創世記 41

Studovat vnitřní smysl

           

1 二年の後パロは夢を見た。夢に、彼はナイル川のほとりに立っていた

2 すると、その川から美しい、肥え太った七頭の雌牛が上がってきて葦を食っていた。

3 その、また醜い、やせ細った他の七頭の雌牛が川から上がってきて、川の岸にいた雌牛のそばに立ち、

4 その醜い、やせ細った雌牛が、あの美しい、肥えた七頭の雌牛を食いつくした。ここでパロは目が覚めた。

5 彼はまた眠って、再び夢を見た。夢に、一本の茎に太った良い七つの穂が出てきた。

6 そのまた、やせて、東風に焼けた七つの穂が出てきて、

7 そのやせた穂が、あの太って実った七つの穂をのみつくした。ここでパロは目が覚めたが、それはであった。

8 になって、パロは心が騒ぎ、人をつかわして、エジプトのすべての魔術師とすべての知者とを呼び寄せ、彼らにを告げたが、これをパロに解き明かしうる者がなかった。

9 そのとき給仕役の長はパロに告げて言った、「わたしはきょう、自分のあやまちを思い出しました。

10 かつてパロがしもべらに向かって憤り、わたしと料理役の長とを侍衛長のの監禁所にお入れになった時、

11 わたしも彼も一のうちにを見、それぞれ意味のあるを見ましたが、

12 そこに侍衛長のしもべで、ひとりの若いヘブルびとがわれわれと共にいたので、彼に話したところ、彼はわれわれのを解き明かし、そのによって、それぞれ解き明かしをしました。

13 そして彼が解き明かしたとおりになって、パロはわたしを職に返し、彼を木に掛けられました」。

14 そこでパロは人をつかわしてヨセフを呼んだ。人々は急いで彼を地下の獄屋から出した。ヨセフは、ひげをそり、着物を着替えてパロのもとに行った。

15 パロはヨセフに言った、「わたしは夢を見たが、これを解き明かす者がない。聞くところによると、あなたはを聞いて、解き明かしができるそうだ」。

16 ヨセフはパロに答えて言った、「いいえ、わたしではありません。がパロに平安をお告げになりましょう」。

17 パロはヨセフに言った、「にわたしは川の岸に立っていた

18 その川から肥え太った、美しい七頭の雌牛が上がってきて葦を食っていた。

19 その、弱く、非常に醜い、やせ細った他の七頭の雌牛がまた上がってきた。わたしはエジプトで、このような醜いものをまだ見たことがない。

20 ところがそのやせた醜い雌牛が、初めの七頭の肥えた雌牛を食いつくしたが、

21 腹にはいっても、腹にはいった事が知れず、やはり初めのように醜かった。ここでわたしは目が覚めた。

22 わたしはまたをみた。一本の茎に七つの実った良い穂が出てきた。

23 その、やせ衰えて、東風に焼けた七つの穂が出てきたが、

24 そのやせた穂が、あの七つの良い穂をのみつくした。わたしは魔術師に話したが、わたしにそのわけを示しうる者はなかった」。

25 ヨセフはパロに言った、「パロのは一つです。がこれからしようとすることをパロに示されたのです。

26 七頭の良い雌牛は七年です。七つの良い穂も七年で、は一つです。

27 あとに続いて、上がってきた七頭のやせた醜い雌牛は七年で、東風に焼けた実の入らない七つの穂は七年のききんです。

28 わたしがパロに申し上げたように、がこれからしようとすることをパロに示されたのです。

29 エジプトに七年の大豊作があり、

30 その七年のききんが起り、その豊作はみなエジプトで忘れられて、そのききんはを滅ぼすでしょう。

31 に来るそのききんが、非常に激しいから、その豊作はのうちで記憶されなくなるでしょう。

32 パロが二度重ねてを見られたのは、この事がによって定められ、がすみやかにこれをされるからです。

33 それゆえパロは今、さとく、かつ賢い人を尋ね出してエジプトを治めさせなさい。

34 パロはこうして中に監督を置き、その七年の豊作のうちに、エジプトの産物の五分の一を取り、

35 続いて来る良い年々のすべての食糧を彼らに集めさせ、穀物を食糧として、パロの々にたくわえ守らせなさい。

36 こうすれば食糧は、エジプトに臨む七年のききんに備えて、こののためにたくわえとなり、このはききんによって滅びることがないでしょう」。

37 この事はパロとそのすべての家来たちのにかなった。

38 そこでパロは家来たちに言った、「われわれは神の霊をもつこのような人を、ほかに見いだし得ようか」。

39 またパロはヨセフに言った、「がこれを皆あなたに示された。あなたのようにさとく賢い者はない。

40 あなたはわたしのを治めてください。わたしの民はみなあなたの言葉に従うでしょう。わたしはただ王の位でだけあなたにまさる」。

41 パロは更にヨセフに言った、「わたしはあなたをエジプトのつかさとする」。

42 そしてパロは指輪からはずして、ヨセフのにはめ、亜麻布の衣服を着せ、金の鎖をくびにかけ、

43 自分の第二の車に彼を乗せ、「ひざまずけ」とそのに呼ばわらせ、こうして彼をエジプトのつかさとした。

44 ついでパロはヨセフに言った、「わたしはパロである。あなたの許しがなければエジプトで、だれもを上げることはできない」。

45 パロはヨセフの名をザフナテ・パネアと呼び、オンの祭司ポテペラのアセナテをとして彼に与えた。ヨセフはエジプトを巡った。

46 ヨセフがエジプトの王パロのに立った時は三十歳であった。ヨセフはパロのを出て、エジプトをあまねく巡った。

47 さて七年の豊作のうちに地は豊かに物を産した。

48 そこでヨセフはエジプトにできたその七年間の食糧をことごとく集め、その食糧を々に納めさせた。すなわちの周囲にあるの食糧をそのに納めさせた。

49 ヨセフは穀物をのように、非常に多くたくわえ、量りきれなくなったので、ついに量ることをやめた。

50 ききんの年の来る前にヨセフにふたりのが生れた。これらはオンの祭司ポテペラのアセナテが産んだのである。

51 ヨセフは長子の名をマナセと名づけて言った、「がわたしにすべての苦難と父ののすべての事を忘れさせられた」。

52 また次の子の名をエフライムと名づけて言った、「がわたしを悩みの地で豊かせられた」。

53 エジプトにあった七年の豊作が終り、

54 ヨセフの言ったように七年のききんが始まった。そのききんはすべてのにあったが、エジプトには食物があった。

55 やがてエジプトが飢えた時、民はパロに食物を叫び求めた。そこでパロはすべてのエジプトびとに言った、「ヨセフのもとに行き、彼の言うようにせよ」。

56 ききんが地の全にあったので、ヨセフはすべての穀倉を開いて、エジプトびとに売った。ききんはますますエジプトに激しくなった。

57 ききんが全地に激しくなったので、諸の人々がエジプトのヨセフのもとに穀物を買うためにきた。

  

Exploring the Meaning of 創世記 41      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Here are some excerpts from Swedenborg's "Arcana Coelestia" that help explain the inner meaning of this chapter:

AC 5191. In the internal sense of this chapter the subject treated of is the second state of the celestial of the spiritual, which is "Joseph," in its elevation above what is of the natural or external man, and so above all the memory-knowledges therein, which are "Egypt."

AC 5192. "Pharaoh" is the natural in general, which was now at rest, and had left all things to the celestial of the spiritual which is "Joseph." The "seven years of abundance of produce in the land of Egypt" are the memory-knowledges to which good from the celestial of the spiritual can be applied; the "seven years of famine" are the following states, when there is nothing good in the memory-knowledges except what is from the Divine celestial of the spiritual which is from the Lord‘s Divine Human. These subjects are treated of in detail in what follows.

   Studovat vnitřní smysl

Exploring the Meaning of Genesis 41      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Here are some excerpts from Swedenborg's "Arcana Coelestia" that help explain the inner meaning of this chapter:

AC 5191. In the internal sense of this chapter the subject treated of is the second state of the celestial of the spiritual, which is "Joseph," in its elevation above what is of the natural or external man, and so above all the memory-knowledges therein, which are "Egypt."

AC 5192. "Pharaoh" is the natural in general, which was now at rest, and had left all things to the celestial of the spiritual which is "Joseph." The "seven years of abundance of produce in the land of Egypt" are the memory-knowledges to which good from the celestial of the spiritual can be applied; the "seven years of famine" are the following states, when there is nothing good in the memory-knowledges except what is from the Divine celestial of the spiritual which is from the Lord‘s Divine Human. These subjects are treated of in detail in what follows.

Swedenborg

Hlavní výklad ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 5191, 5192, 5193, 5194, 5195, 5196, 5209, ...

Apocalypse Explained 654

Apocalypse Revealed 503


Další odkazy Swedenborga k této kapitole:

Arcana Coelestia 1703, 2643, 3762, 5197, 5198, 5199, 5200, ...

Apocalypse Revealed 355, 360, 814

Doctrine of the Lord 48

True Christian Religion 156


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 440, 448, 548, 655

Jiný komentář
Skočit na podobné biblické verše

創世記 12:10, 39:4, 40:1, 5, 6, 8, 12, 18, 21, 22, 41:8, 24, 42:5, 6, 43:1, 45:8, 16, 46:20, 47:13, 14, 15, 19, 24, 26, 48:5, 49:22

出エジプト記 7:11

民数記 26:28, 27:18

申命記 1:13

ヨシュア記 14:4, 16:4, 17:1

サムエル記上 6:2, 16:21

サムエル記下 5:4

列王記上 3:15

列王記下 6:25, 26, 8:1, 25:29

歴代誌下 26:5

エズラ記 7:25

エステル記 3:1, 2, 10, 10:3

ヨブ記 11:16, 32:8

詩編 105:16, 19, 20, 21, 22

箴言 12:8, 14:35, 22:29

コヘレトの言葉 4:14

イザヤ書 14:24

エレミヤ書 43:13

エゼキエル書 17:10, 30:17

ダニエル書 1:4, 7, 17, 19, 2:1, 11, 25, 45, 48, 5:14, 16, 29, 6:4

ヨナ書 4:8

マタイによる福音書 24:7

ルカによる福音書 3:23

ヨハネによる福音書 2:5

使徒言行録 7:10, 11

ヨハネの黙示録 6

Významy biblických slov

立っていた
'To stand,' and 'come forth' as in Daniel 7:10, refers to truth. In Genesis 24:13, it signifies a state of conjunction of divine truth with...

雌牛
'The heifer whereby labor has not been done,' as mentioned in Deuteronomy 21:3, signifies the innocence of the external self, which is in ignorance. 'The...


'The heifer whereby labor has not been done,' as mentioned in Deuteronomy 21:3, signifies the innocence of the external self, which is in ignorance. 'The...


スウェーデンボルグによると、時間と空間は、霊的な現実には存在しません、彼らは物理的な平面上にのみ存在する純粋に自然なものです。これは、時間がないので、1つの霊的なものは、時間内の別の霊的なものの "後に "起こることができないことを意味します。そして、ある霊的なものは、空間がないので、空間の中で別の霊的なものに "後から "続くことはできません。 代わりに、スピリチュアルな現実は、スピリチュアルな状態、つまり天使の愛と思考に基づいて構造化されています。これらの愛と思考は原因と結果の連鎖の中でつながっていて、天使たちは私たちが時間を経験するのと同じように経験しています。そして天使が似たような思考や感情を持っている時、彼らは私達の物理的な親密さの経験と非常に同じである親密さを経験しています;彼らの考える「空間」とは、霊的な世界全体で霊によって保持される思考や愛情の変化です。 聖書が何かを他の何かの「後」と表現しているとき、霊的な意味は霊的な状態の進行と関係しています。そして、高い状態は低い状態に流れ込むので、「その後」に来るものは、より低い、より外的なものになる傾向があります。例えば、他人に良いことをしたいという内的な深い願望は、私たちができる具体的な良いことの具体的なアイデアに自ずと流れていきます。それらの具体的なアイデアは、善良でありたいという願望の「後」になるのです。

見た
The symbolic meaning of "seeing" is "understanding," which is obvious enough that it has become part of common language (think about it; you might see...

良い
聖書の "善 "が "善 "を表しているというのは、かなり回りくどい言い方ですが、一般的な意味ではその通りですね ケースはこうです。主は、愛そのものが知恵そのものとして形と表現を与えられたものであり、その神の愛と神の知恵は、私たちの中に、世界の中に、そして聖書の中に、果てしなく多様な流れとして流れ込んできます。神の愛は、私たちの愛、愛情、善への願望、そして私たちが感じることのできる喜びを生み、神の知恵は、事実、知識、知性、理解、人間の知恵を生みます。そして、この2つの側面を調和させることができればできるほど、私たちはより高くなることができます。もちろん、目を背ければ背けるほど、真実は偽りとなり、愛は自己愛となります。このように、善良でありたいという願望と真実の理解との間のダンスは、人間の生活の原動力であり、聖書のほとんどすべてが精神的なレベルで関係しているのです。 聖書で何かが「良い」と呼ばれるとき、それは一般的に、どのような精神状態においても可能な限り最高で純粋な愛の形を表しています。これは、単に「良い」と要約されることもあれば、「慈愛」と要約されることもあります。慈愛とは、隣人に対する思いやりや愛の状態のことです。


A dream, as in Genesis 20:3,signifies being somewhat obscure.


Morning comes with the rising of the sun, and the sun – which gives life to the earth with its warmth and light – represents...

エジプト
聖書の中でエジプトとは、知識と知識の愛を意味します。良い意味では、聖書を通して主からの真理の知識を意味していますが、自然な意味では、単に地上の知識を蓄えて所有することを意味しています。そして、聖書からの知識であっても、必ずしも良いものとは限りません。しかし、それらは、物事を知るためだけに、あるいは学ばれているという評判を得るためだけに学ばれている場合です。 だから、エジプトはあなたが物事を学ぶために行く場所ですが、天になるためには、不毛な「知ること」から抜け出して、内的な善への欲求で満たされているカナンの地へと旅をしなければなりません。 エジプトがヨセフに支配されていたとき、そこはヨセフの父や兄弟たちの避難所だったというのは興味深いことです。このことは、人の内なる心が学問の地で支配されると、役に立つことを多く学ぶことができることを示しています。しかし、やがてヨセフを知らないファラオが現れ、イスラエルの子らは奴隷にされてしまいました。ファラオは外面的な心を表しています。それが担当しているときには、知っていることの興奮と自己満足は、内面的な心を奴隷のように減少させることができます。心は-イスラエルの子供たちのように-レンガ、または外部の外観から人造の偽りを作って終わる。


A "house" is essentially a container - for a person, for a family, for several families or even for a large group with shared interests...


The sun in the Bible represents the Lord, with its heat representing His love and its light representing His wisdom. “Daytime,” then, represents a state...

若い
"Youths" or "Young men" generally represent intelligence or the understanding of truth. This is fitting, since adolescent boys tend to be more advanced intellectually than...

夢を見た
A dream, as in Genesis 20:3,signifies being somewhat obscure.

聞く
'To hearken to father and mother,' as mentioned in Genesis 28:7, signifies obedience from affection. 'To hearken,' as mentioned in Genesis 30:22, signifies providence. See...


主は、聖書の中で、愛そのものであるご自身の本質に言及しているときには「エホバ」と呼ばれます。その愛の表現を指している場合は「神」と呼ばれ、それを「神の真理」と呼んでいます。 他の神々への言及は、肯定的なものも否定的なものも、その意味を反映しています。肯定的な場合、例えば、天使や人々が神々と呼ばれたり、主が神々の神と呼ばれたりするとき、それらの神々は主から私たちに与えられた真の考えを表しています。否定的な場合、例えば、イスラエルの人々が隣人の神々を繰り返し採用するような場合、それらの神々は、善良で真実なものを攻撃する、誤った、ねじ曲がった考えを表しています。


Generally in the Bible a "country" means a political subdivision ruled by a king, or sometimes a tribe with a territory ruled by a king...

来る
As with common verbs in general, the meaning of “come” in the Bible is highly dependent on context – its meaning is determined largely by...


Scientists believe that one of the most crucial developments in the evolution of humans was bipedalism – walking on two legs. That left our hands...


Cities of the mountain and cities of the plain (Jeremiah 33:13) signify doctrines of charity and faith.


何かを理解するときに「見える」と言うのはよくあることです。そして、聖書の中の「見る」というのは、確かに霊的なものを把握し、理解することを表しています。ですから、私たちを見ることができる目は、霊的なものを理解することができる知性を表しているのです。 もちろん、これは否定的な意味でも使われます。聖書は人々が目を持っていて見ることを拒否していることを語っており、主がこの世におられた時には、不快な目を摘み取るように助言されました。これは、真実を認めることを拒否したり、偽りに惑わされたりすることを表しています。

神の
主は、聖書の中で、愛そのものであるご自身の本質に言及しているときには「エホバ」と呼ばれます。その愛の表現を指している場合は「神」と呼ばれ、それを「神の真理」と呼んでいます。 他の神々への言及は、肯定的なものも否定的なものも、その意味を反映しています。肯定的な場合、例えば、天使や人々が神々と呼ばれたり、主が神々の神と呼ばれたりするとき、それらの神々は主から私たちに与えられた真の考えを表しています。否定的な場合、例えば、イスラエルの人々が隣人の神々を繰り返し採用するような場合、それらの神々は、善良で真実なものを攻撃する、誤った、ねじ曲がった考えを表しています。

指輪
'Rings' signify the conjunction of good and truth. In Exodus 25:12, 'rings' particularly signify divine truth with divine good.

衣服
It is said, in Deuteronomy 22:11, "Thou shalt not wear a garment of diverse sorts; as of woolen and linen together…”. This means that the...


It is said, in Deuteronomy 22:11, "Thou shalt not wear a garment of diverse sorts; as of woolen and linen together…”. This means that the...


ほとんどの場合、"before "の意味は簡単です。相対的な時間を評価する方法としても、"誰かの前で "という意味でも、"before "は使われます。しかし,主に関連して使われる場合には,より深い意味を持ちます。主の前に」いるということは、主の前にいるだけでなく、主から善の欲求と真理の理解を受けて、それに従って生きることを意味します。そして、主に関連して時間の評価として使われる場合、「前に」とは「永遠に」という意味であり、私たちが経験する時間ではなく、霊的な状態を指します。


私たちの足は、私たちの体の中で最も低い部分であり、非常に有用なものです聖書では、足は私たちの霊的自己の最も低い部分であり、最も実用的な部分である「自然」のレベルを表しています。人生のこの日常的な側面は、日常的なタスクや要求、そしてそれらに関連した思考に関わっています。それはひどく深いものでも内省的なものでもありませんが、それは有用です - ちょうど足のように。 この対応関係は、主と教会共同体にも当てはまります。主の神聖な自然は、比較的単純な従順を通して私たちを導いてくれます(十戒と二大戒を考えてみてください)。教会もまた、単純ですが具体的な方法で共同体に奉仕する自然なレベルを持っています。


"Behold I have two daughters,” etc. (Gen. 19:8), signifies the affections of good and truth, and the blessedness perceivable from the enjoyment thereof, by those...


The Hebrew of the Old Testament has six different common words which are generally translated as "wife," which largely overlap but have different nuances. Swedenborg...

三十
'Thirty' has a twofold significance because it is is the product of five and six, and also three and ten. From five multiplied by six,...


聖書の中の「畑」とは、通常、主の教会、より具体的には教会の中での善への願望を表しています。それは、良いことが始まり、根付き、成長する場所です。 良い人になりたい」「良いことをしたい」という願望を持つと、自然と最初の質問は「それはどういうことか」「どうすればいいのか」「何ができるのか」ということになります。アイデア、コンセプト、方向性を探します。やりたいことや自分の中での変化がわかったら、具体的な知識を求めます。例えば、フードパントリーでボランティアをしたいと思ったら、誰に電話をすればいいのか、いつ助けが必要なのか、どこに行けばいいのか、何を持っていけばいいのかを知っておく必要があるでしょう。そのノウハウで武装したあなたは、仕事に取り掛かる準備ができています。 そのプロセスは、食品の生産に例えることができます。まずは畑から始めます。そして、種を蒔きます - それらのアイデアや概念です。それらの種は植物に芽を出します - タスクに必要な具体的な事実や知識です(フードパントリーの例で簡単に見られますが、「同僚にもっと寛容であること」や「祈りの時間をもっと取ること」、「より愛に満ちた配偶者であることを意識すること」のような、より深いタスクにも当てはまります)。最後に、これらの植物は食べ物を生産します - あなたが行って行う実際の良いこと。 また、『聖典』には、多くの場合、「フィールド」は教会の教義、または教えを表していると書かれています。これは明らかに違うように聞こえます。善への欲求とは感情的なものであり、欲望であり、教義とは考えの集合体です。しかし、教会が真実であるためには、その教義は善への欲求を中心に据え、人々を善を行うように導かなければなりません。ですから、健全な教義は実は善への欲求と密接に結びついているのです。


'Middle' denotes what is primary, principal, or inmost.


Water generally represents what Swedenborg calls “natural truth,” or true concepts about day-to-day matters and physical things. Since all water ultimately flows into the seas,...


'Sand,' as in Matthew 7:27, signifies faith separate from charity.


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....

マナセ
'Manasseh' signifies the will of the spiritual church.

エフライム
エフライムはエジプトでヨセフに生まれた次男で、兄のマナセとともに、ヤコブによってヨセフの兄弟と同じ地位に昇格しました。このように,イスラエルの部族の名前が挙げられるとき,エフライムとマナセは彼らの叔父であるルベン,シメオン,レビ,ユダ,ダン,ナフタリ,ガド,アッシャー,イッサカル,ゼブルン,ベニヤミンとともに家長として名前が挙げられますが,ヨセフはそうではありません。 スウェーデンボルグによると、エフライムは教会の知的な側面、つまり何が真実であるか、特に聖書から導き出される真実の考えを探求し、理解する部分を表しています。一方、マナセは、教会の愛情的な側面、つまり、感じ、愛し、思いやる部分を表しています。 これは、エフライムの生涯の中で最もよく知られている物語の中で演じられています。ヤコブが年老いて死が近づいていたとき,ヨセフは祝福を受けるために二人の息子を連れてきました。彼は長男としてマナセをヤコブの右手に、エフライムをヤコブの左手に差し出しました。しかし、ヤコブは手を組んでエフライムに第一の祝福を与えました。 スウェーデンボルグによれば、マナセは長男であるとしています。なぜならば、最終的には、私たちが愛するものが私たちを作り、私たちの人生を形成するからです。愛が私たちの人生を形成しているのです。つまり、私たちの愛は、人間の存在の中で最も中心的で主要な側面であり、知性は二の次の役割を果たしているのです。しかし、私たちが発展するにつれて、私たちはそれらを逆にする必要があります。私たちは、私たちの欲望が利己的なもののためであっても、何が良くて正しいかを理解し、それを実行するために自分自身を強制するために私たちの知性を使用することができます。私たちが主に従い、良い人になろうと決意してそれに固執するならば、やがて主は私たちの心の中から利己的なものを取り除いて下さり、良いものを本当に愛することができるようになります。ヤコブがマナセの上にエフライムを祝福することによって、主は霊的な旅を追求するためには知性を第一にしなければならないと教えておられます。


‘To grow’ signifies to be perfected.

食物
自然の食べ物が自然の体を養うように、スピリチュアルな食べ物はスピリチュアルな体を養います。そして、私たちの霊的な体は、私たちが愛するものの表現であるので、霊的な食べ物は、私たちの愛の状態を養うものです。それは善への欲求であり、善であることの喜びであり、善であることが何であるかの理解であり、すべての真実の知識であり、善であることにつながるものなのです。ですから、聖書の中で食べ物が語られているとき、それが意味するものであり、食べ物が取ることのできる非常に多様な形は、私たちが人生の中で求めることのできる非常に多様な善と、それにつながる非常に多様な思考を表しているのです。

言う
As with many common verbs, the meaning of “to say” in the Bible is highly dependent on context. Who is speaking? Who is hearing? What...


"目は魂の窓である"濁った古代のどこかにルーツを持つ感情だが詩的でありながら明らかに真実であるために絶望的に陳腐なものになってしまった誰かの目を見ることができれば、その人の内面を本当に知ることができると私たちは感じています。 そして、それは目だけではなく、実際には顔全体がそれを伝えています。スエーデンボーグが言うように、顔は「人間の精神的な世界を自然界で表現したもの」である(『天国と地獄』第91号)。心理学者やポーカープレイヤー、犯罪捜査官などが顔を研究するのに多くの時間を費やしている理由は、顔が私たちの内面の思考や感情を無数の方法で明らかにしているからである。 ですから、聖書に登場する人々の顔が、その人の内面、つまり、その人が最も深く抱いている思い、愛、願望を表していることは、理にかなっています。礼拝でお辞儀をするときには謙遜さを示すために顔を地面に向け、インスピレーションを求めるときには山に向け、誘惑と戦う準備ができているときには敵に向けます。物事が困難な時には,「事実を直視する」か,あるいは内的に受け入れる必要があります。 主の顔が話題になると、完全な愛と完全なあわれみである主の内面を表します。人々が主から背を向けて主の愛を拒むとき、それは主が "顔を隠す "と表現されています。

売った
'To sell,' as in Genesis 41:56, means transferring to another as their own, because what is sold becomes the property of the one who buys...

Videa od Swedenborg Foundation

Zde uvedená videa jsou poskytnuta se svolením našich přátel ze Swedenborg Foundation. Více se o nich dozvíte zde: swedenborg.com.


What the Bible Is - Swedenborg and Life

Is the Bible just an outdated book of confusing and contradictory moral lessons? Here’s one spiritual explorer’s philosophy on the hidden meaning of the Word.

Zdroje pro rodiče a učitele

Zde uvedené položky jsou poskytnuty se svolením našich přátel z General Church of the New Jerusalem. Můžete prohledávat/procházet celou knihovnu kliknutím na odkaz this link.


 Correspondences of Gold
Illustrations of three stories in the Word that mention gold. (Quotations are the King James translation.)
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Dream Charades from the Joseph Story
This activity reviews the six dreams in the Joseph series, dreamed by Joseph, the butler, the baker, and Pharaoh.
Activity | Ages 11 - 16

 Family Worship: The Joseph Story
Religion Lesson | All Ages

 Joseph Helps Pharaoh and Egypt
This lesson discusses a story from the Word and suggests projects and activities for young children.
Sunday School Lesson | Ages 4 - 6

 Joseph in Egypt
Lesson outline provides teaching ideas with questions for discussion, projects, and activities.
Sunday School Lesson | Ages 7 - 10

 Joseph Interprets Dreams
Joseph interprets dreams for the butler, the baker and Pharaoh.
Worship Talk | Ages 7 - 14

 Joseph Interprets Pharaoh's Dreams
A picture of Joseph speaking to Pharaoh and interpreting his dreams.
Coloring Page | All Ages

 Joseph, Ruler of Egypt
Sunday School Lesson | Ages 9 - 12

 Joseph: Ruler of Egypt
A New Church Bible story explanation for teaching Sunday school. Includes lesson materials for Primary (3-8 years), Junior (9-11 years), Intermediate (12-14 years), Senior (15-17 years) and Adults.
Teaching Support | Ages over 3

 Joseph Rules Egypt - Level A
Complete lesson with activity choices: make a royal Egyptian necklace for Joseph, create folding dream pockets to show what happened in Pharaoh's dreams, scripted story discussion, coloring picture, and a memory verse.
Sunday School Lesson | Ages 4 - 6

 Joseph Rules Egypt - Level B
Complete lesson with activity choices: make a crown of life for Joseph from stars, create a group mural of joseph explaining pharaoh's dreams, scripted story discussion, coloring picture, and a memory verse.
Sunday School Lesson | Ages 7 - 10

 Joseph Rules Egypt - Level C
Complete lesson with activity choices: watch a video and discuss natural and spiritual hunger, review all the dreams in the story of Joseph's life using charades, read and reflect on a door handle sign about storing up your good experiences for spiritual famine times, and a scripted story discussion.
Sunday School Lesson | Ages 11 - 14

 Joseph Rules Egypt - Level D
Complete lesson with activity choices: watch a video and discuss natural and spiritual hunger, draw cartoons or diagrams showing how true ideas give us strength, read and reflect on a door handle sign about storing up your good experiences for spiritual famine times, and a scripted story discussion.
Sunday School Lesson | Ages 15 - 17

 Joseph Rules Egypt Reflection Doorhanger
Reflect on how you can store up good things in your life for times of spiritual famine.
Activity | Ages 11 - 18

 Mural of Pharaoh's Dreams
Make a mural about the two different dreams that Joseph interpreted for Pharaoh.
Project | Ages 4 - 10

 Overview of Joseph a Man of Integrity Levels A B C D for Ages 3-18
Overview of the Youth Journey Program "Joseph: a man of integrity", Levels A, B, C, and D for ages 3-18.
Sunday School Lesson | Ages 3 - 18

 Sacks of Grain from Egypt
This project involves either letting the children make small sacks out of felt or making the sacks ahead of time and then using them to dramatize the story.
Project | Ages 4 - 10

 Seven Years of Plenty and Famine
Project | Ages 4 - 10

 The Number Seven in the Word Crossword Puzzle
Discover stories that include the number seven in the Word.
Activity | Ages 9 - 13


Přeložit: