士師記 3

Studovat vnitřní smysl

口語訳聖書         

← 士師記 2   士師記 4 →

1 すべてカナンのもろもろの戦争を知らないイスラエルの人々を試みるために、が残しておかれた民は次のとおりである。

2 これはただイスラエルの代々の孫、特にまだ戦争を知らないものに、それを教え知らせるためである。

3 すなわちペリシテびとの人の君たちと、すべてのカナンびとと、シドンびとおよびレバノンに住んで、バアル・ヘルモンからハマテの入口までを占めていたヒビびとなどであって、

4 これらをもってイスラエルを試み、モーセによって先祖たちに命じられた命令に、彼らが従うかどうかを知ろうとされたのである。

5 しかるにイスラエルの人々はカナンびと、ヘテびと、アモリびと、ペリジびと、ヒビびと、エブスびとのうちに住んで、

6 彼らのにめとり、また自分たちのを彼らのむすこに与えて、彼らの神々に仕えた。

7 こうしてイスラエルの人々は主の前に悪を行い、自分たちのを忘れて、バアルおよびアシラに仕えた。

8 そこでイスラエルに対して激しく怒り、彼らをメソポタミヤの王クシャン・リシャタイムのに売りわたされたので、イスラエルの人々は八年の間、クシャン・リシャタイムに仕えた。

9 しかし、イスラエルの人々がに呼ばわったとき、イスラエルの人々のために、ひとりの救助者を起して彼らを救われた。すなわちカレブの弟、ケナズのオテニエルである。

10 主の霊がオテニエルに臨んだので、彼はイスラエルをさばいた。彼が戦いに出ると、はメソポタミヤの王クシャン・リシャタイムをそのにわたされたので、オテニエルのはクシャン・リシャタイムに勝ち、

11 四十年のあいだ太平であった。ケナズのオテニエルはついに死んだ。

12 イスラエルの人々はまた主の前に悪をおこなった。すなわち彼らが主の前に悪をおこなったので、モアブの王エグロンを強めて、イスラエルに敵対させられた。

13 エグロンはアンモンおよびアマレクの人々を集め、きてイスラエルを撃ち、しゅろのを占領した。

14 こうしてイスラエルの人々は十八年の間モアブの王エグロンに仕えた。

15 しかしイスラエルの人々がに呼ばわったとき、は彼らのために、ひとりの救助者を起された。すなわちベニヤミンびと、ゲラの、左ききのエホデである。イスラエルの人々は彼によってモアブの王エグロンに、みつぎ物を送った

16 エホデは長さ一キュビトのもろ刃のつるぎを作らせ、それを衣の、右のももの上にびて、

17 モアブの王エグロンにみつぎ物をもってきた。エグロンは非常に肥えた人であった。

18 エホデがみつぎ物をささげ終ったとき、彼はみつぎ物をになってきた民を帰らせ、

19 かれ自身はギルガルに近い石像のある所から引きかえして言った、「王よ、わたしはあなたに申しあげる機密をもっています」。そこで王は「さがっておれ」と言ったので、かたわらに立っている者は皆出て行った。

20 エホデが王のところにはいって来ると、王はひとりで涼みの高殿に座していたので、エホデが「わたしは神の命によってあなたに申しあげることがあります」と言うと、王は座から立ちあがった。

21 そのときエホデは左のを伸ばし、右のももからつるぎをとって王のを刺した。

22 つるぎのつかも刃と共にはいったが、つるぎをから抜き出さなかったので、脂肪が刃をふさいだ。そして汚物が出た。

23 エホデは廊下に出て、王のおる高殿の戸を閉じ、錠をおろした。

24 彼が出た後、王のしもべどもがきて、高殿の戸に錠のおろされてあるのを見て、「王はきっと涼み殿のへやでをおおっておられるのだ」と思った。

25 しもべどもは長いあいだ待っていたが、王がなお高殿の戸を開かないので、心配してかぎをとって開いて見ると、王は床にたおれて死んでいた。

26 エホデは彼らのためらうまに、のがれて石像のある所を過ぎ、セイラに逃げていった。

27 彼が行ってエフライムの地にラッパを吹き鳴らしたので、イスラエルの人々は彼と共に地から下ってエホデに従った。

28 エホデは彼らに言った、「わたしについてきなさい。はあなたがたのモアブびとをあなたがたのにわたされます」。そこで彼らはエホデに従って下り、ヨルダンの渡し場をおさえ、モアブびとをひとりも渡らせなかった。

29 そのとき彼らはモアブびとおおよそ一万人を殺した。これはいずれも肥え太った勇士であって、ひとりも、のがれた者がなかった。

30 こうしてモアブはそのイスラエルのに服し、八十年のあいだ太平であった。

31 エホデの、アナテのシャムガルが起り、牛のむちをもってペリシテびと人を殺した。この人もまたイスラエルを救った。

← 士師記 2   士師記 4 →
   Studovat vnitřní smysl

Exploring the Meaning of Judges 3      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth

Judges 3: In which we hear about the nations who remain in the land; and about the judges Othniel, Ehud, and Shamgar.

This chapter begins with a very important set of statements about the nations still undefeated in the land. First, it says that the Lord would test Israel by means of these nations; secondly, that this test would “teach [the new generations] war”; and finally, that this would reveal whether or not Israel would obey the Lord. The text goes on to say that Israel now took the daughters of other nations to be wives, and also gave their own daughters to the sons of other nations.

Being ‘tested’ by the Lord refers to the temptations and spiritual conflicts we must experience during regeneration. The Lord does not test in order to make us falter, or to see how much we can endure. Rather, the testing is to make us stronger and more steadfast in our intention to follow the Lord (see Swedenborg’s work, True Christian Religion 126).

The new generations who would not have known war stand for those future states, in which we might begin to let go, and forget what the Lord has done for us. While all external wars should cease, we will always need to quell the spiritual wars within us. The key to victory is in our willingness to obey the Lord’s commandments. This wish to obey the Lord must be imprinted in our hearts and minds (see Swedenborg’s work, Doctrine of Faith 50).

‘Taking the daughters of other nations as wives’ describes the ways in which the spiritual marriage of good and truth in us becomes perverted. When our evil desires harm truths, and false ideas harm genuine loves, our sense of what is right becomes so distorted that we have no principles left to follow.

Because Israel kept forgetting the Lord and worshipping other gods, the Lord raised judges to deliver Israel. This chapter tells the stories of three judges, and we will examine the spiritual meaning of each.

The first judge discussed in this chapter was Othniel (see Judges 1). Israel was taken by Chushan-Rishathaim, the king of Mesopotamia, for eight years. His name means ‘the blackness of injustice”. Othniel delivered Israel from captivity, and there was peace for forty years. Spiritually, this describes our power, given to us by the Lord, to break free from evil wishes and thoughts. The number ‘forty’ describes the temptations we must overcome in doing this (see Swedenborg’s work, Arcana Caelestia 8098).

The next judge, Ehud, ruled at the time when Eglon, a Moabite king, took Israel captive for eighteen years. Ehud made a long, double-edged dagger and went to the king to pay tribute. When those with him were leaving, he stayed and said to King Eglon, “I have a gift for you from God”, and plunged the dagger into the king’s belly so that his fat covered the blade. Then he left, locking the doors behind him, and Eglon’s servants eventually found their king dead. Ehud then attacked, and freed Israel from the Moabites.

The meaning of this graphic event is to show the power of the truth when it is used to combat evil. Eglon was fat, representing the seemingly large and imposing nature of evils. The double-edged dagger stands for the power of the Word. It went straight into the king’s fat belly, which stands for the absolute power of the Word to tear down evils and falsities. This then allows us to reassert our leading intentions, and return to our service for the Lord (see Apocalypse Revealed 52).

The third and final judge mentioned in this chapter was Shamgar, who killed six hundred Philistines with an ox goad and delivered Israel. The Philistines – who later became a major enemy of Israel – stand for the belief that faith alone will save us, without any need for good actions in life. This can have an insidious influence on us and needs constant attention, represented by the number six hundred. The ox goad (prodder) indicates that we need to keep pushing ourselves to do good, just as an ox is prodded to work strenuously (Arcana Caelestia 1198).

Swedenborg

Výklad(y) nebo odkazy ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 1444, 2722, 6858, 8301

Apocalypse Revealed 367


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 458, 811

Jiný komentář

  Příběhy:



Skočit na podobné biblické verše

創世記 24:10

出エジプト記 34:16

レビ記 26:17

民数記 13:29, 23:18

申命記 8:11, 14, 18

ヨシュア記 2:7, 13:3

士師記 1:4, 5, 13, 16, 2:11, 13, 14, 16, 18, 20, 22, 3:11, 30, 4:3, 5:6, 31, 6:3, 25, 34, 7:9, 14, 15, 24, 8:28, 33, 10:1, 9, 11, 12, 11:29, 12:5, 13:25, 14:6, 15:14, 15, 17:1, 19:1, 20:16

サムエル記上 10:6, 10, 12:9, 13:3, 17:50

サムエル記下 4:6, 20:9, 10

列王記上 9:20, 11:3

歴代誌上 8:3, 5

歴代誌下 9:24, 15:1

ネヘミヤ記 4:14

詩編 78:58, 83:6, 106:35, 36, 41

ホセア書 6:4

コリントの信徒への手紙二 14

Významy biblických slov

カナン
Canaan signifies a worship in things external without internals, which arose out of the internal church corrupted, called Ham. Thus it is that Ham is...

戦争
御言葉の中の戦争は、善であるものが悪や偽りのものに襲われるときの誘惑の戦いを表しています。襲ってくる悪は、地獄の多くの社会の一つから来ていて、私たちの心の中で、私たちが正しいと知っていることに反した利己的な愛を呼び覚ますことによって作用します。そして、私たちの利己的な愛が、善人でありたいという願いを育む愛を攻撃し、私たちの心の中に戦争が起こります。これは、イスラエルの子供たちがカナンの地で戦った戦争に代表されるもので、旧約聖書には長い歴史があります。利己的な愛は遺伝的に私たちの心の中にあふれていますが、善良な愛は良心が発達するにつれて長く続いていきます。もし私たちに良心がなければ誘惑されることができず、私たちはすぐに利己的な願いに従って屈服してしまいます。しかし、そうすると最終的には地獄の奴隷状態になり、彼らの望むことを何でもすることになるのです。


Five also signifies all things of one part.

レバノン
'Lebanon' signifies spiritual good. 'Lebanon' signifies the church regarding the perception of truth from the rational self.

モーセ
Moses's name appears 814 times in the Bible (KJV), third-most of any one character (Jesus at 961 actually trails David at 991). He himself wrote...

先祖
Father in the Word means what is most interior, and in those things that are following the Lord's order, it means what is good. In...

命じられた
To command is to give an order that something must be done, and is directed to an individual, or a group. It is an imperative,...

命令
To command is to give an order that something must be done, and is directed to an individual, or a group. It is an imperative,...


Marriages among people – both in the Bible and in life – represent spiritual marriage. Women represent the desire to be good and to do...


The Hebrew of the Old Testament has six different common words which are generally translated as "wife," which largely overlap but have different nuances. Swedenborg...

神々
主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。

バアル
Baalim and her lovers (Hosea 2:13) signify those things which belong to the natural man, and are loved; such as the lusts and falsities thence...

怒り
怒りは、それが定義を必要としないほど、人々にとって非常に一般的な感情です。しかし、興味のある点をいくつか挙げることができます。 1) 主は決して怒られません。怒りが主に帰するのは、この言葉が人間に意味を持たせるために書かれているからであり、人間が悪であるときには、主は怒るべきであるかのように思えるからです。そして、そのように考えることは人を傷つけることではありません。また、悪人が自分の計画がうまくいかない時に、主に怒りを感じて、それが返ってくると思っています。 2) 熱意はしばしば怒りのように見えますが、そうではなく、悪い動機ではなく、良い動機から来ています。怒りは利己的な愛が妨げられたり、攻撃されたりしたときに人に現れますが、熱意は善良な愛や価値ある真理が妨げられたり、攻撃されたりしたときに人に現れます。悪魔やサタンは怒りを感じ、それをよく感じ、攻撃しようとします。天使は熱意を感じ、しばしばそれを感じ、守ろうとすることがあります。

カレブ
Caleb, In Numbers 14:24, represents those who are introduced into the church, and, accordingly, his seed signifies the truth of the doctrine of the church.

戦い
御言葉の中の戦争は、善であるものが悪や偽りのものに襲われるときの誘惑の戦いを表しています。襲ってくる悪は、地獄の多くの社会の一つから来ていて、私たちの心の中で、私たちが正しいと知っていることに反した利己的な愛を呼び覚ますことによって作用します。そして、私たちの利己的な愛が、善人でありたいという願いを育む愛を攻撃し、私たちの心の中に戦争が起こります。これは、イスラエルの子供たちがカナンの地で戦った戦争に代表されるもので、旧約聖書には長い歴史があります。利己的な愛は遺伝的に私たちの心の中にあふれていますが、善良な愛は良心が発達するにつれて長く続いていきます。もし私たちに良心がなければ誘惑されることができず、私たちはすぐに利己的な願いに従って屈服してしまいます。しかし、そうすると最終的には地獄の奴隷状態になり、彼らの望むことを何でもすることになるのです。

四十
'Forty' means completeness because 'four' means what is complete, as does 'ten.' Forty is the product of four and ten. Compound numbers have a meaning...

主の
The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

アンモン
The children of Ammon ('Jeremiah 49:1'), signify those who falsify the truths of the Word, and of the church.


In the ancient world cities were very nearly nations unto themselves – they existed within walls, with their own laws and customs, generally centered on...

送った
'To send' signifies revealing.

長さ
'Length' symbolizes goodness, here, the goodness of the church, for the same reason that 'breadth' symbolizes truth. This is because 'length means the sweep of...


Generally speaking things that are seen as lower physically in the Bible represent things that are lower or more external spiritually. In some cases this...


To gird one’s self, as in John. 21:18, signifies to know and perceive truths in the light from good.

ギルガル
Gilgal signifies the doctrine of natural truth, serving for introduction into the church.

立っている
'To stand,' and 'come forth' as in Daniel 7:10, refers to truth. In Genesis 24:13, it signifies a state of conjunction of divine truth with...

来る
As with common verbs in general, the meaning of “come” in the Bible is highly dependent on context – its meaning is determined largely by...


主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。

神の
主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。

言う
As with many common verbs, the meaning of “to say” in the Bible is highly dependent on context. Who is speaking? Who is hearing? What...


The belly (Psalms 16:4) signifies the interior understanding.

見て
To look,' as in Genesis 18:22, signifies thinking, because seeing denotes understanding. Look not back behind thee,' as in Genesis 19:17, means that Lot, who...


Our feet are the lowest and most utilitarian parts of our bodies, and in the Bible they represent the lowest and most utilitarian part of...

見る
The symbolic meaning of "seeing" is "understanding," which is obvious enough that it has become part of common language (think about it; you might see...

エフライムの
Ephraim was the second son born to Joseph in Egypt and was, along with his older brother Manasseh, elevated by Jacob to the same status...

エフライム
Ephraim was the second son born to Joseph in Egypt and was, along with his older brother Manasseh, elevated by Jacob to the same status...


The Writings tell us that the Lord's love is the sun of heaven, and it is natural for us to look above ourselves to the...


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...


An enemy in the Bible refers to people who are in the love of evil and the false thinking that springs from evil. On a...

ヨルダン
The river Jordan separates the land of Canaan from the lands to the east. This separation represents the division of the human mind into an internal...

モアブ
'Moab,' in a positive sense, signifies people who are in natural good, and allow themselves to be easily seduced, but in an opposite sense, it...


"Day" describes a state in which we are turned toward the Lord, and are receiving light (which is truth) and heat (which is a desire...

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...


Scientists believe that one of the most crucial developments in the evolution of humans was bipedalism – walking on two legs. That left our hands...


Generally in the Bible a "country" means a political subdivision ruled by a king, or sometimes a tribe with a territory ruled by a king...

八十
Swedenborg tells us that 80, like 40, can represent a state of temptation, when we face and battle our desires for evil – and that...


スウェーデンボルグによると、時間と空間は、霊的な現実には存在しません、彼らは物理的な平面上にのみ存在する純粋に自然なものです。これは、時間がないので、1つの霊的なものは、時間内の別の霊的なものの "後に "起こることができないことを意味します。そして、ある霊的なものは、空間がないので、空間の中で別の霊的なものに "後から "続くことはできません。 代わりに、スピリチュアルな現実は、スピリチュアルな状態、つまり天使の愛と思考に基づいて構造化されています。これらの愛と思考は原因と結果の連鎖の中でつながっていて、天使たちは私たちが時間を経験するのと同じように経験しています。そして天使が似たような思考や感情を持っている時、彼らは私達の物理的な親密さの経験と非常に同じである親密さを経験しています;彼らの考える「空間」とは、霊的な世界全体で霊によって保持される思考や愛情の変化です。 聖書が何かを他の何かの「後」と表現しているとき、霊的な意味は霊的な状態の進行と関係しています。そして、高い状態は低い状態に流れ込むので、「その後」に来るものは、より低い、より外的なものになる傾向があります。例えば、他人に良いことをしたいという内的な深い願望は、私たちができる具体的な良いことの具体的なアイデアに自ずと流れていきます。それらの具体的なアイデアは、善良でありたいという願望の「後」になるのです。


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....


Like most numbers in the Bible, "six" can have various meanings depending on context, but has a couple that are primary. When used in relation...


It's a landmark for a young child to count to 100; it sort of covers all the "ordinary" numbers. One hundred is obviously significant for...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

Zdroje pro rodiče a učitele

Zde uvedené položky jsou poskytnuty se svolením našich přátel z General Church of the New Jerusalem. Můžete prohledávat/procházet celou knihovnu kliknutím na odkaz this link.


 Ehud and Eglon
Coloring Page | Ages 7 - 14

 The First Three Judges of Israel Complete the Chart
Learn the cycle of the Judges by completing information about the first three judges of Israel.
Activity | Ages 9 - 13

 The First Three Judges Review Questions
Read Judges 3 to find answers to fill in the blanks. Cloze activity.
Activity | Ages 9 - 13


Přeložit: