出エジプト記 4

Studovat vnitřní smysl

口語訳聖書         

← 出エジプト記 3   出エジプト記 5 →

1 モーセは言った、「しかし、彼らはわたしを信ぜず、またわたしの声に聞き従わないで言うでしょう、『はあなたに現れなかった』と」。

2 は彼に言われた、「あなたのにあるそれは何か」。彼は言った、「つえです」。

3 また言われた、「それを地に投げなさい」。彼がそれを地に投げると、へびになったので、モーセはそのから身を避けた。

4 モーセに言われた、「あなたのを伸ばして、そのを取りなさい。――そこでを伸ばしてそれを取ると、のなかでつえとなった。――

5 これは、彼らの先祖たちのアブラハムの、イサクの、ヤコブのであるが、あなたに現れたのを、彼らに信じさせるためである」。

6 はまた彼に言われた、「あなたのをふところに入れなさい」。彼がをふところに入れ、それを出すと、は、らい病にかかって、雪のように白くなっていた。

7 主は言われた、「をふところにもどしなさい」。彼はをふところにもどし、それをふところから出して見ると、回復して、もとののようになっていた。

8 主は言われた、「彼らがもしあなたを信ぜず、また初めのしるしを認めないならば、後のしるしは信じるであろう。

9 彼らがもしこのつのしるしをも信ぜず、あなたの声に聞き従わないならば、あなたはナイル川のを取って、かわいた地に注ぎなさい。あなたがナイル川から取ったは、かわいた地でとなるであろう」。

10 モーセに言った、「ああよ、わたしは以前にも、またあなたが、しもべにられてから後も、言葉の人ではありません。わたしはも重く、も重いのです」。

11 は彼に言われた、「だれが人にを授けたのか。おし、耳しい、目あき、目しいにだれがするのか。なるわたしではないか。

12 それゆえ行きなさい。わたしはあなたのと共にあって、あなたの言うべきことを教えるであろう」。

13 モーセは言った、「ああ、主よ、どうか、ほかの適当な人をおつかわしください」。

14 そこで、モーセにむかって怒りを発して言われた、「あなたの兄弟レビびとアロンがいるではないか。わたしは彼が言葉にすぐれているのを知っている。見よ、彼はあなたに会おうとして出てきている。彼はあなたを見て喜ぶであろう。

15 あなたは彼にって言葉をそのに授けなさい。わたしはあなたのと共にあり、彼のと共にあって、あなたがたのなすべきことを教え、

16 彼はあなたに代って民に語るであろう。彼はあなたのとなり、あなたは彼のために、に代るであろう。

17 あなたはそのつえをに執り、それをもって、しるしを行いなさい」。

18 モーセは妻の父エテロのところに帰って彼に言った、「どうかわたしを、エジプトにいる身うちの者のところに帰らせ、彼らがまだ生きながらえているか、どうかを見させてください」。エテロはモーセに言った、「安んじて行きなさい」。

19 はミデヤンでモーセに言われた、「エジプトに帰って行きなさい。あなたの命を求めた人々はみな死んだ」。

20 そこでモーセ供たちをとり、ろばに乗せて、エジプトの地に帰った。モーセ神のつえを執った。

21 モーセに言われた、「あなたがエジプトに帰ったとき、わたしがあなたのに授けた不思議を、みなパロので行いなさい。しかし、わたしが彼のをかたくなにするので、彼は民を去らせないであろう。

22 あなたはパロに言いなさい、『はこう仰せられる。イスラエルはわたしの、わたしの長である。

23 わたしはあなたに言う。わたしのを去らせて、わたしに仕えさせなさい。もし彼を去らせるのを拒むならば、わたしはあなたの、あなたの長殺すであろう』と」。

24 さてモーセが途中で宿っている時、は彼に会って彼を殺そうとされた。

25 その時チッポラは火打ち石の小刀を取って、その男のの前の皮を切り、それをモーセのにつけて言った、「あなたはまことに、わたしにとって花婿です」。

26 そこで、主はモーセをゆるされた。この時「花婿です」とチッポラが言ったのは割礼のゆえである。

27 はアロンに言われた、「荒野に行ってモーセに会いなさい」。彼は行って神のモーセに会い、これに口づけした。

28 モーセは自分をつかわされた主のすべての言葉と、命じられたすべてのしるしをアロンに告げた。

29 そこでモーセとアロンは行ってイスラエルの人々の長老たちをみな集めた。

30 そしてアロンはモーセられた言葉を、ことごとく告げた。また彼は民のでしるしを行ったので、

31 民は信じた。彼らはイスラエルの人々を顧み、その苦しみを見られたのを聞き、伏して礼拝した。

← 出エジプト記 3   出エジプト記 5 →
   Studovat vnitřní smysl
Swedenborg

Další odkazy Swedenborga k této kapitole:

Arcana Coelestia 2242, 3325, 4876, 4936, 6132, 6588, 7268, ...

Apocalypse Revealed 17, 438, 598


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 559, 581, 706, 714, 746, 750

Spiritual Experiences 6017

Jiný komentář

  Příběhy:



Skočit na podobné biblické verše

創世記 17:14, 24:26, 50:24

出エジプト記 2:21, 22, 25, 3:1, 5, 6, 11, 16, 18, 19, 5:1, 6:12, 7:1, 3, 9, 10, 16, 17, 19, 20, 8:11, 15, 16, 17, 9:1, 2, 12, 35, 10:3, 4, 20, 11:5, 10, 12:27, 29, 13:15, 14:4, 8, ...

民数記 12:2, 10, 23:5, 30:1

申命記 2:30, 18:18, 32:6

士師記 6:17, 18:6

ルツ記 1:6

列王記下 4:2, 5:10, 19, 27

歴代誌下 7:3, 32:8

ヨブ記 1:20

詩編 25:12, 94:9, 105:26

箴言 20:12

イザヤ書 51:16

エレミヤ書 1:6, 9, 2:14, 31:9

ホセア書 11:1

ヨナ書 1:3

マラキ書 6

マタイによる福音書 2:15, 20, 10:19

マルコによる福音書 5:34, 16:20

ルカによる福音書 7:50

ヨハネによる福音書 2:11, 4:48, 12:37

使徒言行録 16:36

ローマの信徒への手紙 9:4, 18

コリントの信徒への手紙二 12:12

Významy biblických slov


'Tail' signifies the opposite extreme of the head, because the brain is continued to the tail through the spine, This is why the head and...

先祖
Father in the Word means what is most interior, and in those things that are following the Lord's order, it means what is good. In...

アブラハム
アブラハム(またはアブラム、彼の物語の冒頭で名前が付けられている)は、神聖な聖典の物語の主要な登場人物の一人です。彼は息子イサクを通してイスラエルの子供たちの祖先であり、息子イシュマエルを通してアラブの子供たちの祖先でした。彼の人生は3つの期間に分けて見ることができます。第一の期間には、ウルで生まれてからの知られざる初期の時期と、後に父テラと共にハランに移り住んだ時期が含まれています。第二章は、アブラムがエホバからカナンに行くように召されたところから始まります。そこでの彼の冒険が含まれており、創世記17章の出来事まで続きます。主は再び彼の前に現れ、彼の子孫が偉大な国になることを約束し、割礼の儀式を行い、彼の名前をアブラハムに変え、エホバからの「あー」という音を加えます。アブラハムの人生の第三期と最後の期には、イサクの誕生、サラの死(名前も変更されています)、メソポタミアにいたアブラハムの親戚の中からイサクの妻を見つけることになります。 アブラハムは、創世記25章に記録されているように、死ぬ時には175歳になっていると言われています。 しかし、ここで私たちが興味を持っているのは、アブラハムという人が地上に住んでいた何世紀も後に、イエスがマリアのもとに生まれた後のイエスの人生の最も奥の部分を預言したり、予言したりしているので、アブラハムの深い表象です。アブラハムは神の善や愛を表しています。御言葉の内的感覚は、神ご自身がマリアの中に卵子に命を与えられたことを教えているので、マリアはユダヤ教の宗教から自然な身体と自然な遺伝を提供することができ、一方でイエスの魂は神の命の直接の所有者として保たれていました。イエスの初期の人生の間、おそらく思春期までの間、イエスはアブラハムのそれらの代表的な行動を彼の心と精神の奥底の部分で生きていました。アブラハムは羊を放牧し、大きな家を経営していましたが、これが真実であることを全く知らなかったし、イエス様の人生の初期には、イエス様もそれに気づかなかったのです。イエスが12歳の時に神殿を訪問したことを目撃して、イエスが成長するにつれて認識があったに違いありませんが、イエスが完全に成長するまでは完全に理解していませんでした。 さらに、それはアブラハムだけではありません。 アブラハムが死ぬとき、その表現は、理性的な心のレベルを表すイサクに付着し、次に、ヤコブとエサウの両方に付着し、それぞれ心の中の真実と善についての自然な心を表しています。 そして、十二部族の試練、王たちの試練、預言者たちのすべての言葉が同じ表現になります。ですから、イエスはエマオへの道で出会った二人の弟子たちに、「愚かな者たちよ、心の遅い者たちよ...モーセとすべての預言者たちから始めて、ご自身に関するすべてのことをすべての聖典で彼らに説明してくださった」と言うことができます。 さらに,わたしたち一人一人の精神生活と霊的生活の歩みは,主の律法と戒律に従って互いに愛し合おうとしているならば,アブラハムの人生に代表されるような,ぼんやりとした有限のイメージでしかありません。わたしたちの中にも,カナンの地への旅,エジプトでの勤勉な滞在,荒野での戦い,サウル,ダビデ,アハブがいます。 アマレク人とペリシテ人もいます。旧約聖書の全体は、私たちの霊的生活がどのように機能しているかを示しています。 (以下の参照は、アブラム/アブラハムが年を取るにつれて、聖書の順序で時系列になっています)...

アブラハムの
アブラハム(またはアブラム、彼の物語の冒頭で名前が付けられている)は、神聖な聖典の物語の主要な登場人物の一人です。彼は息子イサクを通してイスラエルの子供たちの祖先であり、息子イシュマエルを通してアラブの子供たちの祖先でした。彼の人生は3つの期間に分けて見ることができます。第一の期間には、ウルで生まれてからの知られざる初期の時期と、後に父テラと共にハランに移り住んだ時期が含まれています。第二章は、アブラムがエホバからカナンに行くように召されたところから始まります。そこでの彼の冒険が含まれており、創世記17章の出来事まで続きます。主は再び彼の前に現れ、彼の子孫が偉大な国になることを約束し、割礼の儀式を行い、彼の名前をアブラハムに変え、エホバからの「あー」という音を加えます。アブラハムの人生の第三期と最後の期には、イサクの誕生、サラの死(名前も変更されています)、メソポタミアにいたアブラハムの親戚の中からイサクの妻を見つけることになります。 アブラハムは、創世記25章に記録されているように、死ぬ時には175歳になっていると言われています。 しかし、ここで私たちが興味を持っているのは、アブラハムという人が地上に住んでいた何世紀も後に、イエスがマリアのもとに生まれた後のイエスの人生の最も奥の部分を預言したり、予言したりしているので、アブラハムの深い表象です。アブラハムは神の善や愛を表しています。御言葉の内的感覚は、神ご自身がマリアの中に卵子に命を与えられたことを教えているので、マリアはユダヤ教の宗教から自然な身体と自然な遺伝を提供することができ、一方でイエスの魂は神の命の直接の所有者として保たれていました。イエスの初期の人生の間、おそらく思春期までの間、イエスはアブラハムのそれらの代表的な行動を彼の心と精神の奥底の部分で生きていました。アブラハムは羊を放牧し、大きな家を経営していましたが、これが真実であることを全く知らなかったし、イエス様の人生の初期には、イエス様もそれに気づかなかったのです。イエスが12歳の時に神殿を訪問したことを目撃して、イエスが成長するにつれて認識があったに違いありませんが、イエスが完全に成長するまでは完全に理解していませんでした。 さらに、それはアブラハムだけではありません。 アブラハムが死ぬとき、その表現は、理性的な心のレベルを表すイサクに付着し、次に、ヤコブとエサウの両方に付着し、それぞれ心の中の真実と善についての自然な心を表しています。 そして、十二部族の試練、王たちの試練、預言者たちのすべての言葉が同じ表現になります。ですから、イエスはエマオへの道で出会った二人の弟子たちに、「愚かな者たちよ、心の遅い者たちよ...モーセとすべての預言者たちから始めて、ご自身に関するすべてのことをすべての聖典で彼らに説明してくださった」と言うことができます。 さらに,わたしたち一人一人の精神生活と霊的生活の歩みは,主の律法と戒律に従って互いに愛し合おうとしているならば,アブラハムの人生に代表されるような,ぼんやりとした有限のイメージでしかありません。わたしたちの中にも,カナンの地への旅,エジプトでの勤勉な滞在,荒野での戦い,サウル,ダビデ,アハブがいます。 アマレク人とペリシテ人もいます。旧約聖書の全体は、私たちの霊的生活がどのように機能しているかを示しています。 (以下の参照は、アブラム/アブラハムが年を取るにつれて、聖書の順序で時系列になっています)...

雪の
'Snow' signifies truth in extremes, because it is water, which signifies the truths of faith. It also relates to truth because it is white. 'Snow,'...


'Snow' signifies truth in extremes, because it is water, which signifies the truths of faith. It also relates to truth because it is white. 'Snow,'...

見る
The symbolic meaning of "seeing" is "understanding," which is obvious enough that it has become part of common language (think about it; you might see...


Flesh has several meanings just in its most obvious form. It can mean all living creatures as when the Lord talks about the flood "destroying...


The number "two" has two different meanings in the Bible. In most cases "two" indicates a joining together or unification. This is easy to see...


'Waters' signify truths in the natural self, and in the opposite sense, falsities. 'Waters' signify particularly the spiritual parts of a person, or the intellectual...


'The tongue,' as an organ, signifies doctrine, but as speech, or language, it signifies religion. 'Tongue' signifies perception of truth with respect to speech, and...

怒り
怒りは、それが定義を必要としないほど、人々にとって非常に一般的な感情です。しかし、興味のある点をいくつか挙げることができます。 1) 主は決して怒られません。怒りが主に帰するのは、この言葉が人間に意味を持たせるために書かれているからであり、人間が悪であるときには、主は怒るべきであるかのように思えるからです。そして、そのように考えることは人を傷つけることではありません。また、悪人が自分の計画がうまくいかない時に、主に怒りを感じて、それが返ってくると思っています。 2) 熱意はしばしば怒りのように見えますが、そうではなく、悪い動機ではなく、良い動機から来ています。怒りは利己的な愛が妨げられたり、攻撃されたりしたときに人に現れますが、熱意は善良な愛や価値ある真理が妨げられたり、攻撃されたりしたときに人に現れます。悪魔やサタンは怒りを感じ、それをよく感じ、攻撃しようとします。天使は熱意を感じ、しばしばそれを感じ、守ろうとすることがあります。

兄弟
There are two ways "brother" is used in the Bible, ways that are still reflected in modern language. One denotes an actual blood relationship; the...


There are two ways "brother" is used in the Bible, ways that are still reflected in modern language. One denotes an actual blood relationship; the...

知っている
Like so many common verbs, the meaning of "know" in the Bible is varied and dependent on context. And in some cases – when it...

見て
To look,' as in Genesis 18:22, signifies thinking, because seeing denotes understanding. Look not back behind thee,' as in Genesis 19:17, means that Lot, who...

喜ぶ
To make glad signifies influx and reception from joy of heart.


In most cases, "mouth" in the Bible represents thought and logic, especially the kind of active, concrete thought that is connected with speech. The reason...


The Hebrew of the Old Testament has six different common words which are generally translated as "wife," which largely overlap but have different nuances. Swedenborg...

エジプト
Egyptians represent those who are in natural science, thus the natural, but the Hebrews, those who are of the church, thus respectively the spiritual. The...


Scientists believe that one of the most crucial developments in the evolution of humans was bipedalism – walking on two legs. That left our hands...


The heart means love. A good heart means love to the Lord and to the neighbor while a hard or stony heart means the love...

言う
As with many common verbs, the meaning of “to say” in the Bible is highly dependent on context. Who is speaking? Who is hearing? What...

殺す
'To slay a man to his wounding,' means extinguishing faith, and 'to slay a young man to his hurt,' signifies extinguishing charity, as in Genesis...

宿
An inn' signifies a place of instruction. An inn' signifies the exterior natural level in general. This cannot be confirmed from parallel passages in the...


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....


The foot, as in Deuteronomy 33:3, signifies an inferior principle. To set the right foot on the sea and the left on the earth, as...


Bloods signify evil, in Ezek. 16:9.

花婿
On a human level, a bride represents the affection for what is true, and the bridegroom represents the affection for what is good. Most references...

荒野
'Wilderness' signifies something with little life in it, as described in the internal sense in Luke 1:80 'Wilderness' signifies somewhere there is no good because...


主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。

神の
主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。


'Hills' signify the good of charity.

主の
The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

命じられた
To command is to give an order that something must be done, and is directed to an individual, or a group. It is an imperative,...

長老
Elders are mentioned in the Bible mainly in two ways: First the elders of Israel: and second the 24 elders seated about the throne of...

モーセ
Moses's name appears 814 times in the Bible (KJV), third-most of any one character (Jesus at 961 actually trails David at 991). He himself wrote...


'Word,' as in Psalms 119:6-17, stands for doctrine in general. 'The Word,' as in Psalms 147:18, signifies divine good united with divine truth. 'Word,' as...

言葉
'Word,' as in Psalms 119:6-17, stands for doctrine in general. 'The Word,' as in Psalms 147:18, signifies divine good united with divine truth. 'Word,' as...


ほとんどの場合、"before "の意味は簡単です。相対的な時間を評価する方法としても、"誰かの前で "という意味でも、"before "は使われます。しかし,主に関連して使われる場合には,より深い意味を持ちます。主の前に」いるということは、主の前にいるだけでなく、主から善の欲求と真理の理解を受けて、それに従って生きることを意味します。そして、主に関連して時間の評価として使われる場合、「前に」とは「永遠に」という意味であり、私たちが経験する時間ではなく、霊的な状態を指します。


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

礼拝
To adore, in the Word, signifies to acknowledge and believe.

Zdroje pro rodiče a učitele

Zde uvedené položky jsou poskytnuty se svolením našich přátel z General Church of the New Jerusalem. Můžete prohledávat/procházet celou knihovnu kliknutím na odkaz this link.


 His Rod Turns into a Serpent
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Moses and the Burning Bush
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Moses and the Burning Bush
Lesson outline provides teaching ideas with questions for discussion, projects, and activities.
Sunday School Lesson | Ages 7 - 10

 Who Do You Trust?
Spiritual tasks offer a reflection on a Biblical story and suggest a task for spiritual growth.
Activity | Ages over 18


Přeložit: