出エジプト記 37

Study

           

1 ベザレルはアカシヤ材の箱を造った。長さは二キュビト半、幅は一キュビト半、高さは一キュビト半である。

2 純金で、内そとをおおい、その周囲に金の飾り縁を造った。

3 また金の環つを鋳て、そのすみに取りつけた。すなわちつの環をこちらに、つの環をあちらに取りつけた。

4 またアカシヤ材のさおを造り、金でこれをおおい、

5 そのさおを箱の面の環に通して、箱をかつぐようにした。

6 また純金で贖罪所を造った。長さは二キュビト半、幅は一キュビト半である。

7 また金で、つのケルビムを造った。すなわち、これを打物造りとし、贖罪所の両端に置いた。

8 一つのケルブをこの端に、一つのケルブをかの端に置いた。すなわちケルビムを贖罪所の一部として、その両端に造った。

9 ケルビムを高く伸べ、そので贖罪所をおおい、は互に向かい合った。すなわちケルビムは贖罪所に向かっていた。

10 またアカシヤ材で、机を造った。長さは二キュビト、幅は一キュビト、高さは一キュビト半である。

11 純金でこれをおおい、その周囲に金の飾り縁を造った。

12 またその周囲に手幅の棧を造り、その周囲の棧に金の飾り縁を造った。

13 またこれがために金の環つを鋳て、そのつののすみか所にその環を取りつけた。

14 その環は棧のわきにあって、机をかつぐさおを入れる所とした。

15 またアカシヤ材で、机をかつぐさおを造り、金でこれをおおった。

16 また机の上の器、すなわちその皿、乳香を盛る杯および灌祭を注ぐための鉢と瓶とを純金で造った。

17 また純金の燭台を造った。すなわち打物造りで燭台を造り、その台、幹、萼、節、を一つに連ねた。

18 またつの枝をそのわきから出させた。すなわち燭台つの枝をこのから、燭台つの枝をかのから出させた。

19 あめんどうのの形をしたつの萼が、節ととをもって、この枝にあり、また、あめんどうのの形をしたつの萼が、節ととをもって、かの枝にあり、燭台から出るつの枝をみなそのようにした。

20 また燭台の幹には、あめんどうのの形をしたつの萼を、その節ととをもたせて取りつけた。

21 またつの枝の下に一つの節を取りつけ、次のつの枝の下に一つの節を取りつけ、さらに次のつの枝の下に一つの節を取りつけ、燭台の幹から出るつの枝に、みなそのようにした。

22 それらの節と枝を一つに連ね、ことごとく純金の打物造りとした。

23 また、それのともしび皿七つと、その芯切りばさみと、芯取り皿とを純金で造った。

24 すなわち純金一タラントをもって、燭台とそのすべての器とを造った。

25 またアカシヤ材で香の祭壇を造った。長さ一キュビト、幅一キュビトの四角にし、高さ二キュビトで、これにその一部としてをつけた。  

26 そして、その頂、その周囲の面、そのを純金でおおい、その周囲に金の飾り縁を造った。

27 また、その両に、飾り縁の下に金の環つを、そのために造った。すなわちそのつのにこれを造った。これはそれをかつぐさおを通す所である。

28 そのさおはアカシヤ材で造り、金でこれをおおった。

29 また香料を造るわざにしたがって、聖なる注ぎと純粋の香料の薫香とを造った。

  

Exploring the Meaning of 出エジプト記 37      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Arcana Coelestia 10767. As in this chapter the ark, the lampstand, and the altar of incense are treated of, and the description given of them here is similar to that given in chapter 25, where each and all things have been unfolded in respect to the internal sense, they are therefore here passed by without further explication.

(See Arcana Coelestia 9455 and its following sections.)

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: