サムエル記上 4

Studovat vnitřní smysl

口語訳聖書         

← サムエル記上 3   サムエル記上 5 →

1 イスラエルびとは出てペリシテびとと戦おうとして、エベネゼルのほとりに陣をしき、ペリシテびとはアペクに陣をしいた。

2 ペリシテびとはイスラエルびとにむかって陣備えをしたが、戦うに及んで、イスラエルびとはペリシテびとのに敗れ、ペリシテびとは戦場において、おおよそ人を殺した。

3 民が陣営に退いた時、イスラエルの長老たちは言った、「なにゆえ、はきょう、ペリシテびとのにわれわれを敗られたのか。シロへ行って主の契約の箱をここへ携えてくることにしよう。そしてをわれわれのうちに迎えて、の手から救っていただこう」。

4 そこで民は人をシロにつかわし、ケルビムの上に座しておられる万主の契約の箱を、そこから携えてこさせた。その時エリのふたりの、ホフニとピネハスは神の契約の箱と共に、その所にいた。

5 主の契約の箱が陣営についた時、イスラエルびとはみな大声で叫んだので、地は鳴り響いた。

6 ペリシテびとは、その叫び声を聞いて言った、「ヘブルびとの陣営の、この大きな叫び声は何事か」。そして主の箱が、陣営に着いたことを知った時、

7 ペリシテびとは恐れて言った、「神々が陣営にきたのだ」。彼らはまた言った、「ああ、われわれはわざわいである。このようなことは今までなかった。

8 ああ、われわれはわざわいである。だれがわれわれをこれらの強い神々から救い出すことができようか。これらの神々は、もろもろの災をもってエジプトびとを荒野で撃ったのだ。

9 ペリシテびとよ、勇気を出して男らしくせよ。ヘブルびとがあなたがたに仕えたように、あなたがたが彼らに仕えることのないために、男らしく戦え」。

10 こうしてペリシテびとが戦ったので、イスラエルびとは敗れて、おのおのその家に逃げて帰った。戦死者はひじょうに多く、イスラエルの歩兵で倒れたものは三万であった。

11 また神の箱は奪われ、エリのふたりの、ホフニとピネハスは殺された。

12 そのひとりのベニヤミンびとが、衣服を裂き、に土をかぶって、戦場から走ってシロにきた。

13 彼が着いたとき、エリは道のかたわらにある自分の座にすわって待ちかまえていた。その神の箱の事を気づかっていたからである。その人がにはいって、情報をつたえたので、はこぞって叫んだ。

14 エリはその叫び声を聞いて言った、「この騒ぎ声は何か」。その人は急いでエリの所へきてエリに告げた。

15 その時エリは九十八歳で、そのは固まって見ることができなかった。

16 その人はエリに言った、「わたしは戦場からきたものです。きょう戦場からのがれたのです」。エリは言った、「わがよ、様はどうであったか」。

17 しらせをもたらしたその人は答えて言った、「イスラエルびとは、ペリシテびとのから逃げ、民のうちにはまた多くの戦死者があり、あなたのふたりの、ホフニとピネハスも死に、神の箱は奪われました」。

18 彼が神の箱のことを言ったとき、エリはその座から、あおむけにのかたわらに落ち、首を折って死んだ。老いて身が重かったからである。彼のイスラエルをさばいたのは四十年であった。

19 彼の嫁、ピネハスのはみごもって出産の時が近づいていたが、神の箱が奪われたこと、しゅうととが死んだというしらせを聞いたとき、陣痛が起り身をかがめて子を産んだ。

20 彼女が死にかかっている時、世話をしていた女が彼女に言った、「恐れることはありません。男のが生れました」。しかし彼女は答えもせず、また顧みもしなかった。

21 ただ彼女は「栄光はイスラエルを去った」と言って、その子をイカボデと名づけた。これは神の箱の奪われたこと、また彼女のしゅうととのことによるのである。

22 彼女はまた、「栄光はイスラエルを去った。神の箱が奪われたからです」と言った。

← サムエル記上 3   サムエル記上 5 →
   Studovat vnitřní smysl

Exploring the Meaning of 1_Samuel 4      

Although it was clear throughout Israel that Samuel had been established as the Lord’s prophet, the Israelites were still unprepared to listen to his prophecy. A new battle took place between the army of Israel and the army of the Philistines, that went decidedly in the Philistines’ favor. About four thousand men of Israel died.

The Israelites were in great distress, and they sent for the Ark of the covenant from Shiloh in order to summon the power of the Lord. Accompanying the Ark were the two sons of the High Priest Eli: Hophni and Phinehas. When the Ark reached the Israelite camp, the Israelites shouted with joy, and the Philistines became afraid. They knew that the Israelite God was surely with them, and they remembered His power from the plagues of Egypt (in Exodus 7 through 12). The Philistines, in order to avoid being enslaved by the Israelites, summoned courage and defeated Israel. In the process, they captured the Ark of the Covenant.

A messenger was dispatched to bring the bad news to Shiloh, where Eli was. Hophni and Phinehas were dead, and the Ark was in enemy hands. Upon hearing the news, the elderly Eli fell backwards from his seat and died. Phinehas’ wife was heavily pregnant. The bad news broke her spirit and she died shortly after delivering a son that she named Ichabod. The doom predicted in Chapter three of 1 Samuel had come to pass.

The Ark of the Covenant contained two stone tablets, on which were written the Ten Commandments. These were written by the finger of God, and given to Moses on Mount Sinai. The Commandments represented the covenant between the Lord and people. They would be joined together through love and faith: God’s love for His people, and their love for Him. Love, faith in God and obedience to His message would forever bind them. The covenant is only fulfilled when people, individually and collectively, do what is written on those two tablets (see True Christianity 285.)

When the Israelites lose the Ark of the Covenant in this story (and with it, the Ten Commandments) it symbolizes the loss of a person’s covenantal relationship with the Lord their Creator. This covenant can be severed, if we choose to break it, and this story is a representation of the destruction that breaking the covenant can cause. God, however, will never give up on us, and is always ready to come into our lives if we accept Him.

In True Christianity 285, Swedenborg writes that God is always ready to keep His commandment with us, but we must use our free will to keep our commandment with Him. This is illustrated in a quote from Revelation 3:20: “Behold, I stand at the door and knock. If anyone hears my voice and opens the door, I will come in to him and dine with him, and he with me.”

While this story is an example of a covenant with God described in the Old Testament of the Word, this relationship between God and His people (and, of course, with each one of us individually) is a theme throughout all of the Bible. The New Testament describes a new covenant that the Lord seeks to build with each of us.

The Philistines, whom the Israelites were battling in this chapter, are mentioned in Swedenborg’s writings, where he writes that they represent faith without charity. Both faith and charity are necessary to follow the Lord, and knowledge of what is right and true is not useful unless we apply it to our lives. If we do not, this knowledge simply becomes memory instead of an ongoing part of our life (see Arcana Coelestia 1197). In this chapter, the Israelites lose a battle to the Philistines and surrender the Ark of the Covenant, which contains the Ten Commandments. Since Philistines represent knowledge without charity, perhaps this story is telling us that in order to keep our covenant with God, it is not enough to know what is required of us, what is written on the tablet. We must also act accordingly. When we both understand the commandments and practice them, then we are able to keep our covenant with God.

Swedenborg

Výklad(y) nebo odkazy ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 1343, 1703, 2576, 4763, 9396, 9416


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 277, 700, 817

Jiný komentář

  Příběhy:



Skočit na podobné biblické verše

創世記 35:17, 18

出エジプト記 9:14, 14:14, 25, 15:14, 25:22

レビ記 26:17, 37

民数記 10:35, 14:45

申命記 29:10

ヨシュア記 7:6, 15:53

士師記 13:1, 15:20

サムエル記上 2:34, 3:2, 11, 12, 5:1, 7, 7:12, 10:19, 14:3, 29:1, 3

サムエル記下 10:12

列王記上 1:40, 20:26

詩編 74:11, 78:60, 61, 62, 64, 80:2

イザヤ書 59:1, 2

哀歌 2:1

ヨハネの黙示録 11:6

Významy biblických slov


The number "four" in the Bible represents things being linked together or joined. This is partly because four is two times two, and two represents...


As children, most of us at some point frustrated our mothers into using the phrase “if I've told you once, I've told you a thousand...

長老
Ancients of the people, and the princes thereof ('Isaiah 3:14'), have a similar signification with the twelve disciples.


An enemy in the Bible refers to people who are in the love of evil and the false thinking that springs from evil. On a...

ケルビム
A Cherub has as its first definition in the dictionary, “A winged heavenly creature.” Cherubim is the plural of cherub. In the Word, the words...


A host and an army come from the same Hebrew word and mean the same thing in Bible; when the Children of Israel were numbered...

叫んだ
'To shout from the top of the mountain,' as in Isaiah 42:11, signifies worship from the good of love.

主の
The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

神々
主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。


Scientists believe that one of the most crucial developments in the evolution of humans was bipedalism – walking on two legs. That left our hands...

エジプト
In the Bible, Egypt means knowledge and the love of knowledge. In a good sense that means knowledge of truth from the Lord through the...

荒野
'Wilderness' signifies something with little life in it, as described in the internal sense in Luke 1:80 'Wilderness' signifies somewhere there is no good because...

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

倒れた
Like other common verbs, the meaning of "fall" is highly dependent on context in regular language, and is highly dependent on context in a spiritual...


"Day" describes a state in which we are turned toward the Lord, and are receiving light (which is truth) and heat (which is a desire...

衣服
Soft raiment,' as in Matthew 11:9, represents the internal sense of the Word.


The head is the part of us that is highest, which means in a representative sense that it is what is closest to the Lord....

シロ
The word "Shiloh" means "peacemaker", or just "peace". Peace on earth was, and is, one of the Lord's main goals in being born into the...


The heart means love. A good heart means love to the Lord and to the neighbor while a hard or stony heart means the love...


In the ancient world cities were very nearly nations unto themselves – they existed within walls, with their own laws and customs, generally centered on...

急いで
'To hasten' or 'hastiness' in the internal sense, does not denote what is quick, but what is certain, and also what is full, thus every...


It’s common to say “I see” when we understand something. And indeed, “seeing” in the Bible represents grasping and understanding spiritual things. So it makes...

見る
To look,' as in Genesis 18:22, signifies thinking, because seeing denotes understanding. Look not back behind thee,' as in Genesis 19:17, means that Lot, who...


ほとんどの場合、"before "の意味は簡単です。相対的な時間を評価する方法としても、"誰かの前で "という意味でも、"before "は使われます。しかし,主に関連して使われる場合には,より深い意味を持ちます。主の前に」いるということは、主の前にいるだけでなく、主から善の欲求と真理の理解を受けて、それに従って生きることを意味します。そして、主に関連して時間の評価として使われる場合、「前に」とは「永遠に」という意味であり、私たちが経験する時間ではなく、霊的な状態を指します。


"Gates" in ancient times had a significance that does not hold in the modern world. Cities then were enclosed by walls for protection; gates in...

四十
'Forty' means completeness because 'four' means what is complete, as does 'ten.' Forty is the product of four and ten. Compound numbers have a meaning...


The Hebrew of the Old Testament has six different common words which are generally translated as "wife," which largely overlap but have different nuances. Swedenborg...

聞いた
Thanks to modern science, we now understand that hearing actually happens in the brain, not the ears. The ears collect vibrations in the air and...

恐れる
未知への恐怖」と「変化への恐怖」は、どちらも共通の考えであり、私たちが自然な生活の中で持ちがちな恐怖の広い範囲をカバーしています。ある意味では、聖書の中で人々が「恐れている」と表現されているときの霊的な意味の背後にも、これらの恐れがあります。 書物によると、人々は、より高尚で、より内的な霊的状態が、より低く、より外的な状態と通信してきて、その状態を改革し、昇格させる必要があることを示したときに恐れているように記述されています。それはクリスマスの物語の中の羊飼いの真実であり、天使が全く新しい霊的な時代のことを彼らに伝えるために来たときに最初に恐怖を持って反応します。それは燃える茂みでのモーセ、はしごのビジョンの後のヤコブ、ガリラヤ海の上を歩いているイエスを見た弟子たちにも当てはまります - 高次の状態が彼らに手を差し伸べ、霊的な人生の新しい段階を受け入れるように求めていたすべてのケースで。 これはまた、悪と誤った思考の状態が霊的なものに接触し、自分の惨めさの啓示に脅かされていると感じるとき、より否定的な意味でも保持されています。 聖書はまた、神を恐れる人々についても頻繁に語っています。

恐れ
未知への恐怖」と「変化への恐怖」は、どちらも共通の考えであり、私たちが自然な生活の中で持ちがちな恐怖の広い範囲をカバーしています。ある意味では、聖書の中で人々が「恐れている」と表現されているときの霊的な意味の背後にも、これらの恐れがあります。 書物によると、人々は、より高尚で、より内的な霊的状態が、より低く、より外的な状態と通信してきて、その状態を改革し、昇格させる必要があることを示したときに恐れているように記述されています。それはクリスマスの物語の中の羊飼いの真実であり、天使が全く新しい霊的な時代のことを彼らに伝えるために来たときに最初に恐怖を持って反応します。それは燃える茂みでのモーセ、はしごのビジョンの後のヤコブ、ガリラヤ海の上を歩いているイエスを見た弟子たちにも当てはまります - 高次の状態が彼らに手を差し伸べ、霊的な人生の新しい段階を受け入れるように求めていたすべてのケースで。 これはまた、悪と誤った思考の状態が霊的なものに接触し、自分の惨めさの啓示に脅かされていると感じるとき、より否定的な意味でも保持されています。 聖書はまた、神を恐れる人々についても頻繁に語っています。


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....


In general, men are driven by intellect and women by affections, and because of this men in the Bible generally represent knowledge and truth and...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

神の
主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。


主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。

Zdroje pro rodiče a učitele

Zde uvedené položky jsou poskytnuty se svolením našich přátel z General Church of the New Jerusalem. Můžete prohledávat/procházet celou knihovnu kliknutím na odkaz this link.


 The Capture and Return of the Ark
A New Church Bible story explanation for teaching Sunday school. Includes lesson materials for Primary (3-8 years), Junior (9-11 years), Intermediate (12-14 years), Senior (15-17 years) and Adults.
Teaching Support | Ages over 3

 The Capture and Return of the Ark (3-5 years)
Project | Ages 4 - 6

 The Capture and Return of the Ark (6-8 years)
Project | Ages 7 - 10

 The Capture and Return of the Ark (9-11 years)
Project | Ages 11 - 14


Přeložit: