申命記 25

Studovat vnitřní smysl

           

1 人と人との間に争い事があって、さばきを求めてきたならば、さばきびとはこれをさばいて、正しい者を正しいとし、悪い者を悪いとしなければならない。

2 その悪い者が、むち打つべき者であるならば、さばきびとは彼を伏させ、自分ので、その罪にしたがい、数えて彼をむち打たせなければならない。

3 彼をむち打つには四十を越えてはならない。もしそれを越えて、それよりも多くむちを打つときは、あなたの兄弟はあなたのの前で、はずかしめられることになるであろう。

4 脱穀をする牛にくつこを掛けてはならない。

5 兄弟が一緒に住んでいて、そのうちのひとりが死んでのない時は、その死んだ者のは出て、他人にとついではならない。その兄弟が彼女の所にはいり、めとってとし、兄弟としての道を彼女につくさなければならない。

6 そしてその女が初めに産む男の子に、死んだ兄弟の名を継がせ、その名をイスラエルのうちに絶やさないようにしなければならない。

7 しかしその人が兄弟の妻をめとるのを好まないならば、その兄弟の妻は町のへ行って、長老たちに言わなければならない、『わたしの兄弟はその兄弟の名をイスラエルのうちに残すのを拒んで、兄弟としての道をつくすことを好みません』。

8 そのとき長老たちは彼を呼び寄せて、さとさなければならない。もし彼が固執して、『わたしは彼女をめとることを好みません』と言うならば、

9 その兄弟の妻は長老たちので、彼のそばに行き、そののくつを脱がせ、そのにつばきして、答えて言わなければならない。『兄弟をたてない者には、このようにすべきです』。

10 そして彼のの名は、くつを脱がされた者のと、イスラエルのうちで呼ばれるであろう。

11 ふたりの人が互に争うときに、そのひとりの人のが、打つ者のからを救おうとして近づき、を伸べて、その人の隠し所をつかまえるならば、

12 その女の手を切り落さなければならない。あわれみをかけてはならない。

13 あなたの袋に大小二種の重りを入れておいてはならない。

14 あなたのに大小二種のますをおいてはならない。

15 不足のない正しい重りを持ち、また不足のない正しいますを持たなければならない。そうすればあなたのが賜わる地で、あなたは長く命を保つことができるであろう。

16 すべてこのような不正をする者を、あなたのが憎まれるからである。

17 あなたがエジプトから出てきた時、道でアマレクびとがあなたにしたことを記憶しなければならない。

18 すなわち彼らは道であなたに出会い、あなたがうみ疲れている時、うしろについてきていたすべての弱っている者を攻め撃った。このように彼らはを恐れなかった。

19 それで、あなたのが嗣業として賜わる地で、あなたのがあなたの周囲のすべてのを征服して、あなたに安息を与えられる時、あなたはアマレクの名を天のから消し去らなければならない。この事を忘れてはならない。

   Studovat vnitřní smysl

Explanation of Deuteronomy 25      

Napsal(a) Alexander Payne

Verses 1-3. The perception of right to be rigidly followed in choosing the right and rejecting the evil path, and erring faculties in the soul will be abased, but not more than is necessary for amendment.

Verse 4. External goods are themselves recruited by ministering to others which are more interior.

Verses 5-10. The good formerly done from external motives to be adopted and refined by spiritual motives, and that which exists only in thought, and persistently refuses to flow forth into act, to be rejected as useless.

Verses 11-12. The inclinations of the proprium are not to be allowed to avert the decisions of the spiritual mind in deciding between good and evil, and truth and falsity.

Verses 13-16, The principles and rules of right and wrong must not be altered as worldly ends dictate, but what is believed to be right must be followed, or the heavenly life will be rejected.

Verses 17-19. The evil which those principles which compromise with evil bring upon the soul must be ever borne in mind, and as the soul obtains rest from its enemies such principles must be utterly destroyed.

Swedenborg

Výklad(y) nebo odkazy ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 488, 1679, 1748, 4818, 4835, 4839, 8593, ...


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 304, 373, 629, 633, 746

Jiný komentář

  Příběhy:



Skočit na podobné biblické verše

創世記 38:8, 9

出エジプト記 17:8, 14

レビ記 19:35, 36

民数記 12:14

申命記 3:18, 4:40, 13:9, 16:18, 17:9, 21:23

ルツ記 4:2, 4, 6, 7, 8, 10, 11

箴言 11:1, 17:15, 20:10

イザヤ書 5:20

哀歌 3:35, 36

アモス書 8:5

ミカ書 6:10

マタイによる福音書 22:24

マルコによる福音書 12:19

ルカによる福音書 47, 48

使徒言行録 5:40

ローマの信徒への手紙 3:18

コリントの信徒への手紙一 9:9

コリントの信徒への手紙二 11:24

テモテへの手紙一 5:18

Významy biblických slov


ほとんどの場合、"before "の意味は簡単です。相対的な時間を評価する方法としても、"誰かの前で "という意味でも、"before "は使われます。しかし,主に関連して使われる場合には,より深い意味を持ちます。主の前に」いるということは、主の前にいるだけでなく、主から善の欲求と真理の理解を受けて、それに従って生きることを意味します。そして、主に関連して時間の評価として使われる場合、「前に」とは「永遠に」という意味であり、私たちが経験する時間ではなく、霊的な状態を指します。

四十
'Forty' means completeness because 'four' means what is complete, as does 'ten.' Forty is the product of four and ten. Compound numbers have a meaning...

兄弟
聖書の中で「兄弟」という言葉が使われる方法は二つあります。一つは実際の血縁関係を意味するもので,もう一つは「人間の兄弟関係」のような共通性を表す広い意味で使われています。 第二の用法は聖書全体を通して一貫しており、良いことをする愛に生きている人を意味しています。これは、単純な従順の喜びから、人に奉仕する慈善的な愛、主ご自身の高尚な愛まで、さまざまなレベルであり得ます。しかし、これらの愛の中にあるものはすべて兄弟です。 黙示録の説明、n. 746。 "このような人たちが兄弟と呼ばれるのは、すべての人が一つの父、すなわち主を持っているからである。彼らは一つの父の子であるから、兄弟でもある。また、父である主の主の主の主な戒めである、互いに愛し合うことは、その結果、彼らを兄弟とするのは愛である。 このケースは、血縁関係を介した兄弟の場合はより複雑であり、意味は、兄弟が誰であるかと物語の状況の文脈によってより影響を受ける。一般的には、兄弟は善を行いたいという願望と、善を行う方法を理解することの間に存在することができる一体感を反映しています。これはカインとアベル、そしていくつかの双子のペアに当てはまります。ヤコブとエサウ、ユダの息子ザラとパレズ、ヨセフの息子エフライムとマナセです。 このような善と真理の兄弟関係のために、兄弟は文脈に応じてどちらかを表すことができます。実際,ヨセフの兄弟の意味は,ユダヤ教の前駆者の霊的な衰退と再生を表すものとして,ヨセフの物語の中で移り変わっていきます。...


聖書の中で「兄弟」という言葉が使われる方法は二つあります。一つは実際の血縁関係を意味するもので,もう一つは「人間の兄弟関係」のような共通性を表す広い意味で使われています。 第二の用法は聖書全体を通して一貫しており、良いことをする愛に生きている人を意味しています。これは、単純な従順の喜びから、人に奉仕する慈善的な愛、主ご自身の高尚な愛まで、さまざまなレベルであり得ます。しかし、これらの愛の中にあるものはすべて兄弟です。 黙示録の説明、n. 746。 "このような人たちが兄弟と呼ばれるのは、すべての人が一つの父、すなわち主を持っているからである。彼らは一つの父の子であるから、兄弟でもある。また、父である主の主の主の主な戒めである、互いに愛し合うことは、その結果、彼らを兄弟とするのは愛である。 このケースは、血縁関係を介した兄弟の場合はより複雑であり、意味は、兄弟が誰であるかと物語の状況の文脈によってより影響を受ける。一般的には、兄弟は善を行いたいという願望と、善を行う方法を理解することの間に存在することができる一体感を反映しています。これはカインとアベル、そしていくつかの双子のペアに当てはまります。ヤコブとエサウ、ユダの息子ザラとパレズ、ヨセフの息子エフライムとマナセです。 このような善と真理の兄弟関係のために、兄弟は文脈に応じてどちらかを表すことができます。実際,ヨセフの兄弟の意味は,ユダヤ教の前駆者の霊的な衰退と再生を表すものとして,ヨセフの物語の中で移り変わっていきます。...


何かを理解するときに「見える」と言うのはよくあることです。そして、聖書の中の「見る」というのは、確かに霊的なものを把握し、理解することを表しています。ですから、私たちを見ることができる目は、霊的なものを理解することができる知性を表しているのです。 もちろん、これは否定的な意味でも使われます。聖書は人々が目を持っていて見ることを拒否していることを語っており、主がこの世におられた時には、不快な目を摘み取るように助言されました。これは、真実を認めることを拒否したり、偽りに惑わされたりすることを表しています。

脱穀
'To thresh,' as in Micah 4:13, signifies dissipating evils among people of the church.


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....


The Hebrew of the Old Testament has six different common words which are generally translated as "wife," which largely overlap but have different nuances. Swedenborg...


In general, men are driven by intellect and women by affections, and because of this men in the Bible generally represent knowledge and truth and...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...


古代の "門 "には、現代では通用しない意味がありました。当時の都市は、防御のために城壁で囲まれており、城壁に設けられた門は、人々が用を足すために出入りするものであると同時に、都市の防御の弱点でもありました。 聖書では、都市は、一面では個々の人々の心を表しています。また、より広い意味では、共同体が共有する信念を表しています。門は、主が私たちに真理を理解させ、善を求める心を与えるための入り口を表しています。また、地獄が侵入してきて、誤った考えや邪悪な願望で私たちを揺さぶるポイントを表しています。 聖典によると、私たちは一生の間に、主と地獄の両方からの影響を受けてバランスを保っているそうです。理想的には、一生をかけて主をどんどん招き入れ、地獄を追い返し、最終的には主が私たちの心を完全に占めるようになることです。その時、主と主の力と愛に対する私たちの信仰が門を支え、悪の侵入を拒むのです。 個人として、私たちはその時点で天使になります。共同体として、私たちはその時点で主の教会の一部となります。そして、その時点で、門は入口となり、人々が教会に入り、主を自分の人生に招き入れることを可能にする入門的な真理となるのです。

長老
長老たちは、主に二つの方法で聖書の中で言及されています。第一はイスラエルの長老たち、第二は黙示録にある神の玉座に座る24人の長老たちです。どちらの場合も、長老たちは知恵を意味しており、私たちが学んだ真理を使って、日常生活の中で正しいことを行うことができます。イスラエルの長老とは、イスラエルという教会の知恵の主なものを意味しています。ヨハネの黙示録4章に記されている長老たちは、天の最高の知恵、ひいては天全体の知恵を意味しています。 聖書のほとんどの意味と同じように、これも文脈によっては逆の意味に曲解された意味に変化することがあります。知識と隣人への愛に満ちた心の代わりに、その愛は自分の知性を誇示するために捻じ曲げられ、善ではなく悪へと導かれることがあります。カイアファの家でイエスを裁くために座っていた長老や祭司長たちは、表現の裏側を示しています。


In the ancient world cities were very nearly nations unto themselves – they existed within walls, with their own laws and customs, generally centered on...

言う
As with many common verbs, the meaning of “to say” in the Bible is highly dependent on context. Who is speaking? Who is hearing? What...


私たちの足は、私たちの体の中で最も低い部分であり、非常に有用なものです聖書では、足は私たちの霊的自己の最も低い部分であり、最も実用的な部分である「自然」のレベルを表しています。人生のこの日常的な側面は、日常的なタスクや要求、そしてそれらに関連した思考に関わっています。それはひどく深いものでも内省的なものでもありませんが、それは有用です - ちょうど足のように。 この対応関係は、主と教会共同体にも当てはまります。主の神聖な自然は、比較的単純な従順を通して私たちを導いてくれます(十戒と二大戒を考えてみてください)。教会もまた、単純ですが具体的な方法で共同体に奉仕する自然なレベルを持っています。


"目は魂の窓である"濁った古代のどこかにルーツを持つ感情だが詩的でありながら明らかに真実であるために絶望的に陳腐なものになってしまった誰かの目を見ることができれば、その人の内面を本当に知ることができると私たちは感じています。 そして、それは目だけではなく、実際には顔全体がそれを伝えています。スエーデンボーグが言うように、顔は「人間の精神的な世界を自然界で表現したもの」である(『天国と地獄』第91号)。心理学者やポーカープレイヤー、犯罪捜査官などが顔を研究するのに多くの時間を費やしている理由は、顔が私たちの内面の思考や感情を無数の方法で明らかにしているからである。 ですから、聖書に登場する人々の顔が、その人の内面、つまり、その人が最も深く抱いている思い、愛、願望を表していることは、理にかなっています。礼拝でお辞儀をするときには謙遜さを示すために顔を地面に向け、インスピレーションを求めるときには山に向け、誘惑と戦う準備ができているときには敵に向けます。物事が困難な時には,「事実を直視する」か,あるいは内的に受け入れる必要があります。 主の顔が話題になると、完全な愛と完全なあわれみである主の内面を表します。人々が主から背を向けて主の愛を拒むとき、それは主が "顔を隠す "と表現されています。


A "house" is essentially a container - for a person, for a family, for several families or even for a large group with shared interests...


Scientists believe that one of the most crucial developments in the evolution of humans was bipedalism – walking on two legs. That left our hands...


Stones in the Bible in general represent truths, or things we know concerning the Lord and what He wants from us and for us in...


主は、聖書の中で、愛そのものであるご自身の本質に言及しているときには「エホバ」と呼ばれます。その愛の表現を指している場合は「神」と呼ばれ、それを「神の真理」と呼んでいます。 他の神々への言及は、肯定的なものも否定的なものも、その意味を反映しています。肯定的な場合、例えば、天使や人々が神々と呼ばれたり、主が神々の神と呼ばれたりするとき、それらの神々は主から私たちに与えられた真の考えを表しています。否定的な場合、例えば、イスラエルの人々が隣人の神々を繰り返し採用するような場合、それらの神々は、善良で真実なものを攻撃する、誤った、ねじ曲がった考えを表しています。


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

エジプト
聖書の中でエジプトとは、知識と知識の愛を意味します。良い意味では、聖書を通して主からの真理の知識を意味していますが、自然な意味では、単に地上の知識を蓄えて所有することを意味しています。そして、聖書からの知識であっても、必ずしも良いものとは限りません。しかし、それらは、物事を知るためだけに、あるいは学ばれているという評判を得るためだけに学ばれている場合です。 だから、エジプトはあなたが物事を学ぶために行く場所ですが、天になるためには、不毛な「知ること」から抜け出して、内的な善への欲求で満たされているカナンの地へと旅をしなければなりません。 エジプトがヨセフに支配されていたとき、そこはヨセフの父や兄弟たちの避難所だったというのは興味深いことです。このことは、人の内なる心が学問の地で支配されると、役に立つことを多く学ぶことができることを示しています。しかし、やがてヨセフを知らないファラオが現れ、イスラエルの子らは奴隷にされてしまいました。ファラオは外面的な心を表しています。それが担当しているときには、知っていることの興奮と自己満足は、内面的な心を奴隷のように減少させることができます。心は-イスラエルの子供たちのように-レンガ、または外部の外観から人造の偽りを作って終わる。

記憶
'To remember,' as in Genesis 41:9, signifies conjunction. 'Remembering' denotes conjunction because the remembrance of anyone in the other life joins them together, because as...

疲れ
On the surface, it appears that Swedenborg gives two different representations for “weariness.” In discussing Genesis - where Esau and later Jacob are described as...


聖書における敵とは、悪を愛する人々や、悪から生じる誤った考えを持つ人々のことを指しています。もっと深いレベルでは、地獄の力そのものを指し、抽象的なレベルでは、悪そのものと偽りそのものを指しています。


In the Bible, things that are lower down, or under, physically, generally represent things that are lower or more external spiritually. In some cases, the...


Přeložit: