ネヘミヤ記 4

Studie

              |

1 サンバラテはわれわれが城壁を築くのを聞いて怒り、大いに憤ってユダヤ人をあざけった。

2 彼はその兄弟たちおよびサマリヤの兵隊ので語って言った、「この弱々しいユダヤ人は何をしているのか。自分で再興しようとするのか。犠牲をささげようとするのか。一日で事を終えようとするのか。塵塚の中のはすでに焼けているのに、これを取りだして生かそうとするのか」。

3 またアンモンびとトビヤは、彼のかたわらにいて言った、「そうだ、彼らの築いている城壁は、きつね一匹が上ってもくずれるであろう」と。

4 「われわれのよ、聞いてください。われわれは侮られています。彼らのはずかしめを彼らのこうべに返し、彼らを捕囚の地でぶんどり物にしてください。

5 彼らのとがをおおわず、彼らのをみから消し去らないでください。彼らは築き建てる者のであなたを怒らせたからです」。

6 こうしてわれわれは城壁を築いたが、石がきはみな相連なって、その高さの半ばにまで達した。民がをこめて働いたからである。

7 ところがサンバラテ、トビヤ、アラビヤびと、アンモンびと、アシドドびとらは、エルサレムの城壁の修理が進展し、その破れ目もふさがり始めたと聞いて大いに怒り、

8 皆共に相はかり、エルサレムを攻めて、その中に混乱を起そうとした。

9 そこでわれわれはに祈り、また日見張りを置いて彼らに備えた。

10 その時、ユダびとは言った、「荷を負う者の力は衰え、そのうえ、灰土がおびただしいので、われわれは城壁を築くことができない」。

11 またわれわれのは言った、「彼らの知らないうちに、また見ないうちに、彼らのにはいりこんで彼らを殺し、その工事をやめさせよう」。

12 また彼らの近くに住んでいるユダヤ人たちはきて、度もわれわれに言った、「彼らはその住んでいるすべての所からわれわれに攻め上るでしょう」と。

13 そこでわたしは民につるぎ、やりおよびを持たせ、城壁のの低い所、すなわち空地にその家族にしたがって立たせた。

14 わたしは見めぐり、立って尊い人々、つかさたち、およびその他の民らに言った、「あなたがたは彼らを恐れてはならない。大いなる恐るべき主を覚え、あなたがたの兄弟、むすこ、およびのために戦いなさい」。

15 われわれのは自分たちの事が、われわれに悟られたことを聞き、またが彼らの計りごとを破られたことを聞いたので、われわれはみな城壁に帰り、おのおのその工事を続けた。

16 そのからは、わたしのしもべの半数は工事に働き、半数はやり、、よろいをもって武装した。そしてつかさたちは城壁を築いているユダの全に立った。

17 荷を負い運ぶ者はおのおの片で工事をなし、片に武器を執った。

18 築き建てる者はおのおのそのにつるぎを帯びて築き建て、ラッパを吹く者はわたしのかたわらにいた。

19 わたしは尊い人々、つかさたち、およびその他の民に言った、「工事は大きくかつ広がっているので、われわれは城壁の上で互に遠く離れている。

20 どこででもラッパの音を聞いたなら、そこにいるわれわれの所に集まってほしい。われわれのはわれわれのために戦われます」。

21 このようにして、われわれは工事を進めたが、半数の者は夜明けからの出る時まで、やりを執っていた。

22 その時わたしはまた民に告げて、「おのおのそのしもべと共にエルサレムの内に宿り、はわれわれの護衛者となり、昼は工事をするように」と言った。

23 そして、わたしも、わたしの兄弟たちも、わたしのしもべたちも、わたしを護衛する人々も、われわれのうちひとりも、その衣を脱がず、おのおの手に武器を執っていた。