ヨシュア記 18

Studovat vnitřní smysl

           

1 そこでイスラエルの人々の全会衆は、その地を征服したので、シロに集まり、そこに会見の幕屋を立てた。

2 その時、イスラエルの人々のうちに、まだ嗣業を分かち取らない部族が、七つ残っていたので、

3 ヨシュアはイスラエルの人々に言った、「あなたがたは、先祖が、あなたがたに与えられた地を取りに行くのを、いつまで怠っているのですか。

4 部族ごとに人ずつを出しなさい。わたしはその人々をつかわしましょう。彼らは立っていって、その地を行き巡り、おのおのの嗣業のために、それを図面にして、わたしのところへ持ってこなければならない。

5 彼らはその地を七つの部分に分けなければならない。ユダのその領地にとどまり、ヨセフののその領地にとどまらなければならない。

6 あなたがたは、その地を七つに分けて、図にし、それをここに、わたしのところへ持ってこなければならない。わたしはここで、われわれの主のに、あなたがたのために、くじを引くであろう。

7 レビびとは、あなたがたのうちに何の分をも持たない。主の祭司たることが、彼らの嗣業だからである。またガドとルベンとマナセの半部族とは、ヨルダンの向こう、東の方で、すでにその嗣業を受けた。それは主のしもべモーセが、彼らに与えたものである」。

8 そこでその人々は立って行った。その地の図を作るために出て行く人々に、ヨシュアは命じて言った、「あなたがたは行って、その地を行き巡り、それを図にして、わたしのところに持って帰りなさい。わたしはシロで、主のに、あなたがたのために、ここでくじを引きましょう」。

9 こうしてその人々は行って、その地を経めぐり、々にしたがって、それを七つの部分とし、図面にして、書物に書きしるし、シロの宿営におるヨシュアのもとへ持ってきた。

10 ヨシュアはシロで、彼らのために主のに、くじを引いた。そしてヨシュアはその所で、イスラエルの人々に、それぞれの分として、地を分け与えた。

11 まずベニヤミンの孫の部族のために、その家族にしたがって、くじを引いた。そしてそのくじによって獲た領地は、ユダ孫と、ヨセフの孫との間にあった。

12 すなわち、そのの方の境は、ヨルダンに始まり、エリコののわきに上り、また西の方の地をとおって上り、ベテアベンの荒野に達して尽きる。

13 そこから、その境はルズに進み、ルズのわきに至る。ルズベテルである。ついでその境は下ベテホロンのにあるアタロテ・アダルに下り、

14 西の方では、ベテホロンのにあるからに曲り、ユダ孫のキリアテ・バアルに至って尽きる。キリアテ・バアルはキリアテ・ヤリムである。これが西の方の境であった。

15 またの方は、キリアテ・ヤリムの端に始まり、その境はそこからエフロンにおもむき、ネフトアのの源に至り、

16 ついでその境は、レパイムのの端にあるベンヒンノムのを見おろすの端に下り、進んでエブスびとのわきの、ヒンノムのに下り、また下ってエンロゲルに至り、

17 に曲ってエンシメシにおもむき、アドミムの坂に対するゲリロテにおもむき、ルベンびとボハンのに下り、

18 ベテアラバのわきをに進んで、アラバに下り、

19 その境は、ベテホグラののわきに進み、ヨルダン端で、の入に至って尽きる。これがの境である。

20 ヨルダンは東の方の境となっていた。これがベニヤミンの孫の、その家族にしたがって獲た嗣業の四方の境である。

21 ベニヤミンの孫の部族が、その家族にしたがって獲た々は、エリコ、ベテホグラ、エメクケジツ、

22 ベテアラバ、ゼマライム、ベテル

23 アビム、パラ、オフラ、

24 ケパル・アンモニ、オフニ、ゲバ。すなわち十々と、それに属する々。

25 またギベオン、ラマ、ベエロテ、

26 ミヅパ、ケピラ、モザ、

27 レケム、イルピエル、タララ、

28 ゼラ、エレフ、エブスすなわちエルサレムギベア、キリアテ・ヤリム。すなわち十四々と、それに属する々。これがベニヤミンの孫の、その家族にしたがって獲た嗣業である。

  

Exploring the Meaning of ヨシュア記 18      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth

Joshua 18: The rest of the land is divided up among the 7 remaining tribes, and the tribe of Benjamin receives its lot.

After several chapters covering the allocation of the land for Reuben, Gad, Judah, Ephraim and Manasseh, there were still seven tribes to be provided for. Before this was done, Joshua gathered these seven tribes together and told them to choose three men from each tribe. These men went and surveyed the region, divided up all the land and cities into seven parts, and recorded everything in a book. Then they came back to Joshua, who cast lots to decide where the seven remaining tribes would live.

The first of the seven allocations was for the tribe of Benjamin. Benjamin was the youngest of the sons of Jacob, and he was a full brother to Joseph. Their mother, Rachel, whom Jacob had loved so much, died giving birth to Benjamin.

The city of Jerusalem was first allocated to Benjamin, but in time became more associated with Judah. In fact, these were the two tribes which later made up the kingdom of Judah, as opposed to the ten northern tribes forming the kingdom of Israel. Benjamin’s territory included the cities of Jericho, Ai and Gibeon, all of which had been significant soon after Israel crossed the River Jordan. Saul, the first king of Israel, was a Benjamite.

This story about surveying the land represents our need to know things as they truly are. This could mean many things: for example, exploring the idea of heaven, or hell, or life in this world, or a spiritual teaching such as providence. It might be to learn about justice and compassion, or true freedom. It may be our need to look honestly within ourselves and recognize some of our self-centred ways (see Swedenborg’s work, Arcana Caelestia 1612).

The Israelite’s findings about the land were recorded in a book, which really would have been a scroll. This is like our ‘book of life’, in which everything about us down to the least detail is preserved so that in eternity, we shall know who we are (see Swedenborg’s Apocalypse Explained 199). Joshua drew lots so the Lord’s will would be clear to the people of Israel.

The spiritual meaning of Benjamin needs some careful explanation. Technically, it means ’the spiritual of the celestial’, and this is our ability to understand the reason for the most loving experiences we can have. It is heightened thinking joining with heightened feeling. Benjamin was the youngest son, the special brother of Joseph, who stands for the Lord (Arcana Caelestia 4585).

With this in mind, it is useful to know that Bethlehem, the town where Jesus was born, lay in the territory of Benjamin. Bethlehem’s name means ‘house of bread’ giving us the idea of nourishment for our physical and our spiritual lives. God came into the world to bring us the food of heaven and nourishment from the Word, so that we may fight our evils and choose what is good (Arcana Caelestia 6247, 4594).

   Studovat vnitřní smysl

Exploring the Meaning of Joshua 18      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth

Joshua 18: The rest of the land is divided up among the 7 remaining tribes, and the tribe of Benjamin receives its lot.

After several chapters covering the allocation of the land for Reuben, Gad, Judah, Ephraim and Manasseh, there were still seven tribes to be provided for. Before this was done, Joshua gathered these seven tribes together and told them to choose three men from each tribe. These men went and surveyed the region, divided up all the land and cities into seven parts, and recorded everything in a book. Then they came back to Joshua, who cast lots to decide where the seven remaining tribes would live.

The first of the seven allocations was for the tribe of Benjamin. Benjamin was the youngest of the sons of Jacob, and he was a full brother to Joseph. Their mother, Rachel, whom Jacob had loved so much, died giving birth to Benjamin.

The city of Jerusalem was first allocated to Benjamin, but in time became more associated with Judah. In fact, these were the two tribes which later made up the kingdom of Judah, as opposed to the ten northern tribes forming the kingdom of Israel. Benjamin’s territory included the cities of Jericho, Ai and Gibeon, all of which had been significant soon after Israel crossed the River Jordan. Saul, the first king of Israel, was a Benjamite.

This story about surveying the land represents our need to know things as they truly are. This could mean many things: for example, exploring the idea of heaven, or hell, or life in this world, or a spiritual teaching such as providence. It might be to learn about justice and compassion, or true freedom. It may be our need to look honestly within ourselves and recognize some of our self-centred ways (see Swedenborg’s work, Arcana Caelestia 1612).

The Israelite’s findings about the land were recorded in a book, which really would have been a scroll. This is like our ‘book of life’, in which everything about us down to the least detail is preserved so that in eternity, we shall know who we are (see Swedenborg’s Apocalypse Explained 199). Joshua drew lots so the Lord’s will would be clear to the people of Israel.

The spiritual meaning of Benjamin needs some careful explanation. Technically, it means ’the spiritual of the celestial’, and this is our ability to understand the reason for the most loving experiences we can have. It is heightened thinking joining with heightened feeling. Benjamin was the youngest son, the special brother of Joseph, who stands for the Lord (Arcana Caelestia 4585).

With this in mind, it is useful to know that Bethlehem, the town where Jesus was born, lay in the territory of Benjamin. Bethlehem’s name means ‘house of bread’ giving us the idea of nourishment for our physical and our spiritual lives. God came into the world to bring us the food of heaven and nourishment from the Word, so that we may fight our evils and choose what is good (Arcana Caelestia 6247, 4594).

Swedenborg

Hlavní výklad ze Swedenborgových prací:

Apocalypse Revealed 349


Další odkazy Swedenborga k této kapitole:

Arcana Coelestia 3708, 3858, 3862, 3923, 4556, 4592, 6396, ...

Apocalypse Revealed 361


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 417, 431, 434, 449

Jiný komentář

  Příběhy:


  Související Knihy  (see all)


Skočit na podobné biblické verše

創世記 28:19, 35:24

民数記 32:22

ヨシュア記 1:6, 6:1, 9:3, 17, 12:6, 13:1, 14, 16, 17, 14:2, 5, 15:1, 5, 8, 12, 16:1, 2, 3, 4, 5, 18:13, 22, 19:29, 51, 21:2, 17, 22:19, 23:4

士師記 1:16, 21, 11:34, 18:9, 31, 19:10, 12, 13, 20:1, 21:12

サムエル記上 1:3, 19, 7:5, 6, 16, 10:26, 13:3, 17

サムエル記下 2:9, 4:2, 5:25, 21:14, 23:31

列王記上 15:17, 22

列王記下 23:8, 25:23

歴代誌上 8:28, 29, 24:5

歴代誌下 13:4

エズラ記 2:26

ネヘミヤ記 11:1, 31, 33

詩編 78:60

イザヤ書 10:29

エレミヤ書 6:1, 7:12, 31:15, 40:6

エゼキエル書 48:23, 29

ミカ書 1:10

使徒言行録 7:45, 13:19

ハバクク書 4:8, 11

Významy biblických slov

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

会衆
A congregation is a group of people with common loves, interests, and purposes. It often refers to a church group. In the Word it is...

シロ
The word "Shiloh" means "peacemaker", or just "peace". Peace on earth was, and is, one of the Lord's main goals in being born into the...

幕屋
'The tabernacle' has almost the same meaning as 'temple,' that is, in the highest sense, the Lord’s divine humanity, and in a relative sense, heaven...

部族
In general, 'the twelve tribes' signify every aspect of the doctrine of truth and good, or of faith and love. Truth and good, or faith...

先祖
御言葉の中の父とは、最も内面的なものを意味し、主の命令に従っているものにおいては、良いものを意味します。最高の意味での父とは、創造者である主ご自身を意味します。自然な子供の世代では、魂、すなわち生命の最も内側にある受け皿と内的な遺伝を提供するのは父であり、魂が体を形成するために使用するすべての物質と外的な遺伝を提供するのは母です。この過程において、魂は父を通して主から来るのであって、父から来るのではありません。 賢い人が主を父と呼び、教会を母と呼ぶのは、その人の内面の愛が主から来たものであり、教会が教える真理によって形と実を与えられているからです。このようにして生まれたものが、その人の霊的な「子供」なのです。 新約聖書では、イエスと父について語るとき、意味するのは、内なる魂としての神そのものが外に現れているということです。イエスは自然な母から生まれたので、自然な体とユダヤ人の遺伝を持っていました。地獄に誘惑されていた彼の人生を通して、彼はゆっくりと母親から持っていたものをすべて捨てて、ご自身の内なる御父から持っていたものに置き換えていきました。そうすることで、彼は自分の内側にある父と一つになり、「私と父は一つである」と心から言えるようになったのです。


主は、聖書の中で、愛そのものであるご自身の本質に言及しているときには「エホバ」と呼ばれます。その愛の表現を指している場合は「神」と呼ばれ、それを「神の真理」と呼んでいます。 他の神々への言及は、肯定的なものも否定的なものも、その意味を反映しています。肯定的な場合、例えば、天使や人々が神々と呼ばれたり、主が神々の神と呼ばれたりするとき、それらの神々は主から私たちに与えられた真の考えを表しています。否定的な場合、例えば、イスラエルの人々が隣人の神々を繰り返し採用するような場合、それらの神々は、善良で真実なものを攻撃する、誤った、ねじ曲がった考えを表しています。


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

与えられた
Like other common verbs, the meaning of "give" in the Bible is affected by context: who is giving what to whom? In general, though, giving...


The Writings talk about many aspects of life using the philosophical terms "end," "cause" and "effect." The "end" is someone’s goal or purpose, the ultimate...

ユダ
City of Judah,' as in Isaiah 40:9, signifies the doctrine of love towards the Lord and love towards our neighbor in its whole extent.


In the Word, 'the south' or 'midday' means a state of light, which is a state of intelligence produced by truths, thus also an interior...


A "house" is essentially a container - for a person, for a family, for several families or even for a large group with shared interests...


'North' signifies people who are in obscurity regarding truth. North,' in Isaiah 14:31, signifies hell. The North,' as in Jeremiah 3:12, signifies people who are...


"目は魂の窓である"濁った古代のどこかにルーツを持つ感情だが詩的でありながら明らかに真実であるために絶望的に陳腐なものになってしまった誰かの目を見ることができれば、その人の内面を本当に知ることができると私たちは感じています。 そして、それは目だけではなく、実際には顔全体がそれを伝えています。スエーデンボーグが言うように、顔は「人間の精神的な世界を自然界で表現したもの」である(『天国と地獄』第91号)。心理学者やポーカープレイヤー、犯罪捜査官などが顔を研究するのに多くの時間を費やしている理由は、顔が私たちの内面の思考や感情を無数の方法で明らかにしているからである。 ですから、聖書に登場する人々の顔が、その人の内面、つまり、その人が最も深く抱いている思い、愛、願望を表していることは、理にかなっています。礼拝でお辞儀をするときには謙遜さを示すために顔を地面に向け、インスピレーションを求めるときには山に向け、誘惑と戦う準備ができているときには敵に向けます。物事が困難な時には,「事実を直視する」か,あるいは内的に受け入れる必要があります。 主の顔が話題になると、完全な愛と完全なあわれみである主の内面を表します。人々が主から背を向けて主の愛を拒むとき、それは主が "顔を隠す "と表現されています。

主の
The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...


ほとんどの場合、"before "の意味は簡単です。相対的な時間を評価する方法としても、"誰かの前で "という意味でも、"before "は使われます。しかし,主に関連して使われる場合には,より深い意味を持ちます。主の前に」いるということは、主の前にいるだけでなく、主から善の欲求と真理の理解を受けて、それに従って生きることを意味します。そして、主に関連して時間の評価として使われる場合、「前に」とは「永遠に」という意味であり、私たちが経験する時間ではなく、霊的な状態を指します。

ガド
Gad, in a supreme sense, signifies omnipotence; in a spiritual sense, the good of life, or use; and in a natural sense, works. Gad, in...

マナセ
'Manasseh' signifies the will of the spiritual church.

ヨルダン
ヨルダン川は、カナンの地と東の地を隔てています。この隔たりは、人間の心が内的な部分と外的な部分に分かれていることを表しており、人の中に教会が形成されるのは内的な心であると言えます。 また、この川は、北にメロムとガリラヤという2つの湖、南に死海があることで制限されています。この制限の内側には心の内側のものがあり、外側には外側のものがある。 外の国は、聖書で言及されているように、参考になることがあります。彼らは基本的な知識、推論能力、合理性、好奇心などの資質を表しており、友人であれば私たちの宗教的信念をサポートしてくれますし、敵であれば宗教的信念に反論したり、私たちが崇拝すべき偽りの神々を思い浮かべたりします。 内側の土地は再生する状態を表していたり、その状態の最終的な終わりである天国を表していたりします。 外側から見れば、ヨルダンはより良いものへの入り口であり、旅のゴールであり、その水は教会の最初のものである悔い改めの心の洗濯を表しており、だからこそヨハネはそこで洗礼を授け、ナアマンもそこで洗ったのです。   ヨルダン川の内側は、教会の外側の端であり、そのため、イスラエルの子供たちは、ミディアン人、アンモン人、シリア人、エジプト、バビロンなど、士師記や王記、預言書に書かれているような外側の国々にしばしば悩まされました。 私たちの外面的な心の能力は、良いことのために働くこともあれば、悪いことのために働くこともあります。  


'Side' signifies good or spiritual love.

モーセ
Moses's name appears 814 times in the Bible (KJV), third-most of any one character (Jesus at 961 actually trails David at 991). He himself wrote...


Cities of the mountain and cities of the plain (Jeremiah 33:13) signify doctrines of charity and faith.

書き
In John 8:2-11, the Lord wrote twice on the ground, when the woman taken in adultery was brought to him, which signifies the condemnation of...


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....

家族
Families (as in Genesis 8:19) signify goodnesses and truths arranged in man by the Lord, according to order. See Secrets of Heaven 917. In Nahum...


'Hills' signify the good of charity.

荒野
'Wilderness' signifies something with little life in it, as described in the internal sense in Luke 1:80 'Wilderness' signifies somewhere there is no good because...

ルズ
'Luz,' as in Genesis 28, signifies a state wherein truth and good are together in the ultimate principle of order.

ベテル
ヤコブが有名な夢を見た時 天国へと続く階段の夢を見た 彼はその場所を "ベテル "と名付けた ヘブライ語で "神の家 "を意味する "ベテル "だ その文字通りの意味が霊的な意味に反映されています。聖書によれば,「ベテル」は主の神聖な愛,主がわたしたちすべてのために持っておられる完全な愛,主の本質である完全な愛について,わたしたちが持つことのできる知識と理解を表しています。私たちが主の愛を知り、それをある程度理解すると、それが私たちの中に「家」を与え、それが私たちの中で成長し、私たち自身の愛に影響を与えるようになります。 "ベテル "は旧約聖書の後半では逆の意味を持っていて、ジェロボアムがそこに黄金の子牛を設置して偶像礼拝の中心地とした後です。その後、それは邪悪な愛に由来する崇拝を表していました。


'Waters' signify truths in the natural self, and in the opposite sense, falsities. 'Waters' signify particularly the spiritual parts of a person, or the intellectual...


Mountains in the Bible represent people's highest points, where we are closest to the Lord - our love of the Lord and the state of...


Stones in the Bible in general represent truths, or things we know concerning the Lord and what He wants from us and for us in...


'Salt' is the desire of conjunction of truth with good, which is why only salt will conjoin water, which corresponds to truth, and oil, which...


Water generally represents what Swedenborg calls “natural truth,” or true concepts about day-to-day matters and physical things. Since all water ultimately flows into the seas,...


The number "two" has two different meanings in the Bible. In most cases "two" indicates a joining together or unification. This is easy to see...


'Villages' signify the external aspects of faith and the church. Rituals are the external parts of the church. Doctrines are the internal parts when they...

ギベオン
sun standing still upon Gibeon signifies total vastation of the church.

エルサレム
Jerusalem, on Mount Zion, signifies the doctrine of love to the Lord, and how it governs your life. Jerusalem first comes to our attention in...

ギベア
Gibeah, as in 2 Samuel 6, signifies the natural or ultimate principle of the church. Gibeah, Ramah, and Bethaven, as in Hosea 5:8, denote those...

十四
Fourteen, as in Genesis 31:40, signifies a first period of time. The fourteenth year, as in Genesis 14:5, signifies the first temptation of the Lord...


聖書の中の「四」という数字は、物事が結びついている、あるいは結ばれていることを表しています。これは、4が2の2倍であり、2が善良でありたいという私たちの願望と、真理を理解する私たちの究極の結びつきを表しているからです。また、ほとんどの建物が長方形で、四つの辺がつながって全体を作っていることにも、このことを見ることができます。私たちはまた、方向を北、東、南、西の四つに分け、何かの「四隅」とは、そのすべてを意味しています。ですから、私たちの特別な思考は、自然と四辺がつながって全体になるように見ているのです。

Zdroje pro rodiče a učitele

Zde uvedené položky jsou poskytnuty se svolením našich přátel z General Church of the New Jerusalem. Můžete prohledávat/procházet celou knihovnu kliknutím na odkaz this link.


 Dividing the Land
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Dividing the Land of Canaan Review Questions
Choose words from a word bank to complete sentences about the division of the land of Canaan.
Activity | All Ages

 Land of Canaan Map
Coloring Page | Ages 7 - 14

 The Division of the Land
A New Church Bible story explanation for teaching Sunday school. Includes lesson materials for Primary (3-8 years), Junior (9-11 years), Intermediate (12-14 years), Senior (15-17 years) and Adults.
Teaching Support | Ages over 3


Přeložit: