歴代誌上 6

Studie

  

1 レビのらはゲルション、コハテ、メラリ。

2 コハテのらはアムラム、イヅハル、ヘブロン、ウジエル。

3 アムラムのらはアロン、モーセミリアム。アロンのらはナダブ、アビウ、エレアザル、イタマル。

4 エレアザルはピネハスを生み、ピネハスはアビシュアを生み、

5 アビシュアはブッキを生み、ブッキはウジを生み、

6 ウジはゼラヒヤを生み、ゼラヒヤはメラヨテを生み、

7 メラヨテはアマリヤを生み、アマリヤはアヒトブを生み、

8 アヒトブはザドクを生み、ザドクはアヒマアズを生み、

9 アヒマアズはアザリヤを生み、アザリヤはヨナハンを生み、

10 ヨナハンはアザリヤを生んだ。このアザリヤはソロモンエルサレム建てた宮で祭司の務をした者である。

11 アザリヤはアマリヤを生み、アマリヤはアヒトブを生み、

12 アヒトブはザトクを生み、ザトクはシャルムを生み、

13 シャルムはヒルキヤを生み、ヒルキヤはアザリヤを生み、

14 アザリヤはセラヤを生み、セラヤはヨザダクを生んだ。

15 ヨザダクは主がネブカデネザルのによってユダエルサレムの人を捕え移された時に捕えられて行った。

16 レビのらはゲルション、コハテおよびメラリ。

17 ゲルションのらの名はリブニとシメイ。

18 コハテのらはアムラム、イヅハル、ヘブロン、ウジエルである。

19 メラリのらはマヘリとムシ。これらはレビびとのその家筋による氏族である。

20 ゲルションのはリブニ、そのはヤハテ、そのはジンマ、

21 そのはヨア、そのはイド、そのゼラ、そのはヤテライ。

22 コハテのはアミナダブ、そのコラ、そのはアシル、

23 そのはエルカナ、そのはエビアサフ、そのはアシル、

24 そのはタハテ、そのはウリエル、そのはウジヤ、そのはシャウル。

25 エルカナのらはアマサイとアヒモテ、

26 そのはエルカナ、そのはゾパイ、そのはナハテ、

27 そのはエリアブ、そのはエロハム、そのはエルカナ。

28 サムエルのらは、長はヨエル、次はアビヤ。

29 メラリのはマヘリ、そのはリブニ、そのはシメイ、そのウザ

30 そのはシメア、そのはハギヤ、そのはアサヤである。

31 契約の箱を安置したのち、ダビデが主の宮でをうたう事をつかさどらせた人々は次のとおりである。

32 彼らは会見の幕屋をもって仕えたが、ソロモンエルサレムに主の宮を建ててからは、一定の秩序に従って務を行った。

33 その務をしたもの、およびそのらは次のとおりである。コハテびとのらのうちヘマンは歌をうたう者、ヘマンはヨエルの、ヨエルはサムエルの

34 サムエルはエルカナの、エルカナはエロハムの、エロハムはエリエルの、エリエルはトアの

35 トアはヅフの、ヅフはエルカナの、エルカナはマハテの、マハテはアマサイの

36 アマサイはエルカナの、エルカナはヨエルの、ヨエルはアザリヤの、アザリヤはゼパニヤの

37 ゼパニヤはタハテの、タハテはアシルの、アシルはエビアサフの、エビアサフはコラ

38 コラはイヅハルの、イヅハルはコハテの、コハテはレビの、レビはイスラエルのである。

39 ヘマンの兄弟アサフはヘマンの右に立った。アサフはベレキヤの、ベレキヤはシメアの

40 シメアはミカエルの、ミカエルはバアセヤの、バアセヤはマルキヤの

41 マルキヤはエテニの、エテニはゼラゼラはアダヤの

42 アダヤはエタンの、エタンはジンマの、ジンマはシメイの

43 シメイはヤハテの、ヤハテはゲルションの、ゲルションはレビのである。

44 また彼らの兄弟であるメラリのらが左に立った。そのうちのエタンはキシの、キシはアブデの、アブデはマルクの

45 マルクはハシャビヤの、ハシャビヤはアマジヤの、アマジヤはヒルキヤの

46 ヒルキヤはアムジの、アムジはバニの、バニはセメルの

47 セメルはマヘリの、マヘリはムシの、ムシはメラリの、メラリはレビのである。

48 彼らの兄弟であるレビびとたちは、神の宮の幕屋のもろもろの務に任じられた。

49 アロンとそのらは燔祭の壇と香の祭壇の上にささげることをなし、また至聖所のすべてのわざをなし、かつイスラエルのためにあがないをなした。すべて神のしもべモーセの命じたとおりである。

50 アロンの孫は次のとおりである。アロンのはエレアザル、そのはピネハス、そのはアビシュア、

51 そのはブッキ、そのはウジ、そのはゼラヒヤ、

52 そのはメラヨテ、そのはアマリヤ、そのはアヒトブ、

53 そのはザドク、そのはアヒマアズである。

54 アロンの孫の住む所はその境のうちにある宿営によっていえば次のとおりである。まずコハテびとの氏族がくじによって得たところ、

55 すなわち彼らが与えられたところは、ユダの地にあるヘブロンとその周囲の放牧地である。

56 ただし、そのの田とその々は、エフンネのカレブ与えられた

57 そしてアロンの孫に与えられたものは、のがれのであるヘブロンおよびリブナとその放牧地、ヤッテルおよびエシテモアとその放牧地、

58 ヒレンとその放牧地、デビルとその放牧地、

59 アシャンとその放牧地、ベテシメシとその放牧地である。

60 またベニヤミンの部族のうちからはゲバとその放牧地、アレメテとその放牧地、アナトテとその放牧地を与えられた。彼らのは、すべてその氏族のうちに十三あった。

61 またコハテの孫の残りの者は部族の氏族のうちからと、半部族すなわちマナセの半部族のうちからくじによって十のを与えられた。

62 またゲルションの孫はその氏族によってイッサカル部族、アセルの部族ナフタリ部族、およびバシャンのマナセ部族のうちから十三のが与えられた。

63 メラリの孫はその氏族によってルベンの部族ガド部族、およびゼブルンの部族のうちからくじによって十が与えられた。

64 このようにイスラエルの人々はレビびとに々とその放牧地とを与えた。

65 すなわちユダ孫の部族シメオン部族孫と、ベニヤミンの孫の部族のうちからここに名をあげたこれらのをくじによって与えた。

66 コハテの孫の氏族はまたエフライムの部族のうちからも々を獲てその領地とした。

67 すなわち彼らが与えられた、のがれのエフライムの地にあるシケムとその放牧地、ゲゼルとその放牧地、

68 ヨクメアムとその放牧地、ベテホロンとその放牧地、

69 アヤロンとその放牧地、ガテリンモンとその放牧地である。

70 またマナセの半部族のうちからは、アネルとその放牧地およびビレアムとその放牧地を、コハテの孫の氏族の残りのものに与えた。

71 ゲルションの孫に与えられたものはマナセの半部族のうちからはバシャンのゴランとその放牧地、アシタロテとその放牧地。

72 イッサカル部族のうちからはケデシとその放牧地、ダベラテとその放牧地、

73 ラモテとその放牧地、アネムとその放牧地。

74 アセルの部族のうちからはマシャルとその放牧地、アブドンとその放牧地、

75 ホコクとその放牧地、レホブとその放牧地。

76 ナフタリ部族のうちからはガリラヤのケデシとその放牧地、ハンモンとその放牧地、キリアタイムとその放牧地である。

77 このほかのもの、すなわちメラリの孫に与えられたものはゼブルンの部族のうちからリンモンとその放牧地、タボルとその放牧地、

78 エリコに近いヨルダンのかなた、すなわちヨルダンの東ではルベンの部族のうちからは荒野のベゼルとその放牧地、ヤザとその放牧地、

79 ケデモテとその放牧地、メパアテとその放牧地。

80 ガド部族のうちからはギレアデのラモテとその放牧地、マハナイムとその放牧地、

81 ヘシボンとその放牧地、ヤゼルとその放牧地である。