデンボルグによると、エフライムは教会の知的な側面、つまり何が真実であるか、特に聖書から導き出される真実の考えを探求し、理解する部分を表しています。一方、マナセは、教会の愛情的な側面、つまり、感じ、愛し、思いやる部分を表しています。 これは、エフライムの生涯の中で最もよく知られている物語の中で演じられています。ヤコブが年老いて死が近づいていたとき,ヨセフは祝福を受けるために二人の息子を連れてきました。彼は長男としてマナセをヤコブの右手に、エフライムをヤコブの左手に差し出しました。しかし、ヤコブは手を組んでエフライムに第一の祝福を与えました。 スウェーデンボルグによれば、マナセは長男であるとしています。なぜならば、最終的には、私たちが愛するものが私たちを作り、私たちの人生を形成するからです。愛が私たちの人生を形成しているのです。つまり、私たちの愛は、人間の存在の中で最も中心的で主要な側面であり、知性は二の次の役割を果たしているのです。しかし、私たちが発展するにつれて、私たちはそれらを逆にする必要があります。私たちは、私たちの欲望が利己的なもののためであっても、何が良くて正しいかを理解し、それを実行するために自分自身を強制するために私たちの知性を使用することができます。私たちが主に従い、良い人になろうと決意してそれに固執するならば、やがて主は私たちの心の中から利己的なものを取り除いて下さり、良いものを本当に愛することができるようになります。ヤコブがマナセの上にエフライムを祝福することによって、主は霊的な旅を追求するためには知性を第一にしなければならないと教えておられます。

ホセア
The Book of Hosea, from the first chapter to the last, treats of the falsification of the genuine understanding of the Word, and of the...

マナセ
'Manasseh' signifies the will of the spiritual church.

ダン
The tribe of Dan (Jer. 8:16) signifies truth in its own ultimate degree of order, here truth in the church, which is contained in the...

ナフタリ
'Naphtali' in a supreme sense, signifies the proper power of the Lord’s divine human. In a spiritual sense, he signifies temptation and victory and a...

ガド
Gad, in a supreme sense, signifies omnipotence; in a spiritual sense, the good of life, or use; and in a natural sense, works. Gad, in...


'Hills' signify the good of charity.

住む
聖書の時代、特に旧約聖書の時代には、多くの人々が遊牧民であり、すぐに叩いたり、移動させたり、立て直したりできるテントで生活していました。他の人々はもちろん、一般的には石や木でできた恒久的な家に住んでいました。モーセが契約の箱舟のために建てた幕屋はこのモデルです。 ですから、どこかに「住む」ということは重要な意味を持っています。そして確かに、聖書のどこかに住むということは、その霊的な状態に入り、それに関与することを表していますが、恒久的に必要なことではありません。 一方、「住居」とは、イザヤ書9章の「死の影に宿る者」のような最も邪悪なものから、主の住居として建てられた幕屋の高尚な状態まで、そこに住む人を鼓舞する様々な愛を表しています。

良い
It seems rather circular to say that “good” in the Bible represents good, but in a general sense it’s true! The case is this: The...


Cities of the mountain and cities of the plain (Jeremiah 33:13) signify doctrines of charity and faith.


'Trees,' in general, signify the perceptions when discussing the celestial self, but when related to the spiritual church, they signify knowledges. A person in the...

ヘブロン
'Hebron' represents the Lord's spiritual church in the land of Canaan. 'Hebron' represents the church as to good.

エジプト
聖書の中でエジプトとは、知識と知識の愛を意味します。良い意味では、聖書を通して主からの真理の知識を意味していますが、自然な意味では、単に地上の知識を蓄えて所有することを意味しています。そして、聖書からの知識であっても、必ずしも良いものとは限りません。しかし、それらは、物事を知るためだけに、あるいは学ばれているという評判を得るためだけに学ばれている場合です。 だから、エジプトはあなたが物事を学ぶために行く場所ですが、天になるためには、不毛な「知ること」から抜け出して、内的な善への欲求で満たされているカナンの地へと旅をしなければなりません。 エジプトがヨセフに支配されていたとき、そこはヨセフの父や兄弟たちの避難所だったというのは興味深いことです。このことは、人の内なる心が学問の地で支配されると、役に立つことを多く学ぶことができることを示しています。しかし、やがてヨセフを知らないファラオが現れ、イスラエルの子らは奴隷にされてしまいました。ファラオは外面的な心を表しています。それが担当しているときには、知っていることの興奮と自己満足は、内面的な心を奴隷のように減少させることができます。心は-イスラエルの子供たちのように-レンガ、または外部の外観から人造の偽りを作って終わる。


ほとんどの場合、"before "の意味は簡単です。相対的な時間を評価する方法としても、"誰かの前で "という意味でも、"before "は使われます。しかし,主に関連して使われる場合には,より深い意味を持ちます。主の前に」いるということは、主の前にいるだけでなく、主から善の欲求と真理の理解を受けて、それに従って生きることを意味します。そして、主に関連して時間の評価として使われる場合、「前に」とは「永遠に」という意味であり、私たちが経験する時間ではなく、霊的な状態を指します。

呼ばれた
聖書の中で誰かを呼んだり、誰かを召喚したりすることは、人生の高次の状態と低次の状態を結びつけたいという願望を表しています。例えば、比較的外面的な知的な状態にある人、つまり世界や物事の仕組みを外面的に理解している人が、より深く、よりスピリチュアルな考えに興味を持ち、スピリチュアルなことを理解している教師や指導者を探し求めていると想像してみてください。このように求めることを聖書では "呼びかけ "と表現しているのかもしれません。 呼びかけは、高い状態の人が低い状態の人に向けてした私であることもあります-主が人を呼ぶときは確かにそうです。

四十
'Forty' means completeness because 'four' means what is complete, as does 'ten.' Forty is the product of four and ten. Compound numbers have a meaning...


"Day" describes a state in which we are turned toward the Lord, and are receiving light (which is truth) and heat (which is a desire...

見ました
The symbolic meaning of "seeing" is "understanding," which is obvious enough that it has become part of common language (think about it; you might see...


Water generally represents what Swedenborg calls “natural truth,” or true concepts about day-to-day matters and physical things. Since all water ultimately flows into the seas,...

ヨルダン
The river Jordan separates the land of Canaan from the lands to the east. This separation represents the division of the human mind into an internal...

モーセの
Moses's name appears 814 times in the Bible (KJV), third-most of any one character (Jesus at 961 actually trails David at 991). He himself wrote...

見た
The symbolic meaning of "seeing" is "understanding," which is obvious enough that it has become part of common language (think about it; you might see...

Zdroje pro rodiče a učitele

Zde uvedené položky jsou poskytnuty se svolením našich přátel z General Church of the New Jerusalem. Můžete prohledávat/procházet celou knihovnu kliknutím na odkaz this link.


 Correspondences of the Vegetable Kingdom
Illustrations of three stories in the Word that talk about plants. (Quotations are the King James translation.)
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Fear of the Giants
Worship Talk | Ages 7 - 14

 The Spies and the Giants of Canaan
Coloring Page | Ages 7 - 14

 The Spies Bring Grapes, Pomegranates, and Figs
Coloring Page | Ages 7 - 14

 The Spies Return
Coloring Page | Ages 7 - 14

 The Spies Return
Activity | Ages 7 - 14

 The Twelve Spies
A New Church Bible story explanation for teaching Sunday school. Includes lesson materials for Primary (3-8 years), Junior (9-11 years), Intermediate (12-14 years), Senior (15-17 years) and Adults.
Teaching Support | Ages over 3

 Twelve Spies Sent into Canaan
A lesson for younger children with discussion ideas and a project.
Sunday School Lesson | Ages 4 - 6


Přeložit: