創世記 5

Study

           

1 アダムの系図は次のとおりである。が人を創造された時、をかたどって造り、

2 彼らを男と女とに創造された。彼らが創造された時、神は彼らを祝福して、その名をアダムと名づけられた。

3 アダム三十歳になって、自分にかたどり、自分のかたちのような男の子を生み、その名をセツと名づけた。

4 アダムがセツを生んで、生きた年は八年であって、ほかに男子と女を生んだ。

5 アダムの生きた年は合わせて三十歳であった。そして彼は死んだ。

6 セツは歳になって、エノスを生んだ。

7 セツはエノスを生んだ、八七年生きて、男子と女を生んだ。

8 セツの年は合わせて歳であった。そして彼は死んだ。

9 エノスは九十歳になって、カイナンを生んだ。

10 エノスはカイナンを生んだ、八十五年生きて、男子と女を生んだ。

11 エノスの年は合わせて歳であった。そして彼は死んだ。

12 カイナンは七十歳になって、マハラレルを生んだ。

13 カイナンマハラレルを生んだ、八四十年生きて、男子と女を生んだ。

14 カイナンの年は合わせて歳であった。そして彼は死んだ。

15 マハラレルは六十五歳になって、ヤレドを生んだ。

16 マハラレルはヤレドを生んだ、八三十年生きて、男子と女を生んだ。

17 マハラレルの年は合わせて八十五歳であった。そして彼は死んだ。

18 ヤレドは六十歳になって、エノクを生んだ。

19 ヤレドはエノクを生んだ、八年生きて、男子と女を生んだ。

20 ヤレドの年は合わせて六十歳であった。そして彼は死んだ。

21 エノクは六十五歳になって、メトセラを生んだ。

22 エノクメトセラを生んだ年、とともに歩み、男子と女を生んだ。

23 エノクの年は合わせて十五歳であった。

24 エノクとともに歩み、が彼を取られたので、いなくなった。

25 メトセラ八十七歳になって、レメクを生んだ。

26 メトセラはレメクを生んだ、七八十年生きて、男子と女を生んだ。

27 メトセラの年は合わせて六十歳であった。そして彼は死んだ。

28 レメクは八十歳になって、男のを生み、

29 「この子こそ、が地をのろわれたため、骨折り働くわれわれを慰めるもの」と言って、その名をノアと名づけた。

30 レメクはノアを生んだ十五年生きて、男子と女を生んだ。

31 レメクの年は合わせて七七十七歳であった。そして彼は死んだ。

32 ノア歳になって、セム、ハム、ヤペテを生んだ。

  

Exploring the Meaning of 創世記 5      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Here are some excerpts from Swedenborg's "Arcana Coelestia" that help explain the inner meaning of this chapter:

AC 460. This chapter treats specifically of the propagation of the Most Ancient Church through successive generations, almost to the flood.

AC 461. The Most Ancient Church itself, which was celestial, is what is called "Man (homo)," and a "likeness of God" (verse 1).

AC 462. A second church which was not so celestial as the Most Ancient Church, is called "Seth" (verses 2, 3).

AC 463. A third church was called "Enosh" (verse 6); a fourth "Kenan" (verse 9); a fifth "Mahalalel" (verse 12); a sixth " Jared" (verse 15); a seventh "Enoch" (verse 18); and an eighth church "Methuselah" (verse 21).

AC 464. The church called " is described as framing doctrine from what was revealed to and perceived by the Most Ancient Church, which doctrine, although of no use at that time, was preserved for the use of posterity. This is signified by its being said that "Enoch" was no more, because God took him" (verses 22, 23, 24).

AC 465. A ninth church was called "Lamech" (verse 25).

AC 466. A tenth, the parent of three churches after the flood, was named "Noah." This church is to be called the Ancient Church (verses 28, 29).

AC 467. "Lamech" is described as retaining nothing of the perception which the Most Ancient Church enjoyed; and "Noah" is described as a new church (verse 29).

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: