サムエル記上 22

Studie

           |

1 こうしてダビデはその所を去り、アドラムのほら穴へのがれた。彼の兄弟たちと父のの者は皆、これを聞き、その所に下って彼のもとにきた。

2 また、しえたげられている人々、負債のある人々、心に不満のある人々も皆、彼のもとに集まってきて、彼はその長となった。おおよそ人の人々が彼と共にあった。

3 ダビデはそこからモアブのミヅパへ行き、モアブの王に言った、「がわたしのためにどんなことをされるかわかるまで、どうぞわたしの父をあなたの所におらせてください」。

4 そして彼はモアブの王に彼らを託したので、彼らはダビデが要害におる間、王の所におった。

5 さて、預言者ガドはダビデに言った、「要害にとどまっていないで、去ってユダの地へ行きなさい」。そこでダビデは去って、ハレテのへ行った。

6 サウルは、ダビデおよび彼と共にいる人々が見つかったということを聞いたサウルギベアで、やりをにもって、丘のぎょりゅうの木の下にすわっており、家来たちはみなそのまわりに立っていた。

7 サウルはまわりに立っている家来たちに言った、「あなたがたベニヤミンびとは聞きなさい。エッサイのもまた、あなたがたおのおのにぶどう畑を与え、おのおのを人の長、人の長にするであろうか。

8 あなたがたは皆共にはかってわたしに敵した。わたしのがエッサイのと契約を結んでも、それをわたしに告げるものはなく、またあなたがたのうち、ひとりもわたしのために憂えず、きょうのように、わたしのがわたしのしもべをそそのかしてわたしに逆らわせ、道で彼がわたしを待ち伏せするようになっても、わたしに告げる者はない」。

9 その時エドムびとドエグは、サウルの来たちのそばに立っていたが、答えて言った、「わたしはエッサイのがノブにいるアヒトブのアヒメレクの所にきたのを見ました

10 アヒメレクは彼のためにに問い、また彼に食物を与え、ペリシテびとゴリアテのつるぎを与えました」。

11 そこで王は人をつかわして、アヒトブの祭司アヒメレクとその父ののすべての者、すなわちノブの祭司たちを召したので、みな王の所にきた。

12 サウルは言った、「アヒトブのよ、聞きなさい」。彼は答えた、「わがよ、わたしはここにおります」。

13 サウルは彼に言った、「どうしてあなたはエッサイのと共にはかってわたしに敵し、彼にパンとつるぎを与え、彼のためにに問い、きょうのように彼をわたしに逆らって立たせ、道で待ち伏せさせるのか」。

14 アヒメレクは王に答えて言った、「あなたの来のうち、ダビデのように忠義な者がほかにありますか。彼は王の娘婿であり、近衛兵の長であって、あなたので尊ばれる人ではありませんか。

15 彼のためにに問うたのは、きょう初めてでしょうか。いいえ、決してそうではありません。王よ、どうぞ、しもべと父の全に罪を負わせないでください。しもべは、これについては、事の大小を問わず、何をも知らなかったのです」。

16 王は言った、「アヒメレクよ、あなたは必ず殺されなければならない。あなたの父の全も同じである」。

17 そして王はまわりに立っている近衛の兵に言った、「身をひるがえして、主の祭司たちを殺しなさい。彼らもダビデと協力していて、ダビデの逃げたのを知りながら、それをわたしに告げなかったからです」。ところが王の家来たちは主の祭司たちを殺すためにを下そうとはしなかった。

18 そこで王はドエグに言った、「あなたが身をひるがえして、祭司たちを殺しなさい」。エドムびとドエグは身をひるがえして祭司たちを撃ち、その亜麻布のエポデを身につけている者八十人を殺した。

19 彼はまた、つるぎをもって祭司のノブを撃ち、つるぎをもって男、女、幼な子、乳飲み子、牛、ろば、羊を殺した。

20 しかしアヒトブのアヒメレクのたちのひとりで、名をアビヤタルという人は、のがれてダビデの所に走った。

21 そしてアビヤタルは、サウル主の祭司たちを殺したことをダビデに告げたので、

22 ダビデはアビヤタルに言った、「あの、エドムびとドエグがあそこにいたので、わたしは彼がきっとサウルに告げるであろうと思った。わたしがあなたの父のの人々の命を失わせるもととなったのです。

23 あなたはわたしの所にとどまってください。恐れることはありません。あなたの命を求める者は、わたしの命をも求めているのです。わたしの所におられるならば、あなたは安全でしょう」。