サムエル記下 15

Studie

           |

1 この、アブサロムは自分のために戦車と、および自分のに駆ける者五十人を備えた。

2 アブサロムは早く起きての道のかたわらに立つのを常とした。人が訴えがあって王に裁判を求めに来ると、アブサロムはその人を呼んで言った、「あなたはどのの者ですか」。その人が「しもべはイスラエルのこれこれの部族のものです」と言うと、

3 アブサロムはその人に言った、「見よ、あなたの要求は良く、また正しい。しかしあなたのことを聞くべき人は王がまだ立てていない」。

4 アブサロムはまた言った、「ああ、わたしがこの地のさばきびとであったならばよいのに。そうすれば訴え、または申立てのあるものは、皆わたしの所にきて、わたしはこれに公平なさばきを行うことができるのだが」。

5 そして人が彼に敬礼しようとして近づくと、彼はを伸べ、その人を抱きかかえて口づけした。

6 アブサロムは王にさばきを求めて来るすべてのイスラエルびとにこのようにした。こうしてアブサロムはイスラエルの人々のを自分のものとした。

7 そして年の終りに、アブサロムは王に言った、「どうぞわたしを行かせ、ヘブロンで、かつてに立てた誓いを果させてください。

8 それは、しもべがスリヤのゲシュルにいた時、誓いを立てて、『もしがほんとうにわたしをエルサレムに連れ帰ってくださるならば、わたしはに礼拝をささげます』と言ったからです」。

9 王が彼に、「安らかに行きなさい」と言ったので、彼は立ってヘブロンへ行った。

10 そしてアブサロムは密使をイスラエルのすべての部族のうちにつかわして言った、「ラッパの響きを聞くならば、『アブサロムがヘブロンで王となった』と言いなさい」。

11 人の招かれた者がエルサレムからアブサロムと共に行った。彼らは何心なく行き、何事をも知らなかった。

12 アブサロムは犠牲をささげている間に人をつかわして、ダビデの議官ギロびとアヒトペルを、そのギロから呼び寄せた。徒党は強く、民はしだいにアブサロムに加わった。

13 ひとりの使者がダビデのところにきて、「イスラエルの人々のはアブサロムに従いました」と言った。

14 ダビデは、自分と一緒にエルサレムにいるすべての家来に言った、「立て、われわれは逃げよう。そうしなければアブサロムのからのがれることはできなくなるであろう。急いで行くがよい。さもないと、彼らが急ぎ追いついて、われわれにをこうむらせ、つるぎをもってを撃つであろう」。

15 王のしもべたちは王に言った、「しもべたちは、わが君、王の選ばれる所をすべて行います」。

16 こうして王は出て行き、その全は彼に従った。王は人のめかけを残してを守らせた。

17 王は出て行き、民はみな彼に従った。彼らは町はずれのにとどまった。

18 彼のしもべたちは皆、彼のかたわらを進み、すべてのケレテびとと、すべてのペレテびと、および彼に従ってガテからきた人のガテびとは皆、王のに進んだ。

19 時に王はガテびとイッタイに言った、「どうしてあなたもまた、われわれと共に行くのですか。あなたは帰って王と共にいなさい。あなたは外国人で、また自分の国から追放された者だからです。

20 あなたは、きのう来たばかりです。わたしは自分の行く所を知らずに行くのに、どうしてきょう、あなたを、われわれと共にさまよわせてよいでしょう。あなたは帰りなさい。あなたの兄弟たちも連れて帰りなさい。どうぞ主が恵みと真実をあなたに示してくださるように」。

21 しかしイッタイは王に答えた、「は生きておられる。わが君、王は生きておられる。わが君、王のおられる所に、死ぬも生きるも、しもべもまたそこにおります」。

22 ダビデはイッタイに言った、「では進んで行きなさい」。そこでガテびとイッタイは進み、また彼のすべての従者および彼と共にいた子どもたちも皆、進んだ。

23 中みな大声で泣いた。民はみな進んだ。王もまたキデロンの谷を渡って進み、民は皆進んで荒野の方に向かった。

24 そしてアビヤタルも上ってきた。見よ、ザドクおよび彼と共にいるすべてのレビびともまた、神の契約の箱をかいてきた。彼らは神の箱をおろして、民がことごとくを出てしまうのを待った。

25 そこで王はザドクに言った、「神の箱をにかきもどすがよい。もしわたしが主の前に恵みを得るならば、はわたしを連れ帰って、わたしにその箱とそのすまいとを見させてくださるであろう。

26 しかしもし主が、『わたしはおまえを喜ばない』とそう言われるのであれば、どうぞ主が良しと思われることをわたしにしてくださるように。わたしはここにおります」。

27 王はまた祭司ザドクに言った、「見よ、あなたもアビヤタルも、ふたりのたち、すなわちあなたのアヒマアズとアビヤタルのヨナタンを連れて、安らかにに帰りなさい。

28 わたしはあなたがたから言葉があって知らせをうけるまで、荒野の渡し場にとどまります」。

29 そこでザドクとアビヤタルは神の箱をエルサレムにかきもどり、そこにとどまった。

30 ダビデはオリブ山の坂道を登ったが、登る時に泣き、そのをおおい、はだしで行った。彼と共にいる民もみなをおおって登り、泣きながら登った。

31 時に、「アヒトペルがアブサロムと共謀した者のうちにいる」とダビデに告げる人があったのでダビデは言った、「よ、どうぞアヒトペルの計略を愚かなものにしてください」。

32 ダビデが山の頂にある礼拝する場所にきた時、見よ、アルキびとホシャイはその上着を裂き、に土をかぶり、来てダビデを迎えた。

33 ダビデは彼に言った、「もしあなたがわたしと共に進むならば、わたしの重荷となるであろう。

34 しかしもしあなたがに帰ってアブサロムに向かい、『王よ、わたしはあなたのしもべとなります。わたしがこれまで、あなたの父のしもべであったように、わたしは今あなたのしもべとなります』と言うならば、あなたはわたしのためにアヒトペルの計略を破ることができるであろう。

35 祭司たち、ザドクとアビヤタルとは、あなたと共にあそこにいるではないか。それゆえ、あなたは王のから聞くことをことごとく祭司たち、ザドクとアビヤタルとに告げなさい。

36 あそこには彼らと共にそのふたりのたち、すなわちザドクのアヒマアズとアビヤタルのヨナタンとがいる。あなたがたは聞いたことをことごとく彼らのによってわたしに通報しなさい」。

37 そこでダビデの友ホシャイはにはいった。その時アブサロムはすでにエルサレムにはいっていた。