ヨシュア記 17

Study

           

1 マナセ部族が、くじによって獲た地は、次のとおりである。マナセはヨセフの長子であった。マナセの長子で、ギレアデの父であるマキルは、軍人であったので、ギレアデとバシャンを獲た。

2 マナセの部族の他のものにも、その家族にしたがって、地を与えたが、それは、アビエゼル、ヘレク、アスリエル、シケム、ヘペル、セミダで、これらはヨセフのマナセの男の孫であって、その家族にしたがって、あげたものである。

3 しかし、マナセマキル、そのギレアデ、そのヘペル、そのであったゼロペハデには、女のだけで、男のがなかった。女のたちの名は、マヘラ、ノア、ホグラ、ミルカ、テルザといった。

4 彼女たちは、祭司エレアザル、ヌンのヨシュアおよび、つかさたちのに進み出て、「わたしたちの兄弟と同じように、わたしたちにも、嗣業を与えよと、モーセに命じおきになりました」と言ったので、ヨシュアは主の命にしたがって、彼らの父の兄弟たちと同じように、彼女たちにも嗣業を与えた。

5 こうしてマナセヨルダンの向こうで、ギレアデとバシャンの地のほかに、なお十の部分を獲た。

6 マナセ娘たちが、男のらと共に、嗣業を獲たからである。ギレアデの地は、そのほかのマナセ孫に分け与えられた。

7 マナセの獲た地の境は、アセルからシケムの東のミクメタテに及び、その境は南に延びて、エンタップアの住民に達する。

8 タップアの地はマナセに属していたが、マナセの境にあるタップアの町は、エフライムの孫に属していた。

9 またその境はカナのに下って、に至る。そこの々はマナセ々のにあって、エフライムに属した。マナセの境は、に沿って進み、に達して尽きる。

10 その川のの地は、エフライムに属し、マナセに属する。がその境となる。マナセはアセルに接し、東はイッサカルに接する。

11 マナセはまたイッサカルとアセルの中に、ベテシャンとその村々、イブレアムとその村々、ドルの住民とその村々、エンドルの住民とその村々、タアナクの住民とその村々、メギド住民とその村々を獲た。このうち第のものは高地である。

12 しかし、マナセ孫は、これらの々を取ることができなかったので、カナンびとは長くこの地に住み続けようとした。

13 しかし、イスラエルの人々が強くなるしたがって、カナンびとを使役するようなり、ことごとく追い払うことはしなかった。

14 ヨセフの孫はヨシュアに言った、「が今まで、わたしを祝福されたので、わたしは数の多い民となったのに、あなたはなぜ、わたしの嗣業として、ただ一つのくじ、一つの分だけを、くださったのですか」。

15 ヨシュアは彼らに言った、「もしあなたが数の多い民ならば、林に上っていって、そこで、ペリジびとやレパイムびとの地を自分で切り開くがよい。エフライムの地が、あなたがたには狭いのだから」。

16 ヨセフの孫は答えた、「地はわたしどもに十分ではありません。かつまた平地におるカナンびとは、ベテシャンとその村々におるものも、エズレルのにおるものも、みなの戦車を持っています」。

17 ヨシュアはまたヨセフの、すなわちエフライムマナセに言った、「あなたは数の多い民で、大きな力をもっています。それでただ一つのくじでは足りません。

18 地をもあなたのものとしなければなりません。それは林ではあるが、切り開いて、向こうの端まで、自分のものとしなければなりません。カナンびとはの戦車があって、強くはあるが、あなたはそれを追い払うことができます」。


Exploring the Meaning of ヨシュア記 17      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth

Joshua 17: The tribe of Manasseh receives the western half of its territory.

The previous chapter (Joshua 16) dealt with the territory given to Ephraim, Manasseh’s younger brother; this one covers the western half of Manasseh (the other half tribe of Manasseh was bound to live across the Jordan).

Interestingly, this chapter mentions many people by name, instead of only describing locations as we’ve seen before. Verses 1 and 2 list all seven of Manasseh’s sons and their families. Then verse 3 mentions Zelophehad, the great-grandson of Manasseh, who had had five daughters, but no sons. When Zelophehad died on the journey through the wilderness, his daughters came to Joshua to claim the inheritance Moses had promised them (see Numbers 27). So, both the sons and daughters of Manasseh’s family received land.

After the area given to Manasseh was outlined, the people of Ephraim and Manasseh came to Joshua and complained that they deserved more land, because of their important standing among the tribes of Israel (verse 14). They claimed that they had been specially blessed, and should receive much more.

Joshua told them that if they were such a great people, they should go to the forest country and seize land from the Perrizites and the giants living there. The people were not pleased, and told Joshua that the Canaanites who still roamed there were strong, and had chariots of iron. Even so, Joshua told them again to cut down the wood and use it, because they would eventually be able to drive out the Canaanites.

The spiritual meaning of this story is all about the relationship between good and truth. Again, there are many names to indicate the geography of the area of “West Manasseh”, and the meaning of these names very often links in with the spiritual meaning of the tribe. Beyond that, the specific area in Canaan given to a tribe is spiritually important. Ephraim and Manasseh are right in the middle of the land because they stand for truth and good, for truth leading to good, for good coming from truth.

The story about Zelophehad’s five daughters also relates to the place of truth and good. This is because sons stand for truths, often for truths which fight for us during our temptations, while daughters stand for the good in our spiritual life which bears ‘children’ (see Swedenborg’s work, Arcana Caelestia 8993 [3,4]).

Verses 5 and 6 describe this union of good and truth very beautifully: “Ten portions were given to Manasseh because the daughters of Manasseh received an inheritance among his sons; and the rest of Manasseh’s sons had the land of Gilead.” It is worth noting here that the spiritual meaning of the number ‘ten’ has to do with wholeness, and also ‘remains,’ or memories, which the Lord imparts to us when we are very young (Arcana Caelestia 4638).

When the people of Ephraim and Manasseh complained to Joshua, it is much like us wanting our spiritual life to be easy. We want it to be something given to us, and not something which we will need to work on and even fight for in ourselves.

Finally, the meaning of using wooden chariots to fight the Canaanites means to fight from our love of what is good. This is because wood corresponds to good, since it is alive and has grown. ‘Iron’ here stands for the harshness of truth without any good, which appears invincible, but in reality is weaker than the power of goodness and love (Arcana Caelestia 426[3]).

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: