ヨシュア記 22

Studie

           |

1 時にヨシュアは、ルベンびと、ガドびと、およびマナセ部族の半ばを呼び集めて、

2 言った、「あなたがたは主のしもべモーセが命じたことを、ことごとく守り、またわたしの命じたすべての事にも、わたしの言葉に聞きしたがいました。

3 今日まで長い年月の間、あなたがたの兄弟たちを捨てず、あなたがたの主の命令を、よく守ってきました。

4 今はすでに、あなたがたのが、あなたがたの兄弟たちに、先に約束されたとおり、安息を賜わるようになりました。それで、あなたがたは身を返して、主のしもべモーセが、あなたがたに与えたヨルダンの向こうの所有の地に行き、自分たちの天幕に帰りなさい。

5 ただ主のしもべモーセが、あなたがたに命じた戒めと、律法とを慎んで行い、あなたがたのし、そのすべての道に歩み、その命令を守って、につき従い、心をつくし、精をつくして、に仕えなさい」。

6 そしてヨシュアが彼らを祝福して去らせたので、彼らはその天幕に帰った。

7 マナセ部族の半ばには、すでにモーセがバシャンで所有地を与えたが、他の半ばには、ヨシュアがヨルダンのこちら、西の方で、その兄弟たちのうちに、所有地を与えた。ヨシュアは、彼らをその天幕に送りかえす時、彼らを祝福して、

8 言った、「あなたがたは多くの貨財と、おびただしい数の家畜と、金、、青銅、、および多くの衣服を持って天幕に帰り、から獲たぶんどり物を兄弟たちに分けなさい」。

9 こうしてルベンの孫、ガド孫、およびマナセ部族の半ばは、モーセによって命じられたように、すでに自分の所有地となっているギレアデの地に行こうと、カナンの地のシロで、イスラエルの人々と別れて帰って行った。

10 ルベンの孫、ガド孫、およびマナセ部族の半ばが、カナンの地のヨルダンのほとりにきた時、その所で、ヨルダンの岸べに一つの祭壇を築いた。それは大きくて遠くから見える祭壇であった。

11 イスラエルの人々は、「ルベンの孫、ガド孫、およびマナセ部族の半ばが、カナンの地の境、ヨルダンのほとりのイスラエルの人々に属する方で、一つの祭壇を築いた」といううわさを聞いた

12 イスラエルの人々が、それを聞くとひとしく、イスラエルの人々の全会衆はシロに集まって、彼らの所に攻め上ろうとした。

13 そしてイスラエルの人々は、祭司エレアザルのピネハスをギレアデの地のルベンの孫、ガド孫、およびマナセの半部族の所につかわし、

14 イスラエルの部族のうちから、父祖ののつかさ、ひとりずつをあげて、合わせて人のつかさたちを、彼と共に行かせた。これらはみなイスラエルの氏族のうちで、父祖ののかしらたる人々であった。

15 彼らはギレアデの地に行き、ルベンの孫、ガド孫、およびマナセの半部族に語って言った、

16 主の全会衆はこう言います、『あなたがたがイスラエルのにむかって、とがを犯し、今日、ひるがえって従うことをやめ、自分のために一つの祭壇を築いて、今日にそむこうとするのは何事か。

17 ペオルで犯したで、なお足りないとするのか。それがために主の会衆に災が下ったが、われわれは今日もなお、そのから清められていない。

18 しかもあなたがたは、今日、ひるがえって従うことをやめようとするのか。あなたがたが、きょう、にそむくならば、あす、イスラエルの全会衆にむかって怒られるであろう。

19 もしあなたがたの所有の地が清くないのであれば、主の幕屋の立っている主の所有の地に渡ってきて、われわれのうちに、所有の地を獲なさい。ただ、われわれの主の祭壇のほかに、自分のために祭壇を築いて、にそむき、またわれわれをそむく者とならせないでください。

20 ゼラアカンは、のろわれた物について、とがを犯し、それがためイスラエルの全会衆に、怒りが臨んだではないか。またそのによって滅びた者は、彼ひとりではなかった』」。

21 その時、ルベンの孫、ガド孫、およびマナセの半部族は、イスラエルの氏族のかしらたちに答えて言った、

22 「力ある者、。力ある者、は知ろしめす。イスラエルもまた知らなければならない。もしそれがそむくことであり、あるいはに罪を犯すことであるならば、きょう、われわれをゆるさないでください。

23 われわれが祭壇を築いたことが、もし従うことをやめるためであり、またその上に、燔祭、素祭をささげるためであり、あるいはまたその上に、酬恩祭の犠牲をささげるためであったならば、みずから、その罪を問いただしてください。

24 しかし、われわれは次のことを考えてしたのです。すなわち、のちの日になって、あなたがたの孫が、われわれの孫にむかって言うことがあるかも知れません、『あなたがたは、イスラエルのと、なんの関係があるのですか。

25 ルベンの孫と、ガド孫よ、は、あなたがたと、われわれとの間に、ヨルダンを境とされました。あなたがたは主の民の特権がありません』。こう言って、あなたがたの孫が、われわれの孫に、を拝むことをやめさせるかも知れないので、

26 われわれは言いました、『さあ、われわれは一つの祭壇を築こう。燔祭のためではなく、また犠牲のためでもなく、

27 ただあなたがたと、われわれとの間、およびわれわれの孫の間に、証拠とならせて、われわれが、燔祭と犠牲、および酬恩祭をもって、主ので、につとめをするためである。こうすれば、のちの日になって、あなたがたの孫が、われわれの孫に、「あなたがたは主の民の特権がありません」とは言わないであろう』。

28 またわれわれは言いました、『のちの日に、われわれ、またわれわれの子孫が、もしそのようなことを言われるならば、その時、われわれは言おう、「われわれの先祖が造った主の祭壇の型をごらんなさい。これは燔祭のためではなく、また犠牲のためでもなく、あなたがたと、われわれとの間の証拠である」。

29 にそむき、ひるがえって今日従うことをやめて、われわれの主の幕屋のにある祭壇のほかに、燔祭、素祭、または犠牲をささげるための祭壇を築くようなことは、決していたしません』」。

30 祭司ピネハス、および会衆のつかさたち、すなわち彼と共に行ったイスラエルの氏族のかしらたちは、ルベンの孫、ガド孫、およびマナセ孫がった言葉を聞いて、それを良しとした。

31 そして祭司エレアザルのピネハスは、ルベンの孫、ガド孫、およびマナセ孫に言った、「今日、われわれは、がわれわれのうちにいますことを知った。あなたがたが、にむかって、このとがを犯さなかったからである。あなたがたは今、イスラエルの人々を、主のから救い出したのです」。

32 こうして祭司エレアザルのピネハスと、つかさたちは、ルベンの孫、およびガド孫に別れて、ギレアデの地からカナンの地に帰り、イスラエルの人々のところに行って復命したので、

33 イスラエルの人々はそれを良しとした。そしてイスラエルの人々はをほめたたえ、ルベンの孫、およびガド孫の住んでいるを滅ぼすために攻め上ろうとは、もはや言わなかった。

34 ルベンの孫とガド孫は、その祭壇を「あかし」と名づけて言った、「これは、われわれの間にあって、にいますというあかしをするものである」。

  
Scroll to see more.