出エジプト記 28

Study

           

1 またイスラエルの人々のうちから、あなたの兄弟アロンとそのたち、すなわちアロンとアロンのナダブ、アビウ、エレアザル、イタマルとをあなたのもとにこさせ、祭司としてわたしに仕えさせ、

2 またあなたの兄弟アロンのために聖なる衣服を作って、彼に栄えと麗しきをもたせなければならない。

3 あなたはすべてに知恵ある者、すなわち、わたしが知恵の霊を満たした者たちに語って、アロンの衣服を作らせ、アロンを聖別し、祭司としてわたしに仕えさせなければならない。

4 彼らの作るべき衣服は次のとおりである。すなわち胸当、エポデ、衣、市松模様の、帽、帯である。彼らはあなたの兄弟アロンとそのたちとのために聖なる衣服を作り、祭司としてわたしに仕えさせなければならない。

5 彼らは金糸、糸、紫糸、緋糸、亜麻の撚糸を受け取らなければならない。

6 そして彼らは金糸、糸、紫糸、緋糸、亜麻の撚糸を用い、巧みなわざをもってエポデを作らなければならない。

7 これにつのひもを付け、その両端を、これに付けなければならない。

8 エポデの上で、これをつかねる帯は、同じきれでエポデの作りのように、金糸、糸、紫糸、緋糸、亜麻の撚糸で作らなければならない。

9 あなたはつの縞めのうを取って、その上にイスラエルのたちの名を刻まなければならない。

10 すなわち、その名つを一つのに、残りの名つを他のに、彼らの生れた順に刻まなければならない。

11 に彫刻する人が印を彫刻するように、イスラエルのたちの名をそのつのに刻み、それを金の編細工にはめ、

12 このつのをエポデのひもにつけて、イスラエルのたちの記念としなければならない。こうしてアロンは主のでその両に彼らの名を負うて記念としなければならない。

13 あなたはまた金の編細工を作らなければならない。

14 そしてつの純金の鎖を、ひも細工にねじて作り、そのひもの鎖をかの編細工につけなければならない。

15 あなたはまたさばきの胸当を巧みなわざをもって作り、これをエポデの作りのように作らなければならない。すなわち金糸、糸、紫糸、緋糸、亜麻の撚糸で、これを作らなければならない。

16 これは二つに折って四角にし、長さは一指当り、幅も一指当りとしなければならない。

17 またその中に宝列にはめ込まなければならない。すなわち紅玉髄、貴かんらん、水晶の列を第一列とし、

18 第二列は、ざくろ石、るり、赤縞めのう。

19 列は黄水晶、めのう、紫水晶。

20 列は黄碧玉、縞めのう、碧玉であって、これらを金の編細工の中にはめ込まなければならない。

21 その宝イスラエルのらの名に従い、その名とひとしく十とし、おのおの印の彫刻のように十部族のためにその名を刻まなければならない。

22 またひも細工にねじた純金の鎖を胸当につけなければならない。

23 また、胸当のために金の環つを作り、胸当の両端にそのつの環をつけ、

24 かの筋の金のひもを胸当の端のつの環につけなければならない。

25 ただし、その筋のひもの他の両端をかのつの編細工につけ、エポデのひもにつけて、にくるようにしなければならない。

26 あなたはまたつの金の環を作って、これを胸当の両端につけなければならない。すなわちエポデに接する内の縁にこれをつけなければならない。

27 またつの金の環を作って、これをエポデのつのひものの部分につけ、の方で、そのつなぎ目に近く、エポデの帯の上の方にあるようにしなければならない。

28 胸当はひもをもって、その環をエポデの環に結びつけ、エポデの帯の上の方にあるようにしなければならない。こうして胸当がエポデから離れないようにしなければならない。

29 アロンが聖所にはいる時は、さばきの胸当にあるイスラエルのたちの名をその胸に置き、主のに常に覚えとしなければならない。

30 あなたはさばきの胸当にウリムとトンミムを入れて、アロンが主のにいたる時、その胸の上にあるようにしなければならない。こうしてアロンは主のに常にイスラエルのたちのさばきを、その胸に置かなければならない。

31 あなたはまた、エポデに属する上服をすべて地で作らなければならない。

32 を通すを、そのまんに設け、そのの周囲には、よろいのえりのように織物の縁をつけて、ほころびないようにし、

33 そのすそには糸、紫糸、緋糸で、ざくろを作り、そのすその周囲につけ、また周囲に金の鈴をざくろの間々につけなければならない。

34 すなわち金の鈴にざくろ、また金の鈴にざくろと、上服のすその周囲につけなければならない。

35 アロンは務の時、これを着なければならない。彼が聖所にはいって主のにいたる時、また出る時、その音が聞えて、彼は死を免れるであろう。

36 あなたはまた純金の板を造り、印の彫刻のように、その上に『聖なる者』と刻み、

37 これをひもで帽子に付け、それが帽子のの方に来るようにしなければならない。

38 これはアロンの額にあり、そしてアロンはイスラエルの人々がささげる聖なる物、すなわち彼らのもろもろの聖なる供え物についてのの責めを負うであろう。これは主のにそれらの受けいれられるため、常にアロンの額になければならない。

39 あなたは亜麻糸で市松模様に下服を織り、亜麻布で、ずきんを作り、また、帯を色とりどりに織って作らなければならない。

40 あなたはまたアロンのたちのために下服を作り、彼らのために帯を作り、彼らのために、ずきんを作って、彼らに栄えと麗しきをもたせなければならない。

41 そしてあなたはこれをあなたの兄弟アロンおよび彼と共にいるそのたちに着せ、彼らに油を注ぎ、彼らを職に任じ、彼らを聖別し、祭司として、わたしに仕えさせなければならない。

42 また、彼らのために、その隠し所をおおう亜麻布のしたばきを作り、からももに届くようにしなければならない。

43 アロンとそのたちは会見の幕屋にはいる時、あるいは聖所で務をするために祭壇に近づく時に、これを着なければならない。そうすれば、彼らはを得て死ぬことはないであろう。これは彼と彼の孫とのための永久の定めでなければならない。

  

Exploring the Meaning of 出エジプト記 28      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Arcana Coelestia 9804. The subject here treated of is the garments of holiness which Aaron and his sons were to put on when they ministered. By the priesthood which Aaron with his sons was to administer was represented the Lord in respect to the Divine celestial, which is the Divine good in heaven; and by Aaron’s garments was represented the Divine spiritual, which is the Divine truth thence proceeding.