マラキ書 3

Studie

           |

1 「見よ、わたしはわが使者をつかわす。彼はわたしのに道を備える。またあなたがたが求める所のは、たちまちその宮に来る。見よ、あなたがたの喜ぶ契約の使者来ると、万が言われる。

2 その来るには、だれが耐え得よう。そのあらわれる時には、だれが立ち得よう。

3 彼はをふきわけて清める者のように座して、レビの孫を清め、金のように彼らを清める。そして彼らは義をもって、ささげ物をにささげる。

4 その時ユダエルサレムとのささげ物は、昔ののように、また先の年のようにに喜ばれる。

5 そしてわたしはあなたがたに近づいて、さばきをなし、占い者、姦淫を行う者、偽りの誓いをなす者にむかい、雇人の賃銀をかすめ、やもめと、みなしごとをしえたげ、寄留の他国人を押しのけ、わたしを恐れない者どもにむかって、すみやかにあかしを立てると、万は言われる。

6 なるわたしは変ることがない。それゆえ、ヤコブのらよ、あなたがたは滅ぼされない。

7 あなたがたは、その先祖から、わが定めを離れて、これを守らなかった。わたしに帰れ、わたしはあなたがたに帰ろうと、万は言われる。ところが、あなたがたは『われわれはどうして帰ろうか』と尋ねる。

8 人は神の物を盗むことをするだろうか。しかしあなたがたは、わたしの物を盗んでいる。あなたがたはまた『どうしてわれわれは、あなたの物を盗んでいるのか』と言う十分の一と、ささげ物をもってである。

9 あなたがたは、のろいをもって、のろわれる。あなたがたすべての民は、わたしの物を盗んでいるからである。

10 わたしの宮に食物のあるように、十分の一全部をわたしの倉に携えてきなさい。これをもってわたしを試み、わたしが天の窓を開いて、あふるる恵みを、あなたがたに注ぐか否かを見なさいと、万は言われる。

11 わたしは食い滅ぼす者を、あなたがたのためにおさえて、あなたがたの地の産物を、滅ぼさないようにしよう。また、あなたがたのぶどうの木が、その熟する前に、その実をに落すことのないようにしようと、万は言われる。

12 こうして万の人は、あなたがたを祝福された者ととなえるであろう。あなたがたは楽しい地となるからであると、万は言われる。

13 は言われる、あなたがたは言葉を激しくして、わたしに逆らった。しかもあなたがたは『われわれはあなたに逆らって、どんな事を言ったか』と言う

14 あなたがたは言った、『仕える事はつまらない。われわれがその命令を守り、かつ万主のに、悲しんで歩いたからといって、なんの益があるか。

15 今われわれは高ぶる者を、祝福された者と思う。悪を行う者は栄えるばかりでなく、を試みても罰せられない』」。

16 そのとき、恐れる者は互に語った。は耳を傾けてこれを聞かれた。そして恐れる者、およびその名を心に留めている者のために、主のに一つの覚え書がしるされた。

17 「万は言われる、彼らはわたしが手を下して事を行うに、わたしの者となり、わたしの宝となる。また人が自分に仕えるをあわれむように、わたしは彼らをあわれむ。

18 その時あなたがたは、再び義人と悪人仕える者と、仕えない者との区別を知るようになる。