サムエル記上 8

Studie

           |

1 サムエルは年老いて、そのらをイスラエルのさばきづかさとした。

2 の名はヨエルといい、次のの名はアビヤと言った。彼らはベエルシバでさばきづかさであった。

3 しかしそのらは父の道を歩まないで、利にむかい、まいないを取って、さばきを曲げた。

4 この時、イスラエルの長老たちはみな集まってラマにおるサムエルのもとにきて、

5 言った、「あなたは年老い、あなたのたちはあなたの道を歩まない。今ほかの々のように、われわれをさばく王を、われわれのために立ててください」。

6 しかし彼らが、「われわれをさばく王を、われわれに与えよ」と言うのを聞いて、サムエルは喜ばなかった。そしてサムエルがに祈ると、

7 はサムエルに言われた、「民が、すべてあなたに言う所の声に聞き従いなさい。彼らが捨てるのはあなたではなく、わたしを捨てて、彼らの上にわたしが王であることを認めないのである。

8 彼らは、わたしがエジプトから連れ上ったから、きょうまで、わたしを捨ててほかの神々に仕え、さまざまの事をわたしにしたように、あなたにもしているのである。

9 今その声に聞き従いなさい。ただし、深く彼らを戒めて、彼らを治める王のならわしを彼らに示さなければならない」。

10 サムエルは王を立てることを求める民に主の言葉をことごとく告げて、

11 言った、「あなたがたを治める王のならわしは次のとおりである。彼はあなたがたのむすこを取って、戦車隊に入れ、騎兵とし、自分の戦車のに走らせるであろう。

12 彼はまたそれを人の長、五十人の長に任じ、またその地を耕させ、その作物を刈らせ、またその武器と戦車の装備を造らせるであろう。

13 また、あなたがたのを取って、香をつくる者とし、料理をする者とし、パンを焼く者とするであろう。

14 また、あなたがたのぶどう畑とオリブの最も良い物を取って、その家来に与え、

15 あなたがたの穀物と、ぶどう畑の、十分の一を取って、その役人と家来に与え、

16 また、あなたがたの男女の奴隷および、あなたがたの最も良い牛とろばを取って、自分のために働かせ、

17 また、あなたがたのの十分の一を取り、あなたがたは、その奴隷となるであろう。

18 そしてそのあなたがたは自分のために選んだ王のゆえに呼ばわるであろう。しかしはそのにあなたがたに答えられないであろう」。

19 ところが民はサムエルの声に聞き従うことを拒んで言った、「いいえ、われわれを治める王がなければならない。

20 われわれも他の々のようになり、王がわれわれをさばき、われわれを率いて、われわれの戦いにたたかうのである」。

21 サムエルは民の言葉をことごとく聞いて、それを主の耳に告げた。

22 はサムエルに言われた、「彼らの声に聞き従い、彼らのために王を立てよ」。サムエルはイスラエルの人々に言った、「あなたがたは、めいめいそのに帰りなさい」。

  
Scroll to see more.