士師記 11

Studovat vnitřní smysl

口語訳聖書         

← 士師記 10   士師記 12 →

1 さてギレアデびとエフタは強い勇士であったが遊女で、エフタの父はギレアデであった。

2 ギレアデの供を産んだが、その妻の供たちが成長したとき、彼らはエフタを追い出して彼言った、「あなたはほかの女の産んだだから、わたしたちの父のを継ぐことはできません」。

3 それでエフタはその兄弟たちのもとから逃げ去って、トブの地に住んでいると、やくざ者がエフタのもとに集まってきて、彼と一緒に出かけて略奪を事としていた。

4 がたって後、アンモンの人々はイスラエルと戦うことになり、

5 アンモンの人々がイスラエルと戦ったとき、ギレアデの長老たちは行ってエフタをトブの地から連れてこようとして、

6 エフタに言った、「きて、わたしたちの大将になってください。そうすればわたしたちはアンモンの人々と戦うことができます」。

7 エフタはギレアデの長老たちに言った、「あなたがたはわたしを憎んで、わたしの父のから追い出したではありませんか。しかるに今あなたがたが困っている時とはいえ、わたしのところに来るとはどういうわけですか」。

8 ギレアデの長老たちはエフタに言った、「それでわたしたちは今、あなたに帰ったのです。どうぞ、わたしたちと一緒に行って、アンモンの人々と戦ってください。そしてわたしたちとギレアデに住んでいるすべてのものとのかしらになってください」。

9 エフタはギレアデの長老たちに言った、「もしあなたがたが、わたしをつれて帰って、アンモンの人々と戦わせるとき、が彼らをわたしにわたされるならば、わたしはあなたがたのかしらとなりましょう」。

10 ギレアデの長老たちはエフタに言った、「はあなたとわたしたちの間の証人です。わたしたちは必ずあなたの言われるとおりにしましょう」。

11 そこでエフタはギレアデの長老たちと一緒に行った。民は彼を立てて自分たちのかしらとし、大将とした。それでエフタはミヅパで、自分の言葉をことごとく主のに述べた。

12 かくてエフタはアンモンの人々の王に使者をつかわして言った、「あなたはわたしとなんのかかわりがあって、わたしのところへ攻めてきて、わたしのと戦おうとするのですか」。

13 アンモンの人々の王はエフタの使者に答えた、「昔、イスラエルエジプトから上ってきたとき、アルノンからヤボクに及び、またヨルダンに及ぶわたしのを奪い取ったからです。それゆえ今、穏やかにそれを返しなさい」。

14 エフタはまた使者アンモンの人々の王につかわして、

15 言わせた、「エフタはこう申します、『イスラエルモアブの地も、またアンモンの人々の地も取りませんでした。

16 イスラエルエジプトから上ってきたとき、荒野をとおって紅にいたり、カデシにきました。

17 そしてイスラエル使者エドムの王につかわして「どうぞ、われわれにあなたのを通らせてください」と言わせましたが、エドムの王は聞きいれませんでした。また同じように人をモアブの王につかわしたが、彼も承諾しなかったので、イスラエルはカデシにとどまりました。

18 それから荒野をとおって、エドムの地とモアブの地を回り、モアブの地の東部に達し、アルノンの向こうに宿営しましたがモアブの領域には、はいりませんでした。アルノンはモアブの境だからです。

19 次にイスラエルはヘシボンの王すなわちアモリびとの王シホンに使者をつかわし、シホンに向かって「どうぞ、われわれにあなたのをとおって、われわれの目的地へ行かせてください」と言わせました。

20 ところがシホンはイスラエルを信ぜず、その領域を通らせないばかりか、かえってすべての民を集めてヤハヅに陣を取り、イスラエルと戦いましたが、

21 イスラエルのはシホンとそのすべての民をイスラエルのにわたされたので、イスラエルは彼らを撃ち破って、その土地住んでいたアモリびとの地をことごとく占領し、

22 アルノンからヤボクまでと、荒野からヨルダンまで、アモリびとの領域をことごとく占領しました。

23 このようにイスラエルのはその民イスラエルのからアモリびとを追い払われたのに、あなたはそれを取ろうとするのですか。

24 あなたは、あなたのケモシがあなたに取らせるものを取らないのですか。われわれはわれわれのがわれわれのから追い払われたものの土地を取るのです。

25 あなたはモアブの王チッポルのバラクにまさる者ですか。バラクはかつてイスラエルと争ったことがありますか。かつて彼らと戦ったことがありますか。

26 イスラエルはヘシボンとその村里に住み、またアロエルとその村里およびアルノンの岸に沿うすべての々に住むこと年になりますが、あなたがたはどうしてその間にそれを取りもどさなかったのですか。

27 わたしはあなたに何も悪い事をしたこともないのに、あなたはわたしと戦って、わたしにを加えようとします。審判者であられるよ、どうぞ、きょう、イスラエルの人々とアンモンの人々との間をおさばきください』」。

28 しかしアンモンの人々の王はエフタが言いつかわした言葉をききいれなかった。

29 時に主の霊がエフタに臨み、エフタはギレアデおよびマナセをとおって、ギレアデのミヅパに行き、ギレアデのミヅパから進んでアンモンの人々のところに行った。

30 エフタはに誓願を立てて言った、「もしあなたがアンモンの人々をわたしのにわたされるならば、

31 わたしがアンモンの人々に勝って帰るときに、わたしのの戸口から出てきて、わたしを迎えるものはだれでも主のものとし、その者を燔祭としてささげましょう」。

32 エフタはアンモンの人々のところに進んで行って、彼らと戦ったが、は彼らをエフタのにわたされたので、

33 アロエルからミンニテの附近まで、二十を撃ち敗り、アベル・ケラミムに至るまで、非常に多くの人を殺した。こうしてアンモンの人々はイスラエルの人々のに攻め伏せられた。

34 やがてエフタはミヅパに帰り、自分の来ると、彼のが鼓をもち、舞い踊って彼を出迎えた。彼女はエフタのひとりで、ほかに男子も女もなかった。

35 エフタは彼女を見ると、衣を裂いて言った、「ああ、よ、あなたは全くわたしを打ちのめした。わたしを悩ますものとなった。わたしがに誓ったのだから改めることはできないのだ」。

36 娘は言った、「父よ、あなたはに誓われたのですから、があなたのために、あなたのアンモンの人々に報復された今、あなたが言われたとおりにわたしにしてください」。

37 娘はまた父に言った、「どうぞ、この事をわたしにさせてください。すなわち月の間わたしをゆるし、友だちと一緒に行って、々をゆきめぐり、わたしの処女であることを嘆かせてください」。

38 エフタは「行きなさい」と言って、彼女を月の間、出してやった。彼女は友だちと一緒に行って、の上で自分の処女であることを嘆いたが、

39 月の後、父のもとに帰ってきたので、父は誓った誓願のとおりに彼女におこなった。彼女はついに男を知らなかった。

40 これによって年々イスラエルの娘たちは行って、年にほどギレアデびとエフタののために嘆くことがイスラエルのならわしとなった。

← 士師記 10   士師記 12 →
   Studovat vnitřní smysl

Exploring the Meaning of Judges 11      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth

Judges 11: Jephthah’s victory.

This chapter and most of the next are about the judge Jephthah. He was Gilead’s son by a prostitute, so Gilead’s other sons despised him, and drove him out from his homeland. He fled to the land of Tob, where he lived amongst reckless men. When the Ammonites made war against Israel, the elders of Gilead went to the land of Tob to ask if Jephthah would lead their army. At first, Jephthah challenged them, and asked why they would come to him for help after expelling him from their county. However, the elders swore by the Lord that they would accept him as their leader, so he agreed to go with them.

Then Jephthah sent messengers to the king of Ammon, to ask why his people were attacking Gilead. The king said that Israel had taken away their land, but Jephthah recounted to them the history of Israel’s time in the wilderness, specifically pointing out that they not made war with the nations of Canaan. The only exception was the Amorite king Sihon’s attack on Israel, in which the Israelites defended themselves and defeated the Amorites. So, Jephthah explained that Israel had not taken land from the Ammonites. But the people of Ammon did not listen, and prepared for war.

While preparing his army against the people of Ammon, Jephthah made a vow to the Lord: if He would grant Gilead victory, Jephthah would make a burnt offering of the first thing which came out from his house upon his return home. Battle ensued, and the army of Jephthah utterly defeated Ammon.

When Jephthah returned home, his daughter – his only child – came out of the house to greet him with music and dancing. He tore his clothes in despair, and told her about his vow to the Lord. His daughter told him to keep his word, and asked to be left alone for two months to lament her virginity. Then, when the time came, Jephthah carried out his vow to the Lord.

*****

Jephthah’s dealings with both the Ammonites and his own family show that serving the Lord leads us to seek peace, not conflict or war. His account of the Israelites’ struggles showed that his people had only defended themselves against other nations, but had not fanned the flames of war. We are to do the work of making peace in our lives, while upholding and defending what is true (see Swedenborg’s work, Arcana Caelestia 1683).

The people of Ammon stand for knowing what is true, but then corrupting that truth to live a life based in falsities. For example, if we know the Lord regenerates us, and then tell ourselves that we no longer hold any responsibility for our eternal state, we have falsified the truth. This view completely distorts the truth: the Lord regenerates us as we work to live righteously (see Swedenborg’s work, Sacred Scripture 18[3]).

The spiritual meaning of a ‘daughter’ is an affection for spiritual truths and the life they offer. Affection is the offspring of feeling delight in truths; as we develop these affections, we learn to recognize that they come from the Lord, for he is the source of all good things (Arcana Caelestia 3336[2]).

Jephthah’s daughter was his deepest love, his greatest affection. She was a virgin, representing the spiritual qualities of purity and innocence. Her request for two months of solitude can be understood as our need to reflect during any giving to the Lord, to be sure that our intentions are pure, without any selfish expectations (see Swedenborg’s work, Divine Providence 121).

Swedenborg

Výklad(y) nebo odkazy ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 2576, 4270


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 811

Jiný komentář

  Příběhy:



Skočit na podobné biblické verše

創世記 16:5, 21:10, 26:27, 28:20, 31:50, 37:29, 34

出エジプト記 15:20

民数記 14:6, 25, 20:14, 20, 21:13, 21, 23, 24, 29, 22:2, 30:3, 32:34

申命記 1:46, 2:8, 9, 19, 36, 20:10

ヨシュア記 7:6, 13:16, 17, 18:26, 21:43

士師記 2:1, 16, 3:10, 6:12, 9:4, 10:17, 18, 20:1, 21:21

サムエル記上 11:1, 12:11, 14:44, 24:13, 16

サムエル記下 10:6

列王記上 11:7, 20:21

歴代誌下 35:25

エステル記 9:27

詩編 66:13, 14

エレミヤ書 42:5, 48:7, 19, 46

エゼキエル書 27:17

ハバクク書 11:32

Významy biblických slov

遊女
'A harlot' signifies the affection of falsities, thus the church corrupted.


The Hebrew of the Old Testament has six different common words which are generally translated as "wife," which largely overlap but have different nuances. Swedenborg...

妻の
The Hebrew of the Old Testament has six different common words which are generally translated as "wife," which largely overlap but have different nuances. Swedenborg...


‘To grow’ signifies to be perfected.


Brethren (Gen. 27:29) signify the affections of good.

兄弟
Brethren (Gen. 27:29) signify the affections of good.

いう
As with many common verbs, the meaning of “to say” in the Bible is highly dependent on context. Who is speaking? Who is hearing? What...

長老
Elders are mentioned in the Bible mainly in two ways: First the elders of Israel: and second the 24 elders seated about the throne of...

エジプト
In the Bible, Egypt means knowledge and the love of knowledge. In a good sense that means knowledge of truth from the Lord through the...


Water generally represents what Swedenborg calls “natural truth,” or true concepts about day-to-day matters and physical things. Since all water ultimately flows into the seas,...

エドム
'Edom' or 'Idumea,' as in Isaiah 34:5, signifies those who are in evil and in falsities thence derived.

宿営
'Pitch,' as in Genesis 14:10, denotes lusts. 'Burning pitch,' as in Isaiah 34:9, signifies direful fantasies.

使者
'A messenger' signifies communication.


Generally in the Bible a "country" means a political subdivision ruled by a king, or sometimes a tribe with a territory ruled by a king...

土地
Generally in the Bible a "country" means a political subdivision ruled by a king, or sometimes a tribe with a territory ruled by a king...

住んでいた
Many people were nomadic in Biblical times, especially the times of the Old Testament, and lived in tents that could be struck, moved and re-raised...

荒野
'Wilderness' signifies something with little life in it, as described in the internal sense in Luke 1:80 'Wilderness' signifies somewhere there is no good because...

ヨルダン
The land of Jordan,' as in Psalm 42:6, signifies what is lowly, consequently, what is distant from the celestial, as the external parts of a...


主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。

モアブ
'Moab,' in a positive sense, signifies people who are in natural good, and allow themselves to be easily seduced, but in an opposite sense, it...

住む
Many people were nomadic in Biblical times, especially the times of the Old Testament, and lived in tents that could be struck, moved and re-raised...


The Writings talk about many aspects of life using the philosophical terms "end," "cause" and "effect." The "end" is someone’s goal or purpose, the ultimate...


It's a landmark for a young child to count to 100; it sort of covers all the "ordinary" numbers. One hundred is obviously significant for...


'To hurt,' as mentioned in Revelation 6:6, signifies violation and profanation. 'To hurt' as mentioned in Revelation 9:4, signifies perverting the truths and goods of...

言葉
'Word,' as in Psalms 119:6-17, stands for doctrine in general. 'The Word,' as in Psalms 147:18, signifies divine good united with divine truth. 'Word,' as...

マナセ
'Manasseh' signifies the will of the spiritual church.

帰る
聖書の中には、人々が後ろを向いたり、振り返ったり、戻ったりすることを描写している例がたくさんあります。ほとんどの場合、それは否定的なものであり、時には壊滅的なものでもあります(ロトの妻がソドムの破壊を振り返ったとき、塩の柱になったように)。一般的には、これは私たちが新しい精神的なレベルに進んでいて、古いものの快適さと容易さを望んでいる自分自身を見つけるときの私たちの状態を表しています - 戻ることは、以前の劣った段階に戻ることを表しています。 返す」という意味は、物と結びつくとより文字通りの意味になります。誰かが何かを取り返したり、何かを与えたりしたとき、精神的な意味は、ほとんどの場合、問題となっているオブジェクトとその行為を行っている人々に集中しています。

主の
The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...


Scientists believe that one of the most crucial developments in the evolution of humans was bipedalism – walking on two legs. That left our hands...

二十
'Twenty,' when referring to a quantity, signifies everything, or fullness, because it is ten twice. In Genesis 18:31, 'twenty', like all numbers occurring in the...


Cities of the mountain and cities of the plain (Jer. 33:13) signify doctrines of charity and faith.


ほとんどの場合、"before "の意味は簡単です。相対的な時間を評価する方法としても、"誰かの前で "という意味でも、"before "は使われます。しかし,主に関連して使われる場合には,より深い意味を持ちます。主の前に」いるということは、主の前にいるだけでなく、主から善の欲求と真理の理解を受けて、それに従って生きることを意味します。そして、主に関連して時間の評価として使われる場合、「前に」とは「永遠に」という意味であり、私たちが経験する時間ではなく、霊的な状態を指します。


A "house" is essentially a container - for a person, for a family, for several families or even for a large group with shared interests...

来る
As with common verbs in general, the meaning of “come” in the Bible is highly dependent on context – its meaning is determined largely by...


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....

男子
'A son,' as in Genesis 5:28, signifies the rise of a new church. 'Son,' as in Genesis 24:3, signifies the Lord’s rationality regarding good. 'A...

見る
The symbolic meaning of "seeing" is "understanding," which is obvious enough that it has become part of common language (think about it; you might see...


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...


An enemy in the Bible refers to people who are in the love of evil and the false thinking that springs from evil. On a...

アンモン
The children of Ammon ('Jeremiah 49:1'), signify those who falsify the truths of the Word, and of the church.


The Writings tell us that the Lord's love is the sun of heaven, and it is natural for us to look above ourselves to the...


The number "two" has two different meanings in the Bible. In most cases "two" indicates a joining together or unification. This is easy to see...

月の
'A month' has respect to the state of truth in a person. 'A month' signifies a full state. Month,' as in Genesis 29, signifies the...


'A month' has respect to the state of truth in a person. 'A month' signifies a full state. Month,' as in Genesis 29, signifies the...

誓った
In Genesis 28:20, 'he vowed a vow' denotes, in the internal sense, willing that the Lord will provide. In the highest sense, where the Lord...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...


Marriages among people – both in the Bible and in life – represent spiritual marriage. Women represent the desire to be good and to do...

娘たち
"Behold I have two daughters,” etc. (Gen. 19:8), signifies the affections of good and truth, and the blessedness perceivable from the enjoyment thereof, by those...


The number "four" in the Bible represents things being linked together or joined. This is partly because four is two times two, and two represents...


The expression 'even to this day' or 'today' sometimes appears in the Word, as in Genesis 19:37-38, 22:14, 26:33, 32:32, 35:20, and 47:26. In a...

Zdroje pro rodiče a učitele

Zde uvedené položky jsou poskytnuty se svolením našich přátel z General Church of the New Jerusalem. Můžete prohledávat/procházet celou knihovnu kliknutím na odkaz this link.


 Jephthah
A New Church Bible story explanation for teaching Sunday school. Includes lesson materials for Primary (3-8 years), Junior (9-11 years), Intermediate (12-14 years), Senior (15-17 years) and Adults.
Teaching Support | Ages over 3

 Jephthah's Daughter
Coloring Page | Ages 7 - 14

 The Story of Jephthah Review Activity
Fill in the blanks to complete the story of Jephthah, Judges 11. Cloze activity.
Activity | All Ages


Přeložit: