創世記 15

Studovat vnitřní smysl

           

1 これらの事の主の言葉が幻のうちにアブラムに臨んだ、「アブラム恐れてはならない、わたしはあなたのである。あなたの受ける報いは、はなはだ大きいであろう」。

2 アブラムは言った、「なる神よ、わたしにはがなく、わたしのを継ぐ者はダマスコのエリエゼルであるのに、あなたはわたしに何をくださろうとするのですか」。

3 アブラムはまた言った、「あなたはわたしにを賜わらないので、わたしのに生れたしもべが、あとつぎとなるでしょう」。

4 この時、主の言葉が彼に臨んだ、「この者はあなたのあとつぎとなるべきではありません。あなたの身から出る者があとつぎとなるべきです」。

5 そしては彼を外に連れ出して言われた、「天を仰いで、えることができるなら、えてみなさい」。また彼に言われた、「あなたの子孫はあのようになるでしょう」。

6 アブラムはを信じた。はこれを彼の義と認められた。

7 または彼に言われた、「わたしはこの地をあなたに与えて、これを継がせようと、あなたをカルデヤのウルから導き出したです」。

8 彼は言った、「なる神よ、わたしがこれを継ぐのをどうして知ることができますか」。

9 主は彼に言われた、「歳の雌牛と、歳の雌やぎと、歳の雄と、山ばとと、家ばとのひなとをわたしの所に連れてきなさい」。

10 彼はこれらをみな連れてきて、二つに裂き、裂いたものを互に向かい合わせて置いた。ただし、は裂かなかった。  

11 荒い鳥が死体の上に降りるとき、アブラムはこれを追い払った。

12 日の入るころ、アブラムが深い眠りにおそわれた時、大きな恐ろしい暗やみが彼に臨んだ。

13 時に主はアブラムに言われた、「あなたはよく心にとめておきなさい。あなたの子孫は他のに旅びととなって、その人々に仕え、その人々は彼らを年の間、悩ますでしょう。

14 しかし、わたしは彼らが仕えたその民をさばきます。そのかれらは多くの財産を携えて出て来るでしょう。

15 あなたは安らかに先祖のもとに行きます。そして高齢に達して葬られるでしょう。

16 代目になって彼らはここに帰って来るでしょう。アモリびとの悪がまだ満ちないからです」。

17 やがて日は入り、暗やみになった時、の立つかまど、炎の出るたいまつが、裂いたものの間を通り過ぎた。

18 そのアブラムと契約を結んで言われた、「わたしはこの地をあなたの子孫に与えるエジプトから、かの大ユフラテまで。

19 すなわちケニびと、ケニジびと、カドモニびと、

20 ヘテびと、ペリジびと、レパイムびと、

21 アモリびと、カナンびと、ギルガシびと、エブスびとの地を与える」。

  

Exploring the Meaning of 創世記 15      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Here are some excerpts from Swedenborg's "Arcana Coelestia" that help explain the inner meaning of this chapter:

AC 1778. Here in the internal sense are continued the things concerning the Lord after He had endured in childhood the most severe combats of temptations, which were directed against the love which He cherished toward the whole human race, and in particular toward the church; and therefore being anxious concerning their future state a promise was made Him but it was shown at the same time what the state of the church would become toward its end when it would begin to expire; but that still a new church should revive, which would take the place of the former, and the heavenly kingdom would be immensely increased.

AC 1779. The Lord‘s consolation after the combats of temptations described (verse 1).

AC 1780. The Lord’s complaint respecting the church, that it was in externals only (verses 2, 3). A promise concerning an internal church (verse 4). Concerning its multiplication (verse 5). That the Lord is righteousness (verse 6). And unto Him alone belongs the kingdom in the heavens and on earth (verse 7).

AC 1781. And as He desired to be assured that the human race would be saved (verse 8), it was shown Him how the case is with the church, in general, specifically, and in particular (verses 9 to 17).

AC 1782. The "heifer," "she-goat," and "ram," are the representatives of the celestial things of the church; the "turtledove" and the "young pigeon" are the representatives of its spiritual things (verse 9). The church was on one side, and the Lord on the other (verse 10). The Lord would dissipate evils and falsities (verse 11). But the falsities would still infest it (verses 12, 13). From these there should be deliverance (verse 14). Thus the Lord received consolation (verse 15). But that evils would take possession (verse 16). And at last nothing hut falsities and cupidities would reign (verse 17). Then would come the Lord‘s kingdom, and a new church, the extension of which is described (verse 18). The falsities and evils to be expelled from it are the nations named (verses 19 to 21).

   Studovat vnitřní smysl

Přeložit: