出エジプト記 38

Study

           

1 またアカシヤ材で燔祭の祭壇を造った。長さキュビト、幅キュビトの四角で、高さキュビトである。

2 そのすみの上に、その一部とし、それのを造り、青銅で祭壇をおおった。

3 また祭壇のもろもろの器、すなわち、つぼ、十能、鉢、肉叉、火皿を造った。そのすべての器を青銅で造った。

4 また祭壇のために、青銅の網細工の格子を造り、これを祭壇の出張りの下に取りつけて、祭壇の高さの半ばに達するようにした。

5 また青銅の格子のすみのために、環つを鋳て、さおを通す所とした。

6 アカシヤ材で、そのさおを造り、青銅でこれをおおい、

7 そのさおを祭壇の両にある環に通して、それをかつぐようにした。祭壇は板をもって、空洞に造った。

8 また洗盤と、その台を青銅で造った。すなわち会見の幕屋の入口で務をなす女たちの鏡をもって造った。

9 また庭を造った。そののためにキュビトの亜麻の撚糸の庭のあげばりを設けた。

10 その二十、その二十の座は青銅で、そのの鉤と桁はとした。

11 またのためにもキュビトのあげばりを設けた。その二十、その二十の座は青銅で、そのの鉤と桁はとした。

12 また西のために、五十キュビトのあげばりを設けた。その、その座もで、そのの鉤と桁はとした。

13 また東のためにも、五十キュビトのあげばりを設けた。

14 その一方に十五キュビトのあげばりを設けた。そのつ、その座もつ。

15 また他の一方にも、同じようにした。すなわち庭ののこなたかなたともに、十五キュビトのあげばりを設けた。そのつ、その座もつ。

16 庭の周囲のあげばりはみな亜麻の撚糸である。

17 の座は青銅、の鉤と桁とはのおおいもである。庭のはみなの桁で連ねた。

18 庭ののとばりは糸、紫糸、緋糸、亜麻の撚糸で、色とりどりに織ったものであった。長さ二十キュビト、幅なる高さキュビトで、庭のあげばりと等しかった。

19 そのつ、その座もつで、ともに青銅。その鉤はのおおいと桁はである。

20 ただし、幕屋および、その周囲の庭の釘はみな青銅であった。

21 幕屋、すなわちあかしの幕屋に用いた物の総計は次のとおりである。すなわちモーセの命に従い、祭司アロンのイタマルがレビびとを用いて量ったものである。

22 ユダ部族に属するホルのなるウリのベザレルは、モーセ命じられた事をことごとくした。

23 ダン部族に属するアヒサマクのアホリアブは彼と共にあって彫刻、浮き織をなし、また糸、紫糸、緋糸、亜麻糸で、縫取りをする者であった。

24 聖所のもろもろの工作に用いたすべての金、すなわち、ささげ物なる金は聖所のシケルで、二十タラント七三十シケルであった。

25 会衆のうちの数えられた者のささげたは聖所のシケルで、タラント十五シケルであった。

26 これはひとり当り一ベカ、すなわち聖所のシケルの半シケルであって、すべて二十歳以上で数えられた者が十万五十人であったからである。

27 聖所の座と垂幕の座とを鋳るために用いたタラントであった。すなわち座につきタラント、一座につき一タラントである。

28 また十五シケルでの鉤を造り、またをおおい、のために桁を造った。

29 ささげ物なる青銅は七十タラント二シケルであった。

30 これを用いて会見の幕屋の入口の座、青銅の祭壇と、それにつく青銅の格子、および祭壇のもろもろの器を造った。

31 また庭の周囲の座、庭のの座、および幕屋のもろもろの釘と、庭の周囲のもろもろの釘を造った。

  

Exploring the Meaning of 出エジプト記 38      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Arcana Coelestia 10782. As in this chapter the altar of burnt-offering, and the court of the Tent of meeting, are treated of; and the same things have already been similarly described in chapter 27, and have there been unfolded, these things also are passed by without any further unfolding in respect to the internal sense.

(See Arcana Coelestia 9710 and its following sections.)

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: