ホセア書 2

Studie

           |

1 あなたがたの兄弟に向かっては「アンミ(わが民)」と言い、あなたがたの姉妹に向かっては「ルハマ(あわれまれる者)」と言え。

2 「あなたがたのとあげつらえ、あげつらえ――彼女はわたしのではない、わたしは彼女のではない――そして彼女にそのから淫行を除かせ、そのぶさの間から姦淫を除かせよ。

3 そうでなければ、わたしは彼女の着物をはいでにし、その生れ出たのようにし、また荒野のようにし、かわききった地のようにし、かわきによって彼女を殺す。

4 わたしはそのらをあわれまない、彼らは淫行のらだからである。

5 彼らのは淫行をなし、彼らをはらんだ彼女は恥ずべきことを行った。彼女は言った、『わたしはわが恋人たちについて行こう。彼らはパンと羊の毛と麻とと飲み物とを、わたしに与える者である』と。

6 それゆえ、わたしはいばらで彼女の道をふさぎ、かきをたてて、彼女にはその道がわからないようにする。

7 彼女はその恋人たちのあとを慕って行く、しかし彼らに追いつくことはない。彼らを尋ねる、しかし見いだすことはない。そこで彼女は言う、『わたしは行って、さきのに帰ろう。あの時は今よりもわたしによかったから』と。

8 彼女に穀物と酒と油とを与えた者、またバアルのために用いたと金とを多く彼女に与えた者は、わたしであったことを彼女は知らなかった。

9 それゆえ、わたしは穀物をその時になって奪い、ぶどう酒をその季節になって奪い、また彼女のをおおうために用いる羊の毛と麻とを奪い取る。

10 わたしは今、彼女のみだらなことをその恋人たちの前にあらわす。だれも彼女をわたしのから救う者はない。

11 わたしは彼女のすべての楽しみ、すなわち祝、新安息日、すべての祭をやめさせる。

12 わたしはまた彼女が先に『これはわたしの恋人らが、わたしに与えた報酬だ』と言った彼女のぶどうのと、いちじくのとを荒し、これを林とし、野の獣にこれを食わせる。

13 また彼女が耳輪と宝石で身を飾り、その恋人たちを慕って行って、わたしを忘れ、香をたいて仕えたバアルの祭ののために、わたしは彼女をするとは言われる。

14 それゆえ、見よ、わたしは彼女をいざなって、荒野に導いて行き、ねんごろに彼女に語ろう。

15 その所でわたしは彼女にそのぶどう畑を与え、アコルのを望みの門として与える。その所で彼女は若かったのように、エジプトからのぼって来た時のように、答えるであろう。

16 は言われる、そのには、あなたはわたしを『わが』と呼び、もはや『わがバアル』とは呼ばない。

17 わたしはもろもろのバアルの名を彼女のから取り除き、重ねてその名をとなえることのないようにする。

18 そのには、わたしはまたあなたのために野の獣、空のおよび地の這うものと契約を結び、またと、つるぎと、戦争とを地から断って、あなたを安らかに伏させる。

19 またわたしは永遠にあなたとちぎりを結ぶ。すなわち正義と、公平と、いつくしみと、あわれみとをもってちぎりを結ぶ。

20 わたしは真実をもって、あなたとちぎりを結ぶ。そしてあなたはを知るであろう。

21 は言われる、そのわたしは天に答え、天は地に答える

22 地は穀物と酒と油とに答え、またこれらのものはエズレルに答える

23 わたしはわたしのために彼を地にまき、あわれまれぬ者をあわれみ、わたしの民でない者に向かって、『あなたはわたしの民である』と言い、彼は『あなたはわたしのである』と言う」。