士師記 7

Study

           

1 さてエルバアルと呼ばれるギデオンおよび彼と共にいたすべての民は朝早く起き、ハロデの泉のほとりに陣を取った。ミデアンびとの陣は彼らのの方にあり、モレの丘に沿っての中にあった。

2 はギデオンに言われた、「あなたと共におる民はあまりに多い。ゆえにわたしは彼らのにミデアンびとをわたさない。おそらくイスラエルはわたしに向かってみずから誇り、『わたしは自身ので自分を救ったのだ』と言うであろう。

3 それゆえ、民の耳に触れ示して、『だれでも恐れおののく者は帰れ』と言いなさい」。こうしてギデオンは彼らを試みたので、民のうち帰った者は人あり、残った者は一万人であった。

4 はまたギデオンに言われた、「民はまだ多い。彼らを導いてぎわに下りなさい。わたしはそこで、あなたのために彼らを試みよう。わたしがあなたに告げて『この人はあなたと共に行くべきだ』と言う者は、あなたと共に行くべきである。またわたしがあなたに告げて『この人はあなたと共に行ってはならない』と言う者は、だれも行ってはならない」。

5 そこでギデオンが民を導いてぎわに下ると、は彼に言われた、「すべて犬のなめるようにをもってをなめる者はそれを別にしておきなさい。またすべてひざを折り、かがんでを飲む者もそうしなさい」。

6 そしてにあててをなめた者の数は人であった。残りの民はみなひざを折り、かがんで飲んだ

7 はギデオンに言われた、「わたしは水をなめた人の者をもって、あなたがたを救い、ミデアンびとをあなたのにわたそう。残りの民はおのおのその家に帰らせなさい」。

8 そこで彼はかの人を留めおき、残りのイスラエルびとのから、つぼとラッパを取り、民をおのおのその天幕に帰らせた。時にミデアンびとの陣はの中にあった。

9 そのはギデオンに言われた、「立てよ、下っていって敵陣に攻め入れ。わたしはそれをあなたのにわたす。

10 もしあなたが下って行くことを恐れるならば、あなたのしもべプラと共に敵陣に下っていって、

11 彼らの言うところを聞け。そうすればあなたのが強くなって、敵陣に攻め下ることができるであろう」。ギデオンがしもべプラと共に下って、敵陣にある兵隊たちの前哨地点に行ってみると、

12 ミデアンびと、アマレクびとおよびすべての東方の民はいなごのように数多くに沿って伏していた。そのらくだはべののように多くて数えきれなかった。

13 ギデオンがそこへ行ったとき、ある人がその仲間を語っていた。その人は言った、「わたしは夢を見た。大麦のパン一つがミデアンの陣中にころがってきて、天幕に達し、それを打ち倒し、くつがえしたので、天幕は倒れ伏した」。

14 仲間は答えて言った、「それはイスラエルの人、ヨアシのギデオンのつるぎにちがいない。はミデアンとすべての軍勢を彼のにわたされるのだ」。

15 ギデオンはの物語とその解き明かしとを聞いたので、礼拝し、イスラエルの陣営に帰り、そして言った、「立てよ、はミデアンの軍勢をあなたがたのにわたされる」。

16 そして彼は人を組に分け、にラッパと、からつぼとを取らせ、つぼのにたいまつをともさせ、

17 彼らに言った、「わたしを見て、わたしのするようにしなさい。わたしが敵陣のはずれに達したとき、あなたがたもわたしのするようにしなさい。

18 わたしと共におる者がみなラッパを吹くと、あなたがたもまたすべての陣営の四方でラッパを吹き、『主のためだ、ギデオンのためだ』と言いなさい」。

19 こうしてギデオンと、彼と共にいた人の者が、中更の初めに敵陣のはずれに行ってみると、ちょうど番兵を交代した時であったので、彼らはラッパを吹き、に携えていたつぼを打ち砕いた。

20 すなわち組の者がラッパを吹き、つぼを打ち砕き、左のにはたいまつをとり、右のにはラッパを持ってそれを吹き、「主のためのつるぎ、ギデオンのためのつるぎ」と叫んだ。

21 そしておのおのその持ち場に立ち、敵陣を取り囲んだので、敵軍はみな走り、大声をあげて逃げ去った。

22 人のものがラッパを吹くと、は敵軍をしてみな互に同志打ちさせられたので、敵軍はゼレラの方、ベテシッタおよびアベルメホラの境、タバテの近くまで逃げ去った。

23 イスラエルの人々はナフタリ、アセルおよび全マナセから集まってきて、ミデアンびとを追撃した。

24 ギデオンは使者をあまねくエフライムの地につかわし、「下ってきて、ミデアンびとを攻め、ベタバラに至るまでの流れを取り、またヨルダンをも取れ」と言わせた。そこでエフライムの人々はみな集まってきて、ベタバラに至るまでの流れを取り、またヨルダンをも取った。

25 彼らはまたミデアンびとのふたりの君オレブとゼエブを捕え、オレブをオレブのほとりで殺し、ゼエブをゼエブの酒ぶねのほとりで殺した。またミデアンびとを追撃し、オレブとゼエブの首を携えてヨルダンの向こうのギデオンのもとへ行った。

  

Exploring the Meaning of 士師記 7      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth

Judges 7: Gideon’s valiant three hundred men.

Gideon and all his men camped by the well of Harod, which can mean “eager”, and also “trembling.” The Lord told Gideon that his army was too large, which could lead Israel to boast that they won by their own efforts (rather than the Lord’s power). Gideon was instructed to send away anyone who was afraid; 22,000 went home, leaving 10,000.

Even still, the Lord said the army was too large, so Gideon tested the men by taking them down to the water to drink. The Lord directed Gideon to call out those who lapped water from out of their hands rather than kneeling down to drink with their mouths. Three hundred men were chosen by this method of selection.

The Lord then commanded Gideon to go down to the Midianite camp, and if he was afraid, to take his servant, Phurah. There, Gideon overheard one of the soldiers telling his companion that he’d had a dream, in which a loaf of bread came tumbling into the camp and struck one of the tents so that it collapsed. The other soldier said that this meant the Lord would give victory to Gideon.

Gideon gave each of his men a trumpet, and a pitcher containing a lit torch. They surrounded the Midianite camp, and at the command of Gideon, they blew their trumpets, broke their pitchers to show the torches, and shouted, “The sword of the Lord and of Gideon!” This caused panic in the camp, and every Midianite drew his sword against another, and many fled. Then Gideon ordered the capture and killing of the two Midianite princes, whose heads were brought to him.

*****

We must give glory to the Lord for successes that we seem to earn, as He alone does what is good. The Lord told Gideon to reduce the size of his army, to avoid the dangers of growing too proud. Since we live our lives as if we do everything ourselves, this is a constant threat. The fact that about two-thirds of Gideon’s army were afraid and went home shows the reality of our nature (see Swedenborg’s work, True Christian Religion 442).

Lapping water from the hand reflects our need to see and examine what we take into our minds. Water stands for truth, but it can also stand for false ideas. If we drink directly from the water, we accept indiscriminately and examine nothing. Cupping and holding the water in our hands means that we can see how to apply this truth through our attitudes and actions (see Swedenborg’s work, Arcana Caelestia 6047[2]).

Gideon’s army of only three hundred men was all it took to defeat the Midianites. The number ‘three’ stands for something which is complete or full in itself. Some spiritual examples include mind, body and soul, as well as celestial, spiritual and natural (see Swedenborg’s Apocalypse Explained 435[3] and 532[2]).

The dream Gideon overheard stands for the power of good (the bread) to break down the apparent power of what is evil and false (the tent) (Arcana Caelestia 4247[3]). The name of Gideon’s servant, Phurah, means “fruitfulness”, or “a winepress”, which is where Gideon was first called by the angel of the Lord.

The trumpet and the torch both stand for the power of truth to overcome evil and false ideas, the trumpet by its penetrating sound, and the torch by its illuminating light. There is no mention of swords for the army of Israel.

Finally, the oppression by the Midianites represents knowing what is true, but living a life governed by our own desires. This leads us increasingly further away from obeying the Lord. Of course, this must be addressed. The Midianites destroyed each other in their panic, meaning what is disorderly and against the Lord holds no validity, and eventually destroys itself (Arcana Caelestia 9320).

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: