歴代誌下 14

Studie

           |

1 アビヤはその先祖たちと共に眠って、ダビデのに葬られ、そのアサが代って王となった。アサの治世年の間、穏やかであった。

2 アサはその、主のに良しと見え、また正しと見えることを行った。

3 彼は異なる祭壇と、もろもろの高き所を取り除き、石柱をこわし、アシラ像を切り倒し、

4 ユダに命じてその先祖たちの、主を求めさせ、おきてと戒めとを行わせ、

5 ユダのすべての々から、高き所と香の祭壇とを取り除いた。そして国は彼のもとに穏やかであった。

6 彼はが穏やかであったので、要害の数個をユダ建てた。また主が彼に平安を賜わったので、この年ごろ戦争がなかった。

7 彼はユダに言った、「われわれはこれらのを建て、その周囲に石がきを築き、やぐらを建て、門と貫の木を設けよう。われわれがわれわれの、主を求めたので、このはなおわれわれのものであり、われわれが彼を求めたので、四方において、われわれに平安を賜わった」。こうして彼らは滞りなく建て終った。

8 アサの隊はユダから出た者十万人あって、とやりをとり、ベニヤミンから出た者二十八万人あって、小をとり、を引いた。これはみな大勇士であった。

9 エチオピヤびとゼラが、万の隊との戦車を率いて、マレシャまで攻めてきた。

10 アサは出て、これを迎え、マレシャのゼパタの谷に戦いの備えをした。

11 時にアサはその、主に向かって呼ばわって言った、「主よ、力のある者を助けることも、力のない者を助けることも、あなたにおいては異なることはありません。われわれの、主よ、われわれをお助けください。われわれはあなたに寄り頼み、あなたの名によってこの大軍に当ります。主よ、あなたはわれわれのです。どうぞ人をあなたに勝たせないでください」。

12 そこで主はアサのユダでエチオピヤびとを撃ち敗られたので、エチオピヤびとは逃げ去った。

13 アサと彼に従う民は彼らをゲラルまで追撃したので、エチオピヤびとは倒れて、生き残った者はひとりもなかった。主と主の軍勢のに撃ち破られたからである。ユダの人々の得たぶんどり物は非常に多かった。

14 彼らはまた、ゲラルの周囲の々をことごとく撃ち破った。主の恐れが彼らの上に臨んだからである。そして彼らはそのすべてのをかすめ奪った。その内に多くの物があったからである。

15 また家畜をもっている者の天幕を襲い、多くのとらくだを奪い取って、エルサレムに帰った。