エステル記 4

Study

              |

1 モルデカイはすべてこのなされたことを知ったとき、その衣を裂き、荒布をまとい、をかぶり、へ行って大声をあげ、激しく叫んで、

2 王のの入口まで行った。荒布をまとっては王のの内にはいることができないからである。

3 すべて王の命令と詔をうけ取った各州ではユダヤ人のうちに大いなる悲しみがあり、断食、嘆き、叫びが起り、また荒布をまとい、の上に座する者が多かった。

4 エステルの侍女たちおよび侍従たちがきて、この事を告げたので、王妃は非常に悲しみ、モルデカイに着物を贈り、それを着せて、荒布を脱がせようとしたが受けなかった。

5 そこでエステルは王の侍従のひとりで、王が自分にはべらせたハタクを召し、モルデカイのもとへ行って、それは何事であるか、何ゆえであるかを尋ねて来るようにと命じた。

6 ハタクは出て、王のにあるの広場にいるモルデカイのもとへ行くと、

7 モルデカイは自分の身に起ったすべての事を彼に告げ、かつハマンがユダヤ人を滅ぼすことのために王の金庫に量り入れると約束したの正確な額を告げた。

8 また彼らを滅ぼさせるために、スサで発布された詔書の写しを彼にわたし、それをエステルに見せ、かつ説きあかし、彼女が王のもとへ行ってその民のために王のあわれみを請い、王のに願い求めるように彼女に言い伝えよと言った。

9 ハタクが帰ってきてモルデカイの言葉をエステルに告げたので、

10 エステルはハタクに命じ、モルデカイに言葉を伝えさせて言った、

11 「王の侍臣および王の諸州の民は皆、男でも女でも、すべて召されないのに内庭にはいって王のもとへ行く者は、必ず殺されなければならないという一つの法律のあることを知っています。ただし王がその者に金の笏を伸べれば生きることができるのです。しかしわたしはこの三十の間、王のもとへ行くべき召をこうむらないのです」。

12 エステルの言葉をモルデカイに告げたので、

13 モルデカイは命じてエステルに答えさせて言った、「あなたは王宮にいるゆえ、すべてのユダヤ人と異なり、難を免れるだろうと思ってはならない。

14 あなたがもし、このような時に黙っているならば、ほかの所から、助けと救がユダヤ人のために起るでしょう。しかし、あなたとあなたの父のとは滅びるでしょう。あなたがこの国に迎えられたのは、このような時のためでなかったとだれが知りましょう」。

15 そこでエステルは命じてモルデカイに答えさせた、

16 「あなたは行ってスサにいるすべてのユダヤ人を集め、わたしのために断食してください。のあいだも昼も食い飲みしてはなりません。わたしとわたしの侍女たちも同様に断食しましょう。そしてわたしは法律にそむくことですが王のもとへ行きます。わたしがもし死なねばならないのなら、死にます」。

17 モルデカイは行って、エステルがすべて自分に命じたとおりに行った。