サムエル記下 5

Studie

              |

1 イスラエルのすべての部族ヘブロンにいるダビデのもとにきて言った、「われわれは、あなたのです。

2 先にサウルがわれわれの王であった時にも、あなたはイスラエルを率いて出入りされました。そしてはあなたに、『あなたはわたしの民イスラエルを牧するであろう。またあなたはイスラエルの君となるであろう』と言われました」。

3 このようにイスラエルの長老たちが皆、ヘブロンにいる王のもとにきたので、ダビデ王はヘブロン主のに彼らと契約を結んだ。そして彼らはダビデに油を注いでイスラエルの王とした。

4 ダビデは王となったとき三十歳で、四十年の間、世を治めた。

5 すなわちヘブロンで七年ユダを治め、またエルサレム三十三年、全イスラエルユダを治めた。

6 王とその従者たちとはエルサレムへ行って、その地の住民エブスびとを攻めた。エブスびとはダビデに言った、「あなたはけっして、ここに攻め入ることはできない。かえって、めしいや足なえでも、あなたを追い払うであろう」。彼らが「ダビデはここに攻め入ることはできない」と思ったからである。

7 ところがダビデはシオンの要害を取った。これがダビデのである。

8 そのダビデは、「だれでもエブスびとを撃とうとする人は、水をくみ上げる縦穴を上って行って、ダビデが心に憎んでいる足なえやめしいを撃て」と言った。それゆえに人々は、「めしいや足なえは、宮にはいってはならない」と言いならわしている。

9 ダビデはその要害に住んで、これをダビデのと名づけた。またダビデはミロから内の周囲に城壁を築いた。

10 こうしてダビデはますます大いなる者となり、かつ万が彼と共おられた。

11 ツロの王ヒラムはダビデに使者をつかわして、香柏および大工工を送った。彼らはダビデのために建てた

12 そしてダビデはが自分を堅く立ててイスラエルの王とされたこと、がその民イスラエルのためにその王国を興されたことを悟った。

13 ダビデはヘブロンからきて、さらにエルサレムとそばめを入れたので、むすことがまたダビデに生れた。

14 エルサレムで彼に生れた者の名は次のとおりである。シャンムア、ショバブ、ナタン、ソロモン

15 イブハル、エリシュア、ネペグ、ヤピア、

16 エリシャマ、エリアダ、およびエリペレテ。

17 さてペリシテびとは、ダビデが油を注がれてイスラエルの王になったことを聞き、みな上ってきてダビデを捜したが、ダビデはそれを聞いて要害に下って行った。

18 ペリシテびとはきて、レパイムのに広がっていた。

19 ダビデはに問うて言った、「ペリシテびとに向かって上るべきでしょうか。あなたは彼らをわたしのに渡されるでしょうか」。はダビデに言われた、「上るがよい。わたしはかならずペリシテびとをあなたのに渡すであろう」。

20 そこでダビデはバアル・ペラジムへ行って、彼らをその所で撃ち破り、そして言った、「は、破り出るのように、をわたしのに破られた」。それゆえにその所の名はバアル・ペラジムと呼ばれている。

21 ペリシテびとはその所に彼らの偶像を捨てて行ったので、ダビデとその従者たちはそれを運び去った。

22 ペリシテびとが、ふたたび上ってきて、レパイムのに広がったので、

23 ダビデはに問うたが、は言われた、「上ってはならない。彼らのうしろに回り、バルサムの木の前から彼らを襲いなさい。

24 バルサムの木の上に行進の音が聞えたならば、あなたは奮い立たなければならない。その時、があなたのに出て、ペリシテびとの軍勢を撃たれるからである」。

25 ダビデは、命じられたようにして、ペリシテびとを撃ち、ゲバからゲゼルに及んだ。