サムエル記上 27

Studie

  

1 ダビデはのうちに言った、「わたしは、いつかはサウルのにかかって滅ぼされるであろう。早くペリシテびとの地へのがれるほかはない。そうすればサウルはこの上イスラエルの地にわたしをくまなく捜すことはやめ、わたしは彼のからのがれることができるであろう」。

2 こうしてダビデは、共にいた人と一緒に、立ってガテの王マオクのアキシの所へ行った。

3 ダビデと従者たちは、おのおのその族とともに、ガテでアキシと共に住んだ。ダビデはそのふたりの、すなわちエズレルの女アヒノアムと、カルメルの女でナバルのであったアビガイルと共におった。

4 ダビデがガテにのがれたことがサウルに聞えたので、サウルはもはや彼を捜さなかった。

5 さてダビデはアキシに言った、「もしわたしがあなたの前に恵みを得るならば、どうぞ、いなかにあるのうちで一つの場所をわたしに与えてそこに住まわせてください。どうしてしもべがあなたと共に王の住むことができましょうか」。

6 アキシはそのチクラグを彼に与えた。こうしてチクラグは今日にいたるまでユダの王に属している。

7 ダビデがペリシテびとの国に住んだの数は一年とであった。

8 さてダビデは従者と共にのぼって、ゲシュルびと、ゲゼルびとおよびアマレクびとを襲った。これらは昔からシュルに至るまでの地の住民であって、エジプトに至るまでの地に住んでいた

9 ダビデはその地を撃って、男も女も生かしおかず、と牛とろばとらくだと衣服とを取って、アキシのもとに帰ってきた。

10 アキシが「あなたはきょうどこを襲いましたか」と尋ねると、ダビデは、その時々、「ユダのネゲブです」、「エラメルびとのネゲブです」「ケニびとのネゲブです」と言った。

11 ダビデは男も女も生かしおかず、ひとりをもガテに引いて行かなかった。それはダビデが、「恐らくは、彼らが、『ダビデはこうした』と言って、われわれのことを告げるであろう」と思ったからである。ダビデはペリシテびとのいなかに住んでいる間はこうするのが常であった。

12 アキシはダビデを信じて言った、「彼は自分を全くその民イスラエルに憎まれるようにした。それゆえ彼は永久にわたしのしもべとなるであろう」。