レビ記 4

Studovat vnitřní smysl

           

1 はまたモーセに言われた、

2 イスラエルの人々に言いなさい、『もし人があやまって罪を犯し、主のいましめにそむいて、してはならないことの一つをした時は次のようにしなければならない。

3 すなわち、油注がれた祭司がを犯して、とがを民に及ぼすならば、彼はその犯したのために雄の全き子牛を祭としてにささげなければならない。

4 その子牛を会見の幕屋の入口に連れてきて主のに至り、その子牛のを置き、その子牛を主ので、ほふらなければならない。

5 油注がれた祭司は、その子牛のを取って、それを会見の幕屋に携え入り、

6 そして祭司はをそのに浸して、聖所の垂幕の主のにそのを七たび注がなければならない。

7 祭司はまたそのを取り、主ので会見の幕屋の中にある香ばしい薫香の祭壇に、それを塗らなければならない。その子牛のの残りはことごとく会見の幕屋の入口にある燔祭の祭壇のもとに注がなければならない。

8 またその祭の子牛から、すべての脂肪を取らなければならない。すなわち内臓をおおう脂肪と内臓の上のすべての脂肪、

9 つの腎臓とその上の腰のあたりにある脂肪、ならびに腎臓と共に取られる臓の上の小葉である。

10 これを取るには酬恩祭の犠牲の雄牛から取るのと同じようにしなければならない。そして祭司はそれを燔祭の祭壇の上で焼かなければならない。

11 その子牛の皮とそのすべての、およびその内臓と汚物など、

12 すべてその子牛の残りは、これを宿営の外の、清い場所なる灰捨場に携え出し、をもってこれをたきぎの上で焼き捨てなければならない。すなわちこれは灰捨場で焼き捨てらるべきである。

13 もしイスラエルの会衆があやまちを犯し、そのことが会衆に隠れていても、主のいましめにそむいて、してはならないことの一つをなして、とがを得たならば、

14 その犯したが現れた時、会衆は雄の子牛を祭としてささげなければならない。すなわちそれを会見の幕屋に連れてきて、

15 会衆の長老たちは、主のでその子牛のを置き、その子牛を主ので、ほふらなければならない。

16 そして、油注がれた祭司は、その子牛のを会見の幕屋に携え入り、

17 祭司はをそのに浸し、垂幕の主のに七たび注がなければならない。

18 またそのを取って、会見の幕屋の中の主のにある祭壇に、それを塗らなければならない。そのの残りはことごとく会見の幕屋の入口にある燔祭の祭壇のもとに注がなければならない。

19 またそのすべての脂肪を取って祭壇の上で焼かなければならない。

20 すなわち祭司は祭の雄牛にしたように、この雄牛にも、しなければならない。こうして、祭司が彼らのためにあがないをするならば、彼らはゆるされるであろう。

21 そして、彼はその雄牛を宿営の外に携え出し、はじめの雄牛を焼き捨てたように、これを焼き捨てなければならない。これは会衆祭である。

22 またつかさたる者が罪を犯し、あやまって、その主のいましめにそむき、してはならないことの一つをして、とがを得、

23 もしその犯したを知るようになったときは、供え物として雄やぎの全きものを連れてきて、

24 そのやぎのを置き、燔祭をほふる場所で、主のにこれをほふらなければならない。これは祭である。

25 祭司はでその祭のを取り、燔祭の祭壇にそれを塗り、残りのは燔祭の祭壇のもとに注がなければならない。

26 また、そのすべての脂肪は、酬恩祭の犠牲の脂肪と同じように、祭壇の上で焼かなければならない。こうして、祭司が彼のためにそののあがないをするならば、彼はゆるされるであろう。

27 また一般の人がもしあやまって罪を犯し、主のいましめにそむいて、してはならないことの一つをして、とがを得、

28 その犯したを知るようになったときは、その犯したのために供え物として雌やぎの全きものを連れてきて、

29 その祭のを置き、燔祭をほふる場所で、その祭をほふらなければならない。

30 そして祭司はでそのを取り、燔祭の祭壇にこれを塗り、残りのをことごとく祭壇のもとに注がなければならない。

31 またそのすべての脂肪は酬恩祭の犠牲から脂肪を取るのと同じように取り、これを祭壇の上で焼いてにささげる香ばしいかおりとしなければならない。こうして祭司が彼のためにあがないをするならば、彼はゆるされるであろう。

32 もし小羊を祭のために供え物として連れてくるならば、雌の全きものを連れてこなければならない。

33 その祭のを置き、燔祭をほふる場所で、これをほふり、祭としなければならない。

34 そして祭司はでその祭のを取り、燔祭の祭壇にそれを塗り、残りのはことごとく祭壇のもとに注がなければならない。

35 またそのすべての脂肪は酬恩祭の犠牲から小羊の脂肪を取るのと同じように取り、祭司はこれをにささげる火祭のように祭壇の上で焼かなければならない。こうして祭司が彼の犯したのためにあがないをするならば、彼はゆるされるであろう。

  
   Studovat vnitřní smysl

Explanation of Leviticus 4      

Napsal(a) Henry MacLagan

Verses 1-12. The purification of the celestial man, as to the natural degree, from errors committed without fault, and the worship of the Lord Involved in the process, is described

Verses 13-21. The purification of the spiritual man, and worship in like manner

Verses 22-26. The purification of natural men, their worship, and their regeneration, are next treated of; and first, as to the state of truth leading to good

Verses 27-31. Secondly, as to their state of the good of truth, or of good, adopted as a principle of life

Verses 32-35. And lastly, as to their state of genuine good, which is their inmost state.

Swedenborg

Hlavní výklad ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 2180


Další odkazy Swedenborga k této kapitole:

Arcana Coelestia 353, 716, 1001, 2832, 3519, 4236, 4735, ...

Apocalypse Revealed 10, 242, 278, 379, 468, 782, 862

True Christian Religion 706


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 167, 257, 279, 316, 324, 329, 365, ...

Jiný komentář

  Příběhy:



Skočit na podobné biblické verše

出エジプト記 29:10, 11, 12, 14, 30:10

レビ記 1:3, 4, 5, 10, 3:3, 14, 15, 5:6, 9, 10, 13, 16, 17, 18, 6:4, 18, 22, 23, 7:2, 8:11, 14, 15, 17, 9:2, 3, 9, 14:7, 18, 16:3, 5, 14, 15, 27, 17:11, 19:22, 21:10, 23:19

民数記 7:16, 15:22, 24, 25, 27, 28, 19:4

歴代誌下 29:22, 23

詩編 19:13, 90:8

エゼキエル書 40:39, 43:22, 44:27, 45:17, 20, 22

テモテへの手紙一 1:13

ハバクク書 7:27, 13:11

ヨハネの手紙一 1:9

Významy biblických slov


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

モーセ
Moses's name appears 814 times in the Bible (KJV), third-most of any one character (Jesus at 961 actually trails David at 991). He himself wrote...

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

主の
The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...


In the Word three terms are used to mean bad things that are done. These three are transgression, iniquity, and sin, and they are here...

幕屋
'The tabernacle' has almost the same meaning as 'temple,' that is, in the highest sense, the Lord’s divine humanity, and in a relative sense, heaven...


ほとんどの場合、"before "の意味は簡単です。相対的な時間を評価する方法としても、"誰かの前で "という意味でも、"before "は使われます。しかし,主に関連して使われる場合には,より深い意味を持ちます。主の前に」いるということは、主の前にいるだけでなく、主から善の欲求と真理の理解を受けて、それに従って生きることを意味します。そして、主に関連して時間の評価として使われる場合、「前に」とは「永遠に」という意味であり、私たちが経験する時間ではなく、霊的な状態を指します。


頭は、私たちの最も高い部分であり、代表的な意味では、主に最も近い部分であることを意味します。このことから、頭は私たちの最も内側にあるもの、つまり私たちの中心にあるものを表しています。ほとんどの場合、私たちは思考と理性に導かれて生きているので、これは知性と知恵を意味します。しかし、主の場合には、主の完全な愛を表すことが多いです。また、多くの場合、頭は人間全体を表すのに使われます。なぜなら、私たちの中のすべてのものは、一番奥にあるものから流れ出るからです。


Scientists believe that one of the most crucial developments in the evolution of humans was bipedalism – walking on two legs. That left our hands...


Bloods signify evil, in Ezek. 16:9.


The ten fingers signify all things terminated in ultimates.

香ばしい
Fragrant signifies the truth of good.

祭壇
御言葉に記されている最初の祭壇は、ノアが箱舟から出てきた後、ノアが建てたものです。その祭壇で、きれいな動物を主のために犠牲にしました。山は高いところにあるので、主を象徴し、私たちが主と「話す」ときには、この世のものよりも思考を高めなければなりません。祭壇は小さな人工的な山ですが、礼拝に使われると、この思考の高揚を思い起こさせ、火と煙を上げて、象徴的に主に送ることができます。祭壇の多くは、切り立っていない石で作られています。石は真理を表し、人の手によって形作られていない石は、御言葉の真理、汚されていない真理を表します。きれいな獣は善いこと、正しいからこそ行う慈善的な行為を表し、きれいな鳥は教義と行動、何が正しいかについての考えを表しています。ですから、これらのことを提示するということは、私たちが主からそれらをもらったことを認め、主に感謝することなのです。 イスラエルの幕屋では,焼燔の供え物の祭壇は善の承認を表し,香の祭壇は真理の承認を表していました。そのため、扉の外にあったこの大きな祭壇は、自然の善を意味する真鍮で作られ、線香の祭壇は真理から来る主への愛を意味する金で作られていました。


'A horn,' when spoken of the Lord, signifies omnipotence. 'The little horn that rose up,' as mentioned in Daniel 7:3-8, signifies the full perversion of...

内臓
"And they came to their entrails," in Gen. 41:21, signifies interior extermination.


The number "two" has two different meanings in the Bible. In most cases "two" indicates a joining together or unification. This is easy to see...

腎臓
'Kidneys,' as in Exodus 29:13, signify interior truths, or truths exploring, purifying, and correcting.


'Kidneys,' as in Exodus 29:13, signify interior truths, or truths exploring, purifying, and correcting.


肉は、その最も分かりやすい形だけでも、いくつかの意味を持っています。それは、主が大洪水について「すべての肉を滅ぼす」と語っているように、すべての生き物を意味することができます。創世記7:21)、または全人類を意味する場合もあります(創世記6:3あるいは、石の多い心臓に代わる肉の心臓のように、柔らかくて屈強なものを意味することもあります。エゼキエル書11:19)しかし、霊的には、ある人の意志の中に宿り、その人に属しているように見える愛を意味します。この人は、まだ再生を始めていない人(あるいはこれからも始めない人)であるかもしれませんし、再生の途中の人であるかもしれませんし、終わりに近づいている人であるかもしれません。最高の意味での肉とは、主の御心の中にある、神的な愛を意味します。この意味は、ヨハネの福音書の中の主の言葉にはっきりと表れています(ヨハネによる福音書6:53-56) 誰もがそのような愛のパッケージを持っていて、それはかなり悪いものであったり、混合したものであったり、かなり良いものであったりしますが、同様に、誰もが肉を持っているのです。私たちの人生を生きている間の霊的な仕事は、そのような愛のパッケージを悪いものから良いものに変えていくことです。私たちがこれをしようとするならば、主は私たちを助けてくださいます。 私たちが始めたとき、私たちの愛は利己的で、エゼキエルが見た骨のように霊的には死んでいますが、私たちが自分の悪から目を背けて粘っているとき、主は骨を集めて、柔らかくて愛に満ちた肉を与え、私たちは古い利己的なものに取って代わる新しい外向きの愛で生き返ることができます。 ですから、「肉」の意味は、私たちの元々の意志が、私たちの働きかけと主の助けによって、一枚一枚解体され、最終的にそれに取って代わる新しい意志へと変化することがあります。イスラエルの教会の生け贄の中には、肉を燃やすものもあれば、祭司たちが肉を食べるものもありました。古い原初の意志を表すものは焼かれましたが、食べられるものは新しい意志を表していました。


'Legs' signify the exteriors of the natural man.

場所
'A dry place,' as in Luke 11:24, signifies states of evil and falsity which are in the life of someone who does the work of...


火は、精神的な意味で、自然の火があなたの家を燃やして怖い、またはあなたを暖かく保つことで両方の慰めになることができるのと同じように、コンテキストに応じて愛と憎しみの両方を意味することができます。私たちの言語はあまりにも、これを反映している - 私たちはくすぶり憎しみや燃える愛のような概念を使用しています。だから火は愛であり、隣人の愛と主への愛、または、悪い意味では、良心によって抑制されていない場合は、それに反対するすべてのものの憎しみにつながる自分自身の愛です。

会衆
A congregation is a group of people with common loves, interests, and purposes. It often refers to a church group. In the Word it is...


何かを理解するときに「見える」と言うのはよくあることです。そして、聖書の中の「見る」というのは、確かに霊的なものを把握し、理解することを表しています。ですから、私たちを見ることができる目は、霊的なものを理解することができる知性を表しているのです。 もちろん、これは否定的な意味でも使われます。聖書は人々が目を持っていて見ることを拒否していることを語っており、主がこの世におられた時には、不快な目を摘み取るように助言されました。これは、真実を認めることを拒否したり、偽りに惑わされたりすることを表しています。

長老
長老たちは、主に二つの方法で聖書の中で言及されています。第一はイスラエルの長老たち、第二は黙示録にある神の玉座に座る24人の長老たちです。どちらの場合も、長老たちは知恵を意味しており、私たちが学んだ真理を使って、日常生活の中で正しいことを行うことができます。イスラエルの長老とは、イスラエルという教会の知恵の主なものを意味しています。ヨハネの黙示録4章に記されている長老たちは、天の最高の知恵、ひいては天全体の知恵を意味しています。 聖書のほとんどの意味と同じように、これも文脈によっては逆の意味に曲解された意味に変化することがあります。知識と隣人への愛に満ちた心の代わりに、その愛は自分の知性を誇示するために捻じ曲げられ、善ではなく悪へと導かれることがあります。カイアファの家でイエスを裁くために座っていた長老や祭司長たちは、表現の裏側を示しています。


主は、聖書の中で、愛そのものであるご自身の本質に言及しているときには「エホバ」と呼ばれます。その愛の表現を指している場合は「神」と呼ばれ、それを「神の真理」と呼んでいます。 他の神々への言及は、肯定的なものも否定的なものも、その意味を反映しています。肯定的な場合、例えば、天使や人々が神々と呼ばれたり、主が神々の神と呼ばれたりするとき、それらの神々は主から私たちに与えられた真の考えを表しています。否定的な場合、例えば、イスラエルの人々が隣人の神々を繰り返し採用するような場合、それらの神々は、善良で真実なものを攻撃する、誤った、ねじ曲がった考えを表しています。


Přeložit: