エズラ記 8

Studie

              |

1 アルタシャスタ王の治世に、バビロンからわたしと一緒に上って来た者の氏族の長、およびその系譜は次のとおりである。

2 ピネハスの孫のうちではゲルショム。イタマルの孫のうちではダニエル。ダビデの孫のうちではシカニヤのハットシ。

3 パロシの孫のうちではゼカリヤおよび彼と共に系譜に載せられた男五十人。

4 パハテ・モアブの孫のうちではゼラヒヤのエリヨエナイおよび彼と共にある男二人。

5 ザッツの孫のうちではヤハジエルのシカニヤおよび彼と共にある男人。

6 アデンの孫のうちではヨナタンのエベデおよび彼と共にある男五十人。

7 エラム孫のうちではアタリヤのエサヤおよび彼と共にある男七十人。

8 シパテヤの孫のうちではミカエルのゼバデヤおよび彼と共にある男八十人。

9 ヨアブ孫のうちではエヒエルのオバデヤおよび彼と共にある男二十八人。

10 バニの孫のうちではヨシピアのシロミテおよび彼と共にある男六十人。

11 ベバイの孫のうちではベバイのゼカリヤおよび彼と共にある男二十八人。

12 アズガデの孫のうちではハッカタンのヨハナンおよび彼と共にある男人。

13 アドニカムの孫のうちでは後に来た者どもで、その名はエリペレテ、ユエル、シマヤおよび彼らと共にある男六十人。

14 ビグワイの孫のうちではウタイとザックルおよび彼らと共にある男七十人である。

15 わたしは彼らをアハワに流れるのほとりに集めて、そこにのあいだ露営した。わたしは民と祭司とを調べたが、そこにはレビの孫はひとりもいなかったので、

16 人をつかわしてエリエゼル、アリエル、シマヤ、エルナタン、ヤリブ、エルナタン、ナタン、ゼカリヤ、メシュラムという首長たる人々を招き、またヨヤリブ、およびエルナタンのような見識のある人々を招いた。

17 そしてわたしはカシピアという所の首長イドのもとに彼らをつかわし、カシピアという所にいるイドと、その兄弟である宮に仕えるしもべたちに告ぐべき言葉を、彼らに授け、われわれの神の宮のために、仕え人をわれわれに連れて来いと言った。

18 われわれのがよくわれわれを助けられたので、彼らはイスラエルの、レビの、マヘリの孫のうちの思慮深い人、すなわちセレビヤおよびそのらとその兄弟たち十八人を、われわれに連れて来、

19 またハシャビヤおよび彼と共に、メラリの孫のエサヤとその兄弟およびその二十人、

20 および宮に仕えるしもべ、すなわちダビデとそのつかさたちが、レビびとに仕えさせるために選んだ宮に仕えるしもべ二二十人を連れてきた。これらの者は皆その名を言って記録された。

21 そこでわたしは、かしこのアハワのほとりで断食を布告し、われわれの神ので身をひくくし、われわれと、われわれの幼き者と、われわれのすべての貨財のために、正しい道を示されるように求めた

22 これは、われわれがさきに王に告げて、「われわれの神のは、求めるすべての者の上にやさしく下り、その威怒りとはすべてを捨てる者の上に下る」と言ったので、わたしは道中のに対して、われわれを守るべき歩兵と騎兵とを、王に頼むことをじたからである。

23 そこでわれわれは断食して、このことをわれわれのに求めたところ、はその願いを聞きいれられた。

24 わたしはおもだった祭司二人すなわちセレビヤ、ハシャビヤおよびその兄弟人を選び、

25 および器物、すなわち王と、その議官と、その諸侯およびすべて在留のイスラエルびとが、われわれの神の宮のためにささげた奉納物を量って彼らに渡した。

26 わたしが量って彼らのに渡したものは、五十タラント、の器タラント、金タラントであった。

27 また金の大杯が二十あって、一ダリクに当る。また光り輝く青銅の器個あって、その尊いこと金のようである。

28 そしてわたしは彼らに言った、「あなたがたは主に聖別された者である。この器物も聖である。またこの金は、あなたがたの先祖、主にささげた真心よりの供え物である。

29 あなたがたはエルサレムで、主の宮のへやの中で、祭司長、レビびとおよびイスラエルの氏族のかしらたちので、これを量るまで、見張り、かつ守りなさい」。

30 そこで祭司およびレビびとたちは、その金および器物を、エルサレムにあるわれわれの神の宮に携えて行くため、その重さのものを受け取った。

31 われわれは正月の日に、アハワを出立してエルサレムに向かったが、われわれの神のは、われわれの上にあって、および道に待ち伏せする者のから、われわれを救われた。

32 われわれはエルサレムに着いて、そこにいたが、

33 目にわれわれの神の宮の内で、その金および器物を、ウリヤの祭司メレモテのに量って渡した。ピネハスのエレアザルが彼と共にいた。またエシュアのヨザバデ、およびビンヌイのノアデヤのふたりのレビびとも、彼らと共にいた。

34 すなわちそのすべての数と重さとを調べ、その重さは皆書きとめられた。

35 そのとき捕囚の人々で捕囚から帰って来た者は、イスラエルのに燔祭をささげた。すなわちイスラエル全体のために雄牛十頭、雄九十六頭、小七十七頭をささげ、また祭として雄やぎ十頭をささげた。これらはみな、主にささげた燔祭である。

36 彼らはまた王の命令書を、王の総督たち、および向こうの州の知事たちに渡したので、彼らは民と神の宮とを援助した。