レビ記 2

Studie

              |

1 人が素祭の供え物をにささげるときは、その供え物は麦粉でなければならない。その上にを注ぎ、またその上に乳香を添え、

2 これをアロンのなる祭司たちのもとに携えて行かなければならない。祭司はその麦粉とそのの一握りを乳香の全部と共に取り、これを記念の分として、祭壇の上で焼かなければならない。これは火祭であって、にささげる香ばしいかおりである。

3 素祭の残りはアロンとそのらのものになる。これは主の火祭のいと聖なる物である。

4 あなたが、もし天火で焼いたものを素祭としてささげるならば、それは麦粉にを混ぜて作った種入れぬ菓子、または油を塗った種入れぬ煎餅でなければならない。

5 あなたの供え物が、もし、平鍋で焼いた素祭であるならば、それは麦粉にを混ぜて作った種入れぬものでなければならない。

6 あなたはそれを細かく砕き、その上にを注がなければならない。これは素祭である。

7 あなたの供え物が、もし深鍋で煮た素祭であるならば、麦粉にを混ぜて作らなければならない。

8 あなたはこれらの物で作った素祭を、に携えて行かなければならない。それを祭司に渡すならば、祭司はそれを祭壇に携えて行き、

9 その素祭のうちから記念の分を取って、祭壇の上で焼かなければならない。これは火祭であって、にささげる香ばしいかおりである。

10 素祭の残りはアロンとそのらのものになる。これは、主の火祭のいと聖なる物である。

11 あなたがたがにささげる素祭は、すべて種を入れて作ってはならない。パン種も蜜も、すべてにささげる火祭として焼いてはならないからである。

12 ただし、初穂の供え物としては、これらをにささげることができる。しかし香ばしいかおりとして祭壇にささげてはならない。

13 あなたの素祭の供え物は、すべてをもって味をつけなければならない。あなたの素祭に、あなたの神の契約のを欠いてはならない。すべて、あなたの供え物は、を添えてささげなければならない。

14 もしあなたが初穂の素祭をにささげるならば、で穂を焼いたもの、新穀の砕いたものを、あなたの初穂の素祭としてささげなければならない。

15 あなたはそれにを加え、その上に乳香を置かなければならない。これは素祭である。

16 祭司は、その砕いた物およびそののうちから記念の分を取って、乳香の全部と共に焼かなければならない。これはにささげる火祭である。