歴代誌上 8

Studie

  

1 ベニヤミンの生んだ者は長子はベラ、その次はアシベル、第はアハラ、

2 はノハ、第五はラパ。

3 ベラのらはアダル、ゲラ、アビウデ、

4 アビシュア、ナアマン、アホア、

5 ゲラ、シフパム、ヒラム。

6 エホデのらは次のとおりである。(これらはゲバの住民の氏族の長であって、マナハテに捕え移されたものである。)

7 すなわちナアマン、アヒヤ、ゲラすなわちヘグラム。ゲラはウザとアヒフデの父であった。

8 シャハライムはホシムとバアラを離別してのち、モアブの国で子らをもうけた。

9 彼がホデシによってもうけた子らはヨバブ、ヂビア、メシャ、マルカム、

10 エウヅ、シャキヤ、ミルマ。これらはそのらであって氏族の長である。

11 彼はまたホシムによってアビトブとエルパアルをもうけた。

12 エルパアルのらはエベル、ミシャムおよびセメド。彼はオノとロドとその村々を建てた者である。

13 またベリアとシマがあった。(これはアヤロンの住民の氏族の長であって、ガテの住民を追い払ったものである。)

14 またアヒオ、シャシャク、エレモテ。

15 ゼバデヤ、アラデ、アデル、

16 ミカエル、イシパおよびヨハはベリアのらであった。

17 ゼバデヤ、メシュラム、ヘゼキ、ヘベル、

18 イシメライ、エズリアおよびヨバブはエルパアルのらであった。

19 ヤキン、ジクリ、ザベデ、

20 エリエナイ、チルタイ、エリエル、

21 アダヤ、ベラヤおよびシムラテはシマのらであった。

22 イシパン、ヘベル、エリエル、

23 アブドン、ジクリ、ハナン、

24 ハナニヤ、エラム、アントテヤ、

25 イペデヤおよびペヌエルはシャシャクのらであった。

26 シャムセライ、シハリア、アタリヤ、

27 ヤレシャ、エリヤおよびジクリはエロハムのらであった。

28 これらは歴代の氏族の長であり、またかしらであって、エルサレムに住んだ。

29 ギベオンの父エイエルはギベオンに住み、その妻の名はマアカといった。

30 その長はアブドンで、次はツル、キシ、バアルナダブ

31 ゲドル、アヒオ、ザケル、

32 およびミクロテ。ミクロテはシメアを生んだ。これらもまた兄弟たちと向かいあってエルサレムに住んだ。

33 ネルはキシを生み、キシはサウルを生み、サウルはヨナタン、マルキシュア、アビナダブ、エシバアルを生んだ。

34 ヨナタンのはメリバアルで、メリバアルはミカエルを生んだ。

35 ミカのらはピトン、メレク、タレア、アハズである。

36 アハズはエホアダを生み、エホアダはアレメテ、アズマウテ、ジムリを生み、ジムリはモザを生み、

37 モザはビネアを生んだ。ビネアのはラパ、ラパのはエレアサ、エレアサのアゼルである。

38 アゼルには人のがあり、その名はアズリカム、ボケル、イシマエル、シャリヤ、オバデヤ、ハナンで、皆アゼルである。

39 その兄弟エセクのらは、長はウラム、次はエウシ、第はエリペレテである。

40 ウラムのらは大勇士で、よくを射る者であった。彼は多くのと孫をもち、五十人もあった。これらは皆ベニヤミンの孫である。