創世記 9

Studovat vnitřní smysl

           

1 ノアとそのらとを祝福して彼らに言われた、「生めよ、ふえよ、地に満ちよ。

2 地のすべての獣、空のすべての、地に這うすべてのもの、のすべての魚は恐れおののいて、あなたがたの支配に服し、

3 すべて生きて動くものはあなたがたの食物となるであろう。さきに青をあなたがたに与えたように、わたしはこれらのものを皆あなたがたに与える

4 しかしを、その命であるのままで、食べてはならない。

5 あなたがたの命のを流すものには、わたしは必ず報復するであろう。いかなる獣にも報復する。兄弟である人にも、わたしは人の命のために、報復するであろう。

6 人のを流すものは、人にを流される、自分のかたちに人を造られたゆえに。

7 あなたがたは、生めよ、ふえよ、地に群がり、地の上にふえよ」。

8 ノアおよび共にいるらに言われた、

9 「わたしはあなたがた及びあなたがたのの子孫と契約を立てる。

10 またあなたがたと共にいるすべての生き物、あなたがたと共にいる、家畜、地のすべての、すなわち、すべて箱舟から出たものは、地のすべてのにいたるまで、わたしはそれと契約を立てよう。

11 わたしがあなたがたと立てるこの契約により、すべてなる者は、もはや洪によって滅ぼされることはなく、また地を滅ぼす洪は、再び起らないであろう」。

12 さらには言われた、「これはわたしと、あなたがた及びあなたがたと共にいるすべての生き物との間に代々かぎりなく、わたしが立てる契約のしるしである。

13 すなわち、わたしはの中に、にじを置く。これがわたしと地との間の契約のしるしとなる。

14 わたしがを地の上に起すとき、にじはの中に現れる。

15 こうして、わたしは、わたしとあなたがた、及びすべてなるあらゆる生き物との間に立てた契約を思いおこすゆえ、はふたたび、すべてなる者を滅ぼす洪とはならない。

16 にじがの中に現れるとき、わたしはこれを見てが地上にあるすべてなるあらゆる生き物との間に立てた永遠の契約を思いおこすであろう」。

17 そしてノアに言われた、「これがわたしと地にあるすべてなるものとの間に、わたしが立てた契約のしるしである」。

18 箱舟から出たノアのらはセム、ハム、ヤペテであった。ハムはカナンの父である。

19 この人はノアのらで、全地の民は彼らから出て、広がったのである。

20 さてノアは農となり、ぶどう畑をつくり始めたが、

21 彼はぶどう酒を飲んで酔い、天幕の中でになっていた。

22 カナンの父ハムは父の見て、外にいるふたりの兄弟に告げた。

23 セムとヤペテとは着物を取って、肩にかけ、うしろ向きに歩み寄って、父のをおおい、をそむけて父のを見なかった。

24 やがてノアは酔いがさめて、末のが彼にした事を知ったとき、

25 彼は言った、「カナンはのろわれよ。彼はしもべのしもべとなって、その兄弟たちに仕える」。

26 また言った、「セムはほむべきかな、カナンはそのしもべとなれ。

27 はヤペテを大いならしめ、セムの天幕に彼を住まわせられるように。カナンはそのしもべとなれ」。

28 ノアは洪水の、なお五十年生きた。

29 ノアの年は合わせて五十歳であった。そして彼は死んだ。

  
   Studovat vnitřní smysl

Exploring Genesis 9      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Here are some excerpts from Swedenborg's "Arcana Coelestia" that help explain the inner meaning of this chapter:

AC 971. The subject that now follows on is the state of the regenerate man; first, concerning the dominion of the internal man, and the submission of the external.

AC 972. Namely, that all things of the external man have been made subject to and serviceable to the internal (verses 1 to 3), but that especial care must be taken lest the man should immerse the goods and truths of faith in cupidities, or by the goods and truths which are of the internal man should confirm evils and falsities, which must of necessity condemn him to death, and punish him (verses 4 and 5); and thus destroy the spiritual man, or the image of God, with him (verse 6). That if these things are avoided, all will go well (verse 7).

AC 973. It next treats of the state of man after the flood, whom the Lord had so formed that He might be present with him by means of charity, and thus prevent his perishing, like the last posterity of the Most Ancient Church (verses 8 to 11).

AC 974. Afterwards the state of man subsequent to the flood, who is in the capacity to receive charity, is described by the "bow in the cloud," which he resembles (verses 12 to 17). This "bow" has regard to the man of the church, or the regenerate man (verses 12, 13); to every man in general (verses 14, 15); specifically, to the man who is in the capacity of being regenerated (verse 16); and consequently not only to man within but also to man without the church (verse 17).

AC 975. It treats lastly of the Ancient Church in general; by "Shem" is meant internal worship; by "Japheth," corresponding external worship; by "Ham," faith separated from charity; and by "Canaan," external worship separated from internal from (verse 19). This church, through the desire to investigate from itself the truths of faith, and by reasonings, first lapsed into errors and perversions (verses 19 to 21). Those who are in external worship separated from internal, deride the doctrine of faith itself, in consequence of such errors and perversions (verse 22); but those who are in internal worship, and in the external worship thence derived put a good interpretation on such things, and excuse them (verse 23). Those who are in external worship separated from internal, are most vile (verses 24, 25); and yet they are able to perform vile services in the church (verses 26, 27).

AC 976. Lastly, the duration and state of the first Ancient Church are described by the years of Noah‘s age (verses 28, 29).

Swedenborg

Hlavní výklad ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 971, 972, 973, 974, 975, 976, 980, ...

The Inner Meaning of the Prophets and Psalms 410


Další odkazy Swedenborga k této kapitole:

Arcana Coelestia 470, 482, 575, 737, 788, 868, 1026, ...

Apocalypse Revealed 213, 289, 466, 598, 781

神の愛と知恵 379

True Christian Religion 687


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 240, 269, 376, 595, 697, 701, 706, ...

Coronis (An Appendix to True Christian Religion) 35

Spiritual Experiences 155, 2348

Jiný komentář
Skočit na podobné biblické verše

創世記 1:26, 27, 28, 29, 4:2, 5:32, 6:18, 8:19, 21, 10:1, 5, 6, 17:7, 13, 19, 42:22

出エジプト記 21:12, 28

レビ記 3:17, 24:17, 21

民数記 35:16, 17, 18, 21, 31

申命記 19:11, 12

ヨシュア記 9:23

士師記 1:28

サムエル記上 14:33, 34

サムエル記下 4:11, 23:5

列王記上 2:6, 9

列王記下 11:1, 16, 20

歴代誌下 33:24, 25

箴言 20:1

エゼキエル書 1:28, 33:25, 34:26, 37:26

ホセア書 2:20

マタイによる福音書 26:52

使徒言行録 15:20, 17:26

エフェソの信徒への手紙 5:18

テモテへの手紙一 4:3

Významy biblických slov


主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。

ノア
'Noah,' as in Genesis 5:29, signifies the ancient church, or the parent of the three churches after the flood.


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....

祝福
The Lord is perfect love expressed as perfect wisdom. He created us so that He could love us, could give us love and wisdom of...


聖書の中の "空気 "は思考を表していますが、非常に一般的な意味で、特定の物事についての特定の考えというよりは、私たちの考えを知覚する能力と、私たちが考える傾向のある方法のようなものです。 これは考えてみれば理にかなっています。私たちは空気を通して周りの世界を見ていますが、見ることは理解することに相当します。私たちは空気を通して聞くことができ、聞くことは教えられ、従うことに対応しています。鳥は空気中を飛び、特定の思考やアイデアを表しています。そして、呼吸自体 - 空気を取り込み、血液に酸素を渡す - 真の精神的なアイデアの私たちの理解を表しています。

空の
聖書の中の "空気 "は思考を表していますが、非常に一般的な意味で、特定の物事についての特定の考えというよりは、私たちの考えを知覚する能力と、私たちが考える傾向のある方法のようなものです。 これは考えてみれば理にかなっています。私たちは空気を通して周りの世界を見ていますが、見ることは理解することに相当します。私たちは空気を通して聞くことができ、聞くことは教えられ、従うことに対応しています。鳥は空気中を飛び、特定の思考やアイデアを表しています。そして、呼吸自体 - 空気を取り込み、血液に酸素を渡す - 真の精神的なアイデアの私たちの理解を表しています。


Fowl signify spiritual truth; a bird, natural truth; and a winged thing, sensual truth. Fowl signify intellectual things. Fowl signify thoughts, and all that creeps...


Water generally represents what Swedenborg calls “natural truth,” or true concepts about day-to-day matters and physical things. Since all water ultimately flows into the seas,...


Every herb in the Word signifies some species of scientifics. 'Herb bearing seed,' as mentioned in Genesis 1:29, signifies every truth which regards use. 'Green...

与える
Like other common verbs, the meaning of "give" in the Bible is affected by context: who is giving what to whom? In general, though, giving...


肉は、その最も分かりやすい形だけでも、いくつかの意味を持っています。それは、主が大洪水について「すべての肉を滅ぼす」と語っているように、すべての生き物を意味することができます。創世記7:21)、または全人類を意味する場合もあります(創世記6:3あるいは、石の多い心臓に代わる肉の心臓のように、柔らかくて屈強なものを意味することもあります。エゼキエル書11:19)しかし、霊的には、ある人の意志の中に宿り、その人に属しているように見える愛を意味します。この人は、まだ再生を始めていない人(あるいはこれからも始めない人)であるかもしれませんし、再生の途中の人であるかもしれませんし、終わりに近づいている人であるかもしれません。最高の意味での肉とは、主の御心の中にある、神的な愛を意味します。この意味は、ヨハネの福音書の中の主の言葉にはっきりと表れています(ヨハネによる福音書6:53-56) 誰もがそのような愛のパッケージを持っていて、それはかなり悪いものであったり、混合したものであったり、かなり良いものであったりしますが、同様に、誰もが肉を持っているのです。私たちの人生を生きている間の霊的な仕事は、そのような愛のパッケージを悪いものから良いものに変えていくことです。私たちがこれをしようとするならば、主は私たちを助けてくださいます。 私たちが始めたとき、私たちの愛は利己的で、エゼキエルが見た骨のように霊的には死んでいますが、私たちが自分の悪から目を背けて粘っているとき、主は骨を集めて、柔らかくて愛に満ちた肉を与え、私たちは古い利己的なものに取って代わる新しい外向きの愛で生き返ることができます。 ですから、「肉」の意味は、私たちの元々の意志が、私たちの働きかけと主の助けによって、一枚一枚解体され、最終的にそれに取って代わる新しい意志へと変化することがあります。イスラエルの教会の生け贄の中には、肉を燃やすものもあれば、祭司たちが肉を食べるものもありました。古い原初の意志を表すものは焼かれましたが、食べられるものは新しい意志を表していました。


Bloods signify evil, in Ezek. 16:9.


聖書の中で「兄弟」という言葉が使われる方法は二つあります。一つは実際の血縁関係を意味するもので,もう一つは「人間の兄弟関係」のような共通性を表す広い意味で使われています。 第二の用法は聖書全体を通して一貫しており、良いことをする愛に生きている人を意味しています。これは、単純な従順の喜びから、人に奉仕する慈善的な愛、主ご自身の高尚な愛まで、さまざまなレベルであり得ます。しかし、これらの愛の中にあるものはすべて兄弟です。 黙示録の説明、n. 746。 "このような人たちが兄弟と呼ばれるのは、すべての人が一つの父、すなわち主を持っているからである。彼らは一つの父の子であるから、兄弟でもある。また、父である主の主の主の主な戒めである、互いに愛し合うことは、その結果、彼らを兄弟とするのは愛である。 このケースは、血縁関係を介した兄弟の場合はより複雑であり、意味は、兄弟が誰であるかと物語の状況の文脈によってより影響を受ける。一般的には、兄弟は善を行いたいという願望と、善を行う方法を理解することの間に存在することができる一体感を反映しています。これはカインとアベル、そしていくつかの双子のペアに当てはまります。ヤコブとエサウ、ユダの息子ザラとパレズ、ヨセフの息子エフライムとマナセです。 このような善と真理の兄弟関係のために、兄弟は文脈に応じてどちらかを表すことができます。実際,ヨセフの兄弟の意味は,ユダヤ教の前駆者の霊的な衰退と再生を表すものとして,ヨセフの物語の中で移り変わっていきます。...

兄弟
聖書の中で「兄弟」という言葉が使われる方法は二つあります。一つは実際の血縁関係を意味するもので,もう一つは「人間の兄弟関係」のような共通性を表す広い意味で使われています。 第二の用法は聖書全体を通して一貫しており、良いことをする愛に生きている人を意味しています。これは、単純な従順の喜びから、人に奉仕する慈善的な愛、主ご自身の高尚な愛まで、さまざまなレベルであり得ます。しかし、これらの愛の中にあるものはすべて兄弟です。 黙示録の説明、n. 746。 "このような人たちが兄弟と呼ばれるのは、すべての人が一つの父、すなわち主を持っているからである。彼らは一つの父の子であるから、兄弟でもある。また、父である主の主の主の主な戒めである、互いに愛し合うことは、その結果、彼らを兄弟とするのは愛である。 このケースは、血縁関係を介した兄弟の場合はより複雑であり、意味は、兄弟が誰であるかと物語の状況の文脈によってより影響を受ける。一般的には、兄弟は善を行いたいという願望と、善を行う方法を理解することの間に存在することができる一体感を反映しています。これはカインとアベル、そしていくつかの双子のペアに当てはまります。ヤコブとエサウ、ユダの息子ザラとパレズ、ヨセフの息子エフライムとマナセです。 このような善と真理の兄弟関係のために、兄弟は文脈に応じてどちらかを表すことができます。実際,ヨセフの兄弟の意味は,ユダヤ教の前駆者の霊的な衰退と再生を表すものとして,ヨセフの物語の中で移り変わっていきます。...

自分の
In many cases, the spiritual meaning of "own," both as a verb and as an adjective, is relatively literal. When people are described as the...


スウェーデンボルグによると、時間と空間は、霊的な現実には存在しません、彼らは物理的な平面上にのみ存在する純粋に自然なものです。これは、時間がないので、1つの霊的なものは、時間内の別の霊的なものの "後に "起こることができないことを意味します。そして、ある霊的なものは、空間がないので、空間の中で別の霊的なものに "後から "続くことはできません。 代わりに、スピリチュアルな現実は、スピリチュアルな状態、つまり天使の愛と思考に基づいて構造化されています。これらの愛と思考は原因と結果の連鎖の中でつながっていて、天使たちは私たちが時間を経験するのと同じように経験しています。そして天使が似たような思考や感情を持っている時、彼らは私達の物理的な親密さの経験と非常に同じである親密さを経験しています;彼らの考える「空間」とは、霊的な世界全体で霊によって保持される思考や愛情の変化です。 聖書が何かを他の何かの「後」と表現しているとき、霊的な意味は霊的な状態の進行と関係しています。そして、高い状態は低い状態に流れ込むので、「その後」に来るものは、より低い、より外的なものになる傾向があります。例えば、他人に良いことをしたいという内的な深い願望は、私たちができる具体的な良いことの具体的なアイデアに自ずと流れていきます。それらの具体的なアイデアは、善良でありたいという願望の「後」になるのです。


"Beasts" represent the affection for doing good things, a true desire to do them from the heart. In the negative sense, "beasts" stand for the...


Water was obviously of tremendous importance in Biblical times (and every other time). It is the basis of life, the essential ingredient in all drinks,...


In Isaiah 19:1, "Jehovah rides upon a light cloud, and comes into Egypt", signifies the visitation of the natural man from spiritual-natural Divine Truth, for...

見て
To look,' as in Genesis 18:22, signifies thinking, because seeing denotes understanding. Look not back behind thee,' as in Genesis 19:17, means that Lot, who...

永遠
多くの場合、聖書の中で「永遠」という言葉を使うのは、かなりリテラルな意味で、永遠にという単純な意味になります。これは、テキストが誰かが地獄に宣告されたり、天国に昇格したりすることに言及している場合に特に当てはまります。 しかし、場合によっては、「永遠」や「昔の時代」とは、『書物』が「最も古い教会」と呼んでいるものを指していることもあります。このような関連性から、「永遠」や「永遠」と呼ばれるものは、通常、主への愛から生じる善への願望を表しています。 もし私たちが主を愛するならば、私たちの願いは、主の御心を行い、主が愛するように愛することになります。そこから、私たちは人を愛し、人を大切にしたいという真の欲求を持つようになります。それが "永遠 "という言葉で表現されている気持ちです。

永遠の
多くの場合、聖書の中で「永遠」という言葉を使うのは、かなりリテラルな意味で、永遠にという単純な意味になります。これは、テキストが誰かが地獄に宣告されたり、天国に昇格したりすることに言及している場合に特に当てはまります。 しかし、場合によっては、「永遠」や「昔の時代」とは、『書物』が「最も古い教会」と呼んでいるものを指していることもあります。このような関連性から、「永遠」や「永遠」と呼ばれるものは、通常、主への愛から生じる善への願望を表しています。 もし私たちが主を愛するならば、私たちの願いは、主の御心を行い、主が愛するように愛することになります。そこから、私たちは人を愛し、人を大切にしたいという真の欲求を持つようになります。それが "永遠 "という言葉で表現されている気持ちです。

ノアの
'Noah,' as in Genesis 5:29, signifies the ancient church, or the parent of the three churches after the flood.

セム
'Shem,' as in Genesis 10:21, signifies the ancient church in general.

カナン
Canaan signifies a worship in things external without internals, which arose out of the internal church corrupted, called Ham. Thus it is that Ham is...


The Writings talk about many aspects of life using the philosophical terms "end," "cause" and "effect." The "end" is someone’s goal or purpose, the ultimate...


In general, men are driven by intellect and women by affections, and because of this men in the Bible generally represent knowledge and truth and...

ぶどう畑
'A vine' signifies spiritual good and truth. 'A vine' or 'vineyard' signifies the church where the Word, and the Lord in it, is known, or...

ぶどう
Wine played a key role in the ancient world, where safe, reliable water sources were scarce. It could be stored for long periods of time;...

の中で
The "midst" of something in the Bible represents the thing that is most central and most important to the spiritual state being described, the motivation...


'Middle' denotes what is primary, principal, or inmost.


'Unclothed' signifies being deprived of the truths of faith.


"目は魂の窓である"濁った古代のどこかにルーツを持つ感情だが詩的でありながら明らかに真実であるために絶望的に陳腐なものになってしまった誰かの目を見ることができれば、その人の内面を本当に知ることができると私たちは感じています。 そして、それは目だけではなく、実際には顔全体がそれを伝えています。スエーデンボーグが言うように、顔は「人間の精神的な世界を自然界で表現したもの」である(『天国と地獄』第91号)。心理学者やポーカープレイヤー、犯罪捜査官などが顔を研究するのに多くの時間を費やしている理由は、顔が私たちの内面の思考や感情を無数の方法で明らかにしているからである。 ですから、聖書に登場する人々の顔が、その人の内面、つまり、その人が最も深く抱いている思い、愛、願望を表していることは、理にかなっています。礼拝でお辞儀をするときには謙遜さを示すために顔を地面に向け、インスピレーションを求めるときには山に向け、誘惑と戦う準備ができているときには敵に向けます。物事が困難な時には,「事実を直視する」か,あるいは内的に受け入れる必要があります。 主の顔が話題になると、完全な愛と完全なあわれみである主の内面を表します。人々が主から背を向けて主の愛を拒むとき、それは主が "顔を隠す "と表現されています。


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...


It's a landmark for a young child to count to 100; it sort of covers all the "ordinary" numbers. One hundred is obviously significant for...

五十
God rested on the seventh day of creation. That represents a state of holiness and tranquility that was preserved in the form of the sabbath....


'Nine' signifies conjunction.

Videa od Swedenborg Foundation

Zde uvedená videa jsou poskytnuta se svolením našich přátel ze Swedenborg Foundation. Více se o nich dozvíte zde: swedenborg.com.


What Happened After Noah Got Drunk? - Swedenborg & Life Live

The Bible has some strange stories. In this episode, we dig into the time Noah got drunk after surviving the flood and ends up cursing his grandson Canaan for Ham's actions. We unpack the spiritual nourishment hidden deep in the literal tale.

Zdroje pro rodiče a učitele

Zde uvedené položky jsou poskytnuty se svolením našich přátel z General Church of the New Jerusalem. Můžete prohledávat/procházet celou knihovnu kliknutím na odkaz this link.


 Correspondences of Color
Illustrations of three stories in the Word that mention colors. (Quotations are the King James translation.)
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Ham, the Son of Noah
Worship Talk | Ages 7 - 14

 Noah and the Rainbow
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Noah and the Rainbow
This lesson discusses a story from the Word and suggests projects and activities for young children.
Sunday School Lesson | Ages 4 - 6

 Noah Built an Ark
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Noah (sheet music)
Song | Ages 4 - 14

 Rainbow Crown
Project | Ages 4 - 10

 Rainbow in the Clouds
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Rainbows
Sunday School Lesson | Ages 9 - 12

 Reading Chart: Noah and Rainbow
Color a section of the rainbow each time you read or hear the Lord's Word.
Activity | Ages 4 - 10

 Shem and Japheth
Worship Talk | Ages 7 - 14

 The First Rainbow
The Lord makes a covenant with Noah and sends a rainbow.
Story | Ages 2 - 7

 The Rainbow
Coloring Page | Ages 7 - 14

 The Rainbow
A New Church Bible story explanation for teaching Sunday school. Includes lesson materials for Primary (3-8 years), Junior (9-11 years), Intermediate (12-14 years), Senior (15-17 years) and Adults.
Teaching Support | Ages over 3

 True Friendship
How are we to react to the faults of others? New Church teachings say we should have a person's good in mind particularly when we deal with their bad side.
Sunday School Lesson | Ages 11 - 17


Přeložit: