出エジプト記 5

Study

           

1 そのモーセとアロンは行ってパロに言った、「イスラエルのはこう言われる、『わたしの民を去らせ、荒野で、わたしのために祭をさせなさい』と」。

2 パロは言った、「とはいったい何者か。わたしがその声に聞き従ってイスラエルを去らせなければならないのか。わたしはを知らない。またイスラエルを去らせはしない」。

3 彼らは言った、「ヘブルびとのがわたしたちに現れました。どうか、わたしたちをの道のりほど荒野に行かせ、わたしたちのに犠牲をささげさせてください。そうしなければ疫病か、つるぎをもって、わたしたちを悩まされるからです」。

4 エジプトの王は彼らに言った、「モーセとアロンよ、あなたがたは、なぜ民に働きをやめさせようとするのか。自分の労役につくがよい」。

5 パロはまた言った、「見よ、今や土民の数は多い。しかも、あなたがたは彼らに労役を休ませようとするのか」。

6 その、パロは民を追い使う者と、民のかしらたちに命じて言った、

7 「あなたがたは、れんがを作るためのわらを、もはや、今までのように、この民に与えてはならない。彼らに自分で行って、わらを集めさせなさい。

8 また前に作っていた、れんがの数どおりに彼らに作らせ、それを減らしてはならない。彼らはなまけ者だ。それだから、彼らは叫んで、『行ってわたしたちのに犠牲をささげさせよ』と言うのだ。

9 この人々の労役を重くして、働かせ、偽りの言葉に心を寄せさせぬようにしなさい」。

10 そこで民を追い使う者たちと、民のかしらたちは出て行って、民に言った、「パロはこう仰せられる、『あなたがたに、わらは与えない。

11 自分で行って、見つかる所から、わらを取って来るがよい。しかし働きは少しも減らしてはならない』と」。

12 そこで民はエジプトの全地に散って、わらのかわりに、刈り株を集めた。

13 追い使う者たちは、彼らをせき立てて言った、「わらがあった時と同じように、あなたがたの働きの、ごとの分を仕上げなければならない」。

14 パロの追い使う者たちがイスラエルの人々の上に立てたかしらたちは、打たれて、「なぜ、あなたがたは、れんが作りの仕事を、きょうも、前のように仕上げないのか」と言われた。

15 そこで、イスラエルの人々のかしらたちはパロのところに行き、叫んで言った、「あなたはなぜ、しもべどもにこんなことをなさるのですか。

16 しもべどもは、わらを与えられず、しかも彼らはわたしたちに、『れんがは作れ』と言うのです。その上、しもべどもは打たれています。罪はあなたの民にあるのです」。

17 パロは言った、「あなたがたは、なまけ者だ、なまけ者だ。それだから、『行って、に犠牲をささげさせよ』と言うのだ。

18 さあ、行って働きなさい。わらは与えないが、なおあなたがたは定めた数のれんがを納めなければならない」。

19 イスラエルの人々のかしらたちは、「れんがのごとの分を減らしてはならない」と言われたので、悪い事態になったことを知った。

20 彼らがパロを離れて出てきた時、彼らに会おうとして立っていたモーセとアロンに会ったので、

21 彼らに言った、「があなたがたをごらんになって、さばかれますように。あなたがたは、わたしたちをパロとその家来たちにきらわせ、つるぎを彼らのに渡して、殺させようとしておられるのです」。

22 モーセ主のもとに帰って言った、「よ、あなたは、なぜこの民をひどい目にあわされるのですか。なんのためにわたしをつかわされたのですか。

23 わたしがパロのもとに行って、あなたの名によって語ってからこのかた、彼はこの民をひどい目にあわせるばかりです。また、あなたは、すこしもあなたの民を救おうとなさいません」。

  

Exploring the Meaning of 出エジプト記 5      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Arcana Coelestia 7087. In this chapter in the internal sense the subject of the infestation by falsities of those who are of the spiritual church is continued. First those who were infesting are treated of--that they paid no attention whatever to the Divine exhortation; and next that afterward they infested still more, by injecting fallacies and fictitious falsities, which those who belonged to the spiritual church could not shake off; and as in this condition they could not remove from themselves those who were infesting, they lamented before the Divine.

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: