ヨシュア記 10

Study

           

1 エルサレムの王アドニゼデクは、ヨシュアがアイを攻め取って、それを全く滅ぼし、さきにエリコとその王とにしたように、アイとその王にもしたこと、またギベオン住民が、イスラエルと和を講じて、そのうちにおることを聞き、

2 大いに恐れた。それは、ギベオンが大きなであって、王の都にもひとしいものであり、またアイより大きくて、そのうちの人々が、すべて強かったからである。

3 それでエルサレムの王アドニゼデクは、ヘブロンの王ホハム、ヤルムテの王ピラム、ラキシの王ヤピア、およびエグロンの王デビルに人をつかわして言った、

4 「わたしの所に上ってきて、わたしを助けてください。われわれはギベオンを撃ちましょう。ギベオンはヨシュアおよびイスラエルの人々と和を講じたからです」。

5 アモリびとの人の王、すなわちエルサレムの王、ヘブロンの王、ヤルムテの王、ラキシの王、およびエグロンの王は兵を集め、そのすべての軍勢を率いて上ってきて、ギベオンに向かって陣を取り、それを攻めて戦った。

6 ギベオンの人々は、ギルガルの陣営に人をつかわし、ヨシュアに言った、「あなたのを引かないで、しもべどもを助けてください。早く、われわれの所に上ってきて、われわれを救い、助けてください。地に住むアモリびとの王たちがみな集まって、われわれを攻めるからです」。

7 そこでヨシュアはすべてのいくさびとと、すべての大勇士を率いて、ギルガルから上って行った。

8 その時、はヨシュアに言われた、「彼らを恐れてはならない。わたしが彼らをあなたのにわたしたからである。彼らのうちには、あなたに当ることのできるものは、ひとりもないであろう」。

9 ヨシュアは、ギルガルから、よもすがら進みのぼって、にわかに彼らに攻めよせたところ、

10 は彼らを、イスラエルのに、恐れあわてさせられたので、イスラエルギベオンで彼らをおびただしく撃ち殺し、ベテホロンの上り坂をとおって逃げる彼らを、アゼカとマッケダまで追撃した。

11 彼らがイスラエルのから逃げ走って、ベテホロンの下り坂をおりていた時、は天から彼らの上に大を降らし、アゼカにいたるまでもそうされたので、多くの人々が死んだ。イスラエルの人々がつるぎをもって殺したものよりも、に打たれて死んだもののほうが多かった。

12 がアモリびとをイスラエルの人々にわたされたに、ヨシュアはイスラエルの人々のにむかって言った、「よ、ギベオンの上にとどまれ、よ、アヤロンのにやすらえ」。

13 民がそのを撃ち破るまで、はとどまり、は動かなかった。これはヤシャルの書にしるされているではないか。が天の中にとどまって、急いで没しなかったこと、おおよそ一日であった。

14 これより先にも、あとにも、がこのように人の言葉を聞きいれられた一日もなかった。イスラエルのために戦われたからである。

15 こうしてヨシュアはイスラエルのすべての人と共にギルガルの陣営に帰った。

16 かの人の王たちは逃げて行って、マッケダのほら穴に隠れたが、

17 人の王たちがマッケダのほら穴にかくれているのが見つかったと、ヨシュアに告げる者があったので、

18 ヨシュアは言った、「ほら穴のに大をころがし、そのそばに人を置いて、守らせなさい。

19 ただし、あなたがたは、そこにとどまらないで、のあとを追い、そのしんがりを撃ち、彼らをそのにはいらせてはならない。あなたがたのが彼らをあなたがたのに渡されたからである」。

20 ヨシュアとイスラエルの人々は、大いに彼らを撃ち殺し、ついに彼らを滅ぼしつくしたが、彼らのうちのがれて生き残った者どもは、堅固な々に逃げこんだので、

21 民はみな安らかにマッケダの陣営のヨシュアのもとに帰ってきたが、イスラエルの人々にむかってを鳴らす者はひとりもなかった。

22 その時ヨシュアは言った、「ほら穴のを開いて、ほら穴から、かの人の王たちを、わたしのもとにひき出しなさい」。

23 やがて、そのようにして、かの人の王たち、すなわち、エルサレムの王、ヘブロンの王、ヤルムテの王、ラキシの王、およびエグロンの王を、ほら穴から彼のもとにひき出した。

24 この王たちをヨシュアのもとにひき出した時、ヨシュアはイスラエルのすべての人々を呼び寄せ、自分と共に行ったいくさびとの長たちに言った、「近寄って、この王たちのくびにをかけなさい」。そこで近寄って、その王たちのくびにをかけたので、

25 ヨシュアは彼らに言った、「恐れおののいてはならない。強くまた雄々しくあれ。あなたがたが攻めて戦うすべてのには、がこのようにされるのである」。

26 そしてヨシュアは彼らを撃って死なせ、本のにかけて、夕暮れまでの上にさらして置いたが、

27 入るころになって、ヨシュアが命じたので、これをからおろし、彼らが隠れていたほら穴に投げ入れ、ほら穴のに大を置いた。これは今日まで残っている。

28 そのヨシュアはマッケダを取り、つるぎをもって、それと、その王とを撃ち、その中のすべての人を、ことごとく滅ぼして、ひとりも残さず、エリコの王にしたように、マッケダの王にもした。

29 こうしてヨシュアはイスラエルのすべての人を率いて、マッケダからリブナに進み、リブナを攻めて戦った。

30 が、それと、その王をも、イスラエルのに渡されたので、つるぎをもって、それと、その中のすべての人を撃ち滅ぼして、ひとりもその中に残さず、エリコの王にしたように、その王にもした。

31 ヨシュアはまたイスラエルのすべての人を率いて、リブナからラキシに進み、これに向かって陣をしき、攻め戦った。

32 がラキシをイスラエルのに渡されたので、ふつか目にこれを取り、つるぎをもって、それと、その中のすべての人を撃ち滅ぼした。すべてリブナにしたとおりであった。

33 その時、ゲゼルの王ホラムが、ラキシを助けるために上ってきたので、ヨシュアは彼と、その民とを撃ち滅ぼして、ついにひとりも残さなかった。

34 ヨシュアはまたイスラエルのすべての人を率いて、ラキシからエグロンに進み、これに向かって陣をしき、攻め戦った。

35 そのこれを取り、つるぎをもって、これを撃ち、その中のすべての人を、ことごとくそのに滅ぼした。すべてラキシにしたとおりであった。

36 ヨシュアはまたイスラエルのすべての人を率いて、エグロンからヘブロンに進み上り、これを攻めて戦い、

37 それを取って、それと、その王、およびそのすべての々と、その中のすべての人を、つるぎをもって撃ち滅ぼし、ひとりも残さなかった。すべてエグロンにしたとおりであった。すなわち、それとその中のすべての人を、ことごとく滅ぼした。

38 またヨシュアはイスラエルのすべての人を率いて、デビルへひきかえし、これを攻めて戦い、

39 それと、その王、およびそのすべての々を取り、つるぎをもってそれを撃ち、その中のすべての人を、ことごとく滅ぼし、ひとりも残さなかった。彼がデビルと、その王にしたことは、ヘブロンにしたとおりであり、またリブナと、その王にしたとおりであった。

40 こうしてヨシュアはその地の全部、すなわち、地、ネゲブ、平地、および腹の地と、そのすべての王たちを撃ち滅ぼして、ひとりも残さず、すべて息のあるものは、ことごとく滅ぼした。イスラエルの命じられたとおりであった。

41 ヨシュアはカデシ・バルネアからガザまでの々、およびゴセンの全地を撃ち滅ぼして、ギベオンにまで及んだ。

42 イスラエルのイスラエルのために戦われたので、ヨシュアはこれらすべての王たちと、その地をいちどきに取った。

43 そしてヨシュアはイスラエルのすべての人を率いて、ギルガルの陣営に帰った。

  

Exploring the Meaning of ヨシュア記 10      

Joshua 10: The five kings and how the sun stood still.

After hearing that Gibeon - a sizeable city - had made a peace treaty with Israel, the king of Jerusalem called on four other Canaanite kings to join him in attacking Gibeon. The Gibeonites asked Joshua to remember his promise to keep them safe, and Israel did so, coming to their defense. A great battle ensued at Gilgal. With the Lord’s help, the Israelites defeated the five Canaanite kings. As the Canaanites were fleeing, the Lord sent large hailstones raining down on them, killing more soldiers than had died in the battle. Then, Joshua asked the Lord to make the sun stand still until the enemy was defeated, and it stopped moving across the sky for one whole day.

The defeated kings fled, and hid in a cave at Makkeda. Joshua commanded his men to roll stones over the cave entrance, and to attack the rest of their fleeing enemies. After returning to the cave, Joshua’s men brought the kings out of hiding and stood on their necks, to demonstrate that the Lord would vanquish all of Israel’s enemies. Joshua hanged them, put them back in the cave, and once again sealed the entrance with stones. The rest of the chapter chronicles Israel’s defeat of many other Canaanite cities and kings.

This story shows us that life is amazingly connected and full of consequences. Spiritual life has its share of unforeseen consequences too. When we affirm our wish to follow the Lord, evil spirits will try to fill our minds with distressing thoughts to pull us away from Him. Sometimes this can lead us to rise up and resist our decision to follow the Lord (See Swedenborg’s work, Arcana Caelestia 1683).

The part of the chapter about the sun standing still represents our need to remain focused on the Lord during our struggles with temptation and regeneration. The Lord is our sun, and normally our awareness of the Lord rises and sets. This brings times when we feel the Lord’s presence strongly, and also times when we feel it is up to us to act as we wish. This is our normal rhythm, and it is right for us to have this cycle.

When we are involved in a spiritual crisis, we need to ensure that our mind’s focus stays with the Lord until we have made it through. This is like our sense of the Lord’s presence standing still ‘for a day’ in our mind’s sky, so that we will not lose our direction. This enabled Joshua and Israel to be victorious, just as it will with us (See Swedenborg’s work, Divine Love and Wisdom 105).

When the Lord sent hailstones - frozen water - on the Canaanites, it represents the way in which false ideas from evil intentions backfire on the attacker of good, because evil is notoriously self-destructive. One lie leads to more another, until the wrongdoer is exposed and judged (See Swedenborg’s Heaven and Hell 457).

The cave of Makkedah, where the five kings hid, also holds spiritual significance because of its name, which means ‘the excellent place of shepherds.’ Shepherding represents the Lord’s care for us and our care for each other. Evil may hide behind a semblance of good but it can’t last. Joshua and his men later brought the kings out of the cave and hanged them, signifying that all true life comes from the Lord and His goodness, and He will bring an end to every evil and false way (Divine Love and Wisdom 363).

Israel’s subsequent conquest of other Canaanite cities depicts the follow-through that takes place after an important point in our regeneration: a decision, a refusal, an admission, a prayer to God. This results in a period of witnessing the Lord’s blessings, which naturally follow once we have affirmed our intention to be with the Lord in our life. The chapter ends, “All these kings Joshua took at one time because the Lord God fought for Israel.”

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: