出エジプト記 16

Study

           

1 イスラエルの人々の全会衆はエリムを出発し、エジプトの地を出て二か目の十五に、エリムとシナイとの間にあるシンの荒野にきたが、

2 その荒野イスラエルの人々の全会衆は、モーセとアロンにつぶやいた

3 イスラエルの人々は彼らに言った、「われわれはエジプトの地で、のなべのかたわらに座し、飽きるほどパンを食べていた時に、主のにかかって死んでいたら良かった。あなたがたは、われわれをこの荒野に導き出して、全会衆を餓死させようとしている」。

4 そのときモーセに言われた、「見よ、わたしはあなたがたのために、天からパンを降らせよう。民は出て日々の分をごとに集めなければならない。こうして彼らがわたしの律法に従うかどうかを試みよう。

5 目には、彼らが取り入れたものを調理すると、それはごとに集めるものの二倍あるであろう」。

6 モーセとアロンは、イスラエルのすべての人々に言った、「夕暮には、あなたがたは、エジプトの地からあなたがたを導き出されたのが、であることを知るであろう。

7 また、には、あなたがたは主の栄光を見るであろう。はあなたがたがにむかってつぶやくのを聞かれたからである。あなたがたは、いったいわれわれを何者として、われわれにむかってつぶやくのか」。

8 モーセはまた言った、「は夕暮にはあなたがたにを与えて食べさせ、にはパンを与えて飽き足らせられるであろう。はあなたがたが、にむかってつぶやくつぶやきを聞かれたからである。いったいわれわれは何者なのか。あなたがたのつぶやくのは、われわれにむかってでなく、にむかってである」。

9 モーセはアロンに言った、「イスラエルの人々の全会衆に言いなさい、『あなたがたは主のに近づきなさい。があなたがたのつぶやきを聞かれたからである』と」。

10 それでアロンがイスラエルの人々の全会衆に語ったとき、彼らが荒野の方を望むと、見よ、主の栄光がのうちに現れていた。

11 モーセに言われた、

12 「わたしはイスラエルの人々のつぶやきを聞いた。彼らに言いなさい、『あなたがたは夕にはを食べ、にはパンに飽き足りるであろう。そうしてわたしがあなたがたのであることを知るであろう』と」。

13 夕べになると、うずらが飛んできて宿営をおおった。また、になると、宿営の周囲にが降りた。

14 その降りたがかわくと、荒野には、薄いうろこのようなものがあり、ちょうど地に結ぶ薄いのようであった。

15 イスラエルの人々はそれを見て互に言った、「これはなんであろう」。彼らはそれがなんであるのか知らなかったからである。モーセは彼らに言った、「これはがあなたがたの食物として賜わるパンである。

16 が命じられるのはこうである、『あなたがたは、おのおのその食べるところに従ってそれを集め、あなたがたの人数に従って、ひとり一オメルずつ、おのおのその天幕におるもののためにそれを取りなさい』と」。

17 イスラエルの人々はそのようにして、ある者は多く、ある者は少なく集めた。

18 しかし、オメルでそれを計ってみると、多く集めた者にも余らず、少なく集めた者にも不足しなかった。おのおのその食べるところに従って集めていた。

19 モーセは彼らに言った、「だれもまでそれを残しておいてはならない」。

20 しかし彼らはモーセに聞き従わないで、ある者はまでそれを残しておいたが、虫がついて臭くなった。モーセは彼らにむかって怒った。

21 彼らは、おのおのその食べるところに従って、ごとにそれを集めたが、日が熱くなるとそれは溶けた

22 目には、彼らは倍のパン、すなわちひとりにオメルを集めた。そこで、会衆の長たちは皆きて、モーセに告げたが、

23 モーセは彼らに言った、「主の語られたのはこうである、『あすは主の安息日で休みである。きょう、焼こうとするものを焼き、煮ようとするものを煮なさい。残ったものはみなまでたくわえて保存しなさい』と」。

24 彼らはモーセの命じたように、それをまで保存したが、臭くならず、また虫もつかなかった。

25 モーセは言った、「きょう、それを食べなさい。きょうは主の安息日であるから、きょうは野でそれを獲られないであろう。

26 の間はそれを集めなければならない。七目は安息日であるから、そのには無いであろう」。

27 ところが民のうちには、七目に出て集めようとした者があったが、獲られなかった。

28 そこでモーセに言われた、「あなたがたは、いつまでわたしの戒めと、律法とを守ることを拒むのか。

29 見よ、はあなたがたに安息日与えられた。ゆえに目には、ふつか分のパンをあなたがたに賜わるのである。おのおのその所にとどまり、七目にはその所から出てはならない」。

30 こうして民は七目に休んだ。

31 イスラエルのはその物の名をマナと呼んだ。それはコエンドロの実のようで白く、そのは蜜を入れたせんべいのようであった。

32 モーセは言った、「主の命じられることはこうである、『それを一オメルあなたがたの子孫のためにたくわえておきなさい。それはわたしが、あなたがたをエジプトの地から導き出した時、荒野であなたがたに食べさせたパンを彼らに見させるためである』と」。

33 そしてモーセはアロンに言った「一つのつぼを取り、マナ一オメルをその中に入れ、それを主のに置いて、子孫のためにたくわえなさい」。

34 そこでモーセ命じられたように、アロンはそれをあかしの箱のに置いてたくわえた。

35 イスラエルの人々は人の住む地に着くまで四十年の間マナ食べた。すなわち、彼らはカナンの地の境に至るまでマナ食べた

36 一オメルは一エパの十分の一である。

  

Exploring the Meaning of 出エジプト記 16      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Arcana Coelestia 8395. The preceding chapter treated of the second temptation of those who were of the spiritual church, which was from truth being perceived as undelightful. In this chapter in the internal sense a third temptation is treated of, which is from the lack of good. By the lack of bread and of flesh, at which the sons of Israel murmured, is signified a lack of good. Consolation after temptation is signified and described by the manna which they received, and by the quail. Manna denotes spiritual good. That this was given to them by the Lord continually, and without any care and aid of theirs, is signified by their receiving the manna daily, and by the worm breeding in it if they gathered more.

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: