ヨシュア記 2

Study

           

1 ヌンのヨシュアは、シッテムから、ひそかにふたりの斥候をつかわして彼らに言った、「行って、その地、特にエリコを探りなさい」。彼らは行って、名をラハブという遊女にはいり、そこに泊まったが、

2 エリコの王に、「イスラエルの人々のうちの数名の者が今この地を探るために、はいってきました」と言う者があったので、

3 エリコの王は人をやってラハブに言った、「あなたの所にきて、あなたのにはいった人々をここへ出しなさい。彼らはこののすべてを探るためにきたのです」。

4 しかし、女はすでにそのふたりの人を入れて彼らを隠していた。そして彼女は言った、「確かにその人々はわたしの所にきました。しかし、わたしはその人々がどこからきたのか知りませんでしたが、

5 たそがれ時、閉じるころに、その人々は出て行きました。どこへ行ったのかわたしは知りません。急いであとを追いなさい。追いつけるでしょう」。

6 その実、彼女はすでに彼らを連れて屋根にのぼり、屋上に並べてあった亜麻の茎の中に彼らを隠していたのである。

7 そこでその人々は彼らのあとを追ってヨルダンの道を進み、渡し場へ向かった。あとを追う者が出て行くとすぐは閉ざされた。

8 ふたりの人がまだ寝ないうち、ラハブは屋上にのぼって彼らの所にきた。

9 そして彼らに言った、「がこの地をあなたがたに賜わったこと、わたしたちがあなたがたをひじょうに恐れていること、そしてこの地の民がみなあなたがたのに震えおののいていることをわたしは知っています。

10 あなたがたがエジプトから出てこられた時、があなたがたので紅を干されたこと、およびあなたがたが、ヨルダンの向こうにいたアモリびとのふたりの王シホンとオグにされたこと、すなわちふたりを、全滅されたことを、わたしたちは聞いたからです。

11 わたしたちはそれを聞くと、心は消え、あなたがたのゆえに人々は全く勇気を失ってしまいました。あなたがたのは上の天にも、の地にも、でいらせられるからです。

12 それで、どうか、わたしがあなたがたを親切に扱ったように、あなたがたも、わたしの父の親切に扱われることをいまをさして誓い、確かなしるしをください。

13 そしてわたしの父兄弟姉妹およびすべて彼らに属するものを生きながらえさせ、わたしたちの命を救って、死を免れさせてください」。

14 ふたりの人は彼女に言った、「もしあなたがたが、われわれのこのことを他に漏らさないならば、われわれは命にかけて、あなたがたを救います。またがわれわれにこの地を賜わる時、あなたがたを親切に扱い、真実をつくしましょう」。

15 そこでラハブは綱をもって彼らをからつりおろした。そのが町の城壁の上に建っていて、彼女はその城壁の上に住んでいたからである。

16 ラハブは彼らに言った、「追手に会わないように、あなたがたはへ行って、の間そこに身を隠し、追手の帰って行くのを待って、それから去って行きなさい」。

17 ふたりの人は彼女に言った、「あなたがわれわれに誓わせたこの誓いについて、われわれは罪を犯しません。

18 われわれがこの地に討ち入る時、わたしたちをつりおろしたに、このい糸のひもを結びつけ、またあなたの父兄弟、およびあなたの父の族をみなあなたのに集めなさい。

19 ひとりでもの戸口から外へ出て、を流されることがあれば、その責めはその人自身のこうべに帰すでしょう。われわれに罪はありません。しかしあなたのの中にいる人にをかけてを流すことがあれば、その責めはわれわれのこうべに帰すでしょう。

20 またあなたが、われわれのこのことを他に漏らすならば、あなたがわれわれに誓わせた誓いについては、われわれに罪はありません」。

21 ラハブは言った、「あなたがたの仰せのとおりにいたしましょう」。こうして彼らを送り出したので、彼らは去った。そして彼女はいひもをに結んだ。

22 彼らは立ち去ってにはいり、追手が帰るのを待って、の間そこにとどまった。追手は彼らをあまねく道に捜したが、ついに見つけることができなかった。

23 こうしてふたりの人はまたを下り、川を渡って、ヌンのヨシュアのもとにきて、その身に起ったことをつぶさに述べた。

24 そしてヨシュアに言った、「ほんとうにはこのをことごとくわれわれのにお与えになりました。この住民はみなわれわれのに震えおののいています」。

  

Exploring the Meaning of ヨシュア記 2      

ジョシュア第2章:ラハブはイスラエルのスパイを隠します

第2章は、エリコ市の城壁にある家の売春婦ラハブの魅力的な話です。ヨシュアは、エリコがヨルダン川を渡る場所の反対側にあるので、エリコがどのようなものかを見るために2人のスパイを送ります。ラハブはこれらのスパイを彼女の家に連れて行き、王の使者から彼らを隠します。ラハブは、男たちは去り、王の使者は去ったと言います。彼女は屋根の上に隠された人々に、イスラエルの神がエリコをイスラエルの手に渡して、今まで彼らを勝利に導いたことを知っていると伝えます。

彼女は、彼らが隠れてとても助けてくれたのと同じように、家族全員に親切を求めます。 2人のスパイは彼女に約束を与え、彼女は彼らが城壁の彼女の窓からひもを脱出させる。男たちは、彼女が窓にscar色のひもを掛けて、家族全員を家に連れてこない限り、約束は無効になると彼女に言います。ラハブはそれに同意し、男たちは逃げてジョシュアに戻り、彼にすべてを告げ、神が彼らに都市を与えたと言った。

この非常にグラフィックなストーリーには、いくつかの豊かで重要な精神的な意味があります。まず、スパイはラハブよりもエリコのどこにも行かないように見えることを理解すべきです!要点は、ラハブの売春-男性が楽しむために彼女の体を売る-は、イスラエルがヨルダン川を渡る場所のほぼ真向かいにあるエリコの街全体の質を表しているためです。それは取られなければなりません(取ります)生命の教義46)。

この物語の中で、ジェリコは、神の真理について私たちが知っているものが何も歪曲され、何もないとして拒絶されたときに作用する官能的な生活を表しています(天界の秘義2973[6])。真実も、価値観も、良心も、何もありません!彼女がそのレベルの人生を描いているので、物語は売春婦ラハブを含む理由です。

しかし、ラハブは自分が何であるか、自分の町が何であるかを見て、イスラエル人の神が来て、エリコには未来がないことを知っています。彼女は、未来はイスラエルと彼らの神にあると信じています。

ですから、私たちがこの物語に持っているのは、心と心と行動が悔い改め、さらには神への真の崇拝と認識に向かう罪深い女性です。私たちにとって、それは私たちの非精神的または自然な生活の写真であり、自己満足、快楽主義、喜びを求め、日和見主義です。しかし、うまくいけば、それは神を信じて従うという私たちの願いと私たちの意図の写真でもあります(天界の秘義5639[2])これは、ラハブの場合と同様に、最終的に私たちを自分から救い、私たち(ラハブの家族全員)のすべてを救います。

次に、エリコを偵察するが、ラハブに行くこれらの二人の男を見なければなりません。
おそらく、「スパイ」よりも良い言葉は「スパイ」であり、これは観察することを意味しますが、状況がどのようにあるかを非常に長い間一生懸命に見ることを意味します。それを自分自身に向けるなら、私たちは本当の自己検査について、私たちがどのようになって、私たちが考え、言って、やったかどうかを見ることについて話しているのです。さまざまな価値観と真理を取り始め、彼らの光で自分自身を見つめている場合にのみ、自分自身を適切に調べることができます(生命の教義6)。

1人ではなく2人の男性がいます。これは、私たちの霊的な生活には、真実に対する愛と、善に対する愛が関係しているためです(天界の秘義5194)。私たちが愛し、真実によって生きたいと思うとき、私たちが知っていることは私たちが感じるものになり、私たちはそれらを喜んでやっています。

最後に、乾燥した亜麻の茎の下、屋根の上のラハブによってこれら2人の男がどのように隠れているかに注意してください。言葉では、高いものはすべて、神に近く、真実に近いものの写真です(神の愛と知恵103)。私たちはもっと高く見えます!そして、亜麻は私たちの精神的な衣服-これらの真実-を作ることができる繊維です。そして亜麻は大祭司のローブに使用されたリネンを提供します。