ネヘミヤ記 7

Studie

  

1 城壁が築かれて、とびらを設け、さらに門衛、歌うたう者およびレビびとを任命したので、

2 わたしは、わたしの兄弟ハナニと、城のつかさハナニヤに命じて、エルサレムを治めさせた。彼は多くの者にまさって忠信な、神を恐れる者であったからである。

3 わたしは彼らに言った、「日の暑くなるまではエルサレムのもろもろのを開いてはならない。人々が立って守っている間にを閉じさせ、貫の木を差せ。またエルサレム住民の中から番兵を立てて、おのおのにその所を守らせ、またおのおののと向かい合う所を守らせよ」。

4 は広くて大きかったが、その内の民は少なく、々はまだ建てられていなかった。

5 時にはわたしのに、尊い人々、つかさおよび民を集めて、家系によってその名簿をしらべようとの思いを起された。わたしは最初に上って来た人々の系図を発見し、その中にこのようにしるしてあるのを見いだした。

6 バビロンの王ネブカデネザルが捕え移した捕囚のうち、ゆるされてエルサレムおよびユダに上り、おのおの自分のに帰ったこの州の人々は次のとおりである。

7 彼らはゼルバベル、エシュア、ネヘミヤ、アザリヤ、ラアミヤ、ナハマニ、モルデカイ、ビルシャン、ミスペレテ、ビグワイ、ネホム、バアナと一緒に帰ってきた者たちである。

8 パロシの孫は七十二人

9 シパテヤの孫は七十二人

10 アラの孫は五十二人

11 パハテ・モアブの孫すなわちエシュアとヨアブ孫は二十八人。

12 エラム孫は一五十人。

13 ザットの孫は八十五人。

14 ザッカイの孫は七六十人。

15 ビンヌイの孫は四十八人。

16 ベバイの孫は二十八人。

17 アズガデの孫は二十二人

18 アドニカムの孫は十七人。

19 ビグワイの孫は二六十七人。

20 アデンの孫は五十人。

21 ヒゼキヤの家のアテルの孫は九十八人。

22 ハシュムの孫は二十八人。

23 ベザイの孫は十四人。

24 ハリフの孫は二人

25 ギベオン孫は九十五人。

26 ベツレヘムおよびネトパの人々は八十八人。

27 アナトテの人々は二十八人。

28 ベテ・アズマウテの人々は四十二人

29 キリアテ・ヤリム、ケピラおよびベエロテの人々は七四十三人。

30 ラマおよびゲバの人々は二十一人。

31 ミクマシの人々は二十二人

32 ベテルおよびアイの人々は二十三人。

33 ほかのネボの人々は五十二人

34 ほかのエラム孫は一五十人。

35 ハリムの孫は二十人。

36 エリコの人々は十五人。

37 ロド、ハデデおよびオノの人々は七二十一人。

38 セナアの孫は三十人。

39 祭司では、エシュアののエダヤの孫が七十三人。

40 インメルの孫が一五十二人

41 パシュルの孫が一四十七人。

42 ハリムの孫が一十七人。

43 レビびとでは、エシュアの孫すなわちホデワの孫のうちのカデミエルの孫が七十四人。

44 歌うたう者では、アサフの孫が四十八人。

45 門衛では、シャルムの孫、アテルの孫、タルモンの孫、アックブの孫、ハテタの孫およびショバイの孫合わせて三十八人。

46 宮に仕えるしもべでは、ジハの孫、ハスパの孫、タバオテの孫、

47 ケロスの孫、シアの孫、パドンの孫、

48 レバナの孫、ハガバの孫、サルマイの孫、

49 ハナンの孫、ギデルの孫、ガハルの孫、

50 レアヤの孫、レヂンの孫、ネコダの孫、

51 ガザムの孫、ウザ孫、パセアの孫、

52 ベサイの孫、メウニムの孫、ネフセシムの孫、

53 バクブクの孫、ハクパの孫、ハルホルの孫、

54 バヅリテの孫、メヒダの孫、ハルシャの孫、

55 バルコスの孫、シセラの孫、テマの孫、

56 ネヂアの孫およびハテパの孫。

57 ソロモンのしもべであった者たちの孫では、ソタイの孫、ソペレテの孫、ペリダの孫、

58 ヤアラの孫、ダルコンの孫、ギデルの孫、

59 シパテヤの孫、ハッテルの孫、ポケレテ・ハッゼバイムの孫、アモンの孫。

60 宮に仕えるしもべたちとソロモンのしもべであった者たちの孫とは合わせて九十二人

61 テルメラ、テルハレサ、ケルブ、アドンおよびインメルから上って来た者があったが、その氏族と、血統とを示して、イスラエルの者であることを明らかにすることができなかった。その人々は次のとおりである。

62 すなわちデラヤの孫、トビヤの孫、ネコダの孫であって、合わせて四十二人

63 また祭司のうちにホバヤの孫、ハッコヅの孫、バルジライの孫がある。バルジライはギレアデびとバルジライの娘たちのうちからをめとったので、その名で呼ばれた

64 これらの者はこの系図に載った者のうちに、自分の籍をたずねたが、なかったので、汚れた者として祭司の職から除かれた。

65 総督は彼らに告げて、ウリムとトンミムを帯びる祭司の起るまでは、いと聖なる物を食べてはならぬと言った。

66 会衆は合わせて万二六十人であった。

67 このほかに男女の奴隷が七三十七人、歌うたう者が男女合わせて二十五人あった。

68 そのは七三十六頭、その騾は二十五頭、

69 そのらくだは三十頭、そのろばは二十頭であった。

70 氏族の長のうち工事のためにささげ物をした人々があった。総督は金一ダリク、鉢五十、祭司の衣服三十かさねを倉に納めた。

71 また氏族の長のうちのある人々は金万ダリク、ミナを工事のために倉に納めた。

72 その他の民の納めたものは金万ダリク、ミナ、祭司の衣服六十七かさねであった。

73 こうして祭司、レビびと、門衛、歌うたう者、民のうちのある人々、宮に仕えるしもべたち、およびイスラエルびとは皆その々に住んだ。