申命記 12

Studovat vnitřní smysl
← 申命記 11   申命記 13 →         

1 これはあなたの先祖たちのが所有として賜わる地で、あなたがたが世に生きながらえている間、守り行わなければならない定めと、おきてである。

2 あなたがたの追い払う々の民が、その神々に仕えた所は、高いにあるものも、にあるものも、青下にあるものも、ことごとくこわし、

3 その祭壇をこぼち、柱を砕き、アシラ像をで焼き、また刻んだ神々の像を切り倒して、その名をその所から消し去らなければならない。

4 ただし、あなたがたのにはそのようにしてはならない。

5 あなたがたのがその名を置くために、あなたがたの全部族のうちから選ばれる場所、すなわち主のすまいを尋ね求めて、そこに行き、

6 あなたがたの燔祭と、犠牲と、十分の一と、ささげ物と、誓願の供え物と、自発の供え物および牛、のういごをそこに携えて行って、

7 そこであなたがたの主ので食べ、あなたがたも、族も皆、を労して獲るすべての物を喜び楽しまなければならない。これはあなたの主の恵みによって獲るものだからである。

8 そこでは、われわれがきょうここでしているように、めいめいで正しいと思うようにふるまってはならない。

9 あなたがたはまだ、あなたがたのから賜わる安息と嗣業の地に、はいっていないのである。

10 しかし、あなたがたがヨルダンを渡り、あなたがたのが嗣業として賜わる地に住むようになり、さらにがあなたがたの周囲のをことごとく除いて、安息を与え、あなたがたが安らかに住むようになる時、

11 あなたがたのはその名を置くために、一つの場所を選ばれるであろう。あなたがたはそこにわたしの命じる物をすべて携えて行かなければならない。すなわち、あなたがたの燔祭と、犠牲と、十分の一と、ささげ物およびあなたがたが誓ったすべての誓願の供え物とを携えて行かなければならない。

12 そしてあなたがたのむすこ、しもべ、はしためと共にあなたがたの主の喜び楽しまなければならない。また町の内におるレビびととも、そうしなければならない。彼はあなたがたのうちに分けがなく、嗣業を持たないからである。

13 慎んで、すべてあなたがよいと思う場所で、みだりに燔祭をささげないようにしなければならない。

14 ただあなたの部族の一つのうちに、が選ばれるその場所で、燔祭をささげ、またわたしが命じるすべての事をしなければならない。

15 しかし、あなたのが賜わる恵みにしたがって、すべて心に好む獣を、どの町ででも殺して、その食べることができる。すなわち、かもしかや雄じかのと同様にそれを、汚れた人も、清い人も、食べることができる。

16 ただし、そのは食べてはならない。のようにそれを地に注がなければならない。

17 あなたの穀物と、ぶどう酒と、油との十分の一および牛、のういご、ならびにあなたが立てる誓願の供え物と、自発の供え物およびささげ物は、町の内で食べることはできない。

18 あなたのが選ばれる場所で、あなたの主のでそれを食べなければならない。すなわちあなたのむすこ、しもべ、はしため、および町の内におるレビびとと共にそれを食べ、を労して獲るすべての物を、あなたの主の喜び楽しまなければならない。

19 慎んで、あなたが世に生きながらえている間、レビびとを捨てないようにしなければならない。

20 あなたのが約束されたように、あなたの領域を広くされるとき、あなたは食べたいと願って、『わたしはを食べよう』と言うであろう。その時、あなたはほしいだけ食べることができる。

21 もしあなたのがその名を置くために選ばれる場所が、遠く離れているならば、わたしが命じるように、が賜わる牛、をほふり、の内で、ほしいだけ食べることができる。

22 かもしかや、雄じかを食べるように、それを食べることができる。すなわち汚れた人も、清い人も一様にそれを食べることができる。

23 ただ堅く慎んで、そのを食べないようにしなければならない。は命だからである。その命をと一緒に食べてはならない。

24 あなたはそれを食べてはならない。のようにそれを地に注がなければならない。

25 あなたはそれを食べてはならない。こうして、が正しいと見られる事を行うならば、あなたにも孫にも、さいわいがあるであろう。

26 ただあなたのささげる聖なる物と、誓願の物とは、が選ばれる場所へ携えて行かなければならない。

27 そして燔祭をささげる時は、とをあなたの主の祭壇の上にささげなければならない。犠牲をささげる時は、をあなたの主の祭壇にそそぎかけ、はみずから食べることができる。

28 あなたはわたしが命じるこれらの事を、ことごとく聞いて守らなければならない。こうしてあなたのが見て良いとし、正しいとされる事を行うならば、あなたにも孫にも、長くさいわいがあるであろう。

29 あなたのが、あなたの行って追い払おうとする々の民を、あなたのから断ち滅ぼされ、あなたがついにその々を獲て、その地に住むようになる時、

30 あなたはみずから慎み、彼らがあなたのから滅ぼされた、彼らにならって、わなにかかってはならない。また彼らの神々を尋ね求めて、『これらの々の民はどのようにその神々に仕えたのか、わたしもそのようにしよう』と言ってはならない。

31 あなたのに対しては、そのようにしてはならない。彼らは主の憎まれるもろもろの忌むべき事を、その神々にむかって行い、むすこ、をさえに焼いて、神々にささげたからである。

32 あなたがたはわたしが命じるこのすべての事を守って行わなければならない。これにつけ加えてはならない。また減らしてはならない。

← 申命記 11   申命記 13 →
   Studovat vnitřní smysl

Explanation of Deuteronomy 12      

Napsal(a) Alexander Payne

Verses 1-16. On the rejection of evil and appropriation of good; the Lord's Divine Humanity is the test of all real good.

Verses 17-19. The genuine good from the Lord is not to be attributed to self.

Verses 20-28. Good may be acquired by self-effort, but must be kept distinct from that flowing from the Lord.

Verses 29-32. A caution against being again enticed by evil loves.

Swedenborg

Výklad(y) nebo odkazy ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 796, 1001, 1045, 1947, 2009, 2187, 2722, ...

Apocalypse Revealed 81, 379, 781

Doctrine of the New Jerusalem Regarding the Sacred Scripture 101

True Christian Religion 264, 298, 706


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 102, 329, 391, 405, 617, 1045, 1082

Jiný komentář

  Příběhy:



Skočit na podobné biblické verše

出エジプト記 23:24, 34:24

レビ記 3:17, 17:3, 4, 11, 18:3, 21, 30, 20:2, 23:40, 25:18, 19

民数記 5:9

申命記 3:18, 5:1, 6:1, 7:5, 16, 10:9, 11:16, 12:5, 11, 14, 18, 14:5, 23, 26, 27, 29, 15:19, 20, 22, 23, 16:2, 6, 7, 11, 14, 15, 17:8, 18:6, 9, 10, 19:1, 20:18, 21:9, 26:2, 11, 27:7, 31:11, 33:28

ヨシュア記 9:27, 11:23, 14:1, 21:43, 22:11, 16, 29

士師記 17:6

サムエル記上 1:21

列王記上 8:29, 12:27, 14:23

列王記下 3:27, 16:10, 17:15, 18:22

歴代誌上 22:1, 18, 29:22

歴代誌下 7:12, 14:2, 33:2

ネヘミヤ記 1:9, 8:9

詩編 66:13, 78:58, 106:35, 116:17

イザヤ書 62:9

エレミヤ書 2:20, 7:12, 21, 17:2, 31:2

エゼキエル書 11:12, 38:11, 44:3

ミカ書 2:10

ヨハネによる福音書 4:20

使徒言行録 13:19

フィリピの信徒への手紙 4:4

ハバクク書 8

Významy biblických slov

先祖
Father in the Word means what is most interior, and in those things that are following the Lord's order, it means what is good. In...

高い
'Height' signifies what is inward, and also heaven.


'Hills' signify the good of charity.


The Writings tell us that the Lord's love is the sun of heaven, and it is natural for us to look above ourselves to the...


In general, plants in the Bible represent facts, thoughts and ideas – intellectual things. This makes sense: Plants are rooted in place, but can grow...


Generally speaking things that are seen as lower physically in the Bible represent things that are lower or more external spiritually. In some cases this...

下に
Generally speaking things that are seen as lower physically in the Bible represent things that are lower or more external spiritually. In some cases this...


A "house" is essentially a container - for a person, for a family, for several families or even for a large group with shared interests...

ヨルダン
The land of Jordan,' as in Psalm 42:6, signifies what is lowly, consequently, what is distant from the celestial, as the external parts of a...


An enemy in the Bible refers to people who are in the love of evil and the false thinking that springs from evil. On a...

誓った
In Genesis 28:20, 'he vowed a vow' denotes, in the internal sense, willing that the Lord will provide. In the highest sense, where the Lord...

部族
In general, 'the twelve tribes' signify every aspect of the doctrine of truth and good, or of faith and love. Truth and good, or faith...

十分の一
'Tithes,' as in tenths, signifies goods and truths stored up from the Lord in a person’s interior self. These goods are called remains. When these...


'Tithes,' as in tenths, signifies goods and truths stored up from the Lord in a person’s interior self. These goods are called remains. When these...

しもべ
'Maids' denote external affections serving the internal.


Scientists believe that one of the most crucial developments in the evolution of humans was bipedalism – walking on two legs. That left our hands...

喜び
To make glad signifies influx and reception from joy of heart.

食べた
When we eat, our bodies break down the food and get from it both energy and materials for building and repairing the body. The process...

言う
As with many common verbs, the meaning of “to say” in the Bible is highly dependent on context. Who is speaking? Who is hearing? What...


A flock, as in Genesis 26, denotes interior or rational good. A flock signifies those who are in spiritual good. A flock signifies natural interior...


"Gates" in ancient times had a significance that does not hold in the modern world. Cities then were enclosed by walls for protection; gates in...

汚れた
'Pollution' denotes the truth of faith defiled.


Water was obviously of tremendous importance in Biblical times (and every other time). It is the basis of life, the essential ingredient in all drinks,...

聖なる
The Bible describes many things as being holy, or sacred. The Ark of the Covenant is one very holy object. The inmost chamber of the...

場所
'A dry place,' as in Luke 11:24, signifies states of evil and falsity which are in the life of someone who does the work of...


Flesh has several meanings just in its most obvious form. It can mean all living creatures as when the Lord talks about the flood "destroying...


Bloods signify evil, in Ezek. 16:9.

祭壇
御言葉に記されている最初の祭壇は、ノアが箱舟から出てきた後、ノアが建てたものです。その祭壇で、きれいな動物を主のために犠牲にしました。山は高いところにあるので、主を象徴し、私たちが主と「話す」ときには、この世のものよりも思考を高めなければなりません。祭壇は小さな人工的な山ですが、礼拝に使われると、この思考の高揚を思い起こさせ、火と煙を上げて、象徴的に主に送ることができます。祭壇の多くは、切り立っていない石で作られています。石は真理を表し、人の手によって形作られていない石は、御言葉の真理、汚されていない真理を表します。きれいな獣は善いこと、正しいからこそ行う慈善的な行為を表し、きれいな鳥は教義と行動、何が正しいかについての考えを表しています。ですから、これらのことを提示するということは、私たちが主からそれらをもらったことを認め、主に感謝することなのです。 イスラエルの幕屋では,焼燔の供え物の祭壇は善の承認を表し,香の祭壇は真理の承認を表していました。そのため、扉の外にあったこの大きな祭壇は、自然の善を意味する真鍮で作られ、線香の祭壇は真理から来る主への愛を意味する金で作られていました。

食べる
When we eat, our bodies break down the food and get from it both energy and materials for building and repairing the body. The process...

良い
It seems rather circular to say that “good” in the Bible represents good, but in a general sense it’s true! The case is this: The...


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....

住む
Inhabitants,' in Isaiah 26:9, signify the men of the church who are in good of doctrine, and thence in the good of life.


ほとんどの場合、"before "の意味は簡単です。相対的な時間を評価する方法としても、"誰かの前で "という意味でも、"before "は使われます。しかし,主に関連して使われる場合には,より深い意味を持ちます。主の前に」いるということは、主の前にいるだけでなく、主から善の欲求と真理の理解を受けて、それに従って生きることを意味します。そして、主に関連して時間の評価として使われる場合、「前に」とは「永遠に」という意味であり、私たちが経験する時間ではなく、霊的な状態を指します。


スウェーデンボルグによると、時間と空間は、霊的な現実には存在しません、彼らは物理的な平面上にのみ存在する純粋に自然なものです。これは、時間がないので、1つの霊的なものは、時間内の別の霊的なものの "後に "起こることができないことを意味します。そして、ある霊的なものは、空間がないので、空間の中で別の霊的なものに "後から "続くことはできません。 代わりに、スピリチュアルな現実は、スピリチュアルな状態、つまり天使の愛と思考に基づいて構造化されています。これらの愛と思考は原因と結果の連鎖の中でつながっていて、天使たちは私たちが時間を経験するのと同じように経験しています。そして天使が似たような思考や感情を持っている時、彼らは私達の物理的な親密さの経験と非常に同じである親密さを経験しています;彼らの考える「空間」とは、霊的な世界全体で霊によって保持される思考や愛情の変化です。 聖書が何かを他の何かの「後」と表現しているとき、霊的な意味は霊的な状態の進行と関係しています。そして、高い状態は低い状態に流れ込むので、「その後」に来るものは、より低い、より外的なものになる傾向があります。例えば、他人に良いことをしたいという内的な深い願望は、私たちができる具体的な良いことの具体的なアイデアに自ずと流れていきます。それらの具体的なアイデアは、善良でありたいという願望の「後」になるのです。


'A nation,' as in Genesis 21:18, signifies the spiritual church which should receive the good of faith. Nation from afar,' as in Jeremiah 5:17, signifies...


主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

主の
The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

神々
主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。


Marriages among people – both in the Bible and in life – represent spiritual marriage. Women represent the desire to be good and to do...


Just as natural fire can be both comforting in keeping you warm or scary in burning down your house, so fire in the spiritual sense...


Přeložit: