列王記下 24

Studie

           |

1 エホヤキムの世にバビロンの王ネブカデネザルが上ってきたので、エホヤキムは彼に隷属して年を経たが、ついに翻って彼にそむいた。

2 はカルデヤびとの略奪隊、スリヤびとの略奪隊、モアブびとの略奪隊、アンモンびとの略奪隊をつかわしてエホヤキムを攻められた。すなわちユダを攻め、これを滅ぼすために彼らをつかわされた。がそのしもべである預言者たちによってられた言葉のとおりである。

3 これは全く主の命によってユダに臨んだもので、ユダ主の目のから払い除くためであった。すなわちマナセがすべておこなったそののため、

4 また彼が罪なき人のを流し、罪なき人のエルサレムに満たしたためであって、はその罪をゆるそうとはされなかった。

5 エホヤキムのその他の事績と、彼がおこなったすべての事は、ユダの王の歴代志の書にしるされているではないか。

6 エホヤキム先祖たちとともに眠り、そのエホヤキンが代って王となった。

7 エジプトの王は再びそのから出てこなかった。バビロンの王がエジプトからユフラテまで、すべてエジプトの王に属するものを取ったからである。

8 エホヤキンは王となった時十八歳で、エルサレム月の間、世を治めた。エルサレムのエルナタンので、名をネホシタといった。

9 エホヤキンはすべてその父がおこなったように主のの前に悪を行った。

10 そのころ、バビロンの王ネブカデネザルの家来たちはエルサレムに攻め上って、を囲んだ。

11 その家来たちがを囲んでいたとき、バビロンの王ネブカデネザルもまたに攻めてきた。

12 ユダの王エホヤキンはその、その家来、そのつかさたち、および侍従たちと共に出て、バビロンの王に降服したので、バビロンの王は彼を捕虜とした。これはネブカデネザルの治世の第八年であった。

13 彼はまた主の宮のもろもろの宝物および王の宝物をことごとく持ち出し、イスラエルのソロモンが造って主の神殿に置いたもろもろの金の器を切りこわした。が言われたとおりである。

14 彼はまたエルサレムのすべての市民、およびすべてのつかさとすべての勇士、ならびにすべての木工と鍛冶一万人を捕えて行った。残った者はの民の貧しい者のみであった。

15 さらに彼はエホヤキンをバビロンに捕えて行き、また王の、王のたち、および侍従とのうちのおもな人々をも、エルサレムからバビロンへ捕えて行った。

16 またバビロンの王はすべて勇敢な者七人、木工と鍛冶一人ならびに強くて良く戦う者をみな捕えてバビロンへ連れて行った。

17 そしてバビロンの王はエホヤキンの父の兄弟マッタニヤを王としてエホヤキンに代え、名をゼデキヤと改めた。

18 ゼデキヤは二十一歳で王となり、エルサレムで十一年の間、世を治めた。はリブナのエレミヤで、名をハムタルといった。

19 ゼデキヤはすべてエホヤキムがおこなったように主のの前に悪を行った。

20 エルサレムユダにこのような事の起ったのは主の怒りによるので、はついに彼らをみから払いすてられた。