創世記 20

Studovat vnitřní smysl

           

1 アブラハムはそこからネゲブの地に移って、カデシとシュルの間に住んだ。彼がゲラルにとどまっていた時、

2 アブラハムサラのことを、「これはわたしの妹です」と言ったので、ゲラルの王アビメレクは、人をつかわしてサラを召し入れた。

3 ところがアビメレクに臨んで言われた、「あなたは召し入れたあの女のゆえに死なねばならない。彼女は夫のある身である」。

4 アビメレクはまだ彼女に近づいていなかったので言った、「主よ、あなたは正しい民でも殺されるのですか。

5 彼はわたしに、これはわたしの妹ですと言ったではありませんか。また彼女も自分で、彼はわたしのですと言いました。わたしは心も清く、手もいさぎよく、このことをしました」。

6 はまたで彼に言われた、「そうです、あなたが清い心をもってこのことをしたのを知っていたから、わたしもあなたを守って、わたしに対して罪を犯させず、彼女にふれることを許さなかったのです。

7 いま彼のを返しなさい。彼は預言者ですから、あなたのために祈って、命を保たせるでしょう。もし返さないなら、あなたも身内の者もみな必ず死ぬと知らなければなりません」。

8 そこでアビメレク早く起き、しもべたちをことごとく召し集めて、これらの事をみなり聞かせたので、人々は非常に恐れた

9 そしてアビメレクアブラハムを召して言った、「あなたはわれわれに何をするのですか。あなたに対してわたしがどんな罪を犯したために、あなたはわたしとわたしの国とに、大きな罪を負わせるのですか。あなたはしてはならぬことをわたしにしたのです」。

10 アビメレクはまたアブラハムに言った、「あなたはなんと思って、この事をしたのですか」。

11 アブラハムは言った、「この所にはを恐れるということが、まったくないので、わたしの妻のゆえに人々がわたしを殺すと思ったからです。

12 また彼女はほんとうにわたしの妹なのです。わたしの父のですが、ではありません。そして、わたしのになったのです。

13 がわたしに父のを離れて、行き巡らせた時、わたしは彼女に、あなたはわたしたちの行くさきざきでわたしをであると言ってください。これはあなたがわたしに施す恵みであると言いました」。

14 そこでアビメレク、牛および男女の奴隷を取ってアブラハムに与え、そのサラを彼に返した。

15 そしてアビメレクは言った、「わたしの地はあなたのにあります。あなたの好きな所に住みなさい」。

16 またサラに言った、「わたしはあなたのシケルを与えました。これはあなたの身に起ったすべての事について、あなたに償いをするものです。こうしてすべての人にあなたは正しいと認められます」。

17 そこでアブラハムに祈った。アビメレクとそのおよび、はしためたちをいやされたので、彼らは子を産むようになった。

18 これはがさきにアブラハムのサラのゆえに、アビメレクののすべての者の胎を、かたく閉ざされたからである。


Exploring the Meaning of 創世記 20      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Here are some excerpts from Swedenborg's "Arcana Coelestia" that help explain the inner meaning of this chapter:

AC 2496. In the twelfth chapter above, Abraham‘s sojourning in Egypt has been treated of; by which was signified the Lord’s instruction in memory-knowledges while still a boy. In this chapter the subject treated of is Abraham‘s sojourn in Gerar, where Abimelech was; by which the Lord’s instruction is in like manner signified, but in the doctrinal things of charity and faith. The subject that is especially treated of here is the doctrine of charity and faith in respect to its origin; namely, that it is spiritual from a celestial origin, but is not from the rational.

AC 2497. The Lord‘s state in which He was when He first instructed Himself in the doctrinal things of charity and faith is treated of; the state itself is signified by "Kadesh and Shur;" the doctrine of faith by "Abimelech king of Gerar" (verses 1, 2). That He at first thought in regard to the rational that it should be consulted (verse 2). That still it was not consulted (verses 3, 4, 8, 9). The reasons why He so thought (verses 5, 6, 10-13). That the doctrine of charity and faith is spiritual from a celestial origin (verse 7). That He was so instructed; and that then all things rational, as well as all memory-knowledges, were of service to Him, being like a covering or garment (verses 14-16). And in this way the doctrine was perfect (verse 17). That it would have been otherwise if the doctrine had come from the rational (verse 18).

   Studovat vnitřní smysl

Přeložit: