ヨブ記 27

Studie

              |

1 ヨブはまた言葉をついで言った、

2 「神は生きておられる。彼はわたしの義を奪い去られた。全能者はわたしのを悩まされた。

3 わたしの息がわたしのうちにあり、神の息がわたしのにある間、

4 わたしのくちびるは不義を言わない、わたしのは偽りを語らない。

5 わたしは断じて、あなたがたを正しいとは認めない。わたしは死ぬまで、潔白を主張してやめない。

6 わたしは堅くわが義を保って捨てない。わたしは今まで一日も心に責められた事がない。

7 どうか、わたしの悪人のようになり、わたしに逆らう者は不義なる者のようになるように。

8 神が彼を断ち、そのを抜きとられるとき、神を信じない者になんの望みがあろう。

9 災が彼に臨むとき、神はその叫びを聞かれるであろうか。

10 彼は全能者を喜ぶであろうか、常に神を呼ぶであろうか。

11 わたしは神のみについてあなたがたに教え、全能者と共にあるものを隠すことをしない。

12 見よ、あなたがたは皆みずからこれを見た、それなのに、どうしてむなしい者となったのか。

13 これは悪人の神から受ける分、圧制者の全能者から受ける嗣業である。

14 そのらがふえればつるぎに渡され、その子孫食物に飽きることがない。

15 その生き残った者は疫病で死んで埋められ、そのやもめらは泣き悲しむことをしない。

16 たとい彼はをちりのように積み、衣服を土のように備えても、

17 その備えるものは正しい人がこれを着、そのは罪なき者が分かち取るであろう。

18 彼の建てるは、くもの巣のようであり、番人の造る小屋のようである。

19 彼は富める身で寝ても、再び富むことがなく、を開けばその富はない。

20 恐ろしい事が大のように彼を襲い、はつむじ風が彼を奪い去る。

21 東風が彼を揚げると、彼は去り、彼をその所から吹き払う。

22 それは彼を投げつけて、あわれむことなく、彼はその力からのがれようと、もがく。

23 それは彼に向かって手を鳴らし、あざけり笑って、その所から出て行かせる。