歴代誌下 29

Studie

           |

1 ヒゼキヤは王となった時二十五歳で、二十年の間エルサレムで世を治めた。そのはアビヤと言って、ゼカリヤのである。

2 ヒゼキヤは父ダビデがすべてなしたように主の良しと見られることをした。

3 彼はその治世の第一年の一に主の宮の戸を開き、かつこれを繕った。

4 彼は祭司とレビびとを連れていって、東の広場に集め、

5 彼らに言った、「レビびとよ、聞きなさい。あなたがたは今、身を清めて、あなたがたの先祖、主の宮を清め、聖所から汚れを除き去りなさい。

6 われわれの先祖は罪を犯し、われわれの、主の悪と見られることを行って、主を捨て、主のすまいにをそむけ、うしろを向けた。

7 また廊の戸を閉じ、ともしびを消し、聖所でイスラエルのに香をたかず、燔祭をささげなかった。

8 それゆえ、主の怒りはユダエルサレムに臨み、あなたがたが見るように、主は彼らを恐れと驚きと物笑いにされた。

9 見よ、われわれの父たちはつるぎにたおれ、われわれのむすこたち、むすめたち、たちはこれがために捕虜となった。

10 今わたしは、イスラエルの、主と契約を結ぶ志をもっている。そうすればその激しい怒りは、われわれを離れるであろう。

11 わがらよ、今は怠ってはならない。主はあなたがたを選んで、主のに立って仕えさせ、ご自分に仕える者となし、また香をたく者とされたからである」。

12 そこでレビびとは立ち上がった。すなわちコハテびとの孫のうちでは、アマサイのマハテおよびアザリヤのヨエル。メラリの孫では、アブデのキシおよびエハレレルのアザリヤ。ゲルションびとのうちでは、ジンマのヨアおよびヨアのエデン

13 エリザパンの孫のうちでは、シムリとエイエル。アサフの孫のうちでは、ゼカリヤとマッタニヤ。

14 ヘマンの孫のうちでは、エヒエルとシメイ。エドトンの孫のうちでは、シマヤとウジエルである。

15 彼らはその兄弟たちを集めて身を清め、主の言葉による王の命令に従って、主の宮を清めるためにはいって来た

16 祭司たちが主の宮の奥にはいってこれを清め、主の宮にあった汚れた物をことごとく主の宮の庭に運び出すと、レビびとはそれを受けて外に出し、キデロンに持って行った。

17 彼らは正月のに清めることを始めて、その月のに主の宮の廊に達した。それから主の宮を清めるのに八を費し、正月の十六にこれを終った。

18 そこで彼らはヒゼキヤ王の所へ行って言った、「われわれは主の宮をことごとく清め、また燔祭の壇とそのすべての器物、および供えのパンの机とそのすべての器物とを清めました。

19 またアハズ王がその治世に罪を犯して捨てたすべての器物をも整えて清めました。それらは主の祭壇にあります」。

20 そこでヒゼキヤ王は朝早く起きいで、のつかさたちを集めて、主の宮に上って行き、

21 雄牛七頭、雄七頭、小七頭、雄やぎ七頭を引いてこさせ、国と聖所とユダのためにこれを祭とし、アロンの孫である祭司たちに命じてこれを主の祭壇の上にささげさせた。

22 すなわち、雄牛をほふると、祭司たちはそのを受けて祭壇にふりかけ、また雄をほふると、その祭壇にふりかけ、また小をほふると、その祭壇にふりかけた。

23 そして祭の雄やぎを王と会衆に引いて来たので、彼らはその上にを置いた。

24 そして祭司たちはこれをほふり、その祭として祭壇の上にささげてイスラエル全国のためにあがないをした。これは王がイスラエル全国のために燔祭および祭をささげることを命じたためである。

25 王はまたレビびとを主の宮に置き、ダビデおよび王の先見者ガド預言者ナタンの命令に従って、これにシンバル、立琴および琴をとらせた。これは主がその預言者によって命じられたところである。

26 こうしてレビびとはダビデの楽器をとり、祭司はラッパをとって立った。

27 そこでヒゼキヤは燔祭を祭壇の上にささげることを命じた。燔祭をささげ始めた時、主のをうたい、ラッパを吹き、イスラエルの王ダビデの楽器をならし始めた。

28 そして会衆は皆礼拝し、歌うたう者はをうたい、ラッパ手はラッパを吹き鳴らし、燔祭が終るまですべてこのようであったが、

29 ささげる事が終ると、王および彼と共にいた者はみな身をかがめて礼拝した。

30 またヒゼキヤ王およびつかさたちはレビびとに命じて、ダビデと先見者アサフの言葉をもって主をさんびさせた。彼らは喜んでさんびし、をさげて礼拝した。

31 その時、ヒゼキヤは言った、「あなたがたはすでに主に仕えるために身を清めたのであるから、進みよって、主の宮に犠牲と感謝の供え物を携えて来なさい」と。そこで会衆は犠牲と感謝の供え物を携えて来た。また志ある者は皆燔祭を携えて来た

32 会衆の携えて来た燔祭の数は雄牛七十頭、雄頭、小頭、これらは皆主に燔祭としてささげるものであった。

33 また奉納物は牛頭、小頭であった。

34 ところが祭司が少なくてその燔祭の物の皮を、はぎつくすことができなかったので、その兄弟であるレビびとがこれを助けて、そのわざをなし終え、その間に他の祭司たちは身を清めた。これはレビびとが祭司たちよりも、身を清めることに、きちょうめんであったからである。

35 このほかおびただしい燔祭があり、また、酬恩祭の脂肪および燔祭の灌祭もあった。こうして、主の宮の勤めは回復された。

36 この事は、にわかになされたけれども、がこのように民のために備えをされたので、ヒゼキヤおよびすべての民は喜んだ