エズラ記 9

Studie

              |

1 これらの事がなされた後、つかさたちは、わたしのもとに来て言った、「イスラエルの民、祭司およびレビびとは諸の民と離れないで、カナンびと、ヘテびと、ペリジびと、エブスびと、アンモンびと、モアブびと、エジプトびと、アモリびとなどの憎むべき事を行いました。

2 すなわち、彼らの娘たちをみずからめとり、またそのむすこたちにめとったので、聖なる種が諸の民とまじりました。そしてつかさたる者、長たる者が先だって、このとがを犯しました」。

3 わたしはこの事を聞いた時、着物と上着とを裂き、髪のとひげを抜き、驚きあきれてすわった。

4 イスラエルの神の言葉におののく者は皆、捕囚から帰って来た人々のとがのゆえに、わたしのもとに集まったが、わたしは夕の供え物の時まで、驚きあきれてすわった。

5 夕の供え物の時になって、わたしは断食から立ちあがり、着物と上着を裂いたまま、ひざをかがめて、わが、主にむかって手をさし伸べて、

6 言った、

7 われわれの先祖から今日まで、われわれは大いなるとがを負い、われわれの不義によって、われわれとわれわれの王たち、および祭司たちは々の王たちのにわたされ、つるぎにかけられ、捕え行かれ、かすめられ、恥をこうむりました。今日のとおりです。

8 ところがいま、われわれの、主は、しばし恵みを施して、のがれ残るべき者をわれわれのうちにおき、その聖所のうちに確かなよりどころを与え、こうしてわれわれのはわれわれのを明らかにし、われわれをその奴隷のうちにあって、少しく生き返らせられました。

9 われわれは奴隷の身でありますが、その奴隷たる時にもはわれわれを見捨てられず、かえってペルシャ王たちの目のでいつくしみを施して、われわれを生き返らせ、われわれの神の宮を建てさせ、その破壊をつくろわせ、ユダエルサレムでわれわれに保護を与えられました。

10 われわれのよ、この、何を言うことができましょう。われわれは、あなたの戒めを捨てたからです。

11 あなたはかつて、あなたのしもべである預言者たちによって命じて仰せられました、『おまえたちが行って獲ようとする地は、各地の民の汚れにより、その憎むべきわざによって汚れた地で、この果から、かの果まで、その汚れに満ちている。

12 それでおまえたちのを、彼らのむすこに与えてはならない。彼らのを、おまえたちのむすこにめとってはならない。また永久に彼らの平安をも福祉をも求めてはならない。そうすればおまえたちは強くなり、その地の良き物を食べ、これを永久におまえたちの孫に伝えて嗣業とさせることができる』と。

13 われわれの悪い行いにより、大いなるとがによって、これらすべてのことが、すでにわれわれに臨みましたが、われわれのなるあなたは、われわれの不義よりも軽い罰をくだして、このように残りの者を与えてくださったのを見ながら、

14 われわれは再びあなたの命令を破って、これらの憎むべきわざを行う民と縁を結んでよいでしょうか。あなたはわれわれを怒って、ついに滅ぼし尽し、残る者も、のがれる者もないようにされるのではないでしょうか。

15 ああ、イスラエルの、主よ、あなたは正しくいらせられます。われわれはのがれて残ること今日のとおりです。われわれは、とがをもってあなたのにあります。それゆえだれもあなたのに立つことはできません」。