サムエル記上 6

Studie

  

1 主の箱は七か月の間ペリシテびとの地にあった。

2 ペリシテびとは、祭司や占い師を呼んで言った、「イスラエルの神の箱をどうしましょうか。どのようにして、それをもとの所へ送り返せばよいか告げてください」。

3 彼らは言った、「イスラエルの神の箱を送り返す時には、それをむなしく返してはならない。必ず彼にとがの供え物をもって償いをしなければならない。そうすれば、あなたがたはいやされ、また彼のがなぜあなたがたを離れないかを知ることができるであろう」。

4 人々は言った、「われわれが償うとがの供え物は何をしましょうか」。彼らは答えた、「ペリシテびとの君たちの数したがって、金の腫物つと金のねずみつである。あなたがたすべてと、君たち臨んだ災は一つだからである。

5 それゆえ、あなたがたの腫物の像と、地を荒すねずみの像を造り、イスラエルの栄光を帰するならば、たぶん彼は、あなたがた、およびあなたがたの神々と、あなたがたの地、そのを加えることを軽くされるであろう。

6 なにゆえ、あなたがたはエジプトびととパロがそのをかたくなにしたように、自分のをかたくなにするのか。神が彼らを悩ましたので、彼らは民を行かせ、民は去ったではないか。

7 それゆえ今、新しい車一両を造り、まだくびきを付けたことのない乳頭をとり、そのを車につなぎ、そのおのおののを乳から離してに連れ帰り、

8 主の箱をとって、それをその車に載せ、あなたがたがとがの供え物として彼に償う金の作り物を一つの箱におさめてそのかたわらに置き、それを送って去らせなさい。

9 そして見ていて、それが自分の領地へ行く道を、ベテシメシへ上るならば、この大いなる災を、われわれに下したのは彼である。しかし、そうしない時は、われわれを撃ったのは彼のではなく、その事の偶然であったことを知るであろう」。

10 人々はそのようにした。すなわち、彼らは頭の乳をとって、これを車につなぎ、そのおのおののに閉じこめ、

11 主の箱、および金のねずみと、腫物の像をおさめた箱とを車に載せた。

12 すると雌牛はまっすぐにベテシメシの方向へ、ひとすじに大路を歩み、鳴きながら進んでいって、右にも左にも曲らなかった。ペリシテびとの君たちは、ベテシメシの境までそのあとについていった。

13 時にベテシメシの人々は小麦を刈り入れていたが、をあげて、その箱を見、それを迎えて喜んだ

14 車はベテシメシびとヨシュアのにはいって、そこにとどまった。その所に大きながあった。人々は車のを割り、その雌牛を燔祭としてにささげた。

15 レビびとは主の箱と、そのかたわらの、金の作り物をおさめた箱を取りおろし、それを大石の上に置いた。そしてベテシメシの人々は、そのに燔祭を供え、犠牲をささげた。

16 ペリシテびとの人の君たちはこれを見て、その、エクロンに帰った。

17 ペリシテびとが、とがの供え物として、に償いをした金の腫物は、次のとおりである。すなわちアシドドのために一つ、ガザのために一つ、アシケロンのために一つ、ガテのために一つ、エクロンのために一つであった。

18 また金のねずみは、城壁をめぐらしたから城壁のない村里にいたるまで、すべて人の君たちに属するペリシテびとのの数にしたがって造った。主の箱をおろした所のかたわらにあった大石は、今日にいたるまで、ベテシメシびとヨシュアのにあって、あかしとなっている。

19 ベテシメシの人々で主の箱の中を見たものがあったので、はこれを撃たれた。すなわち民のうち七十人を撃たれた。が民を撃って多くの者を殺されたので、民はなげき悲しんだ。

20 ベテシメシの人々は言った、「だれが、この聖なる主のに立つことができようか。はわれわれを離れてだれの所へ上って行かれたらよいのか」。

21 そして彼らは、使者をキリアテ・ヤリムの人々につかわして言った、「ペリシテびとが主の箱を返したから、下ってきて、それをあなたがたの所へ携え上ってください」。

  
Scroll to see more.