ヨシュア記 15

Studie

           |

1 ユダの人々の部族が、その家族にしたがって、くじで獲た地は、の方では、エドムの境に達し、のはてにあるチンの荒野に及んでいた。

2 そのの境は、の端の、入から起り、

3 アクラビムの坂のに出てチンに進み、カデシ・バルネアのから上って、ヘヅロンに進み、アダルに上っていって、カルカに回り、

4 アヅモンに進んで、エジプトに達し、その境はに至って尽きる。これが彼らのの境である。

5 東の境はであって、ヨルダンの川口に達する。の方の境は、ヨルダンの川口の、入から起り、

6 上ってベテホグラに行き、ベテアラバのを過ぎ、上ってルベンびとボハンのに達し、

7 またアコルのからデビルに上って、におもむき、にあるアドミムの坂に対するギルガルに向かって進み、エンシメシのに達し、エンロゲルに至って尽きる。

8 またその境はベンヒンノムのに沿って、エブスびとの地、すなわちエルサレムのわきに上り、ヒンノムのの西にあるの頂に上る。これはレパイムのの果にあるものである。

9 その境は、このの頂からネフトアのの源に至り、その所からエフロン々に及び、その境は曲ってバアラに達する。これは、すなわちキリアテ・ヤリムである。

10 その境は、バアラから西に回って、セイルに及び、ヤリム、すなわちケサロンののわきを経て、ベテシメシに下り、テムナに進み、

11 エクロンののわきに出て、シッケロンに曲り、バアラに進み、ヤブネルに達し、に至って尽きる。

12 また西の境は大であって、海岸を境とした。これがユダの人々の、その家族にしたがって獲た地の四方の境である。

13 ヨシュアは、に命じられたように、エフンネのカレブに、ユダの人々のうちで、キリアテ・アルバ、すなわちヘブロンを与えて、その分とさせた。アルバはアナクの父であった。

14 カレブはその所から、アナクの人を追い払った。すなわち、セシャイ、アヒマン、およびタルマイであって、アナクから出たものである。

15 そして彼はこの所からデビルに住む民の所に攻め上った。デビルの名は、もとはキリアテ・セペルといった。

16 カレブは言った、「キリアテ・セペルを撃って、これを取る者には、わたしのアクサをとして与えるであろう」。

17 ケナズので、カレブの弟オテニエルがそれを取ったので、カレブアクサを、として彼に与えた。

18 彼女がとつぐ時、を父に求めるようにと、オテニエルに勧められた。そして彼女が、ろばから降りたので、カレブは彼女に、何を望むのかとたずねた。

19 彼女は答えて言った、「わたしに贈り物をください。あなたはネゲブの地に、わたしをやられるのですから、泉をもください」。カレブは彼女に上の泉と下の泉とを与えた。

20 ユダの人々の部族が、その家族にしたがって獲た嗣業は、次のとおりである。

21 ユダの人々の部族が、エドムの境の方にもっていた遠くの々は、カブジエル、エデル、ヤグル、

22 キナ、デモナ、アダダ、

23 ケデシ、ハゾル、イテナン、

24 ジフ、テレム、ベアロテ、

25 ハゾル・ハダッタ、ケリオテ・ヘヅロンすなわちハゾル、

26 アマム、シマ、モラダ、

27 ハザルガダ、ヘシモン、ベテペレテ、

28 ハザル・シュアル、ベエルシバ、ビジョテヤ、

29 バアラ、イイム、エゼム、

30 エルトラデ、ケシル、ホルマ、

31 チクラグ、マデマンナ、サンサンナ、

32 レバオテ、シルヒム、アイン、リンモン。これらのは合わせて二十、ならびにそれに属する々。

33 平地では、エシタオル、ゾラ、アシナ、

34 ザノア、エンガンニム、タップア、エナム、

35 ヤルムテ、アドラム、ソコ、アゼカ、

36 シャアライム、アデタイム、ゲデラ、ゲデロタイム。すなわち十四々と、それに属する々。

37 ゼナン、ハダシャ、ミグダルガデ、

38 デラン、ミヅパ、ヨクテル、

39 ラキシ、ボヅカテ、エグロン、

40 カボン、ラマム、キテリシ、

41 ゲデロテ、ベテダゴン、ナアマ、マッケダ。すなわち十六の々と、それに属する々。

42 またリブナ、エテル、アシャン、

43 イフタ、アシナ、ネジブ、

44 ケイラ、アクジブ、マレシャ。すなわちつの々と、それに属する々。

45 エクロンと、その町々、および々。

46 エクロンからまで、すべてアシドドのほとりにある町々、およびそれに属する々。

47 アシドドとその町々および々。ガザとその町々および々。エジプトと大海岸までが、その境であった。

48 地では、シャミル、ヤッテル、ソコ、

49 ダンナ、キリアテ・サンナすなわちデビル、

50 アナブ、エシテモ、アニム、

51 ゴセン、ホロン、ギロ。すなわち十一の々と、それに属する々。

52 アラブ、ドマ、エシャン、

53 ヤニム、ベテタップア、アペカ、

54 ホムタ、キリアテ・アルバすなわちヘブロン、ヂオル。すなわちつの々と、それに属する々。

55 マオン、カルメル、ジフ、ユッタ、

56 エズレル、ヨクデアム、ザノア、

57 カインギベア、テムナ。すなわち十の々と、それに属する々。

58 ハルホル、ベテズル、ゲドル、

59 マアラテ、ベテアノテ、エルテコン。すなわちつの々と、それに属する々。

60 キリアテ・バアルすなわちキリアテ・ヤリム、ラバ。これらのつのとそれに属する々。

61 荒野では、ベテアラバ、ミデン、セカカ、

62 ニブシャン、、エンゲデ。すなわちつの々と、それに属する々。

63 しかし、ユダの人々は、エルサレム住民エブスびとを追い払うことができなかった。それでエブスびとは今日まで、ユダの人々と共にエルサレムに住んでいる。

  
Scroll to see more.