ネヘミヤ記 8

Studie

  

1 その時民は皆ひとりのようになっての広場に集まり、主がイスラエルに与えられたモーセの律法の書を持って来るように、学者エズラに求めた。

2 祭司エズラは七月の一日に律法を携えて来て、男女の会衆およびすべて聞いて悟ることのできる人々のにあらわれ、

3 にある広場で、あけぼのから正午まで、男女および悟ることのできる人々のでこれを読んだ。民はみな律法の書に耳を傾けた。

4 学者エズラはこの事のために、かねて設けたの台の上に立ったが、彼のかたわらには右の方にマッタテヤ、シマ、アナヤ、ウリヤ、ヒルキヤおよびマアセヤが立ち、左の方にはペダヤ、ミサエル、マルキヤ、ハシュム、ハシバダナ、ゼカリヤおよびメシュラムが立った。

5 エズラはすべての民の前にその書を開いた。彼はすべての民よりも高い所にいたからである。彼が書を開くと、すべての民は起立した。

6 エズラは大いなる、主をほめ、民は皆そのをあげて、「アァメン、アァメン」と言って答え、こうべをたれ、地にひれ伏して主を拝した。

7 エシュア、バニ、セレビヤ、ヤミン、アックブ、シャベタイ、ホデヤ、マアセヤ、ケリタ、アザリヤ、ヨザバデ、ハナン、ペラヤおよびレビびとたちは民に律法を悟らせた。民はその所に立っていた。

8 彼らはその書、すなわち神の律法をめいりょうに読み、その意味を解き明かしてその読むところを悟らせた。

9 総督であるネヘミヤと、祭司であり、学者であるエズラと、民を教えるレビびとたちはすべての民に向かって「このはあなたがたの、主の聖なるです。嘆いたり、泣いたりしてはならない」と言った。すべての民が律法の言葉を聞いて泣いたからである。

10 そして彼らに言った、「あなたがたは去って、肥えたものを食べ、甘いものを飲みなさい。その備えのないものには分けてやりなさい。このはわれわれのの聖なるです。憂えてはならない。を喜ぶことはあなたがたの力です」。

11 レビびともまたすべての民を静めて、「泣くことをやめなさい。このは聖なるです。憂えてはならない」と言った。

12 すべての民は去って食い飲みし、また分け与えて、大いに喜んだ。これは彼らが読み聞かされた言葉を悟ったからである。

13 次の、すべての民の氏族の長たち、祭司、レビびとらは律法の言葉を学ぶために学者エズラのもとに集まってきて、

14 律法のうちに主がモーセ命じられたこと、すなわちイスラエルの人々は七月の祭の間、仮庵の中に住むべきことがしるされているのを見いだした。

15 またすべての々およびエルサレムにのべ伝えて、「あなたがたはに出て行って、オリブと野生のオリブ、ミルトス、なつめやし、および茂ったの枝を取ってきて、しるされてあるとおり、仮庵を造れ」と言ってあるのを見いだした。

16 それで民は出て行って、それを持って帰り、おのおのその屋根の上、その庭、神の宮の庭、の広場、エフライムのの広場などに仮庵を造った。

17 捕囚から帰って来た会衆は皆仮庵を造って、仮庵に住んだ。ヌンのヨシュアのからこのまで、イスラエルの人々はこのように行ったことがなかった。それでその喜びは非常に大きかった。

18 エズラは初めのから終りのまで、毎日神の律法の書を読んだ。人々は七の間、祭を行い、八目になって、おきてにしたがって聖会を開いた。