エズラ記 10

Study

              |

1 エズラが神の宮のに泣き伏して祈り、かつざんげしていた時、男、女および子供の大いなる群集がイスラエルのうちから彼のもとに集まってきた。民はいたく泣き悲しんだ。

2 時にエラム孫のうちのエヒエルのシカニヤが、エズラに告げて言った、「われわれはにむかって罪を犯し、この地の民から異邦の女をめとりました。しかし、このことについてはイスラエルに、今なお望みがあります。

3 それでわれわれはわがの教と、われわれの神の命令におののく人々の教とに従って、これらのならびにその子供たちを、ことごとく追い出すという契約を、われわれのに立てましょう。そして律法に従ってこれを行いましょう。

4 立ちあがってください、この事はあなたの仕事です。われわれはあなたを助けます。心を強くしてこれを行いなさい」。

5 エズラは立って、おもだった祭司、レビびとおよびすべてのイスラエルびとに、この言葉のように行うことを誓わせたので、彼らは誓った

6 エズラは神の宮のから出て、エリアシブのヨハナンのへやにはいったが、そこへ行っても彼はパンも食べず、も飲まずに夜を過ごした。これは彼が、捕囚から帰った人々のとがを嘆いたからである。

7 そしてユダおよびエルサレムにあまねく布告を出し、捕囚から帰ったすべての者に告げて、エルサレム集まるべき事と、

8 つかさおよび長老たちのさとしに従って、のうちにこない者はだれでもその財産はことごとく没収され、その人自身は捕われ人の会から破門されると言った。

9 そこでユダとベニヤミンの人々は皆のうちにエルサレムに集まった。これは九月の二十であった。すべての民は神の宮の前の広場に座して、このことのため、また大雨のために震えおののいていた。

10 時に祭司エズラは立って彼らに言った、「あなたがたは罪を犯し、異邦の女をめとって、イスラエルのとがを増した。

11 それで今、あなたがたの先祖、主にざんげして、そのみ旨を行いなさい。あなたがたはこの地の民および異邦の女と離れなさい」。

12 すると会衆は皆大声をあげて答えた、「あなたの言われたとおり、われわれは必ず行います。

13 しかし民は多く、また大雨の季節ですから、外に立っていることはできません。またこれは一日やふつかの仕事ではありません。われわれはこの事について大いに罪を犯したからです。

14 それでどうぞ、われわれのつかさたちは全会衆のために立ってください。われわれのの内に、もし異邦の女をめとった者があるならば、みな定めの時にこさせなさい。またおのおのの長老および裁判人も、それと一緒にこさせなさい。そうすればこの事によるわれわれの神の激しい怒りは、ついにわれわれを離れるでしょう」。

15 ところがアサヘルのヨナタンおよびテクワのヤハジアはこれに反対した。そしてメシュラムおよびレビびとシャベタイは彼らを支持した。

16 そこで捕囚から帰って来た人々はこのように行った。すなわち祭司エズラは、氏族の長たちをその氏族にしたがい、おのおのその名をさして選んだ。彼らは十月の一日から座してこの事を調べ、

17 月の一日になって、異邦の女をめとった人々をことごとく調べ終った。

18 祭司の孫のうちで異邦の女をめとった事のあらわれた者は、ヨザダクのエシュアのら、およびその兄弟たちのうちではマアセヤ、エリエゼル、ヤリブ、ゲダリヤであった。

19 彼らはそのを離縁しようという誓いをなし、すでに罪を犯したというので、そのとがのために雄一頭をささげた。

20 インメルのらのうちではハナニおよびゼバデヤ。

21 ハリムのらのうちではマアセヤ、エリヤ、シマヤ、エヒエル、ウジヤ。

22 パシュルのらのうちではエリオエナイ、マアセヤ、イシマエル、ネタンエル、ヨザバデ、エラサ。

23 レビびとのうちではヨザバテ、シメイ、ケラヤ(すなわちケリタ)、ペタヒヤ、ユダエリエゼル

24 歌うたう者のうちではエリアシブ。門衛のうちではシャルム、テレム、ウリ。

25 イスラエルのうち、パロシのらのうちではラミヤ、エジア、マルキヤ、ミヤミン、エレアザル、ハシャビヤ、ベナヤ。

26 エラムらのうちではマッタニヤ、ゼカリヤ、エヒエル、アブデ、エレモテ、エリヤ

27 ザットのらのうちではエリオエナイ、エリアシブ、マッタニヤ、エレモテ、ザバデ、アジザ。

28 ベバイのらのうちではヨハナン、ハナニヤ、ザバイ、アテライ。

29 バニのらのうちではメシュラム、マルク、アダヤ、ヤシュブ、シヤル、エレモテ。

30 パハテ・モアブのらのうちではアデナ、ケラル、ベナヤ、マアセヤ、マッタニヤ、ベザレル、ビンヌイ、マナセ

31 ハリムのらのうちではエリエゼル、イシヤ、マルキヤ、シマヤ、シメオン

32 ベニヤミン、マルク、シマリヤ。

33 ハシュムのらのうちではマッテナイ、マッタタ、ザバデ、エリパレテ、エレマイ、マナセ、シメイ。

34 バニのらのうちではマアダイ、アムラム、ウエル、

35 ベナヤ、ベデヤ、ケルヒ、

36 ワニア、メレモテ、エリアシブ、

37 マッタニヤ、マッテナイ、ヤアス。

38 ビンヌイの子らのうちではシメイ、

39 シレミヤ、ナタン、アダヤ、

40 マクナデバイ、シャシャイ、シャライ、

41 アザリエル、シレミヤ、シマリヤ、

42 シャルム、アマリヤ、ヨセフ。

43 ネボのらではエイエル、マッタテヤ、ザバデ、ゼビナ、ヤッダイ、ヨエル、ベナヤ。

44 これらの者は皆異邦の女をめとった者である。彼らはその女たちをその供と共に離縁した。