ヨシュア記 17

Studovat vnitřní smysl

           

1 マナセ部族が、くじによって獲た地は、次のとおりである。マナセはヨセフの長子であった。マナセの長子で、ギレアデの父であるマキルは、軍人であったので、ギレアデとバシャンを獲た。

2 マナセの部族の他のものにも、その家族にしたがって、地を与えたが、それは、アビエゼル、ヘレク、アスリエル、シケム、ヘペル、セミダで、これらはヨセフのマナセの男の孫であって、その家族にしたがって、あげたものである。

3 しかし、マナセマキル、そのギレアデ、そのヘペル、そのであったゼロペハデには、女のだけで、男のがなかった。女のたちの名は、マヘラ、ノア、ホグラ、ミルカ、テルザといった。

4 彼女たちは、祭司エレアザル、ヌンのヨシュアおよび、つかさたちのに進み出て、「わたしたちの兄弟と同じように、わたしたちにも、嗣業を与えよと、モーセに命じおきになりました」と言ったので、ヨシュアは主の命にしたがって、彼らの父の兄弟たちと同じように、彼女たちにも嗣業を与えた。

5 こうしてマナセヨルダンの向こうで、ギレアデとバシャンの地のほかに、なお十の部分を獲た。

6 マナセ娘たちが、男のらと共に、嗣業を獲たからである。ギレアデの地は、そのほかのマナセ孫に分け与えられた。

7 マナセの獲た地の境は、アセルからシケムの東のミクメタテに及び、その境は南に延びて、エンタップアの住民に達する。

8 タップアの地はマナセに属していたが、マナセの境にあるタップアの町は、エフライムの孫に属していた。

9 またその境はカナのに下って、に至る。そこの々はマナセ々のにあって、エフライムに属した。マナセの境は、に沿って進み、に達して尽きる。

10 その川のの地は、エフライムに属し、マナセに属する。がその境となる。マナセはアセルに接し、東はイッサカルに接する。

11 マナセはまたイッサカルとアセルの中に、ベテシャンとその村々、イブレアムとその村々、ドルの住民とその村々、エンドルの住民とその村々、タアナクの住民とその村々、メギド住民とその村々を獲た。このうち第のものは高地である。

12 しかし、マナセ孫は、これらの々を取ることができなかったので、カナンびとは長くこの地に住み続けようとした。

13 しかし、イスラエルの人々が強くなるしたがって、カナンびとを使役するようなり、ことごとく追い払うことはしなかった。

14 ヨセフの孫はヨシュアに言った、「が今まで、わたしを祝福されたので、わたしは数の多い民となったのに、あなたはなぜ、わたしの嗣業として、ただ一つのくじ、一つの分だけを、くださったのですか」。

15 ヨシュアは彼らに言った、「もしあなたが数の多い民ならば、林に上っていって、そこで、ペリジびとやレパイムびとの地を自分で切り開くがよい。エフライムの地が、あなたがたには狭いのだから」。

16 ヨセフの孫は答えた、「地はわたしどもに十分ではありません。かつまた平地におるカナンびとは、ベテシャンとその村々におるものも、エズレルのにおるものも、みなの戦車を持っています」。

17 ヨシュアはまたヨセフの、すなわちエフライムマナセに言った、「あなたは数の多い民で、大きな力をもっています。それでただ一つのくじでは足りません。

18 地をもあなたのものとしなければなりません。それは林ではあるが、切り開いて、向こうの端まで、自分のものとしなければなりません。カナンびとはの戦車があって、強くはあるが、あなたはそれを追い払うことができます」。


Exploring the Meaning of ヨシュア記 17      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth

Joshua 17: The tribe of Manasseh receives the western half of its territory.

The previous chapter (Joshua 16) dealt with the territory given to Ephraim, Manasseh’s younger brother; this one covers the western half of Manasseh (the other half tribe of Manasseh was bound to live across the Jordan).

Interestingly, this chapter mentions many people by name, instead of only describing locations as we’ve seen before. Verses 1 and 2 list all seven of Manasseh’s sons and their families. Then verse 3 mentions Zelophehad, the great-grandson of Manasseh, who had had five daughters, but no sons. When Zelophehad died on the journey through the wilderness, his daughters came to Joshua to claim the inheritance Moses had promised them (see Numbers 27). So, both the sons and daughters of Manasseh’s family received land.

After the area given to Manasseh was outlined, the people of Ephraim and Manasseh came to Joshua and complained that they deserved more land, because of their important standing among the tribes of Israel (verse 14). They claimed that they had been specially blessed, and should receive much more.

Joshua told them that if they were such a great people, they should go to the forest country and seize land from the Perrizites and the giants living there. The people were not pleased, and told Joshua that the Canaanites who still roamed there were strong, and had chariots of iron. Even so, Joshua told them again to cut down the wood and use it, because they would eventually be able to drive out the Canaanites.

The spiritual meaning of this story is all about the relationship between good and truth. Again, there are many names to indicate the geography of the area of “West Manasseh”, and the meaning of these names very often links in with the spiritual meaning of the tribe. Beyond that, the specific area in Canaan given to a tribe is spiritually important. Ephraim and Manasseh are right in the middle of the land because they stand for truth and good, for truth leading to good, for good coming from truth.

The story about Zelophehad’s five daughters also relates to the place of truth and good. This is because sons stand for truths, often for truths which fight for us during our temptations, while daughters stand for the good in our spiritual life which bears ‘children’ (see Swedenborg’s work, Arcana Caelestia 8993 [3,4]).

Verses 5 and 6 describe this union of good and truth very beautifully: “Ten portions were given to Manasseh because the daughters of Manasseh received an inheritance among his sons; and the rest of Manasseh’s sons had the land of Gilead.” It is worth noting here that the spiritual meaning of the number ‘ten’ has to do with wholeness, and also ‘remains,’ or memories, which the Lord imparts to us when we are very young (Arcana Caelestia 4638).

When the people of Ephraim and Manasseh complained to Joshua, it is much like us wanting our spiritual life to be easy. We want it to be something given to us, and not something which we will need to work on and even fight for in ourselves.

Finally, the meaning of using wooden chariots to fight the Canaanites means to fight from our love of what is good. This is because wood corresponds to good, since it is alive and has grown. ‘Iron’ here stands for the harshness of truth without any good, which appears invincible, but in reality is weaker than the power of goodness and love (Arcana Caelestia 426[3]).

   Studovat vnitřní smysl

Exploring the Meaning of Joshua 17      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth

Joshua 17: The tribe of Manasseh receives the western half of its territory.

The previous chapter (Joshua 16) dealt with the territory given to Ephraim, Manasseh’s younger brother; this one covers the western half of Manasseh (the other half tribe of Manasseh was bound to live across the Jordan).

Interestingly, this chapter mentions many people by name, instead of only describing locations as we’ve seen before. Verses 1 and 2 list all seven of Manasseh’s sons and their families. Then verse 3 mentions Zelophehad, the great-grandson of Manasseh, who had had five daughters, but no sons. When Zelophehad died on the journey through the wilderness, his daughters came to Joshua to claim the inheritance Moses had promised them (see Numbers 27). So, both the sons and daughters of Manasseh’s family received land.

After the area given to Manasseh was outlined, the people of Ephraim and Manasseh came to Joshua and complained that they deserved more land, because of their important standing among the tribes of Israel (verse 14). They claimed that they had been specially blessed, and should receive much more.

Joshua told them that if they were such a great people, they should go to the forest country and seize land from the Perrizites and the giants living there. The people were not pleased, and told Joshua that the Canaanites who still roamed there were strong, and had chariots of iron. Even so, Joshua told them again to cut down the wood and use it, because they would eventually be able to drive out the Canaanites.

The spiritual meaning of this story is all about the relationship between good and truth. Again, there are many names to indicate the geography of the area of “West Manasseh”, and the meaning of these names very often links in with the spiritual meaning of the tribe. Beyond that, the specific area in Canaan given to a tribe is spiritually important. Ephraim and Manasseh are right in the middle of the land because they stand for truth and good, for truth leading to good, for good coming from truth.

The story about Zelophehad’s five daughters also relates to the place of truth and good. This is because sons stand for truths, often for truths which fight for us during our temptations, while daughters stand for the good in our spiritual life which bears ‘children’ (see Swedenborg’s work, Arcana Caelestia 8993 [3,4]).

Verses 5 and 6 describe this union of good and truth very beautifully: “Ten portions were given to Manasseh because the daughters of Manasseh received an inheritance among his sons; and the rest of Manasseh’s sons had the land of Gilead.” It is worth noting here that the spiritual meaning of the number ‘ten’ has to do with wholeness, and also ‘remains,’ or memories, which the Lord imparts to us when we are very young (Arcana Caelestia 4638).

When the people of Ephraim and Manasseh complained to Joshua, it is much like us wanting our spiritual life to be easy. We want it to be something given to us, and not something which we will need to work on and even fight for in ourselves.

Finally, the meaning of using wooden chariots to fight the Canaanites means to fight from our love of what is good. This is because wood corresponds to good, since it is alive and has grown. ‘Iron’ here stands for the harshness of truth without any good, which appears invincible, but in reality is weaker than the power of goodness and love (Arcana Caelestia 426[3]).

Swedenborg

Hlavní výklad ze Swedenborgových prací:

Apocalypse Revealed 349


Další odkazy Swedenborga k této kapitole:

Arcana Coelestia 1574, 3708, 3858, 3862, 9338


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 431, 440

Jiný komentář

  Příběhy:


Skočit na podobné biblické verše

創世記 15:20, 41:51, 52, 48:20, 49:24, 50:23

民数記 26:29, 30, 32, 33, 54, 27:1, 7, 32:40, 36:10, 12

申命記 3:15, 33:17

ヨシュア記 13:29, 31, 15:56, 16:6, 8, 9, 10, 19:18, 21:1, 22:7

士師記 1:19, 27, 5:19, 6:11, 33, 17:1

サムエル記上 28:7, 29:1, 31:10

サムエル記下 2:9

列王記上 4:11, 12, 18:45

列王記下 9:27

歴代誌上 7:18, 29

歴代誌下 35:22

イザヤ書 41:14, 15

エゼキエル書 47:13, 48:4

Významy biblických slov

マナセ
'Manasseh' signifies the will of the spiritual church.

部族
'A tribe' signifies the church with respect to its truths and goods, and in the opposite sense, with respect to its falsities and evils. 'A...

家族
Families (as in Genesis 8:19) signify goodnesses and truths arranged in man by the Lord, according to order. See Secrets of Heaven 917. In Nahum...


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....


ほとんどの場合、"before "の意味は簡単です。相対的な時間を評価する方法としても、"誰かの前で "という意味でも、"before "は使われます。しかし,主に関連して使われる場合には,より深い意味を持ちます。主の前に」いるということは、主の前にいるだけでなく、主から善の欲求と真理の理解を受けて、それに従って生きることを意味します。そして、主に関連して時間の評価として使われる場合、「前に」とは「永遠に」という意味であり、私たちが経験する時間ではなく、霊的な状態を指します。

兄弟
聖書の中で「兄弟」という言葉が使われる方法は二つあります。一つは実際の血縁関係を意味するもので,もう一つは「人間の兄弟関係」のような共通性を表す広い意味で使われています。 第二の用法は聖書全体を通して一貫しており、良いことをする愛に生きている人を意味しています。これは、単純な従順の喜びから、人に奉仕する慈善的な愛、主ご自身の高尚な愛まで、さまざまなレベルであり得ます。しかし、これらの愛の中にあるものはすべて兄弟です。 黙示録の説明、n. 746。 "このような人たちが兄弟と呼ばれるのは、すべての人が一つの父、すなわち主を持っているからである。彼らは一つの父の子であるから、兄弟でもある。また、父である主の主の主の主な戒めである、互いに愛し合うことは、その結果、彼らを兄弟とするのは愛である。 このケースは、血縁関係を介した兄弟の場合はより複雑であり、意味は、兄弟が誰であるかと物語の状況の文脈によってより影響を受ける。一般的には、兄弟は善を行いたいという願望と、善を行う方法を理解することの間に存在することができる一体感を反映しています。これはカインとアベル、そしていくつかの双子のペアに当てはまります。ヤコブとエサウ、ユダの息子ザラとパレズ、ヨセフの息子エフライムとマナセです。 このような善と真理の兄弟関係のために、兄弟は文脈に応じてどちらかを表すことができます。実際,ヨセフの兄弟の意味は,ユダヤ教の前駆者の霊的な衰退と再生を表すものとして,ヨセフの物語の中で移り変わっていきます。...


聖書の中で「兄弟」という言葉が使われる方法は二つあります。一つは実際の血縁関係を意味するもので,もう一つは「人間の兄弟関係」のような共通性を表す広い意味で使われています。 第二の用法は聖書全体を通して一貫しており、良いことをする愛に生きている人を意味しています。これは、単純な従順の喜びから、人に奉仕する慈善的な愛、主ご自身の高尚な愛まで、さまざまなレベルであり得ます。しかし、これらの愛の中にあるものはすべて兄弟です。 黙示録の説明、n. 746。 "このような人たちが兄弟と呼ばれるのは、すべての人が一つの父、すなわち主を持っているからである。彼らは一つの父の子であるから、兄弟でもある。また、父である主の主の主の主な戒めである、互いに愛し合うことは、その結果、彼らを兄弟とするのは愛である。 このケースは、血縁関係を介した兄弟の場合はより複雑であり、意味は、兄弟が誰であるかと物語の状況の文脈によってより影響を受ける。一般的には、兄弟は善を行いたいという願望と、善を行う方法を理解することの間に存在することができる一体感を反映しています。これはカインとアベル、そしていくつかの双子のペアに当てはまります。ヤコブとエサウ、ユダの息子ザラとパレズ、ヨセフの息子エフライムとマナセです。 このような善と真理の兄弟関係のために、兄弟は文脈に応じてどちらかを表すことができます。実際,ヨセフの兄弟の意味は,ユダヤ教の前駆者の霊的な衰退と再生を表すものとして,ヨセフの物語の中で移り変わっていきます。...


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

モーセ
Moses's name appears 814 times in the Bible (KJV), third-most of any one character (Jesus at 961 actually trails David at 991). He himself wrote...

主の
The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

ヨルダン
The river Jordan separates the land of Canaan from the lands to the east. This separation represents the division of the human mind into an internal...


'Side' signifies good or spiritual love.

十の
Most places in Swedenborg identify “ten” as representing “all,” or in some cases “many” or “much.” The Ten Commandments represent all the guidance we get...


Most places in Swedenborg identify “ten” as representing “all,” or in some cases “many” or “much.” The Ten Commandments represent all the guidance we get...


"Behold I have two daughters,” etc. (Gen. 19:8), signifies the affections of good and truth, and the blessedness perceivable from the enjoyment thereof, by those...

娘たち
A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....

シケム
In Genesis 12:6, 'Abram’s passing through the land unto the place Shechem' signifies a new state of the Lord when the celestial aspects of love...

住民
Inhabitants,' in Isaiah 26:9, signify the men of the church who are in good of doctrine, and thence in the good of life.

エフライム
エフライムはエジプトでヨセフに生まれた次男で、兄のマナセとともに、ヤコブによってヨセフの兄弟と同じ地位に昇格しました。このように,イスラエルの部族の名前が挙げられるとき,エフライムとマナセは彼らの叔父であるルベン,シメオン,レビ,ユダ,ダン,ナフタリ,ガド,アッシャー,イッサカル,ゼブルン,ベニヤミンとともに家長として名前が挙げられますが,ヨセフはそうではありません。 スウェーデンボルグによると、エフライムは教会の知的な側面、つまり何が真実であるか、特に聖書から導き出される真実の考えを探求し、理解する部分を表しています。一方、マナセは、教会の愛情的な側面、つまり、感じ、愛し、思いやる部分を表しています。 これは、エフライムの生涯の中で最もよく知られている物語の中で演じられています。ヤコブが年老いて死が近づいていたとき,ヨセフは祝福を受けるために二人の息子を連れてきました。彼は長男としてマナセをヤコブの右手に、エフライムをヤコブの左手に差し出しました。しかし、ヤコブは手を組んでエフライムに第一の祝福を与えました。 スウェーデンボルグによれば、マナセは長男であるとしています。なぜならば、最終的には、私たちが愛するものが私たちを作り、私たちの人生を形成するからです。愛が私たちの人生を形成しているのです。つまり、私たちの愛は、人間の存在の中で最も中心的で主要な側面であり、知性は二の次の役割を果たしているのです。しかし、私たちが発展するにつれて、私たちはそれらを逆にする必要があります。私たちは、私たちの欲望が利己的なもののためであっても、何が良くて正しいかを理解し、それを実行するために自分自身を強制するために私たちの知性を使用することができます。私たちが主に従い、良い人になろうと決意してそれに固執するならば、やがて主は私たちの心の中から利己的なものを取り除いて下さり、良いものを本当に愛することができるようになります。ヤコブがマナセの上にエフライムを祝福することによって、主は霊的な旅を追求するためには知性を第一にしなければならないと教えておられます。

エフライムの
エフライムはエジプトでヨセフに生まれた次男で、兄のマナセとともに、ヤコブによってヨセフの兄弟と同じ地位に昇格しました。このように,イスラエルの部族の名前が挙げられるとき,エフライムとマナセは彼らの叔父であるルベン,シメオン,レビ,ユダ,ダン,ナフタリ,ガド,アッシャー,イッサカル,ゼブルン,ベニヤミンとともに家長として名前が挙げられますが,ヨセフはそうではありません。 スウェーデンボルグによると、エフライムは教会の知的な側面、つまり何が真実であるか、特に聖書から導き出される真実の考えを探求し、理解する部分を表しています。一方、マナセは、教会の愛情的な側面、つまり、感じ、愛し、思いやる部分を表しています。 これは、エフライムの生涯の中で最もよく知られている物語の中で演じられています。ヤコブが年老いて死が近づいていたとき,ヨセフは祝福を受けるために二人の息子を連れてきました。彼は長男としてマナセをヤコブの右手に、エフライムをヤコブの左手に差し出しました。しかし、ヤコブは手を組んでエフライムに第一の祝福を与えました。 スウェーデンボルグによれば、マナセは長男であるとしています。なぜならば、最終的には、私たちが愛するものが私たちを作り、私たちの人生を形成するからです。愛が私たちの人生を形成しているのです。つまり、私たちの愛は、人間の存在の中で最も中心的で主要な側面であり、知性は二の次の役割を果たしているのです。しかし、私たちが発展するにつれて、私たちはそれらを逆にする必要があります。私たちは、私たちの欲望が利己的なもののためであっても、何が良くて正しいかを理解し、それを実行するために自分自身を強制するために私たちの知性を使用することができます。私たちが主に従い、良い人になろうと決意してそれに固執するならば、やがて主は私たちの心の中から利己的なものを取り除いて下さり、良いものを本当に愛することができるようになります。ヤコブがマナセの上にエフライムを祝福することによって、主は霊的な旅を追求するためには知性を第一にしなければならないと教えておられます。


A 'stream' signifies aspects of intelligence.


In the Word, 'the south' or 'midday' means a state of light, which is a state of intelligence produced by truths, thus also an interior...


In the ancient world cities were very nearly nations unto themselves – they existed within walls, with their own laws and customs, generally centered on...


'Middle' denotes what is primary, principal, or inmost.


'North' signifies people who are in obscurity regarding truth. North,' in Isaiah 14:31, signifies hell. The North,' as in Jeremiah 3:12, signifies people who are...


Water generally represents what Swedenborg calls “natural truth,” or true concepts about day-to-day matters and physical things. Since all water ultimately flows into the seas,...

イッサカル
Issachar,' in the highest sense, signifies the divine good of truth, and truth of good. In a spiritual sense, he signifies celestial conjugial love, which...

メギド
'Megiddo,' as in 2 Chronicles 3, signifies the same as Armageddon.


The Writings talk about many aspects of life using the philosophical terms "end," "cause" and "effect." The "end" is someone’s goal or purpose, the ultimate...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...


‘To grow’ signifies to be perfected.

祝福
The Lord is perfect love expressed as perfect wisdom. He created us so that He could love us, could give us love and wisdom of...


'Hills' signify the good of charity.

十分
'Sufficiency' relates to the reception of good, because good is the spiritual nourishment of the soul, as natural food is the nourishment of the body.


Mountains in the Bible represent people's highest points, where we are closest to the Lord - our love of the Lord and the state of...


'Iron,' in Deuteronomy 8:9, signifies natural or rational truth. Iron' signifies natural truth, and consequently, the natural sense of the Word. At the same time,...


A "house" is essentially a container - for a person, for a family, for several families or even for a large group with shared interests...

Zdroje pro rodiče a učitele

Zde uvedené položky jsou poskytnuty se svolením našich přátel z General Church of the New Jerusalem. Můžete prohledávat/procházet celou knihovnu kliknutím na odkaz this link.


 Land of Canaan Map
Coloring Page | Ages 7 - 14


Přeložit: