創世記 29

Study

           

1 ヤコブはその旅を続けて東の民の地へ行った。

2 見ると野に一つの井戸があって、そのかたわらにつの群れが伏していた。人々はその井戸から群れを飲ませるのであったが、井戸には大きながあった。

3 群れが皆そこに集まると、人々は井戸からをころがしてを飲ませ、そのをまた井戸の元のところに返しておくのである。

4 ヤコブは人々に言った、「兄弟たちよ、あなたがたはどこからこられたのですか」。彼らは言った、「わたしたちはハランからです」。

5 ヤコブは彼らに言った、「あなたがたはナホルのラバンを知っていますか」。彼らは言った、「知っています」。

6 ヤコブはまた彼らに言った、「彼は無事ですか」。彼らは言った、「無事です。御覧なさい。彼のラケルはいまと一緒にここへきます」。

7 ヤコブは言った、「はまだ高いし、家畜を集める時でもない。あなたがたはを飲ませてから、また行って飼いなさい」。

8 彼らは言った、「わたしたちはそれはできないのです。群れがみな集まった上で、井戸からをころがし、それからを飲ませるのです」。

9 ヤコブがなお彼らと語っている時に、ラケルは父のと一緒にきた。彼女はを飼っていたからである。

10 ヤコブはラバンのラケルとラバンのとを見た。そしてヤコブは進み寄って井戸からをころがし、ラバンのを飲ませた。

11 ヤコブはラケルに口づけし、声をあげて泣いた。

12 ヤコブはラケルに、自分がラケルの父のおいであり、リベカのであることを告げたので、彼女は走って行って父に話した。

13 ラバンは妹のヤコブがきたという知らせを聞くとすぐ、走って行ってヤコブを迎え、これを抱いて口づけし、に連れてきた。そこでヤコブはすべての事をラバンに話した。

14 ラバンは彼に言った、「あなたはほんとうにわたしのです」。ヤコブは一か月の間彼と共にいた。

15 時にラバンはヤコブに言った、「あなたはわたしのおいだからといって、ただでわたしのために働くこともないでしょう。どんな報酬を望みますか、わたしに言ってください」。

16 さてラバンにはふたりのがあった。姉の名はレアといい、妹の名はラケルといった。

17 レアはが弱かったが、ラケルは美しくて愛らしかった。

18 ヤコブはラケルをしたので、「わたしは、あなたの妹ラケルのために七年あなたに仕えましょう」と言った。

19 ラバンは言った、「彼女を他人にやるよりもあなたにやる方がよい。わたしと一緒にいなさい」。

20 こうして、ヤコブは七年の間ラケルのために働いたが、彼女を愛したので、ただ数のように思われた。

21 ヤコブはラバンに言った、「期が満ちたから、わたしのを与えて、妻の所にはいらせてください」。

22 そこでラバンはその所の人々をみな集めて、ふるまいを設けた。

23 夕暮となったとき、レアをヤコブのもとに連れてきたので、ヤコブは彼女の所にはいった。

24 ラバンはまた自分のつかえめジルパをレアにつかえめとして与えた。

25 になって、見ると、それはレアであったので、ヤコブはラバンに言った、「あなたはどうしてこんな事をわたしにされたのですか。わたしはラケルのために働いたのではありませんか。どうしてあなたはわたしを欺いたのですか」。

26 ラバンは言った、「妹を姉より先にとつがせる事はわれわれの国ではしません。

27 まずこの娘のために一週間を過ごしなさい。そうすればあの娘もあなたにあげよう。あなたは、そのため更に七年わたしに仕えなければならない」。

28 ヤコブはそのとおりにして、その一週間が終ったので、ラバンはラケルをもとして彼に与えた。

29 ラバンはまた自分のつかえめビルハをラケルにつかえめとして与えた。

30 ヤコブはまたラケルの所にはいった。彼はレアよりもラケルをして、更に七年ラバンに仕えた。

31 はレアがきらわれるのを見て、その胎を開かれたが、ラケルは、みごもらなかった。

32 レアは、みごもってを産み、名をルベンと名づけて、言った、「がわたしの悩みを顧みられたから、今はもわたしを愛するだろう」。

33 彼女はまた、みごもってを産み、「はわたしが嫌われるのをお聞きになって、わたしにこのをも賜わった」と言って、名をシメオンと名づけた。

34 彼女はまた、みごもってを産み、「わたしは彼に人のを産んだから、こんどこそはもわたしに親しむだろう」と言って、名をレビと名づけた。

35 彼女はまた、みごもってを産み、「わたしは今、をほめたたえる」と言って名をユダと名づけた。そこで彼女の、を産むことはやんだ。

  

Exploring the Meaning of 創世記 29      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Here are some excerpts from Swedenborg's "Arcana Coelestia" that help explain the inner meaning of this chapter:

AC 3758. In the internal sense of this chapter by "Jacob" is described the Lord’s natural-how the good of truth therein was conjoined with kindred good from a Divine origin, which good is Laban;" at first through the affection of external truth, which is "Leah;" and then through the affection of internal truth, which is "Rachel."

AC 3759. Afterwards by the birth of the four sons of Jacob by Leah is described in the supreme sense the ascent from external truth to internal good; but in the representative sense the state of the church, which is such that it does not acknowledge and receive the internal truths that are in the Word, but external truths; and this being the case, it ascends to interior things according to this order, namely, that at first it has the truth which is said to be of faith; next, practice according to this truth; afterwards the consequent charity; and finally celestial love. These four degrees are signified by the four sons of Jacob borne of Leah, namely, Reuben, Simeon, Levi, and Judah.

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: