創世記 49

Study

           

1 ヤコブはそのらを呼んで言った、「集まりなさい。後のに、あなたがたの上に起ることを、告げましょう、

2 ヤコブのらよ、集まって聞け。父イスラエルのことばを聞け。

3 ルベンよ、あなたはわが長子、わが勢い、わが力のはじめ、威光のすぐれた者、権力のすぐれた者。

4 しかし、沸き立つのようだから、もはや、すぐれた者ではあり得ない。あなたは父の床上って汚した。ああ、あなたはわが寝床上った。

5 シメオンとレビとは兄弟。彼らのつるぎは暴虐の武器。

6 わがよ、彼らの会議に臨むな。わが栄えよ、彼らのつどいに連なるな。彼らは怒りに任せて人を殺し、ほしいままに雄牛の足の筋を切った。

7 彼らの怒りは、激しいゆえにのろわれ、彼らの憤りは、はなはだしいゆえにのろわれる。わたしは彼らをヤコブのうちに分け、イスラエルのうちに散らそう。

8 ユダよ、兄弟たちはあなたをほめる。あなたののくびを押え、父のらはあなたの前に身をかがめるであろう。

9 ユダは、ししの。わがよ、あなたは獲物をもって上って来る。彼は雄じしのようにうずくまり、雌じしのように身を伏せる。だれがこれを起すことができよう。

10 つえはユダを離れず、立法者のつえはそのの間を離れることなく、シロの来る時までに及ぶであろう。もろもろの民は彼に従う。

11 彼はそのろばのぶどうの木につなぎ、その雌ろばのを良きぶどうの木につなぐ。彼はその衣服ぶどう酒で洗い、その着物をぶどうの汁で洗うであろう。

12 そのぶどう酒によって赤く、そのは乳によって白い

13 ゼブルンはべに住み、舟の泊まる港となって、その境はシドンに及ぶであろう。

14 イッサカルはたくましいろば、彼は羊のおりの間に伏している。

15 彼は定住の地を見て良しとし、その見て楽しとした。彼はその肩を下げてにない、奴隷となって追い使われる。

16 ダンはおのれの民をさばくであろう、イスラエルのほかの部族のように。

17 ダンのかたわらのへび、のほとりのまむし。かかとをかんで、乗る者をうしろに落すであろう。

18 よ、わたしはあなたの救を待ち望む。

19 ガドには略奪者が迫る。しかし彼はかえって敵のかかとに迫るであろう。

20 アセルはその食物がゆたかで、王の美味をいだすであろう。

21 ナフタリは放たれた雌じか、彼は美しい子じかを生むであろう。

22 ヨセフは実を結ぶ若木、泉のほとりの実を結ぶ若木。その枝は、かきねを越えるであろう。

23 射る者は彼を激しく攻め、彼を射、彼をいたく悩ました。

24 しかし彼のはなお強く、彼のは素早い。これはヤコブの全能者のにより、イスラエルの岩なる牧者の名により、

25 あなたを助ける父の神により、また上なる天の祝福下に横たわる淵の祝福ぶさと胎の祝福をもって、あなたを恵まれる全能者による。

26 あなたの父の祝福は永遠の山の祝福にまさり、永久の丘の賜物にまさる。これらの祝福はヨセフのかしらに帰し、その兄弟たちの君たる者のの頂に帰する。

27 ベニヤミンはかき裂くおおかみ、にその獲物を食らい、夕にその分捕物を分けるであろう」。

28 すべてこれらはイスラエルの部族である。そしてこれは彼らの父が彼らに語り、彼らを祝福したもので、彼は祝福すべきところに従って、彼らおのおのを祝福した。

29 彼はまた彼らに命じて言った、「わたしはわが民に加えられようとしている。あなたがたはヘテびとエフロンにあるほら穴に、わたしの先祖たちと共にわたしを葬ってください。

30 そのほら穴はカナンの地のマムレの東にあるマクペラのにあり、アブラハムがヘテびとエフロンからと共に買い取り、所有の地としたもので、

31 そこにアブラハムサラとが葬られ、イサクとリベカもそこに葬られたが、わたしはまたそこにレアを葬った。

32 あのとその中にあるほら穴とはヘテの人々から買ったものです」。

33 こうしてヤコブはらに命じ終って、を床におさめ、息絶えて、その民に加えられた。

  

Exploring the Meaning of 創世記 49      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Here are some excerpts from Swedenborg's "Arcana Coelestia" that help explain the inner meaning of this chapter:

AC 6328. In this chapter the subject treated of in the internal sense is not the descendants of Jacob, and what would befall them; but the truths of faith and the goods of love which the twelve tribes named from the sons of Jacob represent and signify.

AC 6329. It first treats of faith separated from charity, which is utterly rejected. This faith is "Reuben," " Simeon," and "Levi."

AC 6330. It then treats of the celestial church, which is the "tribe of Judah,’ and in the supreme sense there, of the Divine Human of the Lord.

AC 6331. Then of the rest of the tribes according to the states of good and truth which they represent.

AC 6332. Lastly of the celestial spiritual church which is "Joseph;" and here also in the supreme sense of the Divine Human of the Lord.

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: